鍵や財布に付けておきたい紛失防止タグおすすめ10選

鍵や財布に付けておきたい紛失防止タグおすすめ10選

先日、財布を紛失しかけてヒヤッとすることがありました。探してる最中はクレジットカード止めなきゃ、運転免許証や保険証の再交付ってどうやるの?といったことを考え、不安に思ったのを覚えています。

こんなピンチの時に紛失物の発見率を格段に上げてくれる便利なIOTデバイスがあります。それが今回紹介する「紛失防止タグ」というアイテム。

紛失防止タグの仕組みやできること、選ぶ際のポイントまとめた上で、数ある製品の中からおすすめのアイテムを10個ご紹介していきます!鍵や財布を紛失するリスクを回避したい方はぜひチェックしてみてください。


紛失防止タグの仕組み・使い方

鍵と紛失防止タグとスマートフォンの写真

紛失防止タグはスマホとBluetooth接続することで下記のようなことを実現してくれます。

  • 持ち主とタグが一定以上離れるとスマホに通知を送り、置き忘れを防止することができる
  • Bluetoothで接続できる有効範囲を超えた際に、最後に接続されていた位置情報を記録して、地図上で落とし物の場所を確認できる

これによって紛失することを防ぐことができたり、万が一落とし物をしてしまっても場所を特定することができるので、鍵や財布などの貴重品につけたり、さらにはペットの迷子札、子供の迷子防止に利用する方も多くいます。

GPS機能は搭載されていないので注意

紛失防止タグにはGPS機能は搭載されていないので、リアルタイムでタグの現在地を特定することはできません。

あくまでBluetooth接続が切れた場所の位置情報(最後に持ち物があった場所)を確認し、「失くした場所の見当をつける」のが正しい使用目的になります。

紛失防止タグの選び方

紛失防止タグとパソコンの写真

紛失防止タグには様々な種類がありがますが、自分にあったアイテムを選ぶためには下記の4点を比較するとよいです。

  • 有効範囲
  • 電池交換
  • 大きさ
  • 防水機能

有効範囲を確認する

紛失防止デバイスはスマートフォンとBluetooth接続して使いますが、製品ごとにその有効範囲が異なり、20〜60mほどのアイテムが多いです。

有効範囲が広いほうが落とし物を発見することができる可能性が高くなるので、なるべく有効範囲が広いモデルを選ぶとよいでしょう。

電池交換可能かチェック

紛失防止デバイスはバッテリー交換を自力でできるものと、使い切りタイプのものの2つに分かれます。お得に運用したいのあれば、バッテリー交換が可能なタイプがおすすめです。

また自分でバッテリー交換ができるアイテムの場合は電池交換の頻度がどれくらいかも注目しましょう。

形状や大きさを比較

紛失防止タグの形状や大きさは様々です。財布の中に忍ばせておきたい場合などはコンパクトで薄いものを選ぶとよいです。またキーリングがないアイテムを管理したい場合はシール型のスマートタグがおすすめ。

防水機能があるかチェック

紛失防止タグの中には防水機能を搭載したアイテムもあります。水に濡れる可能性があるものを管理したい場合には防水機能があるものを選択するのがおおすすめです。

生活防水の場合は「IPX4」以上、完全防水の場合には「IPX5」以上の防水表記があるものを選びましょう。

鍵や財布に付けておきたい紛失防止タグおすすめ10選

ここからはおすすめの紛失防止タグを10個紹介していきます!記事の最後にある「紛失防止タグスペック比較」では、選ぶ際のポイントにあげた4つのポイントの比較もしているので合わせてチェックしてみてください!

MAMORIO S(マモリオ エス)

「なくすを、なくす。」がコンセプトの日本製の紛失防止タグ「MAMORIO S(マモリオエス)」。

財布などにいれてもかさばらない世界最小・最薄のサイズが特徴で、今回紹介する紛失防止タグの中でAmazonの口コミ数が一番多く、評価も高い人気アイテムです。

防水性、耐久性強化のため、バッテリー交換ができませんが、3ヶ月以上利用すると半額で交換できるなどサポート制度も充実。

さらに、MAMORIOには「みんなで探す」機能というものが搭載されています。この機能は、MAMORIOアプリにログインしている他のユーザーが紛失中のMAMORIOに近づいた時、位置情報がサーバーを経由して持ち主のMAMORIOアプリに送られるというもの。

この機能によって他の紛失防止デバイスにはない簡易的なGPS機能の役割を実現しており、今後、MAMORIOユーザーが増えればどんどんGPSの精度が上がっていくことが期待されます。

実際にMAMORIOを購入してみたので、気になった方はレビュー記事もチェックしてみて下さい▼

紛失防止タグ「MAMORIO」レビュー!種類や使い方も紹介

2017.01.29

MAMORIO FUDA(マモリオ フューダ)

上記と同じくMAMORIO社から発売されているシール型紛失防止デバイスの「MAMORIO FUDA」。

キーリングを通す穴がないアイテムにも簡単に取り付けることができるので「MAMORIO S」では取り付けることができない下記のようなアイテムを管理したい場合におすすめです。

  • パソコン
  • タブレット端末
  • デジタルカメラ
  • 社員証
  • パスポート
  • Wi-Fiルータ

Tile Mate

世界230の国と地域に展開し、累計1,500万個を販売する米国シェアNo.1の紛失防止タグ。スマホとTileを相互に鳴らすことができ、さらに「Google Assistant」や「Amazon Alexa」にも対応しているアイテムです。

MAMORIOと同じようなユーザーみんなで紛失物を探せるコミュニティー機能もあるので、簡易的なGPSを持ち合わせています。

今回紹介する紛失防止タグの中で一番安いので、お試しに購入するのにもおすすめです。

実際にMAMORIOを購入してみたので、気になった方はレビュー記事もチェックしてみて下さい▼

紛失防止タグ「Tile Mate」レビュー!鍵や財布につけておきたい便利アイテム

2018.09.14

FIND

海外製の紛失防止タグ「FIND」。バッテリーは交換式でアプリ内から電池の残量を確認することも可能です。

また、半径50m以内であれば、スマホから操作してFINDタグのブザー音を鳴らすことができるので、鍵や財布を部屋のどこに置いたかわからなくなったときに効率よく探すことができます。

wistiki voila

スティック状の形が特徴的な紛失防止タグ「wistiki voila」。電池寿命、Bluetoothの有効範囲とともにどちらも今回紹介したアイテムの中で一番優れているパワフルなアイテムです。

trackR

メタリックカラーのおしゃれな紛失防止タグ「TrackR」。

これまで紹介したアイテムと同様の機能に加え、タグからスマホを探すことができたり、複数人で共通のタグを管理することができるなど幅広いニーズに対応しているのが魅力的なアイテムです。

rex seek2

ラトックシステムというスマホ、パソコンの周辺機器を作っているメーカーの紛失防止タグ「rex seek2」。

メールや電話の着信をタグが通知してくれたり、カメラのシャッターを遠隔操作することもできる便利なアイテムです。

chipolo

スロベニア生まれのカラフルな紛失防止タグ「chipolo」。カラーパターンが豊富なのでお手持ちのアイテムカラーに合わせてタグを取り付けることができます。

Qrio Smart Tag(キュリオスマートタグ)

ソニーとQrioというジョイントベンチャー企業が作った日本製の紛失防止タグ「Qrio Smart Tag(キュリオスマートタグ) 」。

カメラのシャッターを操作できたり、音楽プレイヤー再生・停止ができるなど、機能も豊富です。

NUT-MINI

カラフルな見た目がかわいらし「NUT-MINI」。

スマホと距離が離れるとビープ音を鳴らして置き忘れを防止してくれる他、スマホ一つで6個のタグを管理することできます。

紛失防止タグスペック比較

最後に今回紹介した紛失防止タグのスペック比較表を載せておきます。

MAMORIO SMAMORIO FUDATile MateFINDWistikiTrackRREX-SEEK2ChipoloQrio Smart TagNUT-MINI
イメージ





























大きさ

(縦・横・厚さ)
35.5mm × 19mm × 3.4mm24mm × 36.2mm × 3.4mm34mm x 34mm x 4.65mm6.4mm x 38.6mm x 38.6mm62mm × 23mm × 6mm31mm × 31mm × 3.5mm30mm × 30mm × 10mm35mm × 35mm × 5mm46mm × 26mm × 8.5mm36mm × 24mm × 5.3mm
重さ3g3.4g6.1g8g11g8g10g10g
有効距離・範囲約30m60m約30m最大50m最大100m約30m最大30m60m
バッテリー交換×××××
電池寿命8ヶ月〜10ヶ月約1年約1年約6か月約2年間1年約6ヶ月9ヶ月最長6カ月3カ月
防水機能××××
管理できるタグ

の最大数
20個20個8個(iPhoneの場合)

1個(Androidの場合)
10個4個5個6個
簡易GPS機能×××××××
商品リンク Amazonで価格を見る Amazonで価格を見る Amazonで価格を見る Amazonで価格を見る Amazonで価格を見る Amazonで価格を見る Amazonで価格を見る Amazonで価格を見る Amazonで価格を見る Amazonで価格を見る

まとめ

紛失防止タグの仕組みや選ぶ際のポイントを紹介した上で、おすすめの紛失防止タグを10個紹介しました。

財布や鍵などの貴重品は一度紛失してしまうと、悪用されるリスクが発生しますし、再発行の手続きも大変です。

忘れ物が多い方は、今回紹介した紛失防止タグから気になるものを購入して、「失くさない仕組み」を作ってみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ▼

キーホルダーにつけたいおすすめ便利グッズまとめ

2015.11.08