Amazonチャージで1,000円キャンペーン

Tile slim レビュー!財布やパスケースに入れやすいカードタイプの紛失防止タグ

Tile slim レビュー!財布やパスケースに入れやすいカードタイプの紛失防止タグ

こんにちは!ガジェットブロガーのtakahiro(@SmartpartyJP)です。

鍵や財布などの貴重品をなくすリスクを下げたり、子供やペットの迷子防止に便利な紛失防止タグ(スマートタグ)。

私は日々の貴重品の管理にAmazonや楽天でも人気が高い「Tile Mate」というアイテムを利用しています。

精度も高く便利なアイテムなんですが、ひとつ難点があるんです。それはタグに厚みがあり、財布の中などにしまいづらいなど、管理できるアイテムに制限があることです。

そこで今回、Tile Mateの姉妹アイテムにあたるTile Slimを購入してみました。下記のような特徴をもつおすすめの紛失防止タグだったので、紹介したいと思います。

Tile slimの特徴
  • クレジットカードサイズのカードタイプの紛失防止タグ
  • 薄さ2.7㎜で財布やパスポートケースなどしまっておくのに最適
  • 電池寿命3年のロングバッテリー(電池交換はできない)
  • スマホとタグ相互に音で呼び出せる
  • クラウドトラッキング(簡易GPS機能)対応
  • スマートスピーカー(Google Assistant、Amazon Alexa)に対応

Tile slimの外観

今回購入した紛失防止タグのTile slim。230の国と地域で利用されており全米No.1を獲得しているTile社から発売されているアイテムです。

紛失防止タグTile slimのパッケージ

パッケージを開封すると、とても薄い紛失防止タグの登場。名前の通りめっちゃスリムですね。

紛失防止タグTile slimの

Tile slimは電池交換ができないアイテムなので、タグの裏側はとてもすっきりしています。

紛失防止タグTile slimの

Tile slimのサイズ感

Tile Slimの一番の特徴はカードタイプの紛失防止タグであるということ。タグの大きさは85.5㎜ x 53.9㎜となっており、免許書やクレジットカードとほぼ同じ大きさです。

紛失防止タグTile slimの

厚みは2.7mmとなっており、クレジットカードを2~3枚ほど重ねたぐらいの厚みとなっております。ちなみに14gと軽量です。

紛失防止タグTile slimの

タカヒロ

実際に触ってみると、これ紛失防止タグなの?と驚いてしまうようなスリムなアイテムでした!

Tile slimを様々なアイテムに収納してみる

Tile slimの外観をチェックしたら、実際に普段利用しているアイテムに収納してみます。

まずは財布。レザー財布のカードポケットには2.5枚分くらいの厚さのタグを収納するのはちょっと厳しいですが、お札入れのスペースであれば問題なく収納可能。

紛失防止タグTile slimの

パスポートケースのように一枚一枚のカードポケットにゆとりがある場合は問題なく収まります。

紛失防止タグTile slimの

また、両面テープを使用すれば、ノートパソコンスタンドなどにも貼ることが可能です。

紛失防止タグTile slimの

タカヒロ

スリムさを活かして様々な貴重品の管理に使えるのが素晴らしいです!

Tile slimのペアリング方法

Tile slimとiPhone

Tile slimがどんなアイテムに使えるかをチェックしたらさっそくスマホとペアリング設定を行っていきましょう。ペアリング設定は下記の3ステップでおこなうことができます。

STEP.1
専用アプリをスマホにインストール

まずはお手持ちのOSの種類に合わせて、専用アプリをスマホにインストール。

Tile - Find lost keys & phone

Tile – Find lost keys & phone

Tile, Inc.無料posted withアプリーチ

STEP.2
アカウント登録

インストールが完了したらアプリを立ち上げて、アカウント登録をしていきます。facebookアカウントを利用するか、メールアドレスとパスワードを入力することでアカウント登録が可能です。

Tile slimのアカウント登録方法

Tile slimのアカウント登録方法

STEP.3
ペアリング設定

アカウント登録を完了したらTileアプリの管理画面左上にある「+」ボタンをタップし、タグの登録に進みます。

Tile slimとスマホのペアリング方法

Tile slimとスマホのペアリング方法

あとは管理画面の案内に従ってTile Mateの登録をすませば、ペアリング設定完了です!

Tile slimとスマホのペアリング方法

Tile slimとスマホのペアリング方法

Tile slimのセットアップ方法は下記のPDFファイルで詳しく確認することができます▼

Tile Proの取扱説明書

Tile slimの使い方・特徴

Tile slimを持っている写真

ペアリングが完了したら、Tile slimでできることをチェックしていきましょう!このデバイスで実施できるのは下記の3つです。

Tile Mate(電池交換版)の使い方・できること
  • タグの位置情報をアプリから確認する
  • スマホとタグを相互に呼び出す
  • クラウドトラッキング(簡易GPS機能)

タグの位置情報をアプリから確認する

Tile slimとスマホが60m以上離れて、Bluetooth接続が切れると、下記のように最後に接続が切れた位置がアプリ上に記録されるので、落とした場所のあたりをつけることができます。

管理画面を開くと、有効範囲内にないことがすぐわかりますし、落とした場所のマーカーをタップすると地図案内が開始され、迷わず移動できるので使いやすいです。

Tileの位置情報をアプリから確認する

Tileの位置情報をアプリから確認する

Tileの位置情報をアプリから確認する

Apple Watchからも操作可能

TileのアプリはApple Watchからも操作することができます。iPhoneを取り出さなくても、タグの位置を確認することができ、便利です。

Tile MateとApple Watchのアプリ画面

クラウドトラッキング(簡易GPS機能)

リアルタイムにタグの位置を特定することが出来ない弱点を補完するクラウドトラッキング(簡易GPS機能)。

タグ紛失時に、自分と同じタグを使っている人が近くを通ると、最新のタグの位置をお知らせしてくれるので、簡易的なGPS機能として利用できます。

タカヒロ

Tile社のタグは国内や海外での利用者が多いので、活躍が期待できる機能です!

スマホとタグを相互に呼び出す

Tile slimの有効距離内であれば、スマホとタグを相互に呼び出すことが可能です。

この機能があれば、タグやスマホが手元にないと気づいたときにすぐに自分の近くにあるか確認することができるので、効率よくタグを探すことができるようになります。

タグの中央にあるボタンをクリックするとスマホが呼び出せる▼

アプリを立ち上げて「呼び出すボタン」をタップすれば、タグの音が鳴ります。(Amazon Alexa、Google アシスタントとも連携できるので声でモノを探すことも可能)

タカヒロ

外出前に財布が見つからず、慌てて捜索するようなシーンでも活躍間違いなしですね。

Tile SlimとOrbit Cardを比較

カードタイプの紛失防止タグ購入を検討しているなら、Orbit Cardもおすすめです。

Tile Slimよりも薄く、充電可能で離れると音が鳴る分離アラート機能も搭載しています。

Tile slimFINDORBIT ORBIT CARD
イメージ
電池交換不可(電池寿命:約3年)USB充電
通信距離最大60m最大30m
防水機能防水 (IPX7)防水 (IPX6)
サイズ (mm)85.5mm x 53.mm85.5mm x 53.9mm
薄さ2.7mm1.28mm
重さ14g10g
相互アラート
分離アラートスマホに通知アラート音が鳴る
カメラシャッター操作×
FINDORBIT Orbit Card レビュー!極薄・充電可能なおすすめのカード型紛失防止タグOrbit Card レビュー!離れると音が鳴る充電式のおすすめカード型紛失防止タグ

Tile slimレビューまとめ

Tile slimはキーホルダー型のTile Mateではつけづらいアイテムを管理するのに最適な紛失防止タグでした。

残念ながら電池交換はできませんが、電池寿命は3年とパワフルですし、お得に運用することができるアイテムだと思います。

購入から1年の製品保証もあるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

【2020年】おすすめ紛失防止タグランキング!財布や鍵をGPSで管理しよう【2020年】おすすめ紛失防止タグランキング!財布や鍵をGPSで管理しよう Tile Mate 電池交換版レビュー!長く愛用できるコスパに優れたおすすめの紛失防止タグTile Mate 電池交換版レビュー!長く愛用できるコスパに優れたおすすめの紛失防止タグ Tile pro(2020)レビュー!電池交換可能でパワフルなおすすめ紛失防止タグTile pro(2020)レビュー!電池交換可能でパワフルなおすすめ紛失防止タグ

コメントを残す