Amazonチャージで1,000円キャンペーン

Tile pro(2020)レビュー!電池交換可能でパワフルなおすすめ紛失防止タグ

Tile pro(2020)レビュー!電池交換可能でパワフルなおすすめ紛失防止タグ

鍵や財布といった貴重品の管理から、子供やペットの迷子防止まで様々な用途で使うことができるスマートタグ。

日本ではMAMORIOとTileというメーカーから発売されているアイテムの人気が高いです。

今回、Tile社のタグで一番機能が優れているパワフルな紛失防止タグのTile Proというアイテムを購入したので、この製品の特徴を紹介していきたいと思います。

同社の一番ベーシックなアイテムであるTile Mateの比較を交えながら解説していくので、Tile MatoとTile Proの違いが知りたい方、どんなことができるか知りたい方は是非チェックしてみて下さい!

Tile pro(2020)の特徴
  • 電池交換可能だからお得に運用できる
  • 有効距離120mの圧倒的な守備範囲
  • スマホとTile Mateの双方向から呼び出しが可能
  • クラウドトラッキング(簡易GPS機能)に対応
  • スマートスピーカー(Google Assistant、Amazon Alexa)に対応

Tile Pro(2020)の外観

今回購入した紛失防止タグ Tile Pro。全米No1シェアを獲得し、日本でも人気の紛失防止タグメーカー、Tile社から発売されているアイテムです。

紛失防止タグTile Proの

パッケージを開封すると高級感のある紛失防止タグの登場。

紛失防止タグTile Proの

2種類のカラーバリエーションの中からブラックを選択しました。Tile Mateのカラーバリエーションはホワイト一色のみなので、色を選べるのは嬉しいところ。

Tile Proのカラーバリエーション

タグの背面には電池交換用の蓋があり、電池交換することが可能になっています。使い捨てタイプの紛失防止タグが多い中で、自分で電池交換できる仕様はありがたいです。

紛失防止タグTile Proの

Tile Proの大きさはタテ41.6mm x ヨコ41.6㎜。

紛失防止タグTile Proを手に持っている様子

ベーシック版のTile Mateの大きさは3mm×35mmなので、両者の大きさを比較すると、Tile Proの方が一回り大きいことがわかります。

紛失防止タグTile ProとTile Mateの大きさを比較している写真

Tile Pro(2020)のペアリング方法

Tile ProとiPhone

Tile Pro(2020)の外観をチェックしたらさっそくスマホとペアリング設定を行っていきましょう。ペアリング設定は下記の3ステップでおこなうことができます。

STEP.1
専用アプリをスマホにインストール

まずはお手持ちのOSの種類に合わせて、専用アプリをスマホにインストール。

Tile - Find lost keys & phone

Tile – Find lost keys & phone

Tile, Inc.無料posted withアプリーチ

STEP.2
アカウント登録

インストールが完了したらアプリを立ち上げて、アカウント登録をしていきます。facebookアカウントを利用するか、メールアドレスとパスワードを入力することでアカウント登録が可能です。

Tile Proのアカウント登録方法

Tile Proのアカウント登録方法

STEP.3
ペアリング設定

アカウント登録を完了したらTileアプリの管理画面左上にある「+」ボタンをタップし、タグの登録に進みます。

Tile Proとスマホのペアリング方法

Tile Proとスマホのペアリング方法

あとは管理画面の案内に従ってTile Mateの登録をすませば、ペアリング設定完了です!

Tile Proとスマホのペアリング方法

Tile Proとスマホのペアリング方法

Tile Proのセットアップ方法は下記のPDFファイルで詳しく確認することができます▼

Tile Proの取扱説明書

Tile Pro(2020)の使い方・できること

ペアリングが完了したら、Tile Proでできることをチェックしていきましょう!このデバイスで実施できるのは下記の3つです。

Tile Mate(電池交換版)の使い方・できること
  • タグの位置情報をアプリから確認する
  • スマホとタグを相互に呼び出す
  • クラウドトラッキング(簡易GPS機能)

タグの位置情報をアプリから確認する

Tile ProとスマホのBluetooth接続が切れると、下記のように最後に接続が切れた位置がアプリ上に記録されるので、落とした場所のあたりをつけることができます。

管理画面を開くと、有効範囲内にないことがすぐわかりますし、落とした場所のマーカーをタップすると地図案内が開始され、迷わず移動できるので使いやすいです。

有効距離はTile Mateの倍である120mととても広範囲なので、タグとの距離が少し離れていても接続が再開されます。

Tileの位置情報をアプリから確認する

Tileの位置情報をアプリから確認する

Tileの位置情報をアプリから確認する

Apple Watchからも操作可能

TileのアプリはApple Watchからも操作することができます。iPhoneを取り出さなくても、タグの位置を確認することができ、便利です。

Tile ProとApple Watchのアプリ画面

クラウドトラッキング(簡易GPS機能)

リアルタイムにタグの位置を特定することが出来ない弱点を補完するクラウドトラッキング(簡易GPS機能)。

タグ紛失時に、自分と同じタグを使っている人が近くを通ると、最新のタグの位置をお知らせしてくれるので、簡易的なGPS機能として利用できます。

Tile社のタグは国内や海外での利用者が多いので、活躍が期待できる機能です。

スマホとタグを相互に呼び出す

Tile Proの有効距離内であれば、スマホとタグを相互に呼び出すことが可能です。

この機能があれば、タグやスマホが手元にないと気づいたときにすぐに自分の近くにあるか確認することができるので、効率よくタグを探すことができるようになります。

外出前に「あれ?鍵どこ行った?」となり、モノを探すことシーンってたまにあると思うんですが、そんなシーンにも有効です。

タグの中央にあるボタンをクリックするとスマホが呼び出せる▼

アプリを立ち上げて「呼び出すボタン」をタップすれば、タグの音が鳴ります。(Amazon Alexa、Google アシスタントとも連携できるので声でモノを探すことも可能)

スマホからタグを呼び出したときのブザー音はTile Mateのよりも大きいので、少し離れている場所からもより音に気が付きやすいようになっています。

Tile proとTile Mateの違いを比較

TileProとTile Mateの違いをまとめると下記のようになります。

少しサイズ感が大きくなってしまうデメリットはありますが、その他の機能は大幅に向上しており、とてもパワフルな紛失防止タグであることがわかります。

Tile Mate 電池交換版Tile Pro 電池交換版
イメージ
特徴Tile Mateの上位版ベーシックモデル
電池交換〇 (CR2032)〇 (CR1632)
カラーバリエーションホワイト、ブラックホワイト
ブザーの音量128db119db
有効距離最大120m最大60m
防水機能防滴 (IP55)防滴 (IP55)
サイズ(mm)41.6 x 41.6 x 6.535 x 35 x 6.2
重さ12g6g

Tile Pro(2020)レビューまとめ

Tile ProはBkuetoothの有効距離やアラート音の大きさがTile Mateよりも優れている、パワフルな仕様の紛失防止タグでした。

とくに120mの有効距離はTile社だけでなく市販されている紛失防止タグの中でも一番広範囲です。

紛失のリスクを少しでも下げたいという方にはとても頼りになるアイテムだと思いますので、気になった方は是非チェックしてみてください!

【保存版】おすすめ紛失防止タグ(スマートタグ)まとめ!財布や鍵の紛失リスクを回避しよう【2020年】おすすめ紛失防止タグランキング!財布や鍵をGPSで管理しよう Tile Mate 電池交換版レビュー!長く愛用できるコスパに優れたおすすめの紛失防止タグTile Mate 電池交換版レビュー!長く愛用できるコスパに優れたおすすめの紛失防止タグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください