耐荷重80kg!フルサイズ一眼レフカメラユーザーにおすすめの最強ミニ三脚を紹介

耐荷重80kg!フルサイズ一眼レフカメラユーザーにおすすめの最強ミニ三脚を紹介

展望台から夜景を撮るときやちょっとした物撮り、旅行のときなんかに重宝するミニ三脚。

今まで「マンフロットのPIXI EVO 」や「ゴリラポッド」など、いくつかのミニ三脚を購入してきたのですが、耐荷重が大きいフルサイズ一眼レフカメラを安心して載せることができるアイテムに出会えずに悩んでいました。

そんな時に偶然Amazonで見つけたのが今回紹介する「DECADE」のミニ三脚です。耐荷重80kgとの記載があり、試しに買ってみたらかなり良いアイテムだったので紹介したいと思います!

ミニ三脚のまとめ記事は下記をチェック▼

ミニ三脚(卓上三脚)のおすすめアイテムまとめ&スペック比較

2018.08.16

耐荷重80kg!DECADEの卓上三脚(ミニ三脚)レビュー

Amazonで商品仕様を読んで商品スペックに驚いたDECADEのミニ三脚。聞いたことがないメーカーで若干の不安がありましたが、口コミの評価も高かったのでそれを信じてポチってみました。

DECADEのミニ三脚商品パッケージの写真

開封してみると、アルミ合金材を採用したミニポータブル三脚の登場です。重量は255gととても軽量。赤と黒のデザインもかっこいいです。

脚には付属品のベルトを通す穴があり、手すりなどに固定できるようなっています。ゴリラポッドのような使い方ができるといったイメージです。

DECADEのミニ三脚の写真

高さは2段階に調整可能

脚を広げてみると底面から取付面までの高さは11.5cmになります。

DECADEのミニ三脚の脚を広げた様子を撮影した写真

そして、赤いリングを回転させればローポジションに高さを調整可能。底面から取付面までは約4cmになります。

DECADEのミニ三脚の脚を広げた様子を撮影した写真

フルサイズ一眼レフカメラも余裕で載せることができる

取付ねじは2重構造になっており、1/4インチと3/83インチに対応しています。試しにマンフロットのXPROボール雲台を装着してみました。

全くぐらつきがなく安定感があります。赤と黒のデザインにあっていて見た目もとても良い。

DECADEのミニ三脚にマンフロットのXPROボール雲台を装着してみた様子を撮影した写真

フルサイズ一眼レフカメラのEOS5D Mark3と超広角レンズ(1.6kg)を載せてみても、まったぐ動くことなく安心して使えます。

DECADEの卓上三脚にフルサイズ一眼レフカメラを載せてみた写真

そして、ミニ三脚の弱点になりやすい縦位置。DECADEのミニ三脚はばっちりと支えてくれるので、縦型構図の撮影も問題なしです。

DECADEの卓上三脚にフルサイズ一眼レフカメラを載せてみた写真

まとめ

DECADEの卓上三脚にフルサイズ一眼レフカメラを載せて展望台から夜景を撮っている様子

耐荷重80kgの最強ミニ三脚をご紹介してきました。他のミニ三脚では安心して載せることができなかったフルサイズ一眼レフカメラも余裕で載せることができるアイテムが見つかりとても満足です。

他の方のレビュー記事を見てみると実際に80kgの人が上に載ってもビクともしかなったとの紹介もあり、頑丈で頼りになる卓上三脚だと思います。

展望台での撮影や旅行先でさっとカメラを固定したいときなどにフル活用していきたいと思います。

今回紹介したDECADEのミニ三脚▼

DECADEと同じ仕様のMomanのミニ三脚▼