Leofoto LX-225CT + XB-32Q レビュー!軽量コンパクトなおすすめトラベル三脚

Leofoto LX-225CT + XB-32Q レビュー!軽量コンパクトなおすすめトラベル三脚

こんにちは!カメラブロガーのtakahiro(@SmartpartyJP)です。

夜景撮影タイムラプス撮影に必須のアイテムである三脚。

私はフルサイズ一眼カメラもばっちり載せることができるマンフロットのトラベル三脚「befreeアドバンス」を愛用しているのですが、もう少し軽くて、コンパクトに折りたためたら、持ち運びしやすいなーと感じるシーンが多々あります。

そこで今回、Leofotoの「LX-225CT + XB-32Q」というトラベル三脚を新たに試してみることに。下記のような特徴の素晴らしいアイテムだったので紹介してきます!

LeofotoのLX-225CT+XB-32Qはこんなトラベル三脚!

  • 収納高33cmでコンパクトに持ち運び可能
  • カーボン素材でできており重さ1.05kgと軽量
  • 対荷重6kgで重い機材もしっかり載せられる
Leofoto 三脚・雲台セット LX-225CT+XB-32Q 5段 脚径22mm ボール径32mm カーボン 自由雲台 アーバンシリーズ トラベラー アルカスイス互換 レオフォト 送料無料

Leofoto LX-225CT+XB-32Qの外観・付属品について

今回ご紹介するトラベル三脚「LX-225CT+XB-32Q」。中国のLeofotoというカメラ機材を扱う会社から発売されているアイテムです。

Leofotoには用途別に様々なラインナップの三脚があるのですが、今回のアイテムは「アーバンシリーズ(LX)」と呼ばれる、コンパクトに折りたためるタイプの三脚です。

日本で唯一のLeofoto正規取扱代理店であるワイドトレード様よりご提供いただきました。

Leofoto LX-225CT+XB-32Qの化粧箱

パッケージを開封すると、専用ケースに入った三脚の登場です。

Leofoto LX-225CT+XB-32Qと専用ケース

青をアクセントカラーにしたスポーティーでかっこいいデザイン。

Leofoto LX-225CT+XB-32Qの外観

付属品

付属品は下記の通り▼

Leofoto LX-225CT+XB-32Qの付属品

  • 取り扱い説明書
  • 保証書類
  • カラビナ
  • 調整用工具

滑り止めがついて持ち運びやすい

3つある脚の中の1本にはラバー製の滑り止めがついており、三脚を持ちやすさが配慮されています。

三脚は冬場に使用すると、脚がとても冷えて手で持って移動するのが辛いときよくあります。ラバー製の滑り止めがあると三脚の冷えも気にせず持ち運びができるのでありがたい配慮です。

Leofoto LX-225CT+XB-32Qの滑り止め

脚は5段のツイストロック式

脚のロック方式にはロックレバー式とツイストロック式がありますが、LX-225CTは後者の方式を採用。

くるくるっとロック部分を回しながら収納されている脚を出して、スピーディーに三脚の設置をおこなうことができます。

Leofoto LX-225CT+XB-32Qはツイストロック式

水準器付きの自由雲台「XB-32Q」

セットでついてくる自由雲台「XB-32Q」は水準器付き。形はとてもコンパクトです。

Leofotoの水準器付きの自由雲台「XB-32Q」

アルカスイス互換なのもグッドなポイント。

Leofotoの水準器付きの自由雲台「XB-32Q」

Leofoto 三脚・雲台セット LX-225CT+XB-32Q 5段 脚径22mm ボール径32mm カーボン 自由雲台 アーバンシリーズ トラベラー アルカスイス互換 レオフォト 送料無料

Leofoto Leofoto LX-225CT+XB-32Qの気に入ったところ

外観をさらっとチェックしたら、マンフロットのbefreeアドバンスと比較しながら、Leofoto LX-225CT+XB-32Qの特徴を4つあげていきます!

Leofoto LX-225CTとマンフロットのbefreeアドバンスのスペック比較

商品名LX-225CT+XB-32Qbefreeアドバンス
段数54
全伸長1370mm1500 mm
収納高330mm410mm
最低高180mm410mm
重量1005g1250g
耐荷重重量6kg8kg
素材カーボンカーボン

収納高33cmとコンパクト!

LX-225CT+XB-32Qを折りたたんだ際の長さは33cmとかなりコンパクト。

いつも使っているマンフロットのトラベル三脚「befreeアドバンス」は収納高41cm。これでもかなりコンパクトな部類に入るのですが、さらに7cmも小さいのはすごい!

LX-225CTとbefreeアドバンスを比較した写真

よりコンパクトに折りたたむことができると、カバンの中の収納スペースを奪わなくて済みますし、気軽に持ち出せるようになります。

LX-225CTをカメラバッグに収納している様子

カーボン素材で軽量

Leofoto Leofoto LX-225CTはカーボン素材できており、三脚と雲台を併せた重量は約1kgとかなり軽量。

「befreeアドバンス」もカーボン素材でできていますが、それよりも比較すると250gほど軽く、単焦点レンズ一本ぶんくらいの違いが出てきます。

LX-225CTを手に持っている写真

フルサイズの一眼カメラ載せられる耐荷重

コンパクトな三脚は耐荷重が低く、フルサイズの一眼レフカメラ+望遠レンズなど重い機材を載せるのは厳しいことが場合が多いです。

しかし、LX-225CTの耐荷重は6kgとなっており、本格的な機材も十分載せることができる設計になっています。コンパクトでいながらパワフルなのは心強い!

LX-225CTに一眼レフカメラを設置している様子

様々なアングルで撮影可能

Leofoto LX-225CTは様々なアングルで撮影が楽しめるのも良いところです。

まず最大長137cm。コンパクトに折りたたむことができる三脚は最大長が低い場合がありますが、LX-225CTはさまざまな状況でバッチリ使えるだけの高さを確保しています。

befreeアドバンスは最大長が150cmなので、それと比べると若干背が低めですが、10cmほどの差であれば困るシーンはあまりないと思います。

最大長でLeofoto LX-225CTを立てる様子

最低高は18cmとなっており、かなりローアングルからの撮影が可能です。こちらはマンフロットに比べるとかなり優位。最低高での撮影ではセンターポールを取り外しする必要があります。

最低高でLeofoto LX-225CTを立てる様子

Leofoto LX-225CT+XB-32Q レビュー まとめ

Leofotoの「LX-225CT+XB-32Q」はコンパクト・軽量でありながらフルサイズの一眼レフカメラもしっかり載せることができるパワフルなトラベル三脚でした。

さらにアルカスイス互換の雲台には水準器がついていたり、脚には持ちやすさを配慮してラバーがついているなど、隙がなくとても頼れるアイテムだと思います。

旅行などで活躍間違いなしのトラベル三脚ですので、気になった方はぜひ購入してみてください!

Leofoto 三脚・雲台セット LX-225CT+XB-32Q 5段 脚径22mm ボール径32mm カーボン 自由雲台 アーバンシリーズ トラベラー アルカスイス互換 レオフォト 送料無料

トラベル三脚のおすすめアイテム一覧はこちら▼

【2019年】トラベル三脚のおすすめアイテムまとめ&スペック比較

2018.06.26

ミニ三脚(卓上三脚)のおすすめアイテム一覧はこちら▼

おすすめのミニ三脚(卓上三脚)まとめ!選び方のポイントも紹介

2018.08.16

おすすめのカメラバッグまとめ記事はこちら▼

カメラバッグおすすめ13選まとめ!失敗しない選び方も紹介

2018.09.02

カメラを買ったら一緒に揃えたいアクセサリーまとめ記事はこちら▼

初心者向け!カメラと一緒に揃えたいアクセサリー&機材まとめ

2017.03.06