2022年に出会った愛用の品々を振り返る

指紋認証で施錠ができる便利なスマートロック!SwitchBotロック レビュー

指紋認証で施錠ができる便利なスマートロック!SwitchBotロック レビュー

少し前にSESAME4というスマートロックをご紹介しました。

鍵を持つ必要がなくなり、身軽に外出できるようになってQOLが爆上がりしたと感じています。

こうなってくると他社のスマートロックの使用感も気になるのがガジェットブロガーの性。

そんな経緯から、過去に複数のアイテムをレビューしているSwitchBot社のスマートロックを試してみることにしました。

タカヒロ

SwitchBotといえば、様々なスマートデバイスを高いコスパで手がけている人気メーカー。どんなクオリティに仕上がっているのか楽しみ!

実際に使用してみた結果は大満足。

SESAME4に負けず劣らずの素晴らしいスマートロックでおすすめできるアイテムだったので、本記事にて紹介したいと思います。

スマートロックの導入を検討している方はぜひチェックしていってください!

SwitchBotロックのメリット
  • 豊富な施錠パターンに対応
  • 指紋認証パットが便利
  • 反応が早い
  • 駆動音が小さい
  • 管理するアプリが集約できる
SwitchBotロックのデメリット
  • サイズが少し大きい
MEMO

本記事はメーカーに製品提供いただき、作成しています。

SwitchBotロックの外観

今回提供いただいたSwitchBotロック。

数多くのスマートデバイスを手掛けるSwitchBot社から発売されているスマートロックです。

SwitchBotロックの製品パッケージ

早速パッケージを開封するとSwitchBotロックの付属品がずらり。

SwitchBotロックの製品パッケージ

  • 本体(電池付)
  • プラスドライバー
  • 予備両面テープ
  • 予備ネジ
  • 取扱説明書
  • 磁石センサー
  • クリーニングティッシュ
  • タグネーム用シール×6
  • サムターンアダプタ×3
  • SwitchBotタグ×2

こちらがSwitchBotロックの本体。

ブラックとシルバーの2食展開の中から今回はブラックを選びました。マットな質感がかっこいいスマートロックです。

SwitchBotロックの製品パッケージ

サイズは110 × 57 × 70 mmとなっており、ちょっと大きめな印象。

SwitchBotロックの製品パッケージ

Switchbotロックの上部にはバッテリーケース。CR123Aという電池で約3ヶ月ほど使用することが可能とのこと。

SwitchBotロックの製品パッケージ

SwitchBotロックの取り付け方法

SwitchBotロックの外観をチェックしたら早速自宅のドアに取り付けを実施していきます。

下記の3ステップで簡単に取り付けることができました。

STEP.1
適切なサムターンアダプターをあてがう

まずは同封されている3種類のサムターンアダプターを自宅のドアノブにあてがい、最適なサイズを確認。

SwitchBotロックの取り付け方法

STEP.2
高さ調整をする

SwitchBotロックのバッテリーケースを外して、ドアの形状に合うように高さを調整。

SwitchBotロックの取り付け方法

STEP.3
製品本体と磁石をドアに取り付ける

最後に製品本体と付属の磁石をドアに設置。60秒ほどグッと押してしっかり接着させましょう。

SwitchBotロックの取り付け方法

SwitchBotロックの取り付け方法は公式動画もわかりやすいです▼

SwitchBotロックのアプリ初期設定

SwitchBotロックをドアに取り付けたら専用アプリから施錠・解錠を行えるように設定を進めます。

STEP.1
専用アプリをインストール

下記の専用アプリをインストールしたらアカウント登録を登録します。

SwitchBot

SwitchBot

wonderlabs, Incorporated無料posted withアプリーチ

STEP.2
SwitchBotロックを追加

アプリホーム画面の右上にある「+」ボタンをタップしたら、Bluetooth検出された「ロック」をタップ

SwitchBotロックのアプリ初期設定方法
SwitchBotロックのアプリ初期設定方法
SwitchBotロックのアプリ初期設定方法
STEP.3
名称を決定

画面の案内に従いロックの名称や設置場所を登録します。

SwitchBotハブを所有している方はこのタイミングでロックと連携できるように設定も忘れずに。

SwitchBotロックのアプリ初期設定方法
SwitchBotロックのアプリ初期設定方法
SwitchBotロックのアプリ初期設定方法
STEP.4
施錠・解錠位置を指定

最後にSwitchBotロックにドアの施錠・解錠位置を覚えさせたら、初期設定は完了です。

SwitchBotロックのアプリ初期設定方法
SwitchBotロックのアプリ初期設定方法
SwitchBotロックのアプリ初期設定方法

SwitchBotロックの特徴

ここからは実際にSwitchBotロックを使用してみて感じた本製品の4つの特徴を紹介していきます。

豊富な施錠パターンがある

SwitchBotロックの取り付けた様子

セサミ4は下記のように豊富な施錠・解錠のパターンが用意されており、ユーザーの好みに合わせた運用をおこなうことができます。

  • アプリから解錠
  • AppleWatch解錠
  • スマホのウィジェット解錠
  • スマホのタッチ解錠(NFCタグ連携)
  • 音声アシスタント
  • リモート解錠
  • 物理キー

この中から個人的に使いやすいと感じた施錠・解錠パターンを2つ詳しく解説します

アプリでの施錠・解錠

まずは一番ベーシックな専用アプリでの施錠・解錠。

SwitchBotロックはSwitchBotハブとセットで使用するとネット経由でスマホとスマートロックがつながった状態になるので爆速で施錠・解錠が可能。

SwitchBotロック単体だとスマホとスマートロックのBluetooth接続までに2~3秒かかってしまうので、ぜひSwitchBotハブは導入して欲しいアイテムです

オート施錠・解錠

家を出入りしたタイミングで指定の秒数後に自動で鍵が閉めてくれるオートロック施錠。

戸締りを忘れるリスクを防止できるし、施錠のワンアクションを減らせて便利。

ただし、スマホを出ずに玄関の外に出てしまうと締め出されてしまうので運用には注意が必要です。

指紋認証パットが便利!

switchbotロックはオプションパーツの指紋認証パッドを取り付けることで、下記のパターンでも施錠解除を行うことができるようになります。

  • パスコード解錠
  • 指紋認証
  • NFCカード

注目は指紋認証を使用した施錠・解除パターン。

指で鍵の開け閉めができるといちいちスマホを取り出す必要もないですし、スマホの充電が切れてしまっても問題なく家に入ることができるのは嬉しいポイントです。

反応も素早くとても実用的な施錠解除パターンだと感じました。

駆動音が小さい

SwitchBotロックはセサミ4に比べると駆動音が小さいのが良いと感じました。

セサミ4よりも大きなモーターを積んでいるので、静音性高く鍵の施錠を行うことができるのだと思います。

一人暮らしの場合はあまり気にならないかもしれませんが、頻繁に人の出入りがある部屋では静かに施錠できるのは大きなメリットだと思います。

Twitter

管理するアプリが集約できる

switchbotはスマートデバイスのラインナップが非常に豊富です。

今回紹介したスマートロックに加えその他のアイテムもswitchbot社製に統一すれば、一つのアプリでスマートデバイスの管理が可能。

セサミやQrio Lockも魅力的なデバイスではありますが、扱っているスマートデバイスの数では圧倒的にSwitchBotが強いです。

僕も自宅のスマートデバイスはほぼ全てswitchbot社製なので、この恩恵を受けることができるのは嬉しいところ。

SwitchBotのアプリ画面

スマートロックのスペック比較表

最後に人気のスマートロック4機種の製品性能を簡単に表にまとめた結果をご紹介。

switchbotロックは人気のスマートロックの中でもやれることのバランスが豊富。

さらに表には載せてませんが、指紋認証やパスコードなど独自の施錠解除パターンを搭載しているのがメリットです。

また、サイズ感が大きく馬力があることもあって駆動音は控えめなのもスマートロックとして押せるポイントです。

製品 SESAME4 SwitchBotロック Qrio Lock SADIOT LOCK
イメージ
サイズ 93 x 57 x 55 mm 110 × 57 × 70 mm 116 × 77 × 57 mm 124 × 67 × 61 mm
重量 約139g 約263g 約240g 約168g
本体価格 5,478円 9,980円 25,300円 13,200円
ハブ価格 3,278円 3,980円 9,680円 4,950円
オートロック
手ぶら解錠
ノック解錠 × × ×
ウィジェット解錠 × ×
Apple Watch解錠 ×
スマートスピーカー ×
鍵の共有

Switchbotロック レビューまとめ

switchbotロックをドアに取り付けた様子

セサミ4ユーザーの僕がswitchbotロックを使用してみた感想を紹介しました。

非常に豊富なパターンで施錠解除ができるので便利ですし、指紋認証パッよがあればパスコードや指紋認証で解錠できるのはとてもポイントが高いと思いました。

SwitchButハブがあればネット経由でとてもスマートに施錠・解錠もできますし、SwitchBot社製品でスマートデバイスを統一できればスマホにインストールアプリがすっきりするのも魅力です。

物理的なキーを持つ生活を離れたい方はぜひ本製品を導入してみてはいかがでしょうか。

SwitchBotロックのメリット
  • 豊富な施錠パターンに対応
  • 指紋認証パットが便利
  • 反応が早い
  • 駆動音が小さい
  • 管理するアプリが集約できる
SwitchBotロックのデメリット
  • サイズが少し大きい
【2022年】圧倒的に買ってよかったもの・殿堂入りアイテムまとめ【2023年】圧倒的に買ってよかったもの・殿堂入りアイテムまとめ 【2021年】紛失防止タグおすすめランキング!財布や鍵をGPSで管理しよう【2023年】紛失防止タグおすすめランキング!財布や鍵をGPSで管理しよう スマートホーム化のために買ったおすすめのIOTデバイスを厳選紹介スマートホーム化のために買ったおすすめIoT家電11選

コメントを残す