おすすめガジェット

スマートホーム化のために買ったおすすめのIoTデバイスを厳選紹介

スマートホーム化のために買ったおすすめのIOTデバイスを厳選紹介

引越しをして家具や家電を見直したタイミングから徐々に自宅のスマートホーム化を進めています。

スマホでちょっとした機能を声で操作してみたところ、「音声操作の精度ってこんなに高いだ、便利じゃん!」と感じたがきっかけです。

少しずつIOTデバイスを買い足してきた結果、現在自宅には7つのアイテムがあり、様々なことが言葉一つで実行できるようになりました。

タカヒロ

音声だけでいろんなことが片付く環境は驚くほど快適です!

そこで本記事では下記のような方に向けて、我が家で愛用しているIOTデバイスをまとめてみました。

  • スマートホームの便利な使い方、組み合わせを知りたい
  • スマートホーム化に必要なデバイスが知りたい

スマートホーム化のヒントを知りたい方はぜひチェックしてみてください!

Twittterでバズった一人暮らし男子の部屋紹介!おしゃれにするコツもTwittterでバズった一人暮らし男子の部屋紹介!おしゃれ部屋を作る参考に 一人暮らしのQOLが上がる!買ってよかった家電・サービス20選一人暮らしのQOL爆上がり!買ってよかった家電・サービス20選

Google Nest Hub(スマートディスプレイ)

Google Assistant搭載のスマートスピーカーGoogle Nest Hub

部屋中のIOTデバイスを音声操作するための司令塔的な役割を担うGoogle Nest Hub。

このあと紹介するアイテムと紐づけることで、このデバイスに話しかければ家電や照明などのオンオフやちょっとした操作が実行できるようになっています。

ディスプレイ付きのスマートスピーカーなので、このデバイス単体でも下記のようなシーンでも大活躍です。

Google Nest Hubにできること
  • タイマーの起動(残り時間がすぐ見えるのがいい)
  • 行きたい場所を調べる(経路が視覚的にチェックできてわかりやすい)
  • ちょっとした疑問を質問
  • 天気をチェック
  • youtubeを再生
  • youtube Musicを再生
  • 置き時計として活用

タカヒロ

GoogleのAIスピーカーは検索機能が優秀。UIもシンプルで操作しやすいため、メインのスマートスピーカーとして愛用しています。

【大満足】Google Nest Hub レビュー!家での生活が便利になるおすすめスマートディスプレイ【大満足】Google Nest Hub レビュー!家での生活が便利になるおすすめスマートディスプレイ

Fire TV CUBE(アレクサ搭載ストリーミングデバイス)

Fire TV CUBE(アレクサ搭載ストリーミングデバイス)

サブのスマートスピーカーとして利用しているAmazonのFire TV Cube。

動画ストリーミング機能とスマートスピーカーの2つの役割をこなしてくれるデバイスで、下記のようなことができるようになります。

Fire TV CUBEのできること
  • youtubeや複数の動画ストリーミングサービステレビに出力
  • 見たい動画を音声操作で検索、再生できる
  • Amazonで購入した商品の配送状況を確認
  • Amazonのショッピングリストにアイテムを追加
  • Amazon musicを再生

Fire TV Cubeがあれば、動画ストリーミングサービスを快適に楽しめるだけでなく、テレビ画面に様々な情報を表示してくれるようになります。

Amazonが手がけるスマートディスプレイ(echo Showシリーズ)のテレビ版といった感じです。

Fire TV CUBE(アレクサ搭載ストリーミングデバイス)の使用例

タカヒロ

Alexaはアマゾンが運営する各種サービスとの連携が抜群!Amazonヘビーユーザーの方なら一台は持っておくと便利です。

【レビュー】Fire TV Stick 4Kのできること、初期設定、Fire TV Cubeとの違いまとめ【レビュー】Fire TV Stick 4Kのできること、初期設定、Fire TV Cubeとの違いまとめ

SwitchBot hub mini(スマート学習リモコン)

SwitchBot hub mini

リモコン操作できるデバイスをスマートホーム化できるSwitchBot hub mini(学習リモコン)。

このデバイスには下記の3つの家電を登録しており、それらをGoogle Nest Hubに紐づけることで音声操作できるようにしてあります。

  • テレビ
  • エアコン
  • ロボット掃除機

専用アプリの設計も優秀で、スマホからの操作もしやすいです。

SwitchBot専用アプリの操作画面
SwitchBot専用アプリの操作画面
SwitchBot専用アプリの操作画面

電源のオンオフやちょっと設定をいじるぐらいなら、わざわざリモコンを取りに行ったり、探したりする必要がなくなってQOLがかなり上がりました。

タカヒロ

スマート学習リモコンといえばNature RemoとSwitchBotが有名どころ。

僕は実際に両者を使ってみましたが、操作感のシンプルやコスパを考えるとSwitchBotがおすすめです。

【SwitchBot Hub Miniレビュー】コスパに優れたおすすめスマートリモコン!NatureRemoとの比較も【SwitchBot Hub Miniレビュー】コスパに優れたおすすめスマートリモコン!NatureRemoとの比較も Nature Remo mini レビュー!賢くて使いやすいおすすめスマートリモコンNature Remo mini(ネイチャーリモミニ) レビュー!賢くて使いやすいおすすめスマートリモコン

タカヒロ

スマートスピーカー + SwitchBot hubの組み合わせだけでだいぶ生活の便利さが向上しますよ!

SwitchBotボット(指型ロボット)

SwitchBot Hub miniの弱点はリモコン操作できるデバイスしかスマート化できないことでした。それを補完してくれるのが姉妹製品のSwitchBotボットという指型のロボット。

SwitchBotボット(指型ロボット)

僕はこれをよく消し忘れをしてしまう洗面所のスイッチに設置しています。

このアイテムがあると、物理ボタンでしかオン/オフを操作できないデバイスのスマートホーム化が可能になります。

このアイテムのおかげで、少し離れた場所にある消し忘れた照明をOFFにすることができるようになって。

SwitchBotレビュー!物理ボタンのスマホ&音声操作を可能になる指型ロボットSwitchBotボットレビュー!物理ボタンのスマホ&音声操作を可能になる指型ロボット

HaoDeng LED電球(スマート電球)

リビングにはペンダントライトやスタンドライトなど複数の照明器具があり、それらには全てアレクサ・グーグルホーム対応のHaoDeng LED電球を取り付けています。

アレクサ・グーグルホーム対応のスマート電球

スマート電球といえば「Philips Hue」が有名ですが、値段が高いのでこのアイテムを利用しているという感じ。

安価な製品ですが使用感は良好。簡単な設定でGoogle Nest Hubとの連携して音声操作できるようになります。

スマート電球なら複数の電球の明るさや色温度をまとめて調整できるから、管理が楽なのもいいところ。

HaoDeng専用アプリの操作画面
HaoDeng専用アプリの操作画面

タカヒロ

賃貸によくあるシーリングライト一つなら、SwitchBot hub miniに照明のリモコンを学習させるので十分ですが、一室多灯の部屋の照明をスマート化するならスマート電球は必須です!

音声操作できる間接照明で部屋をおしゃれに!設定手順と購入したアイテム紹介音声操作できる間接照明で部屋をおしゃれに!設定手順と購入したアイテム紹介

eufy robovac 11s(ロボット掃除機)

eufy robovac 11s(ロボット掃除機

自宅を掃除する時間を圧縮してくれるAnkerのお掃除ロボット、eufy robovac 11s。

いつも自宅を出るのと同時に掃除をするようにしてもらっているので、帰宅した時には床が綺麗な状態になっています。掃除の時間を節約するのに最適です。

タカヒロ

ベッドの奥の方など手が届きにくいところも綺麗にしてくれるのが素晴らしい

ルンバの搭載されている「マッピング機能」はなく、ランダムに部屋を行き来しながらゴミを回収していくので、掃除が完了するまでに時間がかかるのが弱点ですが、外出中に起動させるので気になることはありません。

その分、コスパが高く導入しやすいのでおすすめです。

マッピング機能

部屋のレイアウトを学習しながら効率よく掃除をする機能

タカヒロ

eufy robovac 11sは発売から2年近くが経ちますが、いまだにAmazonのお掃除ロボットランキングで1位を獲得し続け得る人気アイテム

実力は本物なのでこれから買う方にもおすすめです!

ANKERのお掃除ロボット「eufy robovac 11s」徹底レビュー!ANKERのお掃除ロボット「eufy robovac 11s」徹底レビュー!

Sesami mini(スマートロック)

自宅の鍵をスマホの専用アプリで開け閉めできるようになるスマートロックのセサミミニ。

Sesami mini(スマートロック)

サポートが充実しており、さまざまなタイプの鍵に取り付けることが可能で操作感も良好です。

別売りのオプションパーツを使えば、スマートスピーカーから音声操作することができるようになります。

タカヒロ

このデバイスを導入すれば支払いも鍵の施錠もスマホ一台で完結するようになり、外出する際の持ち物がぐっと減ります。

【大満足】セサミ mini レビュー!スマートロック導入で鍵を持たない生活を始めた話

スマートマットライト

飲料水やペットボトルといった日用品が一定の残量以下になったら自動でAmazonに発注をかけてくれるようになるスマートマットライト。

スマートマットの写真

1日に4回、スマートマットの上に置いている商品の残量が計測され、あらかじめ決めておいた残量を下回るとその日の朝4:30にAmazonへ自動発注されます。

スマートマットライトの管理画面
スマートマットライトの管理画面

タカヒロ

定期便と消費の量が合わないことが多く。手動で日用品を発注している方はこのアイテムを導入すると商品購入の手間が省けて生活が一つ楽になりますよ!

【定期便が苦手な方へ】スマートマットライトで消耗品を自動発注するのが便利だった話【定期便が苦手な方へ】スマートマットライトで消耗品を自動発注するのが便利だった話

Umimile ソープディスペンサー

プッシュ式のソープディスペンサーには下記のようなデメリットがあり、手洗いの頻度が格段にあがっている現代ではちょっとイマイチ。

  • プッシュ式はボタンが不衛生になりやすい
  • 濡れた手でボタンを触るから容器の周りがビショビショになりやすい

そこで僕が愛用しているのが自動で泡が出る Umimileソープディスペンサーです。

Umimile ソープディスペンサー

Umimile(ユミマイル)ソープディスペンサーの特徴
  • 白を貴重としたシンプルデザイン
  • 人感センサーの反応が優秀で手をかざすと素早く泡が出てくる
  • 手洗い時間のカウント機能付き
  • 洗剤の残量が常に目視で確認できる

プッシュ式のソープディスペンサーを使ったときに発生するデメリットを回避できるし、生活のクオリティが一段上がるので、ぜひ導入してみてください!

Umimile ソープディスペンサー

帰宅後の手洗いが快適になる!Umimile ソープディスペンサーを使ってみた感想まとめ【購入レビュー】帰宅後の手洗いが快適になる!Umimile ソープディスペンサーを使ってみた感想まとめ【購入レビュー】

スマートホーム化のために買ったものまとめ

一人暮らしの部屋をスマートホーム化するために買ったものを紹介してきました。

まとめると、スマートスピーカーはGoogle Assistantとアレクサの2台構成。

  • 部屋中の家電操作を音声操作するための司令塔にGoogle Nest Hub
  • プライムビデオ、Amazon music、ショッピング周りの音声操作にFire TV Cube

タカヒロ

異なる2つのスマートスピーカーを導入することで、両者の良いところの二重どりを実現!

さらに上記のスマートスピーカーと連携してよりスマートホーム化を加速するために、5アイテムを利用。

家のスマートホーム化が進んでからは家電の操作のためにわざわざ立ち上がったり、リモコンを探したりする時間が減り、QOLがかなり上がったと思います。

もうだいぶ生活の不便さは解消した感がありますが、今後も気になるアイテムがあればどんどん試してみようと思います。

【デスクツアー】MacBookPro愛用ガジェットブロガーのPCデスク周り紹介【デスクツアー】MacBookPro愛用ガジェットブロガーのデスク周り紹介 【2019年】PCデスク周りの便利グッズおすすめ20選!愛用のアイテムを厳選して紹介【2021年】PCデスク周りの便利グッズおすすめ24選!愛用のアイテムを厳選して紹介

コメントを残す