【レビュー】マンフロットのカメラバック「ストリート」を購入!普段使いもできるおすすめバックパック

【レビュー】マンフロットのカメラバック「ストリート」を購入!普段使いもできるおすすめリュック

本格的な撮影をしたい時に必要な機材をまとめて持ち運べるカメラバッグが欲しいなーと思っていたので、マンフロットのStreet バックパック(MB MS-BP-IGR)を購入しました。

デザインも機能面もとても満足できるよいバックパックだったので紹介したいと思います。

今回探したリュックの条件

以前にレビュー記事を書いたマンフロットのメッセンジャーバッグは、ふらっと撮影に行くなら必要十分な容量だったのですが、しっかり機材を持ち込んで撮影にあたりたい時には、ちょっと不十分。

そこで今回は下記のような条件をもとにカメラバックを選びました。

  • リュックタイプであること
  • 2気室タイプであること
  • 三脚を持ち運ぶことができること
  • おしゃれなデザインであること

カメラバッグは様々な種類のものが出ているので理想のものを見つけるのはとても苦労しましたが、そんな中から見つけたのが、マンフロットのマンフロットのStreet バックパック(MB MS-BP-IGR)です。

manfrotto(マンフロット)とは

manfrotto(マンフロット)のロゴ

引用:『http://brand-note.com/

manfrotto(マンフロット)は、イタリア人フォトリポーター、リノ・マンフロット(Lino Manfrotto)氏によって創業されたイタリアの三脚メーカー

一眼レフカメラ用の三脚を始め、雲台、カメラバックや撮影用LEDライトなど様々なカメラ機材、アクセサリーを展開しており、フォログラファーの間では定番のメーカーです。

以前にレビューしたマンフロットの三脚の記事は下記からチェック▼

【レビュー】マンフロットのbefreeシリーズ「MKBFRC4-BH」を購入!旅行に最適なカーボン三脚

2017.03.21

マンフロットのStreet Bags

マンフロットのバックパックストリートのイメージ画像

引用:『https://www.manfrotto.jp/

マンフロットの「Street Bags」は、カメラバッグとしてだけでなくタウンユースとしても利用できることを意識して作られたシリーズ。

バックパック、メッセンジャーバッグ、ショルダーバッグなどのラインナップがあり、さらにバックパックは2種類のサイズが展開されています

今回購入したのはLサイズのバックパックです。

Lサイズ(MB MS-BP-IGR)Sサイズ(MB MS-BP-GR)
イメージ
重量1.1 kg0.9 kg
容量12L10.3L
サイズ45cm x 27.5cm x 10cm41cm x 23cm x 11cm
商品リンクManfrotto カメラリュック Streetコレクション 12L 15インチPC収納可 三脚取り付け可 撥水素材 カーキ MB MS-BP-IGRManfrotto カメラリュック Streetコレクション 10.3L 13インチPC収納可 三脚取り付け可 撥水加工 カーキ MB MS-BP-GR

マンフロットのストリート」レビュー

それではさっそく、マンフロットのカメラバッグ「ストリート」をレビューしていきます!

3つの異なる素材を使い分けた凝ったデザイン。メイン生地はカーキの撥水ナイロン、側面はグレーのナイロン、底面はブラックのなめし革っぽい素材となっています。

マンフロット・ストリートの外観を前面から撮影した写真

ショルダーストラップは大きめにカーブが付いた形となって、背負ってみると、とても良く体にフィットして疲れにくいです。

マンフロット・ストリートの外観を背面から撮影した写真

それでは早速普段使っているアイテムたちを実際に収納しながら、リュックの機能をチェックして行きます!

マンフロット・ストリートに収納する機材一覧の写真

レイアウト変更可能なメイン気室

まずは一番大事なポイントであるカメラ収納用のメイン気室から。カメラ、レンズ収納用のメイン気室はリュックの下段にあります。

マンフロット・ストリートのカメラ収納部の写真

全方位にしっかりとクッションの効いたカメラ用ポケットには、レンズ装着済みのカメラと、交換レンズ2本が収納可能

マンフロット・ストリートのカメラ収納部の写真

望遠レンズなど大きめのレンズを持ち運ぶ場合は、仕切りを外してレイアウトを変更します。迷彩柄の裏地もおしゃれでいい感じ。

マンフロット・ストリートのカメラ収納部の写真

細かな仕切りが便利なサブ気室

リュックの上部にはカメラのメンテナンスに必要なアイテム、ガジェット類、筆記用部などの小物をまとめて収納。

マンフロット・ストリートの機材収納部の写真

カメラ収納部としっかり分けられたサブ気室は収納のしやすさ抜群です。

ちなみに、リュックの上下を分けている仕切りとカメラ収納用のクッションを外せば、普通のリュックとしても使えます。

マンフロット・ストリートの機材収納部の写真

15インチPC収納可能な背面ポケット

背面にはノートPC(15インチまで)を収納することができるポケット。こちらもしっかりクッションが効いていて安心してPCを持ち運べます。

マンフロット・ストリートのPC収納部の写真

その他のポケットについて

リュックの正面には2つのミニポケット。あまり広さはないため、ポケットの中身のものを収納したりするのに活用するのが良さそう。

マンフロット・ストリートのミニポケットに財布を収納する写真

リュックの側面にはそれぞれサイドポケットがあります。左側のサイドポケットには三脚を固定するベルトも。

ただし、三脚はコンパクトなサイズのものしか収まらないので注意が必要です

以前レビューした、マンフロットのトラベル用三脚の収納で結構ギリギリといった感じでした。

マンフロット・ストリートのサイドポケットに三脚を収納している様子の写真

マンフロットの「ストリート」を購入した感想

マンフロットのバックパック「ストリート」は、機材へのアクセスもしやすく、使いやすさも考えられた便利なバックパックだと思いました。

外観や裏地までこだわりがあり、おしゃれなのも高評価。ちょっと多めに機材を持って出かけたいときにしっかり活用していきたいと思います。