【レビュー】夜景や水族館での撮影を快適に!忍者レフで映り込みを防止しよう!

【レビュー】夜景や水族館での撮影を快適に!忍者レフで映り込みを防止しよう!

窓ガラス越しに夜景を撮影する際や、水族館で水槽の中を撮影する際に困ることといえば、窓の映り込みですよね。

なるべくレンズを窓に近づけたり、着ていた上着をカメラに被せたりして、映り込みを防ぐのを試みたことがある人も多いはず。でもこれってすごく不便だし、撮影に集中できないですよね。

先日、忍者レフというアイテムを使って夜景撮影にいったら、とても簡単に映り込みを防げて、撮影がとても快適になったので、ぜひこのアイテムを紹介したいと思います!

忍者レフとは

忍者レフは、よしみカメラが発売する撮影補助アイテム。ポートレート撮影時のレフ板、夜景撮影時などの映り込み防止アイテムなど様々な用途で利用することができます。

ちなみによしみカメラは、野生動物の撮影と映り込み防止に効果を発揮する忍者レフ カモフラージュや、撮影者の全身を隠してくれるひとつ目クンなどの便利なアイテムも多数取り扱っています。

忍者レフとミニ忍者レフのサイズの違いについて

よしみカメラから発売されている忍者レフには、「忍者レフ」と「忍者レフミニ」の2種類があります。それぞれのサイズの違いは下記のようになります。

忍者レフ忍者レフ ミニ
イメージ
収納時22cm12cm
使用時70cm35cm
利用シーン展望台や水族館などスペースが広く、大きい窓の映り込みを防ぐ場合に最適飛行機の機内など忍者レフを広げづらく、小さい窓の映り込みを防ぐ場合に最適

忍者レフと忍者レフミニは大きさが2倍違います。利用シーンにもよりますが、初めて映り込み防止の補助アイテムを購入するのであれば、通常サイズの方が汎用的に使えておすすめです。

忍者レフレビュー

ここからは詳しく忍者レフを見ていきます。今回紹介するのは通常サイズの忍者レフになります。

まずこちらは専用ケースに収納された状態の忍者レフ。とてもコンパクトです。

専用のケースに収納された忍者レフの写真

カバーから取り出すと、折りたたまれた状態でのレフ板が出てきます。

折りたたまれた状態の忍者レフの写真

レフ版には針金が入っており、開くとぱっと広がってくれます。こちらは白面。こちらの面を使えばポートレート撮影時のキャッチライト用レフ板とし活用できます。

忍者レフの白板の写真

そして黒面を使えば、ガラス越しの夜景を撮影するときなどに映り込みを防止し、よりクリアな写真を簡単に撮影することができるようになります。

忍者レフの黒板の写真

レンズを通す穴は、口径82mmまで対応。ゴムが入っているので、穴を広げながらレンズを通し、固定します。

忍者レフのレンズを通す穴を撮影した写真

忍者レフの使い方

早速、広げてカメラに装着してみます。といってもレフ板の中央に空いた穴にレンズを通すだけなのでとても簡単。

忍者レフをカメラに装着してみた様子

映り込みを防ぐ際はこのように黒い面が窓側に向くように装着するのが正しい使い方になります。

忍者レフをカメラに装着してみた様子

忍者レフの折りたたみ方、収納方法については下記動画をチェックするとすぐにイメージできます。

忍者レフで展望台で夜景撮影してみた

ここからは実際に展望台で夜景を撮影してきた様子を紹介。愛知芸術文化会館の天望回廊からオアシス21とテレビ塔を撮影してみました。

忍者レフを使用して夜景を撮影している様子を撮影した写真

まずは始めに忍者レフを使用せずに撮影した写真から。窓にぴたっとレンズをくっつけるとある程度映り込みは防止できるので、あえて少し窓からレンズを離して、斜めに向けて撮影してみました。

写真を見てみると、見事に廊下の灯りなどが映り込み、とても残念な写真になってしまっていることがわかります。

忍者レフを使用せずに撮影した夜景の写真

そして、忍者レフを使った場合はこちら。とてもクリアな写真で、ばっちり映り込みを防げてます!
今までは上着をカメラにかぶせたりして映り込みを防いでいて不便だったので、簡単に悩みが解消されて感動です。

忍者レフを使用して撮影した夜景の写真

ちなみに忍者レフと同じように映り込みを防止する人気アイテムにレンズスカートというものがあります。

こちらのアイテムだと窓とレンズの距離が離れてる場合は利用できないので、忍者レフのほうが様々なシーンで使いやすく、万能な映り込み防止アイテムなのではないかと思います。

忍者レフを使用してみた感想

忍者レフを利用して撮影た夜景の写真

忍者レフは、簡単に映り込みを防止の効果を発揮してくれる便利な商品でした。今までは映り込みを防ぐのが面倒くさくてガラス越しの夜景は億劫に感じていましたが、これからは楽しんで撮影していきたいと思います。

僕と同じような悩みを持っている方はぜひ試してみてください!

忍者レフは意外と価格が高く、少し購入するのをためらうという方は、自作してしまうのも一つの手段です。忍者レフの作り方を紹介した動画も載せておくので参考にしてみてください。