おすすめガジェット

帰宅後の手洗いが快適になる!Umimile ソープディスペンサーを使ってみた感想まとめ【購入レビュー】

帰宅後の手洗いが快適になる!Umimile ソープディスペンサーを使ってみた感想まとめ【購入レビュー】

新型コロナウイルスの影響で、手洗いの頻度が格段に上がっている今日この頃。

これまで何の疑いもなくプッシュ式のソープディスペンサーを利用していたのですが、最近下記のような点が気になっていました。

  • プッシュ式はボタンが不衛生になりやすい
  • 濡れた手でボタンを触るから容器の周りがビショビショになりやすい

タカヒロ

もっと水回りを衛生的に使用できるようにしたいなー。

そこで今回購入したのが自動で泡が出るソープディスペンサー、Umimile(ユミマイル)というアイテム。

下記のような特徴のある製品で、使い勝手も大変満足できるものだったので紹介したいと思います。

Umimile(ユミマイル)ソープディスペンサーの特徴
  • 白を貴重としたシンプルデザイン
  • 人感センサーの反応が優秀で手をかざすと素早く泡が出てくる
  • 手洗い時間のカウント機能付き
  • 洗剤の残量が常に目視で確認できる
スマートホーム化のために買ったおすすめのIOTデバイスを厳選紹介スマートホーム化のために買ったおすすめのIoTデバイスを厳選紹介 一人暮らしのQOLが上がる!買ってよかった家電・サービス20選一人暮らしのQOL爆上がり!買ってよかった家電・サービス20選

Umimile ソープディスペンサーの外観

今回購入したUmimile(ユミマイル)。記事執筆時でAmazonのレビューが4,300件を超えている人気のソープディスペンサーです。

Umimile(ユミマイル)の製品パッケージ

早速パッケージを開封すると、白を貴重としたシンプルなデザインのソープディスペンサーの登場。

Umimile(ユミマイル)の製品本体

本体サイズは高さ20.3cm、底の直径8.8cm、抽出口の奥行き10cm。500mlのペットボトルと比較するとこんな感じです。

Umimile(ユミマイル)の大きさを500mlペットボトルと比較する様子

付属品は以下の通り。

Umimileの付属品一覧

Umimileの付属品一覧
  • 製品説明書
  • 珪藻土マット

予想外だったのが、Umimileの底に敷く珪藻土コースターが付属してくるという点。

珪藻土は吸水性が非常に高く、水回りを衛生的に保つのに非常に便利なので嬉しいポイントです。

Umimileに付属する珪藻土コースター

Umimile ソープディスペンサーの初期設定

Umimileの外観をチェックしたら、さっそく使用できるように下記2点の準備をおこなっていきましょう。

  • カートリッジに洗剤を詰め替える
  • 単3電池をセット

カートリッジに洗剤を詰め替える

Umimileは下記2種類の洗剤を容れることが可能です。洗剤のタイプによって容れ方が異なるのでチェックしておきましょう。

  1. 市販の泡ソープ:原液をそのまま入れればOK
  2. 液体タイプの洗剤:水で2〜8倍に薄めて使用可能

僕はこれまで使用していたビオレ泡ソープの中身をそのまま詰め替えました。

ビオレ泡ソープの中身をUmimileに詰め替える様子

次回からは下記の製品を詰め替えていこうと思います▼

単三電池3本をセット

Umimileは単三電池3本で稼働します。

電池は付属していないので、別途準備しましょう。新たに購入する場合はエネループやAmazonベーシック充電池など、繰り返し利用できる単三電池を選ぶのおすすめです。

Umimileは単三電池3本で稼働

ちなみにバッテリー残量が少なくなってくるとソープディスペンサーのライトが赤点滅するそうなので、交換タイミングも事前にチェックすることができます。

Umimile ソープディスペンサーを一週間使用した感想

ここからは実際にUmimile ソープディスペンサーを一週間ほど使用した感想を4つ紹介していきます。

手をかざしたときの反応が早い

オートディスペンサーなのでまずは反応速度が一番気になるところですよね。

結論からいう反応速度はかなり良好です。手をかざした瞬間しっかり泡が出てくれますし、一週間使ってみて反応しなかったことは一度もありませんでした。

Umimile ソープディスペンサーを使用する様子

ちょっとでもオートディスペンサーの下を手が通過すると即反応してしまうので、逆に注意が必要なレベル。

ちなみに本体背面についている電源スイッチを長押しすると泡が出る量はボタン2段階に調整することが可能です。

Umimile ソープディスペンサーの電源ボタン

  • ニコニコマーク1回点滅・・・0.6g
  • ニコニコマーク3回点滅・・・1g

タカヒロ

手をかざしてからの反応速度は0.25秒に設定されているそう。このスピード感なら全くストレスなく利用できます!

手洗い時間のカウント機能が便利!

手洗いは時間をかけて行うことで効果を発揮します。でも、帰宅して手を洗うときってちょっといい加減に手洗いを済ませちゃうことってありません?

僕はまさにそんなタイプなのですが、Umimileにはしっかり手を洗うための機能が備わっているのが魅力です。

なんと泡が出るとニコニコマークが点滅し、ハンドソープもみ洗いの推奨時間である10秒間をカウントしてくれるんです。

Umimileのニコニコマークが点滅する様子

こういう仕組みがあると手洗いをしっかり行う習慣が見について便利ですよね。

液体洗剤の残量がわかる

Umimileはボトル部分が透明になっていて、残量が常に見える状態になっています。

市販のハンドソープは容器が透明のものはなく、プッシュした時の感覚で残量を推測しなければいけませんでした。

しかし、Umimileなら洗剤を詰め替えるタイミングで迷うことはありません。

Umimileは液体洗剤の残量がわかる

他のソープディスペンサーは見た目がとてもおしゃれだけど、洗剤の残量が目視できないものも多かったので、この点は結構ポイントが高いのではないかと思います!

洗面所がビショビショにならない

最後のポイントは自動のソープディスペンサー全般に言えることではありますが、濡れた手で直接ボトルをプッシュすることがなくなると、水回りがきれいな状態を保てます。

ディスペンサーの周りがビチョビチョにならず、クリーンな状態だと気持ち良いです!

Umimile ソープディスペンサー まとめ

水回りを衛生的に使用するために購入したUmimileソープディスペンサーを紹介してきました。

手をかざしたときの泡が出るタイミングもバッチリで、手洗いの目安時間がわかるのも便利、とてもいい買い物ができたと思います。

3,000円程度の値段でQOLがぐっとアップする製品なので、気になった方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す