Amazonチャージで1,000円キャンペーン

MacBook Pro / Airと一緒に買うべきアクセサリー・周辺機器5選

【2020年】MacBook Pro・Airおすすめアクセサリー・周辺機器まとめ

MacBook ProやMacBook Airを初めて購入したあとってどんなアイテムを揃えていけば良いのかちょっと悩みますよね。

タカヒロ

購入を検討すべき製品カテゴリーも多いし、その中からさらに自分にあったアイテムを選ぶのも大変。

そこで本記事では仕事でもプライベートでもMacBookを使い倒している僕がMacBookを購入したら一緒に揃えたいアイテムを優先度順に5つをしたいと思います。

MacBook Pro / Airと一緒に買うべき厳選アイテム
  1. マルチメディアハブ
  2. ノートパソコンスタンド
  3. USB充電器
  4. PCリュック
  5. ポータブルSSD

タカヒロ

新たにMacbookを購入したけど、どんな周辺機器・アクセサリーを揃えていったらわからない!という方は、本記事を参考に必要なアイテムを買い揃えていってください!

マルチメディアハブ(USB-Cハブ)

MacBookにはUSBーCポートしかついていないため、初期状態では下記のような作業をすることができません。

  • SDカードやmicroSDカードのデータを読み込む
  • USBーA端子が必要な外部機器を接続する
  • HDMIケーブルで外部モニターに映像を表示する

タカヒロ

MacBookの拡張性を広げるために購入したいのがマルチメディアハブです!

マルチメディアハブには様々な製品があるのですが、僕のイチオシはAnker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブというアイテムです。

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブをMacBookにつなげて作業する様子

コンパクトなボディに7つのインターフェースが搭載されており、これがあればMacBookの拡張性を最大限にアップすることができます。

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブのインターフェイス

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブのインターフェイス
  • USB-Aポート × 2
  • USB-Cポート
  • USB-Cポート(Thunderbolt3対応)
  • SDカードスロット
  • microSDカードスロット

ガジェット系のブロガーやyoutuberの間ではSatechiの「Type-C アルミニウム Proハブ」という製品の人気が非常に高いです。

しかし、このアイテムはそれ以上にスペックが優れており、それでいて値段は半額と圧倒的なコスパの高さを誇っています。

PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブType-C アルミニウム Proハブ
イメージ
ブランドAnkerSatechi
値段5,999円11,000円
サイズ120 x 29 x 10 mm113 x 28 x 9 mm
重さ63g40g
ポートUSB-Aポート × 2
USB-Cポート
USB-Cポート(Thunderbolt3対応)
SDカードスロット
microSDカードスロット
HDMIポート
USB-Aポート × 2
USB-Cポート
USB-Cポート(Thunderbolt3対応)
SDカードスロット
microSDカードスロット
HDMIポート
PD充電最大100W最大87W
グレーシルバー / ゴールド / スペースグレー
映像出力HDMIポート:4K(60 Hz)
Thunderbolt3 対応USB-Cポート:5K(60Hz)
HDMIポート:4K(30 Hz)
Thunderbolt3 対応USB-Cポート:4K(60Hz)

タカヒロ

スペック・デザイン・値段三つのバランスが最高に撮れているUSBーCマルチハブなので、おすすめです。

MacBookにおすすめのUSB-Cハブ!Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ レビューMacBookにおすすめのUSB-Cハブ!Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ レビュー

ノートパソコンスタンド

Mackbookをデスクにおいて作業していると、少しディスプレイを見下ろすような状態になるので、徐々に猫背になってしまったりします。

タカヒロ

悪い姿勢での長時間の作業は腰痛や肩こりの原因になるので、注意したいところで。

上記のような問題を手軽に解決できる手段としておすすめなのがノートパソコンスタンドの導入です。

ノートパソコンスタンドには大きく2つの種類があり、それぞれメリット・デメリットをまとめるとこんな感じになります。

直接貼るタイプ立てかけるタイプ
イメージ
メリットどこでもノートPCに傾斜を付けられる持ち運びに向かないアイテムが多い
デメリット傾斜が浅目なアイテムが多いより作業に最適な傾斜をつけることができる

ノートパソコンスタンドはかなりの数のアイテムがあるのですが、僕のイチオシは「Majextand」

MacBookと親和性の高いデザインと、コインと同じくらいの極薄設計の直接貼るタイプのノートパソコンスタンドです。

MacBookにおすすめのノートパソコンスタンド「Majextand」

パネルをスライドさせていくとぱちぱちっと音が鳴り、7 ~ 12cmまで1cm単位で高さを調整することが可能。

ラップトップスタンド・Majextandの傾斜を比較した状態

かなり急な傾斜もつけることができ、ノートPCに直接貼るタイプのデメリットを完全に克服しているので、弱点が見当たりません。

Majexstandで作業している様子
Majexstandで作業している様子
Majextand レビュー!極薄・折りたたみ可能なおすすめノートパソコンスタンドMajextand レビュー!極薄・折りたたみ可能なおすすめノートパソコンスタンド

タカヒロ

他のノートパソコンスタンドも気になるという方は、これまで使用してきたノートPCスタンドをランキング形式で紹介している下記の記事もぜひ参考にしてみてください!

ノートパソコンスタンドおすすめ10選!肩こり軽減に効果的【2020年】ノートパソコンスタンドおすすめランキング!腰痛・肩こり軽減に効果的

USB充電器

MacBookに付属する純正のアダプターはとにかく大きいです。

タカヒロ

充電器が大きいと荷物がかさばるし、コンセントに挿しづらい状況もにも遭遇しやすくなります。

そこでおすすめなのが、GaN(窒化ガリウム)という技術を用いたUSB充電器。

例えば「RAVPower RP-PC112」というアイテムはMacBookPro13インチの純正アダプターと同じ61Wの出力が可能なのにサイズ感にこれだけの違いがあります。

RAVPower RP-PC112とMacBookPro13インチ純正アダプターの大きさ比較

RAVPower RP-PC112純正アダプター(MacBook Pro13インチ)
出力61W61W
サイズ49 × 49 × 32mm75 × 75 × 30mm
重さ約105g約194g

さらに姉妹アイテムの「RAVPower RP-PC128」は2ポート仕様のものでも、MacBook Pro13インチ純正アダプターよりもコンパクトに収まります。

AVPower RP-PC128とMacBook純正アダプターの大きさ比較

RAVPower RP-PC128純正アダプター(MacBook Pro13インチ)
サイズ65 x 65 x 32 mm75 × 75 × 30mm
重さ約185g約194g
出力最大90W
2ポート利用時は最大60W
61W

GaN(窒化ガリウム)技術を採用したUSB充電器はとにかくコンパクトなので、外出してMacBookを使う機会が多い方はぜひ購入を検討してみてください!

GaN技術採用のコンパクトなUSB充電器を探す

PCリュック(ノートPCスリーブ)

MacBookはとても高価な機器なので、持ち運びの際にはクッションが効いたPCスリーブ付きのリュックがあると安心です。

基本的には好みのアイテムを購入すればOKですが、Apple公認のバックパックブランド、Incaseの「City Collection Compact Backpack」はデザインもよく、コスパも優れていておすすめです。

Incase City Collection Compact Backpack

肉厚なフカフカのクッションで優しくMacBookを保護してくれるので、安心感抜群です。

Incase City Collection Compact Backpack

PCスリーブ以外も様々な機器を小分けに収納できるような配慮もされており、使いやすいと思います。

Incase City Collection Compact Backpack

Incase city compact backpack レビュー!シンプルで使いやすいおすすいPCリュックIncase City Collection Compact Backpack レビュー!シンプルで使いやすいおすすいPCリュック

当ブログではその他にも様々なPCスリーブ付きのリュックをレビューしてきているので、ぜひリュック選びの参考にしてみてください▼

通勤に最適な薄型ビジネスリュックおすすめまとめ!実際に購入したものだけを厳選紹介【2020年】通勤におすすめの薄型ビジネスリュックまとめ!実際に購入したものを厳選紹介

ポータブルSSD

MacBookで様々な作業をしているうちにデータ容量がいっぱいになってきてしまったら、外付けのストレージにデータを移してしてあげましょう。

タカヒロ

外付けストレージにはいくつかの種類があるのですが、今から新たな機器を買うなら、軽量でコンパクトなのに大容量のデータを持ち歩けるポータブルSSDを購入するのがおすすめ。

ポータブルSSDは容量別に様々なアイテムがありますが、500GBクラスで人気のアイテムを並べるとこんな感じです。

RAVPower RP-UM003SanDisk ポータブルSSDSamsung T5
イメージ
容量512GB500GB500GB
読み込み速度540MB/s550MB/s540MB/s
書き込み速度480MB/s480MB/s515MB/s
大きさ102mm x 30mm96.2 x 49.5mm74mm × 57.3mm
重さ40g41g51g
値段¥11,8898,980¥10,088
暗号化ソフト

この中で僕が愛用しているのは「RAVPower RP-UM003」です。

RAVPower RP-UM003

MacBookと親和性抜群のデザイン、ライターサイズの超コンパクトなボディがとても気に入っています。

RAVPower RP-UM003

RAVPower RP-UM003 レビュー!超コンパクトなおすすめポータブルSSDRAVPower RP-UM003 レビュー!超コンパクトでおしゃれなおすすめポータブルSSD

MacBookを自宅で使用するならクラムシェルモードがおすすめ

MacBookをクラムシェルモードで使用している写真

自宅でMacBookを快適に作業できる環境を整えるならクラムシェルモードを利用するのがおすすめ。

クラムシェルモード

MacBookを閉じた状態で使用することができる機能。

ノートPCの閉じたり開いたりする形がクラムシェル(二枚貝)に見えるということから、このような名称で呼ばれています。

下記のように様々な周辺機器が必要にはなりますが、MacBookをデスクトップマシーンのように扱えてると、様々なメリットがあります。

MacBookをクラムシェルモードで使用するために必要なアイテム
  • 外部モニター
  • キーボード
  • マウス
  • 縦置きスタンド
  • ドッキングステーション

クラムシェルモードのメリット・デメリットや周辺機器が気になった方はぜひ下記の記事も参考にしてみてください!

MacBookでクラムシェルモードを使うメリット・デメリットと必要な周辺機器まとめMacBookでクラムシェルモードを使うメリット・デメリットと必要な周辺機器まとめ

MacBook Pro・Airと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリーまとめ

MacBook Pro / Airを購入したらまず購入したいアイテムを厳選して5つ紹介しました。

MacBookは使いやすくてとても性能に優れたノートPCですが、様々な周辺機器を買い足していくことでどんどん便利な使い方ができるようになります。

今回紹介した情報をもとに徐々に機器を買い足して行って、自分らしいMacBook作業環境を作って行ってください。

【2019年】PCデスク周りの便利グッズおすすめ20選!愛用のアイテムを厳選して紹介【2020年】PCデスク周りの便利グッズおすすめ24選!愛用のアイテムを厳選して紹介 MacbookProをメインPCに置いた理想のデスク環境ができたので紹介してみる!MacbookProをメインPCに置いた理想のデスク環境ができたので紹介してみる! Apple製品好きブロガーのガジェットケースの中身を紹介!

コメントを残す