Amazonチャージで1,000円キャンペーン

MacBookにおすすめのUSB-Cハブ!Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ レビュー

MacBookにおすすめのUSB-Cハブ!Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ レビュー

MacBookを購入したら合わせて購入したいアイテムといえばUSB-Cハブ。

僕は今までAnkerのケーブル付きUSB-Cハブを使用していたのですが、出先で使用するなかでこんなストレスを感じていました。

  • ガジェットポーチに収納しづらい
  • 狭い机の上だと置きづらくて作業しにくい

タカヒロ

新幹線の折り畳みテーブルでも快適に作業できるようなコンパクトなUSB-Cハブが欲しいなー。

そこで購入したのがMacBookに直接挿すことができるタイプのAnker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディア ハブというアイテム。

このアイテムを選んだ理由はSatechiの大人気USB-Cハブ「Satechi Type-C アルミニウム Proハブ」と同等以上の機能を持ちながら、4,000円も安く購入できるというコスパの高さに魅力を感じたため。

ということで、本記事では下記まとめました。

  • Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディア ハブのできること
  • Satechi Type-C アルミニウム Proハブとのスペック比較

これからMacBook用のUSB-Cハブを購入する、すべての方に全力でおすすめしたいアイテムですので、ぜひチェックして行ってください!

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブの外観

今回購入した「PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ」。

コスパが高い製品を多数手がけるAnkerから2020年3月に発売されてたUSB-Cハブです。

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブの化粧箱

さっそくパッケージの中身は開封して並べてみると、こんな感じ。

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブの付属品一覧

  • USB-Cハブ本体
  • 収納ケース
  • 取扱説明書

そしてこちらがマルチメディアハブ本体。アルミ削り出しのデザインでスペースグレーのMacBookとの親和性も抜群。

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブとMacBook

Macbookの左右にあるUSB-cポート2つを塞ぐ形のアイテムです。

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ

搭載されているインターフェイス

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブに搭載されているインターフェイスは名前の通り7つ。

側面には下記6つのポート類。

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブのインターフェイス

  • USB-Aポート × 2
  • USB-Cポート
  • USB-Cポート(Thunderbolt3対応)
  • SDカードスロット
  • microSDカードスロット

そしてハブの上部にはHDMIポートが一つという構成になっています。

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブのインターフェイス

大きさ・サイズ感

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブの大きさは約120 x 29 x 10mm、重さは約63gとなっています。

6.2インチのスマホと並べると大きさが伝わりやすいはず。

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブの大きさをスマホと比較

非常にすっきりとしたサイズ感なので、ガジェットポーチ収納しやすいです。

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブをケーブル付きハブと比較

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PDでできること

簡単に外観をチェックした後はAnker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PDの使い方、できることをチェックしていきしょう。

外部メディアの読み取り

nker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブにSDカードを挿入する様子

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PDはSDカードスロットとmicroSDカードスロットを別々で搭載しています。

注目はmicroSDカードスロット。

GoProやOsmoPocketなどの小型撮影機材はmicroSDカードが使われているものが多く、読み込む際にはSDカード変換アダプターを使用するのが一般的なんですが、これをいちいち取り出すのが若干面倒くさい。

SDカード変換アダプターの写真

microSDカードスロットがあれば変換アダプタを使用することなく、データの読み込みができるので一手間省くことができて便利です。

外部ディスプレイの表示

usb-cハブにHDMIケーブルを挿して外部ディスプレイを表示している様子

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブのHDMIポートでは4Kディスプレイにリフレッシュレート60Hzで表示することが可能です。

リフレッシュレート

1秒間にディスプレイがどのくらい書き換わったかを示す数値

また、USB-Cポート(Thunderbolt3対応)のポートを使えば5K(60Hz)での表示もでき、高解像度ディスプレイにもバッチリ対応しています。

PD給電

nker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブでPD充電している様子

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブのUSB-Cポート(Thunderbolt3対応)はPD充電に対応しています。

PD(Power delivery)

USB Power Delievry(PD)は、USBケーブルを利用して、最大100Wまでの受給電を可能にするUSB電力拡張規格

最大100Wの充電できるので、MacBook16インチを作業しながらでもばっちり充電することが可能です!

高速データ通信

UAnker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブのUSB-Cポート / USB-Aポートは5Gb/sまでのデータ転送に対応しており、マウス、キーボード、USBドライブなどの周辺機器に瞬時に接続することが可能です。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブと比較

nker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブを挿してMacBookを作業する様子

MacBook用のUSB-CハブといえばSatechi Type-C アルミニウム Proハブが大人気。

記事執筆時でAmazonの口コミも1,000件を超えており、多くのブロガーやyoutubetにもおすすめされているアイテムで僕も最初は無難にこのアイテムを購入しようかなと思っていました。

しかし、「Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD」と「Satechi Type-C アルミニウム Proハブ」を比較してみるとわずかに前者の方がスペックが高く、それでいて値段も安いです。

PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブType-C アルミニウム Proハブ
イメージ
ブランドAnkerSatechi
サイズ120 x 29 x 10 mm113 x 28 x 9 mm
重さ63g40g
ポートUSB-Aポート × 2
USB-Cポート
USB-Cポート(Thunderbolt3対応)
SDカードスロット
microSDカードスロット
HDMIポート
USB-Aポート × 2
USB-Cポート
USB-Cポート(Thunderbolt3対応)
SDカードスロット
microSDカードスロット
HDMIポート
PD充電最大100W最大87W
グレーシルバー / ゴールド / スペースグレー
映像出力HDMIポート:4K(60 Hz)
Thunderbolt3 対応USB-Cポート:5K(60Hz)
HDMIポート:4K(30 Hz)
Thunderbolt3 対応USB-Cポート:4K(60Hz)
値段5,999円11,000円

タカヒロ

Satechiの製品より4,000円も安いのにスペックも優れているとなれば、Anker一択ですね。

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブ レビューまとめ

Anker PowerExpand Direct 7-in-2 USB-C PD メディアハブはとてもコスパが高く、MacBookとの親和性も抜群のUSB-Cハブでした。

Ankerは製品保証も18ヶ月あり、手厚いサポートを受けることができるので、信頼性の面でも安心です。

これからMacBook用のUSB-Cハブを購入する、すべての方に全力でおすすめしたいアイテムだと思うので、ぜひチェックしてみてください。

Apple製品好きブロガーのガジェットケースの中身を紹介! MacBookでクラムシェルモードを使うメリット・デメリットと必要な周辺機器まとめMacBookでクラムシェルモードを使うメリット・デメリットと必要な周辺機器まとめ 【2020年】MacBook Pro・Airおすすめアクセサリー・周辺機器まとめMacBook Pro / Airと一緒に買うべきアクセサリー・周辺機器5選

コメントを残す