11/27(金)から5日間のビッグセール開催

iPhone12 mini レビュー!快適な操作感を求めたい人におすすめコンパクトスマホ

iPhone12 mini レビュー!快適な操作感を求めたい人におすすめコンパクトスマホ

学生の頃って毎年スマホを買い換えるのが楽しみだってんですが、最近はそんな気持ちが少しずつ薄れてきていました。

年々サイズが大きくなっていき、手に馴染まなくなっていくのがどうにも受け入れられなかったからです。

タカヒロ

掌にすっぽり収まるコンパクトなハイエンドスマホが欲しい!

こんな風に思っていました。

そんな僕が久々に胸を熱くしたスマホが登場しました。そう、iPhone12 miniです。

コンパクトな外観もスペックも値段も全て僕の中の理想系。予約開始日に即予約したiPhone12 miniが届いたのでレビューしていきたいと思います。

iPhone12 miniのいいところ
  • 手に馴染むミニマムなサイズ感
  • 5.4インチの程々に大きい画面サイズ
  • 有機ELディスプレイ搭載
  • a14チップ搭載で処理速度が早い
  • スタイリッシュなデザイン
  • おサイフケータイ対応

iPhone12 miniのイマイチなところ
  • 電池持ちはもう一つ
  • リフレッシュレートは60と標準的
  • 指紋認証非搭載
  • 望遠レンズなし
  • LiDARスキャナ非対応

iPhone12 miniの外観

今回購入したiPhone12 mini。同時期に発売された4機種の中で最もコンパクトなサイズのスマホです。

iPhone12 miniのパッケージ

パッケージを開封すると待ちに待った手のひらサイズのスマホが登場。5色のカラーバリエーションの中から今回はホワイトを購入しました。

ホワイトカラーのiPhone12 mini

iPhone12 miniのカラーバリエーション
  • ブラック
  • ホワイト
  • レッド
  • グリーン
  • ブルー

iPhone6以降採用されていたラウンド形状から角張ったシャープなデザインになっているのがカッコいい。

iPhone12 miniとiPhone8を比較した写真

端末右サイドには大きめのホームボタン。

iPhone12 miniの右側

左サイドは音量調整ボタンとマナーモード切り替えボタン

iPhone12 miniの左側

底面にはLightning端子とスピーカーという構成になっています。

iPhone12 miniの底面にあるLightning端子

タカヒロ

iPhone4や5のようなデザインに戻ったので、古くからiPhoneを使っているユーザには馴染みのあるデザインです。

iPhone 12 miniのサイズ感

iPhone 12 miniの魅力はなんといってもそのサイズ感。手に持った時の馴染み具合が素晴らしいです。

iPhone12 miniを手に握っている様子

大きいサイズのスマホを片手操作しているとてのひらがじわじわと疲れる感覚があったのですが、iPhone12 miniはそれが全くありません。画面の四隅まで簡単に指が届くし本当に快適

iPhone12 miniでフリップ入力する様子

iPhone 12 miniとiPhone SEの大きさを比較

iPhone12 miniのサイズ感は歴代のiPhoneと比較するとどうなの?と感じる方も多いはず。

手元にあるiPhone SE(第1世代)とiPhone SE(第2世代)と比較してみました。

iphone12 mini、iPhone SE(第1世代)、iPhone SE(第2世代)の大きさと重さを比較した写真

下記は3端末の大きさを比較した表なのですが、ちょうどiPhoneSEの第1世代と第2世代の間に入るようなサイズ感であることがわかります。

iphone12 miniiphone SE(第2世代)iphone SE(第1世代)
大きさ(高さ× 幅 × 厚さ)131.5 × 64. × 7.4mm138.4 × 67.3 × 7.3mm123.8 × 58.6 × 7.6 mm
重さ133g148g113g
ディスプレイサイズ5.4インチ4.7インチ4インチ

特筆すべきはiPhone8/SEのボディより一回り小さいのに、物理ボタンがなくなったことでディスプレイ領域を広く取ることができている点。

ディスプレイ領域は5.4インチあるのですが、これはかつてのiPhone8プラスなどと同じ大きさなので、情報取得効率も悪くないです。

iphone12 miniとiPhone SE(第2世代)のディスプレイサイズを比較した写真

iPhone 12 miniのディスプレイ性能

iPhone12 miniの端末サイズをチェックした次はディスプレイ性能周りについて。

有機ELディスプレイを搭載

iPhone12 miniは有機ELディスプレイを搭載しています。有機ELディスプレイのメリットは以下の通り。

  • 黒を綺麗に表現することができ美しい映像を表現できる
  • どの方向から見ても画面がキレイに見える
  • ベゼルを薄くできる
  • 省電力である

リフレッシュレートは60Hzと標準的

iPhone12 miniのリフレッシュレートは60Hzです。

galaxy20など2020年以降に発売された多くのハイエンドスマホは120Hzのものが多く、画面の滑らかさはもう一つという感じ。

リフレッシュレート

1秒間にディスプレイがどのくらい書き換わったかを示す数値。この数字が高いほど滑らかに映像が動くのを楽しむことができます。

タカヒロ

高リフレッシュレートのスマホサクサク画面が動いて気持ち良いですが、バッテリー消費が早いのがデメリット。

日々の運用を考えたら60Hzの方が恩恵は大きそうです。

iPhone12 miniのベンチマークについて

iPhone12 miniはA14チップを搭載しており、AnTuTuベンチマークのスコアは約58万点となっています。

iPhone12 miniをAntutuベンチマークで測定した結果

A020年に発売されたハイエンドのAndroid端末に搭載されているSnapdragon865のスコアは約54万点なので、それを超えるレベル。

この小さな端末を選ぶ人はあまりゲームをやらない人が多いかもしれないですが、高負荷がかかるゲームもサクサクです。

タカヒロ

この圧倒的な処理能力を持つスマホが7万円台で購入できるというのはかなりコスパが高いと思います!

iPhone12 miniのカメラについて

iphone12 minoのカメラ

iPhone12 mini2つのレンズ(広角 / 超広角)を搭載しています。同じ場所から各レンズで写真を撮ってみるとこんな感じ。

iphone12 miniの広角レンズで撮影した東京駅

標準的な画角の広角レンズ。画角は26mm相当でF値1.6となっていて暗所にも強い。

最大3倍のデジタルズームまで対応しています。

iphone12 miniの超広角レンズで撮影した東京駅

圧倒的な広い画角での撮影を可能にする超広角レンズ。画角は12mm相当でかなり広い範囲を撮ることができるが、F値は2.4となっており暗所には少し弱い。

iPhome12 miniの夜景画質について

スマホカメラの画質の差が最も出るのは暗所での撮影です。

iPhone12 miniでは広角レンズ、超広角レンズどちらでもナイトカメラモードを使用することができるので、暗所でもそこそこいい画質の写真を撮ることができました。

iPhome12 miniのナイトカメラモードで撮影した夜景

タカヒロ

手のひらサイズのコンパクトスマホだけど、カメラのスペックはiPhone12と同等。日々の思い出を写真や動画に残すには十分なスペックだと思いました!

iPhone12 miniのオススメのケース

最後におすすめのiPhone12 miniのおすすめケースを紹介します。

せっかくのコンパクトなスマホを1ミリも大きくしたくない人におすすめ▼

手に馴染むレザーケースが欲しい方におすすめ▼

iPhone 12 mini レビューまとめ

iPhone12 miniはコンパクトなボディに最先端の技術を詰め込んだ素晴らしいスマホでした。

手のひらにしっかり収まるサイズ感は片手操作がしやすく本当に使いやすいです。

2020年後半はコンパクトスマホの選択肢が少しずつ増えてきましたが、使いやすコストパフォーマンスとともにNo.1のコンパクトスマホだと思います。

もう文句なしでメインスマホとして愛用していこうと思います!

Apple AirPods Pro レビュー!AirPods 2とのデザインや音質の比較もAirPods Pro(エアーポッズプロ) レビュー!AirPods 2とのデザインや音質の違いを比較

コメントを残す