【保存版】iphoneのモバイルデータ通信量を節約し、カンタンに通信制限を回避する方法まとめ

【保存版】iphoneのモバイルデータ通信量を節約し、通信制限を回避する方法まとめ

iphoneを利用していてよく悩まさせる通信制限。一度制限がかかってしまうとリセットされるまで待つか、追加料金を払って通信容量を増やしてもらうしかないのでやっかいですよね。

そんなにインターネット接続していないはずはのに、気が付いたら通信制限に引っかかっていたという経験をしたことがある方も多いはず。

今回はそんな方のために、iphoneの通信量を節約し、通信制限を回避する方法をまとめてみたので、参考にしてみてください!

iphoneのモバイルデータ通信量を節約し、通信制限を回避する方法9つ紹介

iphoneを利用する男性の手

今回紹介するデータ通信量削減の方法を全部で9つ。簡単な方法ばかりですので、紹介している手順を参考に設定してみてください。

「Appのバックグラウンド更新」の設定内容を変更

iphoneに入っているアプリは、使用していない間もコンテンツを最新状態に保つためにデータ通信を行っています。

「Appのバックグラウンド更新」では、常にデータを最新状態にしたいアプリとそうでないアプリを選択することができるので、使用頻度の低いアプリや、Onedrive・Dropboxなどクラウドストレージサービスのアプリをバックグラウンド更新から外しましょう。

iphoneの「Appのバックグラウンド更新」の設定内容を変更する方法

設定手順
「設定」→「一般」→Appのバックグラウンド更新」

「モバイルデータ通信」の設定内容を変更

通信量を節約するためにもっとも有効なのは、youtubeなど通信量が多いアプリはwi-fi環境のみでしか使わないようにすること。

「モバイルデータ通信」では、アプリをLTE通信でも利用できるようにするか設定することができるので、最低限必要なアプリのみLTE通信で使えるように設定を変更しましょう。

モバイルデータ通信の設定を変更する方法

設定手順
「設定」→「モバイルデータ通信」

SNSアプリの動画自動再生をストップさせる

facebookやtwitter、インスタグラムなどのSNSアプリを使っていると勝手に動画が再生されてしまうことってありますよね。

動画はデータ通信量が多いので気が付いたら無駄な通信が発生していることになります。下記の方法で自動的に動画が再生されないよう設定を変更しましょう。

facebookの動画自動再生をストップさせる

フェイスブックの動画自動再生を停止する方法は下記のとおり。

facebookの動画自動再生を停止する方法

facebookの動画自動再生を停止する方法

設定手順
facebookアプリ立ち上げ→「設定」→「アカウント設定」→「動画と写真」→「Wi-Fi接続のみ」

twitterの動画自動再生をストップさせる

ツイッターの動画自動再生を停止する方法は下記のとおり。

ツイッターの動画自動再生を停止する方法

ツイッターの動画自動再生を停止する方法

設定手順
twitterアプリ立ち上げ→「設定」→「動画を自動再生」→「Wi-fiのみ使用」

Instagramの動画自動再生をストップさせる

インスタグラムの動画自動再生を停止する方法は下記のとおり。

インスタグラムの動画自動再生を停止する方法

設定手順
Instagramアプリ立ち上げ→「歯車マーク」→「携帯ネットワークデータの使用」→「データ使用量を軽減」をオンに

iCloudの通信を制限

iphoneの標準アプリはicloudで常に同期できるようになっています。
使っていないアプリまで同期の対象にしていると無駄な通信が発生するので必要のないものはすべてオフにしましょう。

icloudの設定方法

設定手順
「設定」→「iCloud」→ 使用しないアプリをオフに

メールのデータ取得方法の設定を変更する

iphoneの標準アプリのメーラーは初期設定のままだと新しいメールがくる度に自動的に取得するように設定されています。

しかし、メールの確認は仕事や授業の合間にサッとするのが一般的だと思うので、自動取得する必要はほとんどないはず。

下記の設定でメーラーを開いた時に手動で新しいメールを取得するように切り替えましょう。

iphoneのメールのデータ取得方法の設定を変更する方法

iphoneのメールのデータ取得方法の設定を変更する方法

設定手順
「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「データの取得方法」→「プッシュ」をオフにする→「手動」に変更

メールの画像読み込みをオフにする

メールに画像が添付されていた場合、すべてダウンロードすると無駄な通信が発生します。勝手に画像をすべて読み込まないように設定を変更しましょう。

メールで画像を読み込ませないようにする設定方法

設定手順
「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「画像を読み込む」→「サーバー上の画像を読み込む」をオフ

モバイルデータ通信量を圧縮できるブラウザを使う

iphoneユーザーの方は標準ブラウザのsafariを使ってインターネットを見ている方が多いはず。しかし通信量の節約にはsafariはおすすめできません。

インターネットを見る際のブラウザを「Google chrome」に変えて、カンタンな設定を加えるだけでネット閲覧時のデータ通信量を約半分に抑えることができます。

まずは下記から「Google chrome」をインストール▼

「Google chrome」をインストールしたら下記の設定をおこないます。

  1. アプリを立ち上げ、右上にあるアイコンをタップ。
  2. さらに設定方法をタップ
  3. 帯域幅をタップ
  4. データセーバーをオン
choromeでデータセーバをオンにする設定方法_01 choromeでデータセーバをオンにする設定方法_02

実際にどれだけ圧縮できているかはこんな感じで確認できます。

choromeでデータセーバをオンにする設定方法_03
設定手順
アプリダウンロード→「設定」→「帯域幅」→「データセーバー」

youtubeはブラウザから閲覧する

youtubeをアプリで見ると自動的に高画質で再生しようとするため、データの通信量が増えます。しかし、ブラウザからyoutubeを見れば高画質で再生されない代わりにデータ通信量を節約することが可能。

なので、Wi-fiを利用できる場合はyoutubeアプリ、Wi-fiを利用できない場合はブラウザと状況によってyoutubeを見る方法を使い分けましょう。

youtubeはブラウザから閲覧する

格安SIM「LINEモバイル」を利用する

格安SIMの中にはデータ通信量の節約におすすめのものがいくつかあります。中でもおすすめなのが「LINEモバイル」。

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランを利用すると、LINE、twitter、facebook、インスタグラムといったSNSアプリでモバイルデータ通信をおこなってもデータ通信量に計算されなくなるからです。

またデータ容量を使い切って通信制限がかかっても速度が変わらないので、ストレスなくSNSアプリを利用することができます。

まとめ

今回iphoneの通信量を減らす方法として、下記の9つの方法を紹介しました。
どれもカンタンなものばかりなので、データ通信量を節約して、速度制限をスマートに回避しましょう!

  • バックグラウンドでの通信を制限
  • 必要ないアプリの「モバイルデータ通信」をOFFにする
  • Facebook、twitter、インスタグラムの動画自動再生を止める
  • iCloudの通信を制限
  • メールのデータ取得方法を変更する
  • メールの画像読み込みをオフにする
  • モバイルデータ通信量を圧縮できるブラウザを使う
  • youtubeはブラウザから閲覧する
  • 格安SIM「LINEモバイル」を利用する