Amazonチャージで1,000円キャンペーン

AirPods Pro(エアーポッズプロ) レビュー!AirPods 2とのデザインや音質の違いを比較

Apple AirPods Pro レビュー!AirPods 2とのデザインや音質の比較も

2019年10月30日に発売された「AirPods Pro(エアーポッズプロ)」を購入しました!

待望のノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤフォンで、デザインも歴代の物とは大幅に刷新されている「AirPodsPro」。発売をとても楽しみにしていたアイテムで製品発表日に即購入を決意。

実際に1日使用してみたので、今まで使ってきたAirpods 2とデザインや音質の比較も交えてレビューしていきたいと思います。

AirPods第1世代・第2世代からの乗り換えたい方・新たにAirPodsの購入を検討している方は是非チェックしてみてください!

AirPods Proと歴代AirPodsの主な変更点
  • シリコン製のイヤーチップを取り付けて使うインイヤータイプにデザイン刷新
  • イヤホン・充電ケースとともにサイズ感はちょっと大きくなった
  • アクティブノイズキャンセリングを搭載
  • 外部音取り込みモードの切り替えも可能
  • IPX4の防水対応
  • ワイヤレス充電が標準搭載(Qi対応)

AirPods Pro(エアーポッズプロ)の外観

今回購入したAppleのAirPods Pro。発売日当日に早くも次回入荷まで2~3週間待ちとなる人気ぶりの話題のアイテムです。

Apple AirPods Proのパッケージ

パッケージを開封するとエアーポッズプロの登場。

発売前はiPhoneと合わせて複数のカラーバリエーションが選べるようになるとの情報も流れましたが、今回もカラーバリエーションはホワイトのみとなっています。

Apple AirPods Pro本体

付属品について

付属品は下記の通り▼

  • イヤホン本体
  • 交換用イヤーピース
  • Lightning – USB-Cケーブル
  • 説明書

Apple AirPods Proの付属品

耳から外れやすいインナーイヤー型のイヤホンから耳にフィットしやすいカナル型にリニューアルされたため、イヤーピース(S、M、L)がついてくるのが新たな点です。

Apple AirPods Proの交換用イヤーピース

ケースのデザイン・大きさ

AirPods(第2世代)・AirPods(第1世代)からは大幅にデザインが刷新されており、ケースは大きさ、重量とともに少しサイズアップしています。(左:AirPods Pro 右:AirPods2)

pple AirPods ProとAirPods(第2世代)のケースを並べて、大きさを比較

AirPodsProAirPods 2
ケースサイズ60.6 ×21.7 ×45.2mm44.3 × 21.3 × 53.5 mm
ケース重さ45.6g40g

イヤホン本体のデザイン・大きさ

ケースを開くと格納されているイヤー本体。

AirPodsはイヤホンを取り出すときにつるっと滑って取り出しにくいと感じることがありましたが、AirPodsProはイヤホン本体を取りやすくなったのがグッドです。

AirPods Proのイヤホン本体

AirPods2は「耳からうどん」といった表現がされることが多くあった本体デザインは、スティック部分が短くなり、すっきりした見た目になりました。

より万人に受け入れられやすくなったのかなーと思います。私もこちらのデザインのほうが好きです。

AirPods Proのイヤホン本体

AirPods(第2世代・第1世代)とサイズ感を比べると、スティック部分はコンパクトになっているものの大きさ・重さとともにサイズ感がアップしています。

AirPods Proのイヤホン本体をAirPods2と比較

【AirPods Pro・AirPods(第2世代)のスペック比較表】

AirPodsProAirPods 2
本体サイズ
(左右各)
21.8 × 24.0 × 30.9mm16.5 × 18.0 × 40.5 mm
本体重さ
(左右各)
5.4g4g

AirPods Pro(エアーポッズプロ)のノイズキャンセリング機能について

AirPods Proの一番進化している点はノイズキャンセリング機能を搭載している点です。

歴代のAirPodsは遮音性が低く、街中で音楽を再生しても周囲の雑音が耳に入ってきてとても聞きづらかったのが難点でした。なので、ノイズキャンセリング機能が付いたことはとても嬉しいところ。

ノイズキャンセリング機能
本体内外に搭載されたマイクで毎秒200回の頻度で音信号を調整し、周囲の雑音を打ち消して音楽に没入することができる

実際にノイズキャンセリング機能をONにして、カフェや電車内などで聞いてみましたが、すっと周囲の音が消え、全く周囲の音が気にならず音楽に没入する体験を味わうことができました。

iPhoneとAirPods Pro

街での移動中は音楽を聴きながらも最低限、周囲の音が耳に入ってきたほうが安全です。AirPodsProは「外部音取り込みモード」を搭載しており、音楽を聴きながら周囲の音を同時に聴くことも可能できます。

ノイズキャンセリング機能を使った場合、電池の消費が早くなるため、音楽再生時間などが多少短くなります▼

AirPodsProAirPods 2
音楽再生時間最大5時間、ケース併用で24時間

ノイズキャンセリング利用の場合、最大4時間半
最大5時間、ケース併用で24時間
通話時間最大3時間、ケース併用で18時間最大3時間、ケース併用で18時間
チップセットH1チップH1チップ

イヤーチップ装着がフィットしているかチェックしよう

AirPods Proのノイズキャンセリング機能をしっかり味わうにはイヤーチップがしっかり耳にフィットしているかが重要です。下記の手順で確認することができるので、さっとチェックしておきましょう

①「Bluetooth」をタップ → ②AirPodsバーの右端にあるアイコンをタップ → ③「イヤーチップ装着状態テスト」をタップ

エアーポッズプロのイヤーチップ装着状態をテストする方法

あとは画面に沿ってテストを実施。両耳が「密閉されています」と表示されていればOKです。密閉されていない場合は、交換用のイヤーピースに取り替えてみましょう。

エアーポッズプロのイヤーチップ装着状態をテストする方法

AirPods Pro(エアーポッズプロ)の音質について

AirPods Proの音を従来のAirPods2と比較するとより低音がしっかり耳に届いてくる印象。

さらに従来からの特徴である、クリアで伸びやかな中高域のイメージをしっかりとキープしていると感じました。

AirPods Pro(エアーポッズプロ)の音質の評価
低音
(4.0)
高音
(4.0)
遮音性
(5.0)
総合評価
(4.5)

AirPods Pro(エアーポッズプロ)の音質に関する口コミ・評判

TwitterでAirPods Pro(エアーポッズプロ)でも音質に関する口コミが多数上がっています。

AirPods Pro(エアーポッズプロ)の使い方について

AirPods Proはスティックの部分がタップできるようになっており、ボタンを押した回数で遠隔操作することが可能です。ボタンを押した時のアクション一覧は下記の通り▼

ボタン回数アクション
長押しアクティブノイズキャンセリング⇔外部音取り込みモードの切り替え
1回押し再生、一時停止、電話に応答
2回押し次の曲にスキップ
3回押し前の曲にスキップ

AndroidでもAirPods Proは接続可能

Android端末でもAirpods ProをBluetoothの完全ワイヤレスイヤホンとして使用することができます。

ただし、iPhoneのように様々なコントロールができなくなるという点は注意が必要です。Android端末で操作できることは下記の2つだけになります。

ボタン回数アクション
長押しアクティブノイズキャンセリング⇔外部音取り込みモードの切り替え
1回押し再生、一時停止、電話に応答

ワイヤレス充電にも標準対応

AirPods2は充電ケースがワイヤレス充電対応か非対応のものが併売されていましたが、AirPods Proは充電ケースにワイヤレス充電機能が標準搭載しています。※Lightningケーブルによる充電も可能

AirPods2のワイヤレス充電対応版の値段は25,000円程度なので、プラス3000円ほどでノイズキャンセリング機能が付いてくると思うと、断然AirPods Proがおすすめです。

AirPods Proをワイヤレス充電器で充電する様子

【2019年】ワイヤレス充電器おすすめ5選!Qi対応・急速充電のモノを厳選【2020年】ワイヤレス充電器おすすめ6選!iPhoneを急速充電できるモノを厳選

充電ケースの保護も忘れずに

AirPods Proの充電ケースは傷がつきやすいので、大事に使いたいなら保護ケースを装着するのがおすすめです。

AirPods Proの保護ケースの写真

現状、純正の保護ケースは発売されていないので、サードパーティーの保護ケースを購入しましょう。

AirPods Proの保護ケースの写真

下記で私が購入したAirPods Pro保護ケースを紹介しています▼

Incase AirPods Pro Case with Woolenexレビュー!落ち着いた印象のかっこいいケースIncase AirPods Pro Case with Woolenexレビュー!落ち着いた印象のかっこいいケース ESR製 AirPods Pro(エアーポッズプロ)保護ケース レビュー!シンプルで使いやすいおすすめアイテムESR製 AirPods Pro(エアーポッズプロ)保護ケース レビュー!シンプルで使いやすいおすすめアイテム Spigen Airpods Pro ラギッドアーマー レビュー!頑丈でかっこいいおすすめケースSpigen Airpods Pro ラギッドアーマー レビュー!頑丈でかっこいいおすすめケース Spigen AirPods Pro タフ・アーマー レビュー!耐衝撃に優れたおすすめケースSpigen AirPods Pro タフ・アーマー レビュー!耐衝撃に優れたおすすめケース

AirPodsProとAirPods第二世代のスペック比較

最後に上記でも少しずつ紹介したAirPodsProとAirPods第二世代のスペック比較を一つの表にまとめたものをご紹介します。

【AirPods ProとAirPods(第2世代)の変更点】

AirPods ProAirPods(第2世代)
イヤホンタイプカナル型インナーイヤー型
チップH1チップH1チップ
本体サイズ
(左右各)
21.8 × 24 ×30.9mm16.5 × 18.0 × 40.5 mm
本体重さ
(左右各)
5.4g4g
ケースサイズ60.6 ×21.7 ×45.2mm44.3 × 21.3 × 53.5 mm
ケース重さ45.6g40g
音楽再生時間最大5時間、ケース併用で24時間(通常時)
最大4時間半(ノイズキャンセリング利用時)
最大5時間、ケース併用で24時間
通話時間最大3時間、ケース併用で18時間最大3時間、ケース併用で18時間
サウンド機能アクティブノイズキャンセリング
外部音取り込み機能
なし
耐水機能IPX4相当なし
イヤホン操作感圧センサータップ
価格27,800円22,800円(ワイヤレス充電あり)
17,800円(ワイヤレス充電なし)

Apple AirPods Pro(エアーポッズプロ)レビューまとめ

Apple AirPods ProはAirPods2の弱点であった遮音性の低さなどを克服し、より完成度の高いワイヤレスイヤホンに進化していると感じました。

ノイズキャンセリング機能の搭載によって遮音性が格段に高くなり、音楽に没入する感覚を楽しむことができるようになったのは本当に感動レベル。

とても素晴らしい仕上がりのアイテムとなっているので、AirPodsの買い替えを検討の方はぜひチェックしてみてください!

【2019年】ガジェットブロガーのカバンの中身・愛用のモノまとめ【2020年】ガジェットブロガーのカバンの中身・愛用のモノまとめ iPad mini(第5世代)と一緒に購入したアクセサリーまとめ【2020年】iPad miniと一緒に買いたいおすすめアクセサリー&便利グッズまとめ アップルウォッチのおすすめアクセサリーまとめ【2020年】Apple Watchのおすすめアクセサリー&便利グッズまとめ

広告用の動画▼

コメントを残す