aarke(アールケ)Carbonator IIレビュー!おしゃれなデザインのおすすめ炭酸水メーカー

aarke(アールケ)Carbonator IIレビュー!おしゃれなデザインのおすすめ炭酸水メーカー

仕事終わりから就寝までの間、自宅で炭酸割りしたお酒を飲んで過ごす時間が好きです。

でも炭酸水って欲しい時にいちいちスーパーやコンビニへ買いに行くのが面倒くさいなと感じていました。

タカヒロ

もっと手軽に炭酸水を飲めるようになりたいなー。

そこで今回AARKE Carbonator IIという炭酸水メーカーを購入しました。

購入して1週間ほど使った感想はもう大満足。

ため置きしている水を自宅で簡単に炭酸水にできるし、ゴミの量もぐっと減ってQOLが上がりました。

製品デザインもお洒落で部屋のインテリアとしても最高です。

ということで、本記事では炭酸水メーカーアールケのCarbonator II(カーボネーターII)の魅力を語っていきたいと思います!

aarke Carbonator IIのメリット
  • インテリアに馴染むお洒落なデザイン
  • 電源コンセント不要で置き場所に困らない
  • 約30円で500mlの炭酸水を120本作れる
  • 三段階に炭酸の強さを調整可能

aarke Carbonator IIデメリット
  • 値段が他の炭酸メーカーと比べると割高
  • スナップロック機能がない
  • ガスシリンダーは付属していないから別途購入が必要

Twittterでバズった一人暮らし男子の部屋紹介!おしゃれにするコツも【ルームツアー】Twittterでバズった一人暮らし男子の部屋紹介!おしゃれ部屋を作る参考に 一人暮らしのQOLが上がる!買ってよかった家電・サービス20選一人暮らしのQOL爆上がり!買ってよかった家電・サービス20選 【Amazonのおすすめ商品】100万費やしてきた僕が生活を便利にしてくれたものをまとめて紹介【殿堂入り】Amazonに100万費やした僕の買ってよかったもの紹介 【保存版】おすすめの生活雑貨・日用品まとめ!買って良かったモノを厳選紹介

aarke Carbonator IIの外観

今回購入したCarbonator II(カーボネーターII)。スウェーデン発の炭酸水サーバーブランドのaarkeから発売されているアイテムです。

aarke(アールケ)Carbonator IIの商品パッケージ

aarke(アールケ)

2016年にインダストリアル・デザイナーのJonasGroth氏とcarlLjungh氏によって設立され他ブランド。

大量生産の効率化により、忘れかけてきたハイエンド・プロダクトの「美しさ」を取り戻すことをコンセプトとしている。

パッケージを開封すると付属品がずらり。

aarke(アールケ)Carbonator IIの付属品一覧

  • 炭酸メーカー本体
  • トレイ
  • 専用ボトル
  • 説明書
注意

炭酸を注入するのに必要なガスシリンダーは別途購入が必要です。

詳しくは記事後半の「一本約30円で500mlの炭酸水を120本作れる」で解説

炭酸メーカーの本体。カラーバリエーションは6つあり、今回は部屋のインテリアの色に合わせてマットブラックを購入しました。

本体サイズは41cm × 25.8cm(高さ × 奥行き)となっており、部屋におくと結構な存在感です。

aarke(アールケ)Carbonator IIの製品本体

aarke Carbonator IIのカラーバリエーション

こちらはCarbonator II(カーボネーターII)専用のペットボトル(容量800ml)。

とてもハードはケースで頑丈そうですが、使用期限が記載されているので時期が来たら交換が必要なようです。

aarke(アールケ)Carbonator IIの専用ボトル

アールケ カーボネーターIIの使い方・ 取り付け方法

aarke Carbonator IIの外観をチェックしたら早速炭酸水を作ってみます。

下記のような使い方で簡単に炭酸水を作ることができました。

STEP.1
ガスシリンダーを本体にセット

まずはガスシリンダー上部の包装とキャップを外します。

そしてaarke本体を裏向けにしたら底面の差込口にガスシリンダーを真っ直ぐ差し込みます。

差し込んだらネジの回転が止まるまで時計回りシリンダーを回してセット完了。

aarke(アールケ)Carbonator IIの使い方・取り付け方法
aarke(アールケ)Carbonator IIの使い方・取り付け方法
STEP.2
専用ボトルに水を入れる

専用ボトルの線が引かれているところまで水を入れます。

水は冷えた状態の方が炭酸が溶け込みやすくなるそう。

aarke(アールケ)Carbonator IIの専用ボトルに冷えた水を入れる様子

STEP.3
専用ボトルを本体にセット

専用ボトルをaarke本体にセット。片手でボトルの底を支えながらもう片方の手でクルクル回すと固定することができます。

ワンタッチでボトルが取り付けられるスナップロック機能がないのが惜しいところ。

aarke(アールケ)Carbonator IIと専用ボトルを取り付ける様子

STEP.4
レバーを押して炭酸水を注入

専用ボトルをセットしたらレバーをおろして、「ブシュー」という音が鳴るまでガスを注入します。

下記のように炭酸の強さを調整することもできるので好みの回数レバーを押しましょう。

aake Carbonator IIの炭酸強度の調整方法
  • 1回で弱炭酸
  • 2回で中炭酸
  • 3回で強炭酸

aarke(アールケ)Carbonator IIに炭酸を注入する様子
aarke(アールケ)Carbonator IIに炭酸を注入する様子
 

そしてこちらが出来上がった炭酸水。簡単にいつも飲んでいる炭酸水が作れて感動しました!

aarke(アールケ)Carbonator IIで作った炭酸水

aarke Carbonator IIの魅力

aarke Carbonator IIの使い方をチェックした後は僕が思うこのソーダメーカーの魅力を3点紹介。

インテリアに馴染む高いデザイン性

炭酸水メーカーの大手、ソーダストリーム社からでている製品は1万円〜2万円程度で購入可能です。

それに比べてaarke Carbonator IIの値段は27,000円ほど。正直かなり高い印象です。

ただ、それでもaarke Carbonator IIを選んだのはとにかくデザイン性の高さに惹かれたため。

aarke(アールケ)Carbonator IIの製品本体

無駄がなく洗練されたデザイン、艶がなくマットな色合いが本当にかっこいいです。

物理レバーがあるところやプレート、無骨なねじ穴など様々な要素がインダストリアル調の雰囲気を演出しているのがたまらないです。

aarke(アールケ)Carbonator IIの製品本体

付属のペットボトルもキャップや底面にスチールが使われており、隙がありません。所有感をとことん満たしてくれるプロダクトだと思います。

aarke(アールケ)Carbonator IIの専用ボトル

タカヒロ

バルミューダーのトースターを買った時もそうでしたが、少し値段が高くてもデザインまで本当に気に入ったものを選んだ方が後悔しない思っています

一本約30円で500mlの炭酸水を120本作れる

ソーダストリーム社の炭酸ガスシリンダー

アールケは炭酸水メーカー最大手の「ソーダストリーム」社公認で、同社の炭酸ガスシリンダーに対応しています。(自社でガスシリンダーは作っていない)

1本あたりの値段は3,700円程度ですが、公式サイトから購入すると、2回目以降は使用済みのガスシリンダーと交換という形で安く購入することができます。

ソーダストリーム社製ガスシリンダーの値段
  • 初回購入:3,700円(税込)
  • 2回目以降:2,160円(税込)

また、60mlのガスシリンダー1本で500mlのペットボトル120本分の炭酸水を作ることができるので、ペットボトル一本分の値段は初回・2回目以降で下記のように計算できます。

  • 初回購入:31円
  • 2回目以降:20円

コンビニで売っている500mlの炭酸水はよりもかなりコスパが良いし、スーパーで1リットル80〜90円とかで安売りしている炭酸水よりも安く炭酸水を作ることができます。

タカヒロ

初期投資が30,000円近くするので、元を取るのには時間がかかりますが、ランニングコストはそこまで高くなさそうです。

追い炭酸ができる

aarke Carbonator IIで炭酸水を作る様子

市販の炭酸水を購入した場合、一度気が抜けてしまうともうシュワシュワ感を復活させることはできません。

でも炭酸水メーカーがあれば気が抜けてしまった炭酸水を何度でも復活させることが可能です。

いつでもシュワシュアなのどごしを味わえるのは最高

aarke(アールケ)Carbonator IIの口コミ・評判

最後にaarke(アールケ)Carbonator IIを購入した方の口コミをTwitterで調べてみました。

やはりデザインの高さに満足している声が多数上がっていました。

Twitter

Twitter
Twitter
Twitter

アールケ カーボネーターII レビューまとめ

炭酸水メーカーのaarke Carbonator IIを使ってみた様子を紹介してきました。

他の炭酸メーカーと比べるとデザインがお洒落でインテリアにも馴染むし、コンセント不要だから置き場所にも困らない。

ペットボトルのゴミが出る量もグッと減って大満足です。

少し値段が高いのがネックですが、インテリアに馴染むおしゃれな炭酸水メーカーが欲しい方にとてもおすすめです!

aarke Carbonator IIのメリット
  • インテリアに馴染むお洒落なデザイン
  • 電源コンセント不要で置き場所に困らない
  • 約30円で500mlの炭酸水を120本作れる
  • 三段階に炭酸の強さを調整可能

aarke Carbonator IIデメリット
  • 値段が他の炭酸メーカーと比べると割高
  • スナップロック機能がない
  • ガスシリンダーは付属していないから別途購入が必要

2 COMMENTS

まーやん

いつも楽しく記事を拝見しております。

本文中、
『付属のペットボトルもキャップや底面にスチールが使われており、好きがありません』
の好きは隙の誤変換かなと思いコメントさせていただきました。

返信する
takahiro

まーやんさん、記事読んでくださりましてありがとうございます!

誤字のご指摘も大変かとありがたいです。
早速修正させていただきました。

今後もブログに遊びに来ていただけますと幸いです!

返信する

コメントを残す