おすすめガジェット

SmartFolio(iPad mini 6)レビュー!マグネットで着脱できるおすすめケース【ESR社製品との比較も】

iPad mini 6用SmartFolio レビュー!マグネットで着脱できるおすすめケース【ESR社製品との比較も】

約2年半ぶりのフルモデルチェンジで2021年9月に発売されたiPad mini(第6世代)。

iPad mini大好きの僕は迷わずこのデバイスを購入しているのですが、それとあわせていくつかのアクセサリーも買い足しました。

その中の一つが今回紹介するSmart Folio (iPad mini 6用)

そこで本記事ではSmartFolio(iPad mini6)を実際に使用してみてわかったメリット・デメリットをまとめました!

記事の後半ではSmartFolioに近い質感でありながら、1/3の価格で購入できるコスパ抜群ケース「ESR社製品との比較」コンテンツも用意しています。

iPad mini 6用ケースの購入を検討している方はぜひ最後までお読み下さい。

iPad mini 6レビュー!使ってみてわかったメリット・デメリットまとめ【iPad mini 5と比較】iPad mini 6レビュー!使ってみてわかったメリット・デメリットまとめ【iPad mini 5と比較】
SmartFolioのメリット
  • 二段階に調整が可能
  • マグネットで簡単に着脱できる
  • Majextand Mと併用できる

SmartFolioのメリット
  • Touch IDでのロック画面解除時に指先にケースが当たる
  • 値段がやや高い

SmartFolio(iPad mini6)の外観

今回購入したApple純正のSmartFolio。iPad mini 第6世代と同じタイミングで発売が開始されたタブレットケースです。

SmartFolioの商品パッケージ

さっそくパッケージを開封すると、タブレットケース本体の登場。5色展開のカラーバリエーションの中から今回はブラックを購入しました。

SmartFolioブラックを正面から撮影した写真

SmartFolio(iPad mini6)のカラーバリエーション
  • ブラック
  • ホワイト
  • ダークチェリー
  • エレクトリックオレンジ
  • イングリッシュラベンダー

背面には純正ケースらしくAppleのロゴが刻印されています。

SmartFolioブラックを背面から撮影した写真

液晶画面と接するカバーの裏側はモフモフとした肌触りの柔らかなマイクロファイバーが使われており、画面を優しく保護してくれるようになっています。

SmartFolioブラックを裏面から撮影した写真

iPad mini 6に装着してみるとこんな感じ。

SmartFolioブラックをiPad miniに装着した様子

当たり前ですが、カメラ周りを含めすべての部分がジャストフィットしてくれています。さすが純正品です。

SmartFolioブラックをiPad miniに装着した様子(カメラ周り)

ただ、TouchID機能付きのボタンを指で触れると、ケースの先端が当たってしまうのがちょっと気になったポイント。

SmartFolioブラックをiPad miniに装着した様子

SmartFolio(iPad mini6)の特徴

SmartFolio(iPad mini6)の外観をかんたんにチェックしたあとは実際に使用してみて感じた良い点・悪い点を紹介。

マグネットで簡単に着脱可能

iPad mini 6Smartfolioはマグネットで簡単に着脱可能

SmartFolio(iPad mini6用)はマグネットで吸着するタイプとなっており、簡単に着脱することが可能です。

タブレットの側面は保護することができないデメリットもあるんですが、家ではなるべく裸でiPad mini 6を使いたい僕にとって簡単に取り外せるのはすごくありがたいポイント。

マグネットの吸着力もそこそこ強く、ちょっとした衝撃では外れないので安心感もあります。

2段階の角度調整が可能

SmartFolioはタブレットをキズから保護してくれるだけでなく、2段階調整のできるスタンド代わりとしても使うことができます。

キツめの角度は動画を視聴するときやインナーカメラを使ってビデオチャットをするときに最適。

smartfolioは角度調整可能

浅めの角度はApple Pencil 2を使うのに程よいです。何もスタンドを使わない状態よりも、浅く角度がついていたほうがメモを取りやすい。

smartfolioは角度調整可能

タカヒロ

iPad mini 6を縦に立てかかることなどはできませんが、簡易的なスタンドとしては十分な機能を備えています!

Majextand Mと併用可能

僕はiPad mini 5を使っていたときはにMajextand Mでデバイスを立てかけるのが基本スタイルでした。

気に入ってるスタンドだったので、できればSmartFolioと併用したい。

でも、「きっとドッキングシートを貼った状態だとマグネットで吸着できなくなるんだろうなー。」という懸念がありました。

Majextand Mを使用する様子

しかし、SmartFolioはMajextand Mのドッキングシートの上からでも全く問題なく使用することができます

ドッキングシートの跡は少し残りますが、吸着力もほとんど落ちませんし、変に接地面が浮いた感じも出ません。

これによって、家ではMajextand M、外へ持ち運ぶ際はSmartFolioという使い分けができてとても便利です!

Majextand MのドッキングシートとSmartFolio

Majextand M レビュー!iPad miniを浮かせて立たせる最強スタンドMajextand M レビュー!iPad miniを浮かせて立たせる最強スタンド

タカヒロ

Majextad Mは縦・横どちらの向きにも対応しているので、併用するSmartFolioの弱点を解消することができておすすめ!

SmartFolioとESR製iPad mini 6用ケースの比較

SmartFolioとESR製iPad mini 6用ケースの比較

SmartFolioはAppleストアだけでなくAmazonでも購入することが可能なのですが、純正品以上にサードパーティ製品のESR社製iPad mini6用ケースが人気です。

SmartFolio ESR社製ケース
イメージ
素材(表面) ウレタン ウレタン
素材(裏面) マイクロファイバー マイクロファイバー
マグネット吸着
Apple Pencilホルダー ×
価格 ¥7,183 ¥2,599

実際に両者を使用してみての感想としては製品の質感に大きな差はなく、ESR社製ケースのコストパフォーマンスは正直かなり高いと感じました。

唯一大きな違いがあるのはペンホルダーの存在。

ES社製ケースのペンホルダーの写真

iPad miniにApple Pencilを磁気充電した状態でかばんに入れると結構な確率でペンが外れてしまいます。

なので、頻繁にApple Pencilを持ち歩く方にはこのペンホルダーの存在は大きなメリットになります。

ただペンホルダーがあるとiPad miniを使う際に「ケースを開く → ペンホルダーを固定する」という2つのフローが発生するので、割と煩わしさを感じるデメリットもあります。

以上を踏まえるとSmartFolioとESR社製ケースはそれぞれ下記のような方におすすめだと思います。

SmartFolioがおすすめの方
  • Apple Pencilを外に持ち出す頻度が低い方
  • 値段が高くても純正品にこだわりたい方

ESR社製ケースがおすすめの方
  • Apple Pencilを外に持ちたす頻度が高い方
  • とにかく安い価格でケースが欲しい方

タカヒロ

僕はApple Pencilを持ち出す頻度はあまり高くなく、シンプルな使用感が好みだっため、SmartFolioを使っていくことにしました!

iPad mini(第6世代)のおすすめアクセサリー・周辺機器

iPad mini(第6世代)のおすすめアクセサリー・周辺機器

iPad miniは周辺機器・アクセサリーを買い足すことでより快適に利用することができたり、潜在能力を最大限に発揮できたりするようになるデバイスです。

下記の記事では今回紹介したsmartFolio以外にも僕が愛用しているiPad mini関連のアクセサリーを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

【2021年】iPad mini 6と一緒に買いたいおすすめアクセサリー&便利グッズまとめ【2021年】iPad mini 6と一緒に買いたいおすすめアクセサリー&便利グッズまとめ

SmartFolio(iPad mini6)レビューまとめ

iPad mini 6と合わせて購入したSmartFolioの使ってみてわかったメリット・デメリットやサードパーティ製品との比較情報をまとめてきました。

SmartFolioは他の製品に比べると値段が張りますが、シンプルで使いやすいのが魅力のケースです。

iPad miniを外に持ち出す機会が多い、傷つけずに大事に使っていきたい方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

SmartFolioのメリット
  • 二段階に調整が可能
  • マグネットで簡単に着脱できる
  • Majextand Mと併用できる

SmartFolioのメリット
  • Touch IDでのロック画面解除時に指先にケースが当たる
  • 値段がやや高い

コメントを残す