【初心者向け】Apple Watchの選び方まとめ!シリーズ7、SE、3買うならどれがおすすめ?

【初心者向け】Apple Watchの選び方まとめ!GPSとセルラーモデルの比較・安く買う方法も解説

iPhoneとの連携で日々の生活を便利にしてくれたり、健康管理に一役買ってくれるApple Watch。

初代Apple Watchが発売されたのは2015年4月、これまでマイナーだったスマートウォッチという製品ジャンルを一気にメジャーに押し上げた立役者的なデバイスです。

そんなApple Watch、複数のモデルが併売されていたり、使用素材・ケースの大きさのバリエーションが豊富なので、こんな疑問を感じる方も多いのではないでしょうか。

  • Apple Watchの各シリーズの違いがイマイチわからない
  • GPSとセルラーモデルそれぞれ何が違うのかわからない

そこで本記事ではこれからApple Watchを購入したいと考えている方に向けて、選び方のポイントを丁寧に解説していきたいと思います。

タカヒロ

現行ラインナップの中から自分にぴったりのApple Watchを選ぶために比較すべき大項目は3つだけ!

意外とシンプルなので、簡単に欲しいモデルが見つかります。

記事の後半では「Apple Watchを安く買う方法」や「一緒に買うべきアクセサリー」も紹介しているので、ぜひ最後までお付き合いください。

Apple Watchの選び方

現在Apple公式サイトで購入できるApple Watchは下記の3種類。シリーズ6、5、4は廃盤となっております。

Apple Watch 7 Apple Watch SE Apple Watch 3
イメージ
発売時期 2021年10月 2020年9月 2017年9月
価格 47,080円~ 32,780円~ 21,780円~
セルラーモデル ×
ケースサイズ 41mm or 45mm 40mm or 44mm 38mm or 42mm
特徴 フラッグシップモデル コスパ抜群の廉価版モデル 最安値の入門モデル

3機種はそれぞれ1.5万〜1万ほどの価格差があり、高くなるほど高機能になっていきます。

ここからは下記の流れに沿って、自分にぴったりあうモデルを見つけていきましょう!

Apple Watchを選ぶ流れ
  1. Apple Watch7、SE、3のできることを比較
  2. GPSとセルラーモデルの違いを比較
  3. ケースのサイズを比較

Apple Watch各シリーズのできることの違い比較

常時表示Retinaディスプレイ

Apple Watchで頻繁に使う基本機能はどのシリーズでも利用することができます。

その上で、より日常生活でApple Watchを便利に使ったり高度な健康管理を行ったりしたい場合には、スペックのデバイスを買っておくといいというイメージ。

まずはApple Watch3種のできることの違いを理解し、ほしいモデルのあたりを付けていきましょう。

Apple Watch 6 Apple Watch SE Apple Watch 3
イメージ
チップ S6 SiP
(S5より20%高速)
S5 SiP
(S3より2倍高速)
S3 SiP
常時表示ディスプレイ × ×
血中酸素濃度測定 × ×
電気心拍センサー × ×
急速充電 × ×
ファミリー共有設定 ×
電子コンパス ×

Apple Watch シリーズ7とSEの違い

Apple Watch最新作のシリーズ7とSEは下記のポイントに主に違います。

  1. ケースの大きさ・デザイン
  2. 常時表示Retinaディスプレイ
  3. 急速充電機能
  4. 血中酸素濃度測定、電気心拍センサー

ケースの大きさ・デザイン

Apple Watch 7はシリーズ4、5、6,SEに採用されていたデザインから大幅なアップデートが加えられたモデルです。

縁の部分が40%削減されディスプレイ領域が大きくなったことで画面が見やすくタッチ操作もしやすくなりました。

また筐体の大きさも下記のようにわずかながら変化しています。

Apple Watch 7とSEのケースの大きさを比較した写真

常時表示Retinaディスプレイ

Apple Watch 5から登場した常時表示Retinaディスプレイ。

下記のようなメリット・デメリットがあり、Apple Watchをファッションの一部として使いたい方におすすめの機能です。

アップルウォッチ 常時点灯のメリット
  • 腕を持ち上げないでも画面を確認できる
  • ファッションの一部として機能する
  • 時計を見たときのエフェクトが心地よい

アップルウォッチ 常時点灯のデメリット
  • 電池持ちが若干下がる

Apple watchの常時点灯は必要?使ってみてわかったメリット・デメリットまとめApple watchの常時点灯はいらない?使ってみてわかったメリット・デメリットまとめ

急速充電に対応

Apple Watch 7は急速充電に対応しており、フル充電できるようになるまでの時間が大幅に短縮されています。

Apple Watchで睡眠ログを取りたい場合はまとまった充電時間を作るのが意外となかったりするので、充電時間の短縮はありがたいところ。

公称値 Apple Watch 7 Apple Watch SE
0 → 80% 45分 90分
0 → 100% 60分 150分

血中酸素濃度測定と電気心拍センサー

Apple Watchで日々の健康を見守るために搭載されている血中酸素濃度測定と電気心拍センサー。それぞれ下記のような使い方をすることができます。

血中酸素濃度測定
血中に取り込まれている酸素のレベルを計測できる機能。この数字が高いほど、血液の流れが上手く行われていると判断できる。
最近では、新型コロナウィルスの重症化の目安にもなると注目されている。
電気心拍センサー
心拍数を記録し、数値に異常があると通知してお知らせしてくれる機能。
緊急時に医師の診断をサポートする健康記録としても活用できるため、健康管理に役立つ。

血中酸素濃度測定アプリ▼

血中酸素濃度測定測定アプリ

心電図アプリ▼

アップルウォッチの心電図アプリ

Apple Watch SEとシリーズ3の違い

Apple Watch SEとシリーズ3の大きな違いは以下の通り。

  • ケースの大きさ・デザイン
  • 電子コンパス搭載

ケースのデザイン

Apple Watch SEとシリーズ3はケースの大きさ・デザインが大きく異なります。Apple Watch SEの方がディスプレイ領域が広く、画面が見やすいです。

またケースの大きさは文字盤のラインナップ充実度にも差を出しています。Apple Watch 3はSEやシリーズ6に比べて使用できる文字盤がかなり少ないです。

Apple Watch SEとApple Watch3の違いを比較した写真

電子コンパス搭載

Apple Watch 3には電子コンパスが搭載されておらず、地図を見ると自分がどの方角を向いているかまでは把握できません。

地味な差に感じるかもしれませんが、電子コンパスは街中でのショッピングやランニングの最中に道に迷った時に重宝するので重要な機能です。

Apple Watch SEとApple Watch3のマップアプリを比較した写真

GPSとセルラーモデルの違いを比較

Apple Watchには各シリーズごとにGPSモデル、セルラーモデルの2種類が存在します。

両者の違いをざっとまとめると以下の通り。

GPSモデル セルラーモデル
・iPhoneがないと通信できない
・使用素材の選択肢は一つ
・iPhoneがなくても通信できる
・使用素材の選択肢が複数
・通信には月額のランニングコストが発生

タカヒロ

こちらも詳しく解説をしていきます!

できることの範囲が違う

Apple WatchのGPSモデルはデバイス単体でネットに接続できないので、iPhoneとBluetooth接続するのが前提になってきます。

それに対し、セルラーモデルはBluetooth接続などでもネットにつながるので、Apple Watch単体で下記のようなことができます。

Apple Watch単体でできること GPSモデル セルラーモデル
Apple Watchで電話 ×
メール/メッセージの送受信 ×
Apple Musicをストリーミング再生 ×
Apple Watchにダウンロードした音楽の再生
カレンダーの確認 ×
地図アプリの閲覧 ×
天気の確認 ×
ワークアウトのトラッキング
アクティビティのトラッキング
Apple Payの支払い
ファミリー共有設定 ×

タカヒロ

セルラーモデルはiPhoneを持たずランニングしたり、スマホ充電が切れてしまった場合の保険として便利!

選べる素材が違う

セルラーモデルでは時計本体に使用されている素材を3種類の中から選べるのも特徴の一つ。

GPSモデル セルラーモデル
アルミニウムのみ アルミニウム、ステンレス、チタニウム

素材の違いによる違いは以下の通り。

ステンレスやチタニウムはアルミニウムの倍近い価格帯でとても高価ですが、高級感や傷がつきづらいといったメリットがあります。

アルミ ステンレス チタニウム
最低価格 47,080円 ~ 80,080円 ~ 91,080円 ~
重さ 30.8g 40.6g 35.1g
剛性
見た目 あまりツヤ感がない 光沢があり高級感がある ステンレスよりも落ち着いた光沢感

セルラーモデルは通信費が発生するので注意

セルラーモデルは単独で通信するために、通信キャリアとの契約が必要になります。

契約キャリアは下記の大手3大キャリアのみで格安SIMでは契約することができません。

ドコモ 500円 / 月
au 350円 / 月
ソフトバンク 350円 / 月

ただし、セルラーモデルを購入したら通信契約は必須というわけではないので、単純に見た目が好みだからセルラーモデルを買うという選択肢もアリです。

結局GPSとセルラーモデルどちらがおすすめ?

ここまでをまとめるとGPS・セルラーモデルはそれぞれ下記のような方におすすめです。

GPSモデルのApple Watchがおすすめの方
  • 基本iPhoneを持って外出するのでAppple Watchを単体ですることはないという方
  • なるべく安くApple Watchを購入したい方
  • ランニングコストをかけずにiPhoneを利用したい方

セルラーモデルのApple Watchがおすすめの方
  • iPhone持たずに様々な機能を使いたい方
  • iPhoneが使えない状況(充電切れ・災害・緊急時)に備えたい方
  • 3大キャリアのスマホを契約しており、月額通信費を払うのを許容できる方
  • ちょっと値段が高くなるけど傷がつきづらい素材のアップルウォッチを選びたい方

【すっきり解消】Apple WatchのGPSとセルラーモデルの違い3つをわかりやすく解説!すっきり分かる!Apple Watch GPSとセルラーモデルのできることの違い3つを解説

ケースのサイズを比較

Apple Watchには各シリーズごとに2つのサイズが用意されております。

  • シリーズ7:41mm or 45mm
  • SE:40mm or 44mm
  • シリーズ3:38mm or 42mm

どのサイズにするか迷いますが、下記の情報を参考にどちらを選ぶべきか決めてください。

45mm or 44mm or 42mmの特徴
  • 存在感ある見た目
  • 文字盤の視認性が高い
  • 設定をいじりやすい
  • 40mm or 38mmと比べると重い(スポーツ中には邪魔になるかも)

41mm or 40mm or 38mmの特徴
  • 腕元がスッキリ見える
  • 44 or 42mmと比較すると操作はしにくい
  • 44 or 42mmと比較すると軽い(スポーツ中にも付けやすい)

【2022年】おすすめのApple Watch

Apple Watch6・Apple WatchSE

ここまででApple Watchの現行ラインナップ3種の選び方を解説してきましたが、それらを踏まえて各シリーズの特徴・おすすめ度を紹介していきます。

Apple Watch 7(おすすめ度:★★★★)

2021年10月に発売されたApple Watch 7。

併売されているSEやシリーズ3のApple Watchにはない、下記のポイントが魅力の製品です。

  • ベゼルレスデザインのディスプレイ
  • 常時表示Retinaディスプレイ
  • 急速充電機能
  • 血中酸素濃度測定
  • 電気心拍センサー

ベゼレスデザインや常時表示RetinaディスプレイはApple Watchをファッションアイテムの一部として楽しみ方にはとてもおすすめできる要素です。

また、急速充電ができるモデルになったということもあり、お風呂に入っている時間に充電しておけば丸一日使用してもバッテリー切れが起きないのがありがたい

しかし、それ以外はApple Watch 7を持っていても嬉しいと思うシーンあまりないというのが正直なところ。

ベゼルレスデザインやRetinaディスプレイにに魅力を感じなければ、次に紹介するApple Watch SEの方が圧倒的にコスパが高いです。

また、廃盤となったApple Watch 6はベゼルレスデザイン以外は殆ど機能的な差がないので、Amazonや中古でこれを買うのもありです。

Apple Watch7はこんな方におすすめ
  • ベゼルレスデザインのApple Watchが欲しい方
  • 常時表示RetinaディスプレイのApple Watchが使いたい方
  • 血中酸素濃度測定・電気心拍センサーなどより高度な健康管理にApple Watchを活用したい方
  • セルラー版を買ってアルミニウム素材以外のApple Watchを選びたい方
Apple Watch 7レビュー!使ってみてわかったメリット・デメリットまとめ【Apple Watch 6と比較】Apple Watch 7レビュー!使ってみてわかったメリット・デメリットまとめ【Apple Watch 6と比較】

Apple Watch SE(おすすめ度:★★★★★)

Apple Watch SE

2020年9月に発売された廉価版アップルウォッチSE。

常時表示Retinaディスプレイやその他の健康管理系機能はないものの、Apple Watch 5と同レベルのスペックを兼ね備えており、スペックと価格のバランスが取れているのが非常に魅力的です。

多くの方がApple SEで十分満足できるとはずですし、シリーズ7との差額1.5万円分をベルトやモバイル充電器などのアクセサリーに充てられると快適なApple Watchライフが過ごせるようになると思います。

タカヒロ

初めて購入するなら一押しのApple Watchです!

Apple Watch SEはこんな方におすすめ
  • 常時表示Retinaディスプレイは不要という方
  • なるべく安くApple Watchが欲しいけど、機能はそこそこ良いものを持ちたい方

Apple Watch 3(おすすめ度:★★)

Apple Watch 3

2017年に発売され、今でもエントリーモデルとして発売され続けているApple Watchシリーズ3。最新機種のシリーズ6の半額以下で購入することができるのが魅力です。

エントリーモデルとはいえ、僕自身Apple Watch 6で頻度高く使っている機能はほとんどApple Watch 3でもできるので、Apple Watchがある生活を体験するには十分な製品です。

ただし、気になるのは下記の2点

  • ケースデザインの違い
  • OSのサポート期間

Apple Watch SEやシリーズ7のデザインを見てしまうと、ベゼルが厚いデザインはイマイチに感じてしまいます。また、文字盤の数が少ないのも寂しい。

Apple Watch 6とApple Watch 3のデザインの違い

さらに、OSのサポート期間も不安。

先代のApple Watch 1&2は発売から3年でOSのサポートが終了しており、Apple Watch 3もいつサポートが終了してしまってもおかしくありません。

今から買うならプラス1万円払って、少なくとここれから3~4年はサポート対象となるであろうApple Watch SEを買った方が安心だと思います。

Apple Watch6はこんな方におすすめ
  • Apple Watchがある生活をとにかく安く試したい方

Apple Watchを安く買う方法

Applw WatchはApple公式ストアで購入すると値引きやポイントの付与といった特典がありません。

そこそこ大きな買い物なのに、何も還元されないのはちょっと損な気持ちにもなりますよね。そこでおすすめしたいのがAmazonでの購入。

Appleのオンラインサイト以外にも、Apple Watchを購入できるECサイトはいくつかあるのですが、Amazonで買うのが圧倒的にお得です。

AmazonでMacBookを購入するメリット
  • 公式サイトにはない割引がある
  • 商品購入時にAmazonポイントが付与される
  • Amazonチャージを駆使すると2.5%のポイント還元が受けられる

AmazonでMacBookを購入するデメリット
  • ショッピングローン(分割購入)が組めない

見なきゃ損!Apple製品を安く買う方法まとめ【常時3.5%~15%OFF】Apple製品を安く買う方法まとめ!常時3.5%~15%OFF

中古のApple Watchを選ぶのもアリ

イオシスのECサイトで売られている中古Apple Watch

Apple Watchは毎年新モデルが出ていますが、基本的な処理性能は大きく変わらないので、求めることがはっきりしていれば型落ち品を購入しても問題ありません。

新品で購入することにこだわりがなければ中古のApple Watchを購入するという方法もおすすめです。

中古アイテムであれば、高くて手が出しづらいステンレスやチタニウム素材を使ったApple Watchも買いやすくなります。

下記の記事では歴代のApple Watchを比較した上で、狙い目の中古モデルを紹介しています。気になった方はぜひこちらもチェックしてください!

【2022年】狙い目はコレ!中古Apple Watchのおすすめモデルを解説【2022年】狙い目はコレ!中古Apple Watchのおすすめモデルを解説

Apple Watchと格安スマートウォッチのできることの違い

HUAWEI WATCH FITの写真

Apple Watchはスマートウォッチの中でも高価なデバイスです。購入を検討している方の中には、下記のようなことを思う方も多いのではないでしょうか。

  • もっと安い価格で売られているスマートウォッチでも十分なんじゃないの?
  • Apple Watchとその他スマートウォッチ何が違うの?金額に見合うだけのメリットがあるの?

購入前にしっかり他社のスマートウォッチとの違いを理解しておきたいという方は下記の記事をぜひチェックしてみてください。

Apple Watchと格安スマートウォッチのできることの違いは何?HUAWEI WATCH FITと比較してみた

Apple Watchと一緒に買いたいアクセサリー・周辺機器

Belkinの3in1ワイヤレス充電器

Apple Watchは身につけるシーンやその日の気分でベルトやケースを交換することができるのも魅力の一つです。

また、日々快適に利用するためには充電しやすい環境を作るのも必須。

下記の記事では、Apple Watchを購入したら合わせて揃えたい周辺機器(保護フィルム/充電器/バンド/ケース)を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

アップルウォッチのおすすめアクセサリーまとめ【2022年】Apple Watchのおすすめアクセサリー&便利グッズまとめ

【初心者向け】Apple Watchの選び方まとめ

Apple Watchシリーズ7の写真

これから初めてApple Watchを購入するという方に向けて、アップルウォッチを選ぶ際のポイントを紹介してきました。

Apple Watchは様々な選択肢があって一つを選ぶのが悩ましいですが、僕が一番おすすめする組み合わせApple Watch SE GPS版(40mm or 42mm)です。

Apple Watch SE(GPS版)がおすすめな理由
  • 3万弱で購入可能とそこそこ安価
  • 搭載されているスペックも高機能
  • セルラーモデルは実際あまり活用シーンがない
  • 発売日が新しく2024年頃まではOSサポート対象であり続ける可能性が高い

この記事があなたのApple Watch選びの参考になれば幸いです。それでは、よいApple Watchライフを。

社会人生活を全力で駆け抜けたいなら、Apple watchで健康管理を始めるべき理由社会人生活を全力で駆け抜けたいなら、Apple watchで健康管理を始めるべき理由

コメントを残す