【初心者向け】iPadの選び方まとめ!チャートでおすすめモデル診断(Pro・Air・無印・mini)

【初心者向け】iPadの選び方まとめ!チャートでおすすめモデル診断(Pro・Air・無印・mini)

プライベートからビジネスまで幅広く使うことができるマルチデバイスのiPad。

高スペックなモデルであればノートPC代わりに使うこともできて、どんどん活躍の幅が広がっています。

そんなiPad、いざ購入しようとしてみると下記のような疑問を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

  • iPadの各モデルにはどんな違いがあるの?
  • 商品選びする上でどんなスペックを見比べたらいい?

タカヒロ

iPadは見た目はほぼ同じに見えるし、それぞれどんな方におすすめかわかりづらいですよね…。

そこで本記事では2022年現在のiPadラインナップの違いをわかりやすく解説した上で、各モデルがどんな方におすすめかをまとめました。

記事の後半には「iPadの選び方チャート」や「iPadを安く買う方法」も紹介しています。

本記事を読めばきっとあなたにぴったりのiPad選びができると思いますので、ぜひ最後までお付き合いください!

iPadを選ぶ際に見るべきスペック

2022年現在のiPad製品ラインナップは5つです。

タブレットのサイズとスペックの2軸で各モデルの立ち位置を整理すると下記のようになります。まずはざっくり各モデルのポジショニングを把握しましょう。

2022年版iPad各モデルの製品ポジション

iPadを選ぶ際に特に注目すべき項目を厳選して各モデルのスペックをまとめると、以下のようになります。

iPad Pro 12.9
2021年モデル
iPad Pro 11
2021年モデル
iPad Air
(第4世代)
無印 iPad
(第9世代)
iPad mini
(第6世代)
イメージ
処理性能(SoC) M1チップ M1チップ A14 Bionic A13 Bionic A15 Bionic
純正キーボード Magic Keyboard
Smart keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart keyboard Folio
Smart keyboard Folio なし
画面サイズ 12.9インチ 11インチ 10.9インチ 10.2インチ 8.3インチ
重さ 682g 466g 458g 487g 293g
Apple Pencil 第2世代 第2世代 第2世代 第1世代 第2世代
搭載ポート USB-C
(Thunderbolt対応)
USB-C
(Thunderbolt対応)
USB-C Lightning USB-C
ディスプレイ性能 Liquid Retina XDR Display
ProMotion
Liquid Retina Display
ProMotion
Liquid Retina Display Retina Display Liquid Retina Display
セキュリティ認証 Face ID Face ID Touch ID Touch ID Touch ID
スピーカー 4つ 4つ 2つ 2つ 2つ
ストレージ 128GB ~ 2TB 128GB ~ 2TB 64GB / 256GB 64GB / 256GB 64GB / 256GB
最安値価格
(公式サイト参照)
129,800円〜 94,800円〜 69,080円〜 39,800円〜 59,800円〜

タカヒロ

ここからはiPadを選ぶ際に注目すべき項目を一つずつ解説していきます。

処理性能

iPadで作業をする様子

各アプリを立ち上げた時にどれだけサクサク処理が進むかを判断する際に要となってくるベンチマークスコア。

現行モデルのベンチマークスコアを比較すると下記のように処理性能に違いがあります。

ベンチマークスコア

デバイスのCPUやグラフィックボードなどの総合的な性能を計る指標

iPad Pro 12.9インチ & 11インチ iPad mini(第6世代) iPad Air(第4世代) 無印 iPad(第9世代)
搭載チップ M1チップ
(A15 Bionicの1.3倍)
A15 Bionic
(A14 Bionicの1.2倍)
A14 Bionic
(A13 Bionicの1.05倍)
A13 Bionic
ベンチマークスコア 1,020,000 790,000 650,000 612,000

現行モデルをみるとM1チップ搭載のiPad Proシリーズはベンチマークスコアが抜きん出て高いです。

ただし、現行iPadで利用できるアプリではM1チップのパワーが活きるアプリがなく、恩恵を受けるシーンが少ないです。

iPad Air(第4世代)に搭載されているA14 Bionic程度のスペックがあれば幅広い作業に問題なく対応できると思ってもらって問題ありません。

デバイスサイズ

iPad Pro11インチとiPad miniのディスプレイの大きさを比較する表

ディスプレイのサイズはiPadをアウトプットとインプットどちらをメインに使いたいかで決めていくのがおすすめです。

映画鑑賞や電子書籍での読書などインプット中心にタブレットを使いたいならサイズは小さくても問題ありません。

しかし、イラストを描いたり画像・動画編集を行ったりとアウトプット中心にiPadを使いたらディスプレイサイズは大きい方が作業が捗ります。

Apple Pencil

iPad miniとApple pencil

iPadの強みといえば、紙に近い感覚で文字やイラストが書けるApple Pencilの存在。

特にApple Pencil 2は筆圧感知、マグネット充電などに対応しており、クオリティの高いプロダクトに仕上がっています。

イラストを描きたい、勉強に使いたいといったことがメインの場合は迷わずApple Pencil 2対応のデバイスを選びましょう。

また、Apple Pencilの書き心地はiPadのリフレッシュレートによって大きく左右されます。

下記はリフレッシュレート60HzのiPad Airとリフレッシュレート120HzのiPad ProでApple Pencilを使用した際の描写力を比較した動画。

iPad Proの方が一秒間に描写できる絵の数が多いことからより紙に近いリアルな書き心地を得ることができることがわかります。

こういった点から本格的な絵を描きたいという方はiPad Proシリーズを購入するのがおすすめです。

純正キーボード

Apple純正Magickeyboard

iPad mini以外のiPadシリーズはSmart Connectorを搭載しており、それに対応した純正キーボードが用意されています。

Apple純正キーボードの魅力
  • キーボード本体の充電が不要
  • Bluetoothのペアリング不要
  • マグネットで素早く着脱可能

iPadをパソコンのように使用したい方は、Smart Connector搭載モデルがおすすめです。

ちなみに純正キーボードは価格が高いアイテムが多く手が出しづらいのがデメリット。そんな場合はロジクールから発売されているSmart Connector搭載キーボードの購入を視野に入れておくと良いです。

iPad ProをノートPC化!Magic KeyBoardのメリット・デメリットまとめiPad ProをノートPC化!Magic KeyBoardのメリット・デメリットまとめ【レビュー】 ロジクール Combo Touch レビュー!MagicKeyboardと比較してわかったメリット・デメリットまとめロジクール Combo Touch レビュー!MagicKeyboardと比較してわかったメリット・デメリットまとめ

搭載ポート

iPad miniのUSB-Cポート

無印iPadを除くiPadシリーズはUSB-Cポートを採用しています。

モデルごとに豊富な周辺機器が販売されています。

iPadの醍醐味は豊富な周辺機器と組み合わせて色んな作業を快適にできることなので、自分の作業にあった周辺機器が用意されているかも一つの判断軸となります。

【2021年】iPad mini 6と一緒に買いたいおすすめアクセサリー&便利グッズまとめ【2022年】iPad mini 6と一緒に買いたいおすすめアクセサリー&便利グッズまとめ

ストレージ容量

iPad miniを手に持つ様子

ストレージの容量はiPad Proシリーズとそれ以外のiPadで分かれている状況。

iPad Proシリーズ iPad Air・mini・無印
128GB / 256GB
512GB / 1TB / 2TB
64GB / 256GB

より多くのデータをタブレット内に入れて持ち歩きたいどうかが判断ポイントの一つになります。

各容量どんな風に選べばいいかの目安は以下のように考えると整理しやすいです。

  • 64GB:動画視聴、電子書籍の読書などが主な使い道の方向け
  • 128〜256GB:ゲームプレイ、画像・動画などを保存したい方向け
  • 512GB〜2TB:メインマシンとして趣味や仕事でハードに使いたい方向け

タイプ別おすすめのiPadはこれ!

ここからは筆者の独断と偏見で各モデルの特徴紹介、それぞれどんな方におすすめかを解説していきます!

iPad Pro 12.9インチ おすすめ度★★★★

iPadシリーズで最大サイズのディスプレイを誇るiPad Pro 12.9インチ。

M1チップ搭載で長尺の動画編集やCADアプリなど負荷の高いアプリにもしっかり答えてくれるデバイスです。

またリフレッシュレートが120HzでApple Pencilの書き心地がよりリアルに近いため、本格的なイラスト制作などをこなしたい方にもおすすめです。

iPadシリーズで唯一Liquid Retina XDR Displayを搭載しており、白も黒もキレイに発色できたり、視野角が広く見る角度で色が変わらないといったメリットもあります。

iPad Pro 12.9インチはこんな方におすすめ
  • iPadで様々なタスクを完結したい方
  • 本格的なマンガやイラストを書く
  • 長尺の動画編集を行いたい方
  • CADアプリを使用したい方
  • M1チップによる将来性に期待している方

iPad Pro 11インチ おすすめ度★★★

iPad Air(第4世代)の上位互換版のような立ち位置のiPad Pro 11インチ(2021モデル)。

iPad Air(第4世代)と比較してiPad Pro 11インチが優れている点は下記の4点です。

  • M1チップ搭載で処理が高速&バッテリー持続時間が長い
  • より大きなストレージ容量を選択できる
  • プロモーションテクノロジー搭載で画面がヌルヌル動いて気持ち良い
  • スピーカーが4つ搭載されており、音声に厚みがある

iPad Air(第4世代)のスペックではちょっと心もとない、でもiPad Pro12.9インチは大きすぎる…。そんな風に思う方におすすめのモデルです。

iPad Pro 11インチはこんな方におすすめ
  • ストレージ容量が大きいiPadが欲しい方
  • 高性能で軽量なタブレットが欲しい方
  • 動画編集・Photoshopなどを使った編集を行いたい方

iPad Air(第4世代) おすすめ度★★★★★

iPad Air(第4世代)

インプットもアウトプットもバランス良くこなすことができるかつ、価格も安価に仕上がっているコスパ抜群モデルのiPad Air(第4世代)。

iPad Proシリーズに比べると搭載しているチップのスペックは下がりますが、動画編集や写真編集なども十分対応することができます。

また、周辺機器類もiPad Proと基本的には同じものが使えるので、やれることはほぼ同じと考えてOK。

初めてiPadを購入するならiPad Air(第4世代)を選択するのが一番ベターな選択肢だと思います。

iPad Air(第4世代)はこんな方におすすめ
  • iPadでノートを取りたい方
  • 動画編集や写真編集を行いたい方
  • 大画面でコンテンツ視聴を楽しみたい方
  • 大画面だけど携帯性も重視したい方
  • 用途ははっきりしていないけど初めてiPadを購入してみたい方

無印iPad(第9世代)おすすめ度★★

iPadの製品ラインナップの中で最も安価な価格帯が魅力の無印iPad。

タブレットのサイズも10.2インチとそこそこ大きく、動画を見たり電子書籍を読むのに便利なデバイスです。

ただし、下記のような特徴があるため様々な周辺機器と組み合わせてアウトプット作業をするのには不向き

  • Lightningポート搭載
  • Apple pencil 第1世代対応

将来的にアウトプット作業をする予定もなく、とにかくインプット中心にiPadを使いたいという方が購入すべき製品です。

無印iPad(第9世代)はこんな方におすすめ
  • とにかく安くiPadを手にれたい
  • 動画視聴、ネットサーフィンなどのインプットが利用用途
  • ビジネス・店舗用(簡易レジ)のタブレットが欲しい
  • 学校や子供への教育用として購入を検討している方

iPad mini(第6世代)おすすめ度★★★★

iPad mini(第6世代)

iPadシリーズの中でも最もコンパクトで携帯性に優れるiPad mini。

2021年に登場した第6世代iPad miniは前モデルから大幅に機能が向上しており、高スペックの小型タブレットになっています。

  • A15 Bionic搭載(iPad Proに次ぐ高スペックのチップ)
  • USB-Cポート搭載
  • Apple Pencil 2対応

Smartconnector非対応で純正キーボードがないのがネックですが、Satechi Slim X1 KeyboardのようなコンパクトなBluetoothキーボードを活用できれば、タイピングも難なくこなすことができます。

携帯性を重視しつつ、インプット&アウトプットをバランス良く行いたいという方におすすめのデバイスです。

iPad mini(第6世代)はこんな方におすすめ
  • 手帳代わりにiPadを使いたい方
  • インプット作業が中心だけど、たまにアウトプット作業もしたい方
  • 旅行やちょっとした外出にiPadを携帯してコンテンツを見たい方
iPad mini 6レビュー!使ってみてわかったメリット・デメリットまとめ【iPad mini 5と比較】iPad mini 6レビュー!使ってみてわかったメリット・デメリットまとめ【iPad mini 5と比較】

iPadの選び方チャート

ここまででiPadを選ぶ際に確認するべきスペックや各デバイスがそれぞれどんな方におすすめか紹介してきました。

もしもまだ自分に合ったiPadのモデルがイマイチわからないという方はiPadの選び方チャートを参考にしてみてください!

iPadシリーズ(Pro・Air・mini・無印)の選び方チャート

iPad(Pro・Air・mini・無印)を安く購入する方法

iPadはApple公式ストアで購入すると値引きやポイントの付与といった特典がありません。

大きな買い物なのに、何も還元されないのはちょっと損な気持ちにもなりますよね。そこでおすすめしたいのが下記3つの買い方です。

  • Amazonで購入する
  • 楽天リーベイツを経由してApple公式ストアで購入する
  • 中古で購入する

タカヒロ

もう少し詳しく解説していきます!

Amazonで購入する

Apple公式サイト以外でiPadを購入できるECサイトはいくつかあるのですが、その中でもAmazonでの買い物が一番お得。

AmazonでiPadを購入するメリット
  • 公式サイトにはない割引がある場合がある
  • 商品購入時にAmazonポイントが付与される
  • Amazonチャージを駆使すると2.5%のポイント還元が受けられる

AmazonでiPadを購入するデメリット
  • ショッピングローン(分割購入)が組めない

iPadを買うと保護フィルムやケースなど購入したいアクセサリーが必ず出てきます。

iPadをAmazonで購入して貯まったポイントを周辺機器の購入費用に回せれば、とても賢くiPadライフをスタートすることができるので、まずはAmazonでの購入を検討してみてください。

楽天リーベイツ経由・Appleストアで買う

楽天リーベイツのAppleストアページ

ショッピングローンを使って購入したい場合はApple公式サイトを利用せざるを得ません。

こんな時に利用したいのが楽天リーベイツです。

楽天リーベイツ

楽天が運営している「ネットショップまとめサイト」。

楽天リーベイツを経由してApple公式ストアで買い物をするだけで、下記のような還元率で楽天ポイントでを受けることが可能。

  • 通常時期:1~2%
  • 楽天スーパーセール実施時期:3~5%

楽天リーベイツ経由Apple公式ストアでの買い物は、Amazonでの買い物に比べると還元率はイマイチ。

しかし、直接公式サイトで購入するよりかは大きな恩恵が得られるのでぜひ、利用してみてください。

中古iPadを購入する

イオシスで販売されている中古のMacBook

とにかく安くiPadを購入したいなら中古で購入するという手段もあります。

数あるECサイトの中でもおすすめなのは全国9ヶ所に店舗を運営している老舗買取業者のイオシス。

下記のような特徴があり、安心して中古iPadを購入することができるので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

イオシスのおすすめポイント
  • 中古のiPadが豊富にある
  • Amazon Payで購入可能
  • 購入後の初期不良にもしっかり対応してくれる
見なきゃ損!Apple製品を安く買う方法まとめ【常時3.5%~15%OFF】Apple製品を安く買う方法まとめ!常時3.5%~15%OFF

【初心者向け】iPad Pro・Air・無印・miniの選び方まとめ

2022年現在のiPadラインナップ(iPad Pro・Air・mini・無印)のスペックをわかりやすく解説した上で、各モデルがどんな方におすすめかをまとめました。

iPadを初めて買うなら、インプットからアウトプットまで幅広く行うことができるかつ、値段も比較的安価なiPad Air(第4世代)が一押しです。

iPadでできることは非常に幅広く、使えば使うほどに魅力的に感じるデバイス。

ぜひ本記事を参考にiPad選んで、快適なデジタルライフをお送りください!

コメントを残す