横浜マリンタワー展望台からみなとみらい21の夜景を撮影してきた!

横浜マリンタワーか展望台からみなとみらい21の夜景を撮影してきた!

横浜マリンタワーとは

ライトアップされた横浜マリンタワーの写真

横浜マリンタワーは、横浜港をシンボルとなっている高さ106mのタワーです。昭和36年の誕生した当初は灯台としての役割を果たしていましたが、現在はその役割を終えています。

30階と29階にある展望フロアからは、横浜の町並みを360度見渡すことが可能で、夜景鑑賞スポットとして有名。

また、レストランやバーも併設されており、夜景を眺めながら食事を楽しむことも可能です。

横浜マリンタワーの営業時間・料金について

横浜マリンタワーの営業時間・料金は下記の通り。前売り券の購入でお得に入場することも可能なので、気になる方はこちらをチェック → 横浜マリンタワー割引入場券について

営業時間入場開始:午前10時00分
最終受付:午後10時00分
営業終了:午後10時30分
入場料大人:750円/中高生:500円/
小学生:250円/幼児:200円/3歳未満:無料

横浜マリンタワーへの行き方・アクセス方法

横浜マリンタワーの最寄駅は、みなとみらい線の元町・中華街駅。4番出口を出て徒歩1分ほどでアクセス可能です。また、隣接する山下公園に提携駐車場もあるので、車でのアクセスも良好です。

横浜マリンタワーから夜景を撮影してきた

みなとみらいエリアの観光を楽しんだ後、夜景を撮影するために本日訪れたのは、横浜のシンボル、マリンタワー

赤レンガ倉庫や大さん橋があるエリアから徒歩でアクセスしました。写真は隣接する山下公園から撮影した横浜マリンタワーです。

横浜マリンタワーを山下公園から撮影した写真

入場券を購入したら、さっそく30階の展望フロアへ!

横浜マリンタワーの入場券の写真

横浜マリンタワーからの景色

エレベーターに乗りって約1分、あっという間に30階の展望台へ到着です。とてもシンプルな作りの10角形の形をした展望フロア

横浜マリンタワー展望フロアの様子を撮影した写真

こちらは本日一番のお目当てであるみなとみらい地区が一望できる北西側の景色。運がいいことに、大さん橋には豪華客船「アマデア」が奇港していました。

横浜マリンタワーからみたみなとみらいエリアの写真

東側には横浜ベイブリッジと山下埠頭が見えます。

横浜マリンタワーからみた横浜ベイブリッジと山下埠頭の写真

この日は少し雲がかかっていましたが、西側には富士山も眺めることができます。

横浜マリンタワーから眺めた富士山の写真

しばらく横浜マリンタワーからの景色を楽しんでいると、あっという間に夕日が落ち、日没を迎えます。ちなみにこちらの写真はGoProで撮影したもの。展望台のように高い場所からの眺めは、GoProの魚眼レンズと相性抜群です。

横浜マリンタワーから撮影した横浜の夕景

横浜マリンタワーは三脚使用可能

横浜マリンタワーは三脚の設置が可能です。日が沈みかけたら、夜景撮影に向けてさっそく三脚をセットします。

一番の見所であるみなとみらい方面を撮れるスペースはとても3~4人ほどが並ぶのが限界の広さなので、しっかり撮影に臨みたいのであれば、早めに到着して撮影ポイントを確保しておくとよいと思います。また、写り込みが激しいので忍者レフなどの補助機材も必須です。

横浜マリンタワーで三脚をセットする様子を撮影した写真

横浜マリンタワーから望むみなとみらい方面の夜景

日没を過ぎると、徐々に明かりがつき始め、空も茜色に染まり始めます。

横浜マリンタワーからみたトワイライトタイムのみなとみらい21の景色

そして、トワイライトタイムのみなとみらいエリアの夜景。空のグラデーションと建物の灯りが絶妙に合わさり非常に美しい景色です。

横浜マリンタワーから撮影したトワイライトタイムのみなとみらい21の写真

ライトアップされた赤レンガ倉庫と大観覧車「コスモクロック21」。ユニークな形の建物はパシフィコ横浜です。

横浜マリンタワーから撮影したライトアップされた赤レンガ倉庫・コスモクロック21・パシフィコ横浜の写真

みなとみらいで一番背の高い横浜ランドッマークタワー。手前には横浜三塔の一つ、クイーンの塔が見えます。そのすぐそばには、人気の夜景撮影スポット万国橋も。

横浜マリンタワーから撮影した横浜ランドッマークタワー・クイーンの塔・万国橋の写真

そして、横浜港大さん橋国際客船ターミナルに停泊するライトアップされた豪華客船「アマデア」。豪華客船が停泊していると一層夜景が綺麗に見えます。

横浜マリンタワーから撮影した横浜港大さん橋国際客船ターミナルの写真

横浜マリンタワーのすぐ下にはライトアップされた国の重要文化財に指定されている日本郵船氷川丸の姿も。

横浜マリンタワーから撮影したライトアップされた日本郵船氷川丸の写真

すっかり日も暮れて、みなとみらいエリアの撮影が終わったら方角を変えて撮影。

まずは、東側の横浜ベイブリッジと山下埠頭。横浜ベイブリッジは毎時間20分から30分、50分から0分の2回、青色にライトアップされるタイミングがシャッターチャンスです。

横浜マリンタワーから撮影した横浜ベイブリッジと山下埠頭の夜景写真

ベイブリッジのすぐそばを走る首都高速道路はスローシャッターで車の光跡を残して撮るのがおすすめ。

横浜マリンタワーから撮影した首都高速道路の夜景写真

一通り横浜マリンタワーの見所ポイントを撮影したら、機材を片付けて本日は撤収。横浜マリンタワーを出るとイルミネーションが点灯していてとても華やかでした。

横浜マリンタワーのイルミネーションを撮影した写真

横浜マリンタワーから眺めたみなとみらいエリアの夜景はタイムラプス動画にまとめたので、こちらもぜひチェックしてください▼

横浜マリンタワーから夜景を撮影した感想

横浜マリンタワー展望フロアの写真

横浜マリンタワーからのぞむみなとみらいエリアの夜景は非常に美しく、とても楽しい撮影時間を過ごすことができました。ただし、風が強く吹くとタワーが少し揺れるのが少し怖かったです。笑

横浜ランドマークタワーの展望台に比べるとあまり混雑しておらず落ち着いて撮影できるので、気になった方はぜひ訪れてみてください!

横浜港周辺の夜景撮影スポットまとめは下記記事をチェック▼

横浜みなとみらいの夜景撮影スポットまとめ!定番から穴場まで14ヵ所紹介

2018.06.12

一眼レフカメラで綺麗な夜景を撮るコツは下記記事をチェック▼

【保存版】夜景を綺麗に撮影するためのカメラの設定・コツまとめ

2018.06.05