うみてらす14(四日市港ポートビル)から四日市コンビナートの工場夜景を撮ってきた!

うみてらす14(四日市港ポートビル)から四日市コンビナートの工場夜景を撮ってきた!

工場夜景の聖地、四日市コンビナートを一望することができる人気の夜景撮影スポット「うみてらす14」にいってきました。

まるでSFのような、迫力満点の光景を眺めることができるおすすめの場所なので、実際に訪れた様子を紹介していきたいと思います。


うみてらす14(四日市港ポートビル)とは

四日市港ポートビルの外観の写真

四日市港ポートビルは、四日市港の開港100周年を記念して建てられた地上100mの高層ビル。三重県で一番高いビルで、14階にある「うみてらす14」からは四日市コンビナートや鈴鹿山脈などを一望することができます。

日本夜景遺産にも認定

多くの工場夜景ファンが全国から集まる人気の夜景撮影スポットで、2015年には「日本夜景遺産(施設型夜景遺産)」に認定されています。※通常の営業時間は17:00までで、土日祝のみ21:00まで営業しています。

うみてらす14(四日市港ポートビル)の工場夜景の写真

うみてらす14(四日市港ポートビル)への行き方・アクセス方法

最寄駅は富田浜駅

うみてらす14の最寄駅は、JR関西本線「富田浜駅」。下車後、さらに約10分ほど歩くとアクセス可能です。

無料の駐車場も完備

車でアクセスする場合は、四日市港ポートビルの目の前にある76台分駐車可能の無料駐車場を利用しましょう。

四日市港ポートビルの駐車場の写真

うみてらす14(四日市ポートビル)の口コミ・評価

twitterでうみてらす14を訪れた方の口コミを見てみると、工場夜景の美しさに感動する声が多数上がっていました。

うみてらす14で美しい工場夜景を撮ってきた

ここからは実際に四日市港ポートタワーの「うみてらす14」を訪れた様子を紹介。

1月中旬、雲が少なく空気が澄んでいて綺麗な夜景が眺められそうだったので車で、自宅から四日市港ポートタワーへいってきました。

うみてらす14(四日市港ポートビル)

エレベーターで14階に上がったら、入場券(300円)を購入し、展望室へ。ちなみに受付の周りにはたくさんの芸能人のサインや、展望室が新聞に取り上げられたことを紹介しているコーナーなんかもありました。

うみてらす14(四日市港ポートビル)の受付の写真

360度見渡すことができるようになっているサークル型の展望エリア。

うみてらす14(四日市港ポートビル)

南側展望室の混雑具合について

そしてこちらが、四日市コンビナートを一望できる南側の展望室。

うみてらすは夜間営業しているのが土日祝のみに限られていることもあり、日没から夜にかけて多くのカメラマンがこの南側展望室に訪れます。確実に撮影スペースを確保するなら、暗くなる前に訪れるのがおすすめです。

うみてらす14(四日市港ポートビル)南側展望室で三脚をセットするカメラマンの写真

三脚と暗幕の利用について

うみてらす14は三脚や暗幕の利用が可能です。ただし、南側展望室で三脚を立てることができるのは、展望エリアのさらに半分のスペースに限定されているので、注意が必要。

ちなみに、受付では吸盤付きの暗幕(5枚限定)の無料貸出しをおこなっています。レンタルできるのは2時間まで、全て出払っている場合は順番待ちになります。

うみてらすす14から望む夕景

暗くなる前に展望室に到着したため、撮影スペースも無事確保して、撮影開始。まずは夕焼け時の四日市コンビナート。

うみてらす14(四日市港ポートビル)から撮影した夕景の写真

オレンジ色に染まっていく工場を撮りながら、周りが暗くなるのを待ちます。

うみてらす14(四日市港ポートビル)から撮影した夕景の写真

南側展望室以外は見所が少ないのですが、東側の展望室からは自動車やコンテナなどが輸出入されていく様子も眺めることができます。

うみてらす14(四日市港ポートビル)から撮影した夕景の写真

うみてらすす14から望むマジックアワー

そして、日没をすぎると徐々に工場に灯がともりはじまます。

うみてらす14(四日市港ポートビル)から撮影したマジックアワーの写真

灯がともりはじめる工場の先には、四日市ドームも。

うみてらす14(四日市港ポートビル)から撮影したマジックアワーの写真

そして、日没から20分、美しい空のグラデーションと宝石をちりばめたかのような工場夜景が目の前に広がります!さすが、日本夜景遺産に認定された景色、という感じです。

うみてらす14(四日市港ポートビル)から撮影したマジックアワーの写真

うみてらす14から望む夜景

日が沈みきった後も撮影タイム。工場ならではの金属の光沢や質感がより映える写真を撮ることができます。

うみてらす14(四日市港ポートビル)から撮影した夜景の写真

幻想的で異世界のような景色をじっくり撮影したら、機材を片付けて撤収。夕景から夜景にかけて非常に美しい写真を撮ることができました。

うみてらす14(四日市港ポートビル)から撮影した夜景の写真

夕景から夜景に変わっていく様子はタイムラプス動画にしたので、こちらもぜひチェックしてみてください▼

うみてらす14(四日市港ポートビル)を訪れた感想

うみてらす14から撮る四日市コンビナートはまるでSFのような、非現実的な光景で迫力満点でした!撮影中、周りにいたカメラマンの方と話しましたが、遠方から訪れる方も多いそうで、それだけ魅力的なスポットなんだなーと感じました。

日没前後から非常に混雑するので、余裕を持ったスケジュールでぜひ訪れてみてください!

住所〒510-0011 三重県四日市市霞2-1-1四日市港ポートビル
営業時間土・日・祝は21時まで営業。そのほかは17時迄。(最終入場は30分前)
定休日水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始
利用料300円
フェイスブックうみテラス14公式Facebookアカウント

一眼レフカメラで綺麗な夜景を撮るコツは下記記事をチェック▼

【保存版】夜景を綺麗に撮影するためのカメラの設定・コツまとめ

2018.06.05