【旅行記】夕日が美しい秘境駅・下灘駅に行ってきた! 話題の海に沈む線路の場所も紹介!

【旅行記】夕日が美しい秘境駅・下灘駅に行ってきた! 話題の海に沈む線路の場所も紹介!

愛媛県に観光で訪れた際、夕焼けが美しい秘境駅として有名な愛媛県にある下灘駅にいってきました。美しい夕日を眺めてきた様子やSNSで話題の「海に沈む線路」について紹介します!

下灘駅とは

青春18切符のポスターに採用された下灘駅の写真

下灘駅はJR四国予讃線にある無人駅。「思わず降りてしまうという経験した事がありますか。」というキャッチコピーとともに青春18きっぷのポスターに選ばれたことで一躍全国区の駅となりました。

海が駅のすぐそばにあることや、駅舎から海に沈む太陽を眺めることができる夕日の名所であることが魅力で、休日には多くの観光客が訪れる人気の観光スポットです。

下灘駅への行き方・アクセス

下灘駅に停車する電車の写真

下灘駅へのアクセスは電車、もしくは車・バイクが主な手段になります。松山駅からアクセスする場合、どちらの手段でも所要時間は50分程度です。

電車の場合、下灘駅がある予讃線は1時間に一本程度しか電車がこないので、事前に時刻表を見ておくのをおすすめします。

車やバイクでアクセスする場合は、駅舎の隣に7台分の無料駐車場に停車しましょう。

下灘駅の評価・口コミ

下灘駅の写真

twitterで下灘駅を訪れた方の口コミ・評判を調べてみると、海の近さや夕日の美しさに感動する声が多数上がっていました。

【旅行記】下灘駅から美しい海と空、絶景の夕日を眺めてきた

それでは前置きが長くなりましたが、実際に下灘駅を訪れてきた様子をご紹介!

松山駅から下灘駅へ!

愛媛県に観光で訪れた際、松山駅から電車に下灘駅へいってきました。下灘駅までは片道550円です。無人駅なので往復の切符を買っておくのがおすすめ。

松山駅で購入した下灘駅行きの切符

下灘駅がある四国旅客鉄道予讃線の運行は本数は1時間に1本程度なので、事前に時刻を調べておきましょう。

松山駅に停車する予讃線のワンマン列車

予讃線は海の近くを通る路線で、上伊予灘駅を通過すると車窓には雄大な瀬戸内海が広がります。

予讃線を走る列車の車窓から眺めた瀬戸内海の写真

秘境駅・下灘駅に到着!

そして、松山駅出発から約50分後、下灘駅に到着。

下灘駅の看板の写真

三本足の上屋は下灘駅のトレードマーク。シンプルな形のベンチの先には青い空と海が広がり、とても美しいです。

下灘駅の上屋を正面から撮影した写真

駅を彩るコスモス

プラットフォームのそばには地元の方が整備した花壇。
秋にはコスモス、夏にはひまわりが植えられています。様々な方に愛されている駅だということが伝わってきます。

下灘駅に咲いたコスモスの花の写真

テレビや映画にも登場する下灘駅

駅舎の中に入ってみると、キムタク主演のHEROや、寅さんの男はつらいよシリーズなど過去にドラマのロケ地として使われた記録をまとめた年表や、美しい下灘駅の写真が展示されています。ここで結婚式を上げた方もいるそうです。

下灘駅舎内の展示物を撮影した写真

駅の外に出てみると、小さな平屋建ての下灘駅の駅舎。今こそ無人駅ですが、かつて有人駅だったそう。周辺には何件かの住宅がありますが、食事ができるお店は1kmほど歩いた場所にしかありません

下灘珈琲 (シモナダコーヒー)

そして、駅舎の目の前には2017年にオープンした下灘珈琲 (シモナダコーヒー) 。休日限定で営業をしているカフェで、ドリンクやステッカーを購入することができます。

下灘珈琲 (シモナダコーヒー) の外観

プラットフォームに座りながら、愛媛特産のみかんジュースをおいしくいただきました。

下灘珈琲 (シモナダコーヒー) で購入したオレンジジュースの写真

人気の観光列車「伊予灘ものがたり」が途中停車

下灘コーヒーで購入したドリンクの飲みながらゆっくり海を眺めていると、愛媛の人気観光列車、伊予灘ものがたりがやってきた!

下灘駅に入線してくる観光列車伊予灘ものがたりの写真

伊予灘ものがたりは土日祝日を中心に1日2往復運行しており、下記の時間帯で下灘駅で途中停車します。

大洲編9:18〜9:26
双海編11:58〜12:08
八幡浜編14:15〜14:23
道後編17:17〜17:27

青い空と海に赤い車両のコントラストが映えて、とてもきれいです。

下灘駅に途中停車する観光列車「伊予灘ものがたり」の写真

伊予灘ものがたりに以前乗車した際の記事もチェック▼

【乗車記】伊予灘ものがたり・大洲編で松山から伊予大洲へ!乗車した様子や感想を紹介

2016.10.01

SNSで話題のスポット「海に沈む線路」へ!

伊予灘ものがたりを見送ったあとは、夕日の時刻まで時間があったので、駅舎を離れてSNSで話題の「海に沈む線路」へいくことに。

「海に沈む線路」は、駅舎をでて右方向へ歩くこと約10分、下記地図の青石海岸付近にあります。

初めてネットで存在を知ったとき、とても驚いた「海に沈む線路」。

海に貨物を運ぶために作られた線路のようですが、とてもフォトジェニックな撮影スポットなので時間に余裕があったら訪れてみるといいと思います。

下灘駅から絶景の夕日を眺める

ふらっと散歩をしていると夕日の時刻が近づいてきて、駅へ戻ります。

国道から撮影した下灘駅の写真

夕日で朱く染まる駅舎はなんとも幻想的。

夕日で朱く染まる下灘駅の看板の写真

海に沈む夕日を見ようと多くの観光客が訪れ、静かな無人駅はとても賑やかな雰囲気に。

夕日を見ようとする観光客で混雑する下灘駅の写真

夕日の名所と呼ばれるこのr機では毎年9月に「夕焼けプラットホームコンサート」というイベントも開催されます。

海に沈んでいく太陽を撮影した写真

太陽は海へ沈んで行き、景色はどんどん変化していきます。私が訪れたのは11月で山の方へ沈んでいってしまいましたが、夏には駅の目の前に夕日が沈んでいくので、ベストの観光シーズンは6〜9月頃です。

夕日美しく見える下灘駅の写真

ミラーに反射する太陽もフォトジェニック。

下灘駅のホームにあるミラー太陽が映る様子を撮影した写真

雲ひとつない空に沈んでいく夕日は、一生目に焼き付けておきたいと思うような絶景でした。

夕日と下灘駅の上屋を撮影した写真

マジックアワーの下灘駅

太陽が沈み見えなくなると多くの観光客は夕日が沈むと帰ってしまいますが、楽しみはここから。日没後の15分〜20分には空のグラデーションがとても美しい時間が訪れます。

黄昏時に駅に入線してきた本日最後の伊予灘ものがたり。

日没後に入線してきた伊予灘ものがたりの写真

心ゆくまでマジックアワーの下灘駅の景色を味わうことができて大満足。そして、すっかり周りが暗くなったら、松山行きのワンマン電車に乗って下灘駅を後にしました。

トワイライトタイムの時間帯の下灘駅の写真

下灘駅に行ってきた感想

下灘駅を俯瞰して眺めた写真

下灘駅は小さな無人駅であるにも関わらず、様々な魅力のある素晴らしい場所でした。特に美しい夕日を眺めることができたのには大満足。雲ひとつない晴れの日に訪れることができたのは本当にラッキーでした。

曇りだと感動が半減してしまうので、天気予報をしっかり確認してタイミングを伺って訪れてみてください!