【旅行記】能古島アイランドパークで満開のリビングストンデージーを見てきました

【旅行記】能古島アイランドパークでリビングストンデージーとポピーを撮影してきました

ゴールデンウィークに九州一周の電車旅をした際、福岡県にある絶景スポット「のこのしまアイランドパーク」に行ってきました。

能古島への行き方、実際にいってきた様子など紹介していきたいと思います。

能古島(のこのしま)とは

能古島の写真

引用:『http://palett.jp/

能古島(のこのしま)は、博多湾の中央に浮かぶ周囲約12kmの小さな島。
季節の花や美しい海を眺めることができる人気の観光スポットです。

能古島アイランドパークとは

のこのしまアイランドパークの写真

引用:『https://pbs.twimg.com/

能古島アイランドパークは、能古島北端にある15平方メートルの花と緑が楽しめる自然公園。

春は菜の花・夏はひまわり・秋はコスモス・冬は水仙など四季の花々が咲き誇る花の名所として有名です。

また園内には動物園、アスレチック施設、バーベキュー場、コテージなどもあるためを大人から子供まで幅広い世代の方が楽しむことができるスポットです。

能古島アイランドパークへの行き方・アクセス

能古島アイランドパークへのアクセスする際の流れは下記のようになります。

  1. 「姪浜渡船場」からフェリーで能古島へ渡る
  2. 能古島到着後、西鉄バス「アイランドパーク行き」に乗車

姪浜渡船場-能古島間をフェリーで移動する際の所要時間は13分。フェリーは30分おきに運行されています。

フェリーの乗車賃は下記の通り▼

大人子供
料金230円120円

博多駅からアクセスする場合

「姪浜渡船場」へのアクセスは博多駅からだと約40分。有料の駐車場もあるので、自家用車でアクセスすることもできますし、博多駅から出ているバスに乗車してアクセスすることも可能。

博多駅から姪浜渡船場へのバスで行く場合の運賃は片道470円。
時刻表は下記サイトでチェック可能です▼

にしてつ時刻表

能古島アイランドパークの口コミ・評判

能古島アイランドパークを訪れたかたの口コミ・評判をTwitterで調べて見ると美しい花畑に感動する声が多数上がっていました。

「能古島アイランドパーク」旅行記

それではここからは、実際に能古島アイランドパークを観光してきた様子をご紹介。

博多駅から乗船乗り場へ

九州一周旅行の初日、博多駅からフェリーで能古島へアクセスするため、まず「姪浜渡船場」へ向かいます。姪浜渡船場へは、博多駅Aバス停から直通のバスが出ているのでとても便利。

博多駅Aバス停の写真

バス乗車から約40分後、姪浜渡船場に到着。

姪浜渡船場の外観の写真

さっそく券売機でフェリーの乗船券を購入します。

姪浜渡船場の自販機の写真

姪浜渡船場で購入した乗船券の写真

出航時刻間近になったら船に乗船。
ゴールデンウィークだったこともあり、多くの観光客の方がいて船内は混雑していました。

姪浜渡船場に停船するフェリーの写真

約10分の船旅はあっという間に終了し、博多駅出発から約一時間後、能古島へ到着!

能古島の桟橋の写真

のこのしまアイランドパークへ

能古島へ到着したら、さらにバスに乗って能古島アイランドパークへ。
フェリーに乗船していた観光客の方はほぼ全員能古島アイランドパーク行きのバスに乗るので、こちらもかなりの混雑ぶり。

能古島アイランドパーク行きのバスの写真

約10分後、能古島アイランドパークへ到着!

能古島アイランドパークの外観

さっそくチケットを購入し、園内へ。
※能古島アイランドパークの入場券はローソンチケットで事前に購入しておくと一割引になります。

能古島アイランドパークの入場券の写真

満開のリビングストンデージー

入場してまず向かったのは、「花の丘」。

能古島アイランドパーク・花の丘の写真

ゴールデンウィークの時期はリビングストンデージーが見頃。花の丘へ向かう道の途中からすでに絶景が望めます。

能古島アイランドパーク・リビングストンデージーの写真

ピンク色に敷き詰められた花の絨毯。こんなに綺麗な花畑を見るのははじめてで感動。

能古島アイランドパーク・リビングストンデージーの写真

花の丘の展望台からはピンクの絨毯と海を同時に眺める園内一の絶景ポイント。ここからの眺めは本当に素晴らしかった。

能古島アイランドパーク・リビングストンデージーの写真

ポピーの花畑

満開のリビングストンデージーの眺めを堪能した後は、園内をさらに散策し、ポピーの花畑へ。

能古島アイランドパーク・ポピーの写真

こちらは見頃時期を過ぎていましたが、海を背景に写真をとるとすごく綺麗でした。

能古島アイランドパーク・ポピーの写真

昼食は能古うどん

一通り能古島アイランドパーク内の観光を終えたら「耕ちゃんうどん」で昼食。

耕ちゃんうどんの外観の写真

能古島名物「能古うどん」を注文。モチモチとした歯ごたえがあり、とても美味しいうどんでした。

耕ちゃんうどんで注文した能古うどんの写真

綺麗に並ぶ美しい花たち

昼食後は再び園内散策。能古島アイランドパーク内には他にも様々な花が綺麗に咲いています。

能古島アイランドパーク内の花たちの写真

能古島アイランドパーク内の花たちの写真

能古島アイランドパーク内の花たちの写真

存分に写真撮影を楽しんで、所要時間3時間ほどで、能古島アイランドパークをあとにしました。

能古島アイランドパーク内の花たちの写真

能古島を訪れた感想

四季折々の花を楽しむことができる能古島アイランドパーク。丁寧に整備された花畑はどれも本当に美しくて感動しました。

今回は春の花を楽しむことができましたので、また違うシーズンにきてみたいと思います。