札幌の「北海道庁旧本庁舎」に行ってきた!フォトジェニックな美しい建物は一見の価値あり!

札幌の「北海道庁旧本庁舎」に行ってきた!フォトジェニックな美しい建物は一見の価値あり!

北海道一周旅行で札幌に行った際、札幌のシンボルとして親しまれている「北海道庁旧本庁舎」を訪ねました。

美しいレトロモダンな建物で写真をたくさん撮影してきたので、「北海道庁旧本庁舎」を見学してきた様子を紹介したいと思います。

北海道庁旧本庁舎とは

冬の北海道庁旧本庁舎の写真

北海道庁旧本庁舎は、1888年(明治21年)に平井晴二郎氏によって設計されたアメリカ風ネオ・バロック様式の洋館です。現在使われている庁舎ができるまで約80年に渡って道政を担ってきました。

昭和44年には国の重要文化財に指定されており、「赤れんが庁舎」の名称で親しまれています。

館内は一般に無料公開されており、北海道の歴史を知ることができる資料が多数展示されている札幌の定番観光スポットです。

北海道庁旧本庁舎の口コミ・評判

北海道庁旧本庁舎を観光で訪れた方の口コミを見てみると赤レンガ造りの美しい建物に感動する声が多数上がっていました。

北海道庁旧本庁舎へのアクセス

北海道庁旧本庁舎の最寄り駅は札幌駅
西通り南口を出て徒歩10分程度でアクセスすることができます。

北海道庁旧本庁舎にいってきた!

ここからは実際に北海道庁旧本庁舎へ行ってきた様子をご紹介!

札幌駅から北海道庁旧本庁舎へ

北海道旅行で札幌駅を訪れた日の午後。西通り南口を出て、北海道庁旧本庁舎へ向かいます。

北海道庁旧本庁舎の最寄り駅・札幌駅の写真

歩いて10分ほどすると、レトロな雰囲気の建物が目の前に!門をくぐって建物の前まで行ってみると・・・。

北海道庁旧本庁舎の外観の写真

フォトジェニックな赤レンガ庁舎の外観

左右対称の堂々とした外観が印象的な北海道庁旧本庁舎に到着!赤レンガ作りの美しい洋館。この建物にはなんと250万個のレンガが使用されているそうです。

北海道庁旧本庁舎の外観の写真

北海道庁旧本庁舎と前庭の写真

北海道庁旧本庁舎と前庭の写真

多くの観光客の方が前庭で記念撮影をしていて、とても賑わっていました。
5月上旬から5月下旬頃までカスミザクラや八重桜を鑑賞することができます。

北海道庁旧本庁舎の北海道庁旧本庁舎と前庭の写真

建物の中央にはネオ・バロック様式の建物のシンボルである八角塔屋。塔頂部までの高さは33メートルで、現在の10階建てビルに相当します。

北海道庁旧本庁舎の八角塔屋と赤い星をアップで撮影した写真

そして、八角塔屋の下には赤い星が装飾されています。

この赤い星は、開拓使が旗や建物に描いた「五稜星」がルーツとなっていて、札幌市時計台や清華亭、サッポロビールの缶やビールにも使われています。

北海道庁旧本庁舎の八角塔屋と赤い星をアップで撮影した写真

レトロモダンな外観は正面からだけでなく横から見ても美しいです。

北海道庁旧本庁舎を横から撮影した写真

また、庁舎の近くには美しい睡蓮が咲く池も。

北海道庁旧本庁舎の近くに咲く睡蓮の花を撮影した写真

北海道庁旧本庁舎の近くに咲く睡蓮の花を撮影した写真

北海道庁旧本庁舎の館内へ

心ゆくまで建物の外観を見学したらいよいよ館内へ。

北海道庁旧本庁舎のエントランスの写真

館内に入るとまずに入ってくるのは赤色の階段と三連アーチが特徴的な正面ホール。鉄柱上部やアーチ中央の飾りが美しい。

北海道庁旧本庁舎の正面ホールの写真

色んな角度から楽しんでみる。んー、上品な内装だ。

北海道庁旧本庁舎の階段の写真

北海道庁旧本庁舎の廊下の写真

正面ホールの階段をあがり二階へ。

北海道庁旧本庁舎の廊下の写真

すらっと伸びる2階廊下。

北海道庁旧本庁舎の窓の写真

窓のデザインも絵になります。

北海道庁旧本庁舎の窓の写真

2階の中央には記念室と書かれた部屋が。

北海道庁旧本庁舎の会議室の写真

記念室の中には歴代の長官や知事が実際に使用していた執務室が当時のまま保存されています。

北海道庁旧本庁舎の記念室の写真

じっくり建物の美しさを堪能した後は、北海道の開拓の歴史や樺太、北方領土にまつわる様々な資料を見学。こういう歴史的な建物は年を重ねるごとに関心が増すばかりです。ボランティアガイドの方が常駐しているので、館内の案内をお願いするのもおすすめ。

北海道庁旧本庁舎の

通常であれば見学の所要時間は1時間ほどあれば十分だと思いますが、気がつけば2時間近く滞在し、北海道庁旧本庁舎をあとにしました。笑

北海道庁旧本庁舎の

北海道庁旧本庁舎のライトアップについて

こちらは、札幌観光を終え、ホテルへ戻る途中に撮影したライトアップ時の北海道庁旧本庁舎の写真。昼間とはまた違う顔を見せてくれます。

ライトアップは日没後から21時まで行われているのでこちらも是非チェックしてみて下さい!

夜間ライトアップされた北海道庁旧本庁舎の写真

北海道庁旧本庁舎を見学した感想

北海道旅行で札幌を訪れた際に北海道庁旧本庁舎を見学した様子を紹介してきました。

北海道庁旧本庁舎の建物は本当に美しい洋館で、レトロな建物が好きな方は楽しく見学できると思います。札幌駅からのアクセスも抜群なので、札幌を訪れた際はぜひ観光にいってみてください!

【北海道庁旧本庁舎】

住所〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
電話番号011-204-5019(ダイヤルイン/平日8時45分~17時30分)
011-204-5000(北海道庁本庁舎中央司令室/土曜・日曜・祝日)
入場料金無料
営業時間8時45分~18時00分
駐車場無し
ウェブサイトhttp://bit.ly/akarenga