キャビンゼロ44L レビュー!コスパ抜群の旅行リュック

キャビンゼロ44L購入レビュー!コスパ抜群の旅行リュック

こんにちは!旅行大好きのtakahiro(@SmartpartyJP)です。

先日、会社の社員旅行で海外へ行く機会があったので、旅行カバンを新調することにしました。

普段からあまりものを多く持ち運ぶタイプではないし、機内持ち込みのサイズ規定に収まるリュックないかなーと探していたところ出会ったのが「キャビンゼロ」というアイテム。

下記のような特徴を持っており、身軽に旅を楽しみたい人におすすめできるリュックだったので紹介したいと思います!

  • 機内持ち込み可能なギリギリのサイズで設計されている
  • 落し物発見連絡システム「OKOBAN」タグがついてくる
  • 豊富なカラーバリエーション
  • パネルローティング型のメイン気室

cabin zero(キャビンゼロ)とは

Cabin ZEROのwebサイトのキャプチャー画像

引用:「Cabin zero公式サイト」より

CABIN ZEROは、イギリス発の人気バックパックブランド。

会社名と同じ名前のリュックサック「CABIN-ZERO」は、シンプルなデザインながら旅行の為の細かな配慮が行き届いた機能が詰め込まれておりヨーロッパを中心に人気を集めています。

キャビンゼロの特徴

キャビンゼロのリュックサックの特徴について簡単にご紹介。

機内持ち込み可能なギリギリのサイズで設計

国内線の持ち込み可能な荷物のサイズを表したイラスト

引用:「AIR DO」より

飛行機に乗る際、機内に荷物を持ち込めると破損や紛失の防止、そして到着ロビーをすぐに出ることができるなどのメリットがあります。

Cabin ZEROのリュックは、各航空会社の持ち込み可能な荷物のサイズをギリギリ満たすよう計算して作られているので、安心してリュックの機内持ち込みが可能です。

落し物発見連絡システム「OKOBAN」のタグ

OKOBANタグの写真

引用:「https://gunosy.com/」より

空港では、預けた荷物の紛失「ロストバゲージ」が起こることがあります。そんなトラブルを防ぐためにキャビンゼロにはIDタグがついています。

IDタグに書かれた番号を落し物発見連絡システム「OKOBAN」に予め登録しておくと、IDから所有者を割り出すことができ、紛失しても手元に戻ってくる確率を高めてくれます。

参考記事▼

飛行機に預けた荷物の紛失「ロストバゲージ」の確率。盗難にもご用心。

キャビンゼロのサイズは3種類

CABIN ZEROのリュックは、サイズ別に3種類。

生産するリュックの型を絞ることで、すべて高機能ながら1万円以下とお手頃な価格を実現しています。どのタイプもカラーバリエーションが豊富で、選ぶのも楽しいです。

キャビンゼロ 44L キャビンゼロ 36L キャビンゼロ 28L
イメージ
価格¥9,500~¥8,500~¥7,500~
大きさ
(縦×横×マチ)
55cm × 40cm × 20cm45cm × 29cm × 19cm39cm × 29cm × 17cm
重量760g700g630g
特徴

機内持ち込み可能なギリギリのサイズで設計された元祖キャビンゼロ。

単色のカラーバリエーションも豊富ですが、迷彩柄ミリタリー仕様のタイプもあります。

元々、44Lと28Lの2タイプ展開でしたが、2016年の秋頃に発売された新しいタイプ。

28Lだと物足りないけど44Lは大きすぎる!という方におすすめ

小旅行や普段使い用のリュック

カラーバリエーションや、「OKOBAN」のタグの有無は44Lと同様。

キャビンゼロの取扱店舗

キャビンゼロは札幌、千葉、東京、京都、大阪、名古屋、神戸、横浜、福岡などのロフトや東急ハンズを中心に取り扱いがあります。

実際に見てから購入したいという方は、下記リンクから最寄りの店舗をチェックしてみてください。

キャビンゼロ 44L レビュー

それでは、実際に購入したキャビンゼロのリュックを紹介したいと思います。今回購入したのは44Lタイプでカラーはブラック

キャビンゼロの外観を撮影した写真

普段使いしているグレゴリーのパトス28と比べてみると、CabinZEROは横幅とマチがとても広いです。

普段使いのリュックと大きさを比較した写真

背面はこんな感じ。ショルダー部分とバック面には程よいクッションが入っていて、フィット感もばっちり。

キャビンゼロの背面を撮影した写真

上記でも紹介したOKOBANに対応している個体識別IDが書かれたタグ。シールを剥がすとIDを確認することができます。

普段はIDが見えないようにするために、番号は裏側をめくらないと見えません。

キャビンゼロのタグを撮影した写真

購入した時についていたタグ。10年保証との記載があります。

キャビンゼロの紛失防止タグを撮影した写真

メイン収納部のダブルジッパーにはYKKのファスナーが使われており、南京錠を通すことができる穴があります。

ここに鍵を通しておけばリュックを開かれる心配もありません。セキュリティー面の配慮もばっちりです。

キャビンゼロの南京錠がつけられるジップを撮影した写真

持ち手はトップとサイドの二箇所にあります。こちらはトップの持ち手でリュックを持ち上げた様子。

キャビンゼロの持ち手を撮影した写真

サイドの持ち手で持つとこんな感じ。

キャビンゼロの持ち手を撮影した写真

サイドの持ち手側にはサブの収容スペースがあります。旅行中に頻繁に取り出すものを簡単に取り出せそうです。

キャビンゼロのサイドポケットを撮影した写真

メイン気室は、大容量のリュックには珍しいパネルローティング型。2/3くらいまで大きくジップが開くので、とても荷物の出し入れが楽です。

キャビンゼロをオープンした写真

ノートPCの収納などに使えそうな広々としたオープンポケット。横幅が広いので、13インチのMackbookは横向でスポッと収まります。

キャビンゼロにポケットにノートパソコンを入れている写真

内側にはメッシュのポケットとファスナーのポケット。

メッシュのポケットには頻繁に取り出すガジェット類を、下のポケットにはめったに取り出さない小物を入れるなど、使用頻度で収納するアイテムを決めると使いやすそう。

キャビンゼロのバックポケットを撮影した写真

OKOBANも登録してみた

OKOBANの登録も実際に試してみました。手順は下記の2ステップです。

  1. 個人情報を登録し、アカウントを作成
  2. リュックに付いている個体識別IDとリュックの情報を入力

個人情報の登録は割愛し②のステップだけ簡単に紹介。まずは、下記画面でリュックのIDを入力します。

OOKBANの登録手順その1

IDを入力すれば、自動的に製品情報が入ってきます。追記で登録が必要なのはリュックの写真をアップロードするのと、カラーを選ぶだけだけ。

OOKBANの登録手順その2

追加ボタンを押せば、下記のように持ち物情報として表示されます。これで登録完了!所要時間1分程度なので、購入したらぱぱっと済ませておきましょう。

OOKBANの登録手順その3

下記リンクからOKOBANの登録画面へアクセスできます▼

OKOBANの登録をする

キャビンゼロの使用例・コーディネート

最後に実際に背負っているときのイメージが湧きやすいように、インスタグラムに載っていた使用例を紹介。

もっと使用例・コーディネートが見たい方は下記リンクをチェック▼

キャビンゼロ44Lレビュー まとめ

キャビンゼロは旅行者のニーズを捉え、機能的でありがながらお手頃な価格で、とてもコストパフォーマンスが高いリュックだと思いました。

旅行に行く機会って年に数回程度という方が多いと思うので、お手軽に購入できるリュックとしてかなり使えると思います。

僕もこれから旅の相棒としてどんどん使っていきたいと思います!