Amazonチャージで1,000円キャンペーン

ユウボク東京・デイズポーチ レビュー!縦置きできて使いやすいガジェットポーチ

ユウボク東京・デイズポーチ レビュー!自立して使いやすいガジェットポーチ

僕はよくカフェや図書館などでブログの執筆やプログラミングの勉強をしています。

こういった場所は集中して作業するのには最適なのですが、机が狭かったり、隣の人との距離が近かったりして、あまり物を置けないという窮屈な状況になることもしばしば。

タカヒロ

外出先でものびのびとPC作業ができたらいいのになー、ガジェットポーチも常に机の上に置いておきたい。

こんなことを思いながら、作業していました。

そんな中、僕の不満を解消してくれる便利なガジェットポーチを発見しました!

それが今回紹介する「ユウボク東京のデイズポーチ」というアイテム。

このアイテム、縦置きすることができて、狭い机に置いておいても全く邪魔にならないんです。

さらにデザインも好みで、収納ポケット回りも工夫されて、総合的に満足度の高いガジェットケースだったので、ぜひチェックしていってください!

ユウボク東京デイズポーチの特徴
  • 縦置きで自立するから狭い作業スペースでも快適に使える
  • バイカラーの美しいデザイン(カラーバリエーションは6つ)
  • 豊富な収納スペースがあってガジェットの定位置を決めやすい
  • 大小合わせて9つのポケットを搭載

ユウボク東京・デイズポーチの外観

今回購入したデイズポーチ。

日本初のブランド、ユウボク東京から発売されているガジェットポーチです。

ユウボク東京・デイズポーチの外観

クラウドファンディングサイト「MAKUAKE」で、目標金額の2974%を達成し、製品化されています。

クラウドファンディングサイト「MAKUAKE」のスクリーンショット

カラーバリエーションは6つ。豊富な種類の中から、今回はネイビー × グレーを選びました。

ユウボク東京・デイズポーチの外観

デイズポーチのカラーバリエーション
  • ネイビー・グレー
  • ブルー・ターコイズ
  • ブラック・ブラウン
  • アッシュブルー・ワインレッド
  • モードブラック
  • グレー・モスグリーン

タカヒロ

かっこいいデザインで魅力的なカラーバリエーションが揃っており、どの色を選ぶのかとても悩みました。笑

底面がフラットになっているため、しっかり自立してくれています。安定感も抜群です。

デイズポーチの持ち手を撮影した写真

ポーチの開口部分のファスナーには持ち手がついており、開けやすさもばっちり。

デイズポーチの持ち手を撮影した写真

大きさ・サイズ感

デイズポーチの大きさは縦17cm × 横19cm × 厚さ8.5cm 。

ユウボク東京・デイズポーチの大きさをiPhoneと比較している写真

縦横の大きさはちょっと小ぶりで、その分マチが広めに作られている印象です。

ユウボク東京・デイズポーチの大きさをiPhoneと比較している写真

デイズポーチにガジェットたちを収納してみる

デイズポーチには大小合わせて9つの収納スペースがあります。

外観をチェックしたらいつも使っているガジェットたちを収納しながらデイズポーチの収納能力をチェックしていきましょう。

デイズポーチに収納するガジェットを撮影した写真

メイン収納スペース

まずは、がま口財布のような開口部をがばっと開くとアクセスすることができるメイン収納スペースから。

ユウボク東京・デイズポーチのメイン収納スペース

写真のようにアイテムを立てながら収納していきます。

マチが広いので厚みのある充電器やモバイルバッテリーなどを重ねてしまっても問題なしです。

ユウボク東京・デイズポーチのメイン収納スペース

両サイド2つずつ搭載されている縦型ポケットには、ケーブルなどを収納するのがおすすめ。

ユウボク東京・デイズポーチのメイン収納スペース

サイドの縦型ポケットの上にはファスナー付きの収納ポケットも。ここにはディスプレイの汚れが気になった時に使うクリーナーを入れてみました。

ユウボク東京・デイズポーチのメイン収納スペース

メイン収納のポケットは縦置きできると、必要なアイテムを作業中にさっと取り出すことができるようになってとても便利。

ユウボク東京・デイズポーチとMacbook

フロント収納ポケット

ガジェットポーチの表と裏面にも収納スペース。頻繁に取り出すアイテムを一時的にしまったりするのにおすすめです。

ユウボク東京・デイズポーチのフロント収納スペース

僕はカフェなどで作業する際はスマホをこのスペースに入れておくのが定番になっています。

ユウボク東京・デイズポーチのフロント収納スペース

ユウボク東京 デイズポーチ・リモードも登場!

デイズポーチの姉妹アイテム、デイズポーチリモードが製品ラインナップに追加されました。

ユウボク東京 デイズポーチリモード

デイズポーチよりも一回りコンパクトなアイテムで、持ち運ぶガジェットが少なめの方におすすめです。

ユウボク東京 デイズポーチリモード

専用の肩掛けもあるので、旅行の際のショルダーポーチなどにも活用することもできます。

ユウボク東京 デイズポーチリモード

2つのアイテムの違いをまとめると下記の通り▼

デイズポーチデイズポーチ・リモード(ミニ版)
イメージ
サイズ縦17cm × 横19cm × 厚さ8.5cm(約170g)縦16㎝ × 横15㎝ × 厚さ6㎝(約約95g)
重さ大小合わせて9つ大小合わせて5つ
カラーバリエーションネイビー・グレー
ブルー・ターコイズ
ブラック・ブラウン
アッシュブルー・ワインレッド
モードブラック
グレー・モスグリーン
ネイビー・グレー
ブラック
モスグリーン・グレー
モカ・マスタード
ダスティピンク・クリーム

タカヒロ

スマホ用の充電器とケーブル、モバイルバッテリーなどを持ち運ぶくらいならデイズポーチリモードの大きさがおすすめです!

ユウボク東京 デイズポーチ レビューまとめ

ユウボク東京 デイズポーチ

ユウボク東京のデイズポーチは、クラウドファンディングで大成功を納めて製品化されたアイテムということだけあり、使い勝手をしっかり考え抜いて設計された商品だなーと思いました。

狭い作業スペースでも常にノートPCの隣においておけるのはとても便利ですし、アイテムの一覧性や取り出しやすさも優秀です。

さらにバイカラーのデザインもかっこよく、とても愛着を持って使えるガジェットポーチですので、気になった方は是非購入を検討してみてください!

【2019年】ガジェットポーチおすすめ5選!買ってよかったアイテムを厳選して紹介【2020年】ガジェットケースおすすめ9選!買ってよかったアイテムを厳選して紹介 USB-Cで統一されたミニマムなガジェットケースの中身を紹介Apple信者に捧ぐ、USB-Cで統一されたミニマムなガジェットケースの中身を紹介 【2019年】ガジェットブロガーのカバンの中身・愛用のモノまとめ【2020年】ガジェットブロガーのカバンの中身・愛用のモノまとめ

コメントを残す