Xiaomi(シャオミ)低価格スマートフォン「Redmi 4A」を触ってみたのでレビュー【PR】

Xiaomi(シャオミ)低価格スマートフォン Redmi 4Aを触ってみたのでレビュー【PR】

海外通販サイトのGEABEST様から中国で人気のXiaomi(シャオミ)製スマホを頂きました。

初めて中華スマホを触りましたが、とても使いやすく、「このクオリティのスマホを1万円以下で買えるの!?」と驚いたので紹介したいと思います。

シャオミのスマホにちょっと興味があるという方の参考になれば幸いです。

Xiaomi(シャオミ)とは

シャオミの企業ロゴ

引用:『https://kigyotv.jp/

Xiaomi(シャオミ)は、中国北京に本社を置くスマートフォンメーカー。キングソフトの会長兼CEOであった雷軍(Lei Jun)氏によって2010年に創業されました。

シャオミの製品は日本未進出ですが、中国国内ではコストパフォーマンスの高さから非常に高い人気を得ており、創業から4年でスマートフォンメーカーとして世界3位の売り上げを記録しています。

また近年では、大型テレビや体重計、空気清浄機なども生産しており、総合家電メーカーとして成長しています。

参考記事▼

わずか1年で企業価値を4倍にした中国発スマホメーカー「Xiaomi(シャオミ)」とは

Xiaomi(シャオミ)のスマートフォン「Redmi 4A」とは

シャオミのRedmi 4A

引用:『http://www.gearbest.com/

「Redmi 4」は、シャオミのスマホラインナップの中でもコスパに優れた「ミドルクラス」のモデルにあたります。
そして、今回紹介する「Redmi 4A」は「Redmi 4」の廉価版という位置付けのモデルです。

「Redmi 4」と「Redmi 4A」のスペックは下記の通りです。

Redmi 4ARedmi 4標準版
OSAndroid 6.0Android 6.0
MIUI 8MIUI 8
ディスプレイ5.0インチ5.0インチ
CPUSnapdragon 425Snapdragon 430
1.4GHz 4コア1.4GHz x 4 + 1.1GHz x 4 8コア
RAM2GB2GB
ストレージ16GB16GB
背面カメラ1300万画素1300万画素
前面カメラ500万画素500万画素
バッテリー3120mAh4100mAh
サイズ
(高さ × 幅 × 厚さ)
139.5mm × 70.4mm × 8.5mm141.3mm × 69.6mm × 8.9mm
重さ131g156g
定価約11,000円約7,700円

Xiaomi(シャオミ)のスマートフォン「Redmi 4A」レビュー

それでは、海外通販サイトのGEABEST様から頂いた「Redmi 4A」を実際に紹介していきます。
こちらは白を基調としたとてもシンプルな化粧箱。

Xiaomi(シャオミ)スマホ「Redmi 4A」の化粧箱

さっそくパッケージを開けて、中身をチェック。同封されている付属品は下記の通りです。

Xiaomi(シャオミ)スマホ「Redmi 4A」の付属品一覧の写真

  • USBケーブル
  • USB充電機(5V1A)
  • SIMトレイの取り出しピン
  • 説明書(説明書は中国語で書かれています。)

アルミでできた高級感のあるボディ。格安価格で買えるスマホには見えません。

Xiaomi(シャオミ)スマホ「Redmi 4A」を正面から撮影した写真

背面はこんな感じ。上品なゴールドカラーです。

Xiaomi(シャオミ)スマホ「Redmi 4A」を背面から撮影した写真

右側には、電源ボタン・スリープボタンと、少し大き目の音量調節ボタン。

Xiaomi(シャオミ)スマホ「Redmi 4A」を横から撮影した写真

左側には、SIMカードとmicroSDを挿入するスロットが設けられています。
Redmi 4AはデュアルSIM仕様なので4G+2GのSIM2枚、もしくはSIMカードとmicroSDカードを一枚ずつ置けるような形になります。

Xiaomi(シャオミ)スマホ「Redmi 4A」のSIMカードのトレイを撮影した写真

底面には、microUSBポートとスピーカー。

Xiaomi(シャオミ)スマホ「Redmi 4A」を底から撮影した写真

実際に手に持ってみると薄くて握りやすい。そして138gの軽さに驚きます。

初期設定を済ませ、端末を触ってみると画面もとても綺麗で、動作感もとてもなめらか。心地よい使用感です。

そして、バッテリーは3120mAhと大容量なのでかなり長持ちします。

Xiaomi(シャオミ)スマホ「Redmi 4A」の液晶画面を撮影した写真

デメリットに感じた点

使用感については好印象を持ちましたが、いくつか気になった点も。

ドコモ・au・ソフトバンクのLTEプラチナバンドには非対応

Redmi 4Aは、中国国内で使われている周波数に最適化されおり、日本の通信キャリアのプラチナバンドに対応していません

国内で対応しているのはau 3G(CDMA2000)のみになります。auやマイネオなどのau系格安SIMであれば通話・ネット接続が可能です。

日本語の設定が必要

シャオミスマホは初期設定の言語選択で日本語を選ぶことができません。少し面倒くさいのですが、別途日本語対応させる必要があります。

Xiaomiスマホの日本語化は下記サイトが参考になりました▼

Xiaomiスマホを日本語化させる最も簡単な手順を5ステップで図説

Xiaomi(シャオミ)のRedmi 4Aを触ってみた感想

Xiaomi(シャオミ)のスマホートフォン「Redmi 4A」は1万円以下で購入できるとは思えないとても完成度の高いスマートフォンだと思いました。

日本語化設定などしなければいけない点や日本の通信キャリアの周波数には未対応な部分が多いのが難点ですが、シャオミスマホを触ってみたい方、サブのスマホを安く入手したい方は試してみる価値アリだと思います。

GEARBESTでのRedmi4Aの購入はこちらから▼

http://www.gearbest.com/cell-phones/pp_613144.html