毎朝体重を記録するのが面倒だからスマート体重計を導入した話。Xiaomi smart scale2(Mi 体組成計2)レビュー

毎朝体重を記録するのが面倒だからスマート体重計を導入した話。Xiaomi smart scale2(Mi 体組成計2)レビュー

20代後半になった頃から食べ過ぎたりすると簡単に体重が増えるようになってきました。

年々その感覚は強くなっていて、体型を維持するために毎朝体重計に乗り、記録をつけるということを習慣にしています。

ちゃんと現実を見るようにすると、不摂生に歯止めが効くようになるんですよね。

ただ、最近こんなことを思い始めていたんです。

タカヒロ

毎日体重の記録を取るの面倒くさいなぁー。Apple Watchの活動計のように自動で記録を取りたい!

そこで今回導入したのが、Xiaomiから発売されているSmart Scale 2というスマート体重計。

このアイテム体重以外にもさまざまなデータを自動で記録してくれるのに加え、なんと3000円台で購入できるという驚異的なコスパを誇るアイテムでした。

購入から1週間、すっかり気に入ってしまい、毎朝体重計に乗るのが楽しみになっています。

ということで本記事では、そんな僕の生活に欠かせない存在となっているSmart Scale 2の良い点、イマイチな点をじっくり語りたいと思います。

購入を検討している方はぜひチェックしてみてください!

Xiaomi smart scale 2(Mi 体組成計2)の外観

スマート体重計のsmart scale2。

圧倒的なコストパフォーマンスを誇るスマホや家電を数多く手掛けるシャオミから2021年に発売された体重計です。

Xiaomi smart scale 2(Mi 体組成計2)の化粧箱

パッケージの中身はとてもシンプルで下記の2点のみとなっています。

  • 体重計本体
  • 取扱説明書

そしてこちらがスマート体重計の本体。白を基調としたシンプルなデザインの製品です。

Xiaomi smart scale 2(Mi 体組成計2)製品本体

裏面はこんな感じ。中央に乾電池ボックス、四隅に滑り止めという構成になっています。ごくごくシンプルな構成の体重計といった印象ですね。

Xiaomi smart scale 2(Mi 体組成計2)裏側

Xiaomi smart scale2(Mi 体組成計2)の初期設定方法

外観を簡単に確認したら早速、自動で体重を記録できるように初期設定を行っていきます。

設定の手順は下記の3ステップでかんたんに行うことができました。

STEP.1
専用アプリ「Mi Fit」をダウンロード
Mi Fit

Mi Fit

Huami Inc.無料posted withアプリーチ

STEP.2
Mi Fitの会員登録
シャオミ Mi Scale 2の初期設定方法
シャオミ Mi Scale 2の初期設定方法
シャオミ Mi Scale 2の初期設定方法
STEP.3
Mi Fitのアプリ内にMi Scale 2を追加
シャオミ Mi Scale 2の初期設定方法
シャオミ Mi Scale 2の初期設定方法
シャオミ Mi Scale 2の初期設定方法

Xiaomi smart scale 2(Mi 体組成計2)のメリット

Xiaomi smart scale 2(Mi 体組成計2)に乗っている様子

ここからはXiaomi smart scale2を実際に使用してみて感じた、この製品の良い点、イマイチな点を紹介していきます。

豊富なデータが自動で記録できる

まずは記事冒頭でも述べたとおり、体重計に乗ると自動でアプリ内に記録されていくのが便利。

体重以外にも下記のようなスコアを一緒にチェックしてくれるので、かなり詳細に体の変化を確認することができます。

計測できる体組成データ
  • 体重
  • BMI
  • 体脂肪率
  • 筋肉量
  • 水分率
  • タンパク質率
  • 内臓脂肪レベル
  • 基礎代謝
  • 骨量
  • 体年齢
  • 理想体重
  • 体型
  • 健康スコア

こちらはメインの体重の推移を確認できる画面。

シンプルでわかりやすいデータだし、前回からの差分や同じ身長・年齢の人と比べて軽いかといったデータが出るのも面白い。

smart scale2のアプリUI
smart scale2のアプリUI

こちらは体重以外のデータがまとめられている「ボディスコア」の画面。

各指標ごとに細かく解説が載っているから、体の状況を把握しやすいなと思いました。

精度がどれくらい高いのかは他の製品と比較していないのでなんともいえませんが、参考にはできそうです。

smart scale2のアプリUI
smart scale2のアプリUI

何かを習慣化したいなら記録をとることがとにかく大事。

「記録しなければならないから、やる気が出る」という強制力が働くと、嫌でも習慣化できるようになります。

下記の記事で紹介しているのですが、Apple Watchの活動計のリングを埋めることは今や僕の生活の一部です。

社会人生活を全力で駆け抜けたいなら、Apple watchで健康管理を始めるべき理由社会人生活を全力で駆け抜けたいなら、Apple watchで健康管理を始めるべき理由

Xiaomi smart scale 2も同じように体重計に乗るということを習慣化するのに強力なサポートをしてくれていると改めて実感しています。

参考 人は、記録をつけると、行動が変わる。継続できる。人生が変わる。Books&Apps

家族で利用する際にも各々でデータ管理できる

Xiaomi smart scale2はMi fitアプリをインストール済しているスマホを検知してペアリングする仕組みをとっています。

なので、家族で一台の体重計を共有したい場合も問題なく使い回すことが可能です。(一台で管理できるのは最大16名まで)

また、Mi fitがない場合でも普通に体重計として使用することもできるので、各家庭に合わせて柔軟な使い方をすることができます。

Xiaomi smart scale 2(Mi 体組成計2)のデメリット

Xiaomi smart scale 2(Mi 体組成計2)のアプリを起動する様子

次にXiaomi smart scale 2を使って見ていまいちと感じた点を2つ紹介していきます。

スマホが手元にないとデータが同期されない

メリットの中でも触れたとおり、Xiaomi smart scale 2は専用アプリインストール済みのスマホを検知して都度ペアリングする仕組みをとっています。

なので、スマホが体重計付近にある状態でしかデータを取得することができません。加えて、アプリを立ち上げた状態にしておかないとデータの転送が始まらない

最初は体重計に乗ればいつでもデータが記録されていくことをイメージしていたのでちょっとがっかりしたポイントでした。

複数のユーザーが使えることを想定しているのでしょうがないのですが、ここがさらにスマートだとより自動で記録できる感が高まるなと思いました。

単4電池を交換する必要がある

最近購入するガジェットの多くはUSB充電できるものばかりなのですが、Xiaomi smart scale2は単4電池4本で稼働します。

最大12ヶ月間使用可能なので交換の頻度は少く、日常生活でストレスに感じることはほとんどないと思うのですが、物理的にバッテリーを変えなければいけないのはやっぱり面倒。

単三電池であれば、Amazonベーシック充電式ニッケル水素電池を持っているので、繰り返し使えるのですがこれもできないとなると惜しいですね。

おすすめのスマート家電について

スマート家電を取り入れた部屋

デジクルでは今回紹介したスマート体重計以外にも様々なスマート家電を紹介しています。

下記の記事を読むときっと他にも気になる製品が出てくると思いますので、ぜひチェックしてみてください!

スマートホーム化のために買ったおすすめのIOTデバイスを厳選紹介スマートホーム化のために買ったおすすめIoT家電11選

「記録」の自動化が、習慣を作り上げる

Xiaomi smart scale 2を購入してみて、よかったと感じた点やいまいちだと思った点をまとめてきました。

本製品を導入してから体重計に乗って記録を取るのが楽しみになりましたし、体重の推移を簡単に可視化できるようになって大満足です。

導入理由でもあった毎日体重計に乗って記録を取る面倒臭さをしっかり解消することができました。

このアイテムをフル活用して、適正体重をキープできる生活を送っていきたいなと思います。

コメントを残す