おすすめのガジェット

【SwitchBot Hub Miniレビュー】コスパに優れたおすすめスマートリモコン!NatureRemoとの比較も

【SwitchBot Hub Miniレビュー】コスパに優れたおすすめスマートリモコン!NatureRemoとの比較も

家電を操作するためのリモコンって何かと煩わしさを感じる時がありますよね、例えばこんなシーン。

  • テレビを消したいのに近くにリモコンが見つからず、捜索に時間を費やすことに・・。
  • ベッドに横になり、リモコンで照明を消そうとしたら、手元になくて再び立ち上がることに・・。
  • 家電を操作するリモコンが何台もあり、置き場所に困る

こんな煩わしさを感じた経験がある方には自宅の家電をスマホで操作することができるようになるスマートリモコンが便利です。

今回、数あるスマートリモコンの中でも特に人気の高いSwitchBot Hub Miniというアイテムを提供いただく機会ができたので、紹介して見ようと思います。

MEMO

本記事はメーカーに製品提供いただいたき、作成しています。

スマートホーム化のために買ったおすすめのIOTデバイスを厳選紹介スマートホーム化のために買ったおすすめのIoTデバイスを厳選紹介

SwitchBot Hub Miniの外観

今回提供いただいた、SwitchBot Hub Mini。さまざまなIOTデバイスを手がけるSwitchBot社から発売されているスマートリモコンです。

Switchbot hub miniの化粧箱

パッケージを開封すると、手のひらサイズの小ぶりなスマートリモコン本体が登場。

Switchbot hub mini本体

背面には壁掛け用の穴もあり、壁にかけることもできるようになっています。

Switchbot hub mini本体

ちなみに付属品は以下の通り▼

Switchbot hub miniの付属品一覧

Switchbot hub miniの付属品
  • スマートリモコン本体
  • micro-usbケーブル
  • 両面テープ

スマホから家電を操作する設定手順

冒頭でも書いた通り、SwitchBot Hub Miniはリモコン操作できる家電をスマホからでも操作できるようにするデバイスです。

簡単に外観をチェックした後はさっそく、その機能を使えるように設定していきましょう!

STEP.1
専用アプリをインストール

まずはお手持ちのスマホにSwitchBotの専用アプリをインストールします。

SwitchBot

SwitchBot

wonderlabs, Incorporated無料posted withアプリーチ

STEP.2
SwitchBotアカウント作成

アプリを開いたら「画面右下の「プロフィール」 → 「ログイン」 → 「新規作成」と進み、アカウントを作成します。

Switchbotのアカウントを作成する手順
Switchbotのアカウントを作成する手順
Switchbotのアカウントを作成する手順
STEP.3
本体ボタン長押し

アカウント登録が終わったら、SwitchBot Hub Mini本体にあるボタンを表示灯が点滅するまで長押しします。

その上でアプリトップ画面左上の「+」 → 「ハブミニ追加」と進みます。

Switchbotとスマホのペアリング方法
Switchbotとスマホのペアリング方法
STEP.4
Wi-Fi情報の入力

続いて、SwitchBot Hub Miniと接続するWi-Fi情報を入力。これでスマホとハブミニがペアリングされた状態に。

ペアリングが完了するとトップ画面にハブミニのアイコンが表示されます。

Switchbotとスマホのペアリング方法
Switchbotとスマホのペアリング方法
STEP.5
デバイス追加

ここからはいよいよリモコンを学習させるフロー・アプリトップ画面に表示されている「ハブミニアイイコン」をタップ

さらに「新しいデバイスを追加する」をタップします

Switchbot hub miniにリモコンを学習させる方法
Switchbot hub miniにリモコンを学習させる方法
STEP.6
学習モード選択

表示するリストの中から追加したいリモコンの種類を選び、学習モードを選択します。

学習モードには下記2つの種類がありますが、基本的にはスマートラーニングモードでOKです。

学習モードの違い
  • スマートラーニング・・・ボタンひとつで全操作を記憶するモード
  • マニュアルモード・・・一つ一つ記憶させる操作を自分で選ぶモード
Switchbot hub miniにリモコンを学習させる方法
Switchbot hub miniにリモコンを学習させる方法
STEP.7
ボタンを学習させる

学習モードを選択すると、リモコン画面が表示されます。

スマホをハブミニに向けた状態でアプリ上のリモコンを適当にタップしてみて、しっかり反応があれば学習完了です!

あとはこの作業を設定したいリモコンの数だけ実施すれば、スマホから家電を操作することが可能になります。

Switchbot hub miniにリモコンを学習させる方法
Switchbot hub miniにリモコンを学習させる方法

ここまでのステップをこなせば、自宅のテレビやエアコンなどリモコン操作できる家電がスマホから操れるようになりました!

部屋のテレビ

タカヒロ

Switchbotにリモコンの内容を学習させるのはかなり簡単でした!

それに専用アプリのUIも見やすくとてもいい感じです。

音声で家電を操作する方法

SwitchBotに覚えさせたモコンの操作はスマホだけでなく、AlexaやGoogleHomeと連携して音声操作することも可能です。

今回はGoogle Homeを使って音声操作する方法を紹介していきます。

STEP.1
Google HomeにSwitchBotを登録①

Google Homeの専用アプリを立ち上げたら、トップ画面左上の「+」アイコン → 「Googleと連携させる」を選択。

switchbot hub miniとGoogleAssistantを連携する方法
switchbot hub miniとGoogleAssistantを連携する方法
STEP.2
Google HomeにSwitchBotを登録②

SwitchBotと連携するGoogle Homeを選んだら、連携デバイスからSwitchBotを検索して、選択。

switchbot hub miniとGoogleAssistantを連携する方法
switchbot hub miniとGoogleAssistantを連携する方法
STEP.3
SwitchBotのアカウントにログイン

SwitchBotのアカウントを聞かれるのでメルアド、パスワードを入力。

さらに連携させたいリモコンを選択。

switchbot hub miniとGoogleAssistantを連携する方法
switchbot hub miniとGoogleAssistantを連携する方法
STEP.4
家電の使用される部屋を選択

最後に家電がある場所を選択。Google Homeのアプリトップ画面に連携させたいリモコンの名前が載っていれば設定完了です。

switchbot hub miniとGoogleAssistantを連携する方法
switchbot hub miniとGoogleAssistantを連携する方法

ここまでの設定が終われば音声でリモコン操作をすることが可能になります!

難しい操作は実行できなさそうですが、電源のオンオフ、チャンネルの切り替えは問題なく実行できました!

Goolge Nest Hub

音声入力例)OK、Google!リビングのテレビ消して!

タカヒロ

テレビやエアコンのON / OFFが音声操作できると、寝る前や出かけるときにリコモンを手にとる必要がなくなり、かなり便利だと感じました!

SwitchBot Hub MiniとNature Remoの比較

スマートリモコンといえばSwitchBot Hub Mini以外にも以前にレビュー記しているNature Remo社の製品が有名です。

ここでは各社の商品スペックを紹介しながら、それぞれどんな方におすすめなのかを紹介します。

まずは各製品のスペックの違いをまとめた表をみてみましょう。

製品Switch Bot hub miniNature Remo 3Nature Remo mini
イメージ
寸法(mm)65x65x2070x70x1858x58x15.6
重さ36g40g29g
温度センサー
湿度センサー
照度センサー
人感センサー
◎(別売)
◎(別売)







スマホからの操作
スマートスピーカー連携
(Alexa, Google home, Siri, IFTTT)
SwitchBot製品との連携××
GPSとの連携×
スマートカーテン◎(別売)◎(別売)×
価格3,980円9,900円6,480円

基本的にやれることは一緒なのですが、大きな違いがあるのは下記の3点です。

  • 搭載しているセンサー
  • 連携できるデバイス
  • 価格

センサーの違い

Nature remoの製品には部屋の温度や明るさ、人の存在を検知するなど様々なセンサーが標準搭載されています。

これがあると、温度が20度を下回ったらエアコンの電源をONにしたり、部屋に人がいたら照明をONにしたりということを自動できるようになります。

スマホや音声で家電を操作するよりもさらに高い利便性を求めたいなら、Nature Remoに軍配が上がりそうです。

連携できるデバイスの違い

SwitchBotはセンサーがありませんが、自社で手がけている連携デバイスが豊富にあります。

イメージ特徴
SwitchBotボット
物理ボタンをスマホから操作できるようになるデバイス
SwitchBot加湿器
部屋の湿度を検知し、一定の湿度を保つようにすることができる加湿器
SwitchBot温度計
部屋の温度を感知し、SwitchBot hubと連携して自動でエアコンを入れたりすることができるようになるデバイス
SwitchBotカーテン
カーテンの開け閉めをスマホや音声操作で行えるようにするデバイス

とくに個人的にいいなーと思うのが「switchBotボット」というアイテム。

これがあるとトイレや風呂の照明やリモコン操作できない家電などもスマホや音声で操作できるようになります。

価格

価格はみたままですが、SwitchBot hub miniの圧勝。

搭載されている機能がシンプルな分、かなりお手頃な価格設定となっています。

実際どちらが「買い」か?

SwitchBotとリモコン

両者のデバイスを実際に使用している立場から、どちらか一製品を選ぶとしたらSwitchBotです。

センサー類が豊富なNature Remoシリーズは一見便利そうですが、設定や管理が結構面倒で使いこなす気になれませんでした。

必要なときに音声操作できれば十分という気がします。

安価なSwitchBot hub miniを選び、浮いた費用でその他連携デバイスを購入した方が、生活の満足度は上がるんじゃないかと思います。

SwitchBot Hub Mini レビューまとめ

自宅のリモコンをスマホや音声で操作できるようにするとかなり、QOLが上がります。

SwitchBot Hub Miniは値段も安価でアプリの使いやすさもいい感じなので、自宅のスマートホームか第一歩を踏み出したい方にとてもおすすめです。

気になった方はぜひチェックしてみてください!

音声操作できる間接照明で部屋をおしゃれに!設定手順と購入したアイテム紹介音声操作できる間接照明で部屋をおしゃれに!設定手順と購入したアイテム紹介 【大満足】セサミ mini レビュー!スマートロック導入で鍵を持たない生活を始めた話 Nature Remo mini レビュー!賢くて使いやすいおすすめスマートリモコンNature Remo mini(ネイチャーリモミニ) レビュー!賢くて使いやすいおすすめスマートリモコン 【大満足】Google Nest Hub レビュー!家での生活が便利になるおすすめスマートディスプレイ【大満足】Google Nest Hub レビュー!家での生活が便利になるおすすめスマートディスプレイ Amazon Echo Show 5 レビュー!コンパクトで便利なスマートディスプレイAmazon Echo Show 5 レビュー!コンパクトで便利なスマートディスプレイ

コメントを残す