タイプライター風デザインとポップな配色が魅力!ロジクール POP KEYS レビュー

タイプライター風デザインとポップな配色が魅力!ロジクール POP KEYS レビュー

PCデスク環境の構築に欠かせないマウスやキーボード。

世にあるアイテムはシンプルな形状で黒やシルバーなどシンプルな配色のモノが一般的で下記のようなことを感じる方も多いのではないでしょうか?

タカヒロ

もっと個性的でおしゃれなアイテムを導入したい!

そんな方におすすめしたいのが、ロジクールから発売されているPOP KEYSというメカニカルキーボード。

個性的なデザインが魅力的で、キーボードとしての機能性も素晴らしい。

見た目にこだわってデスク環境を構築したい方におすすめのキーボードだったので、本記事にて紹介したいと思います。

POP KEYSのメリット
  • 個性的なプロダクトデザイン
  • メカニカルキーボードならではの心地よい打鍵感
  • テンキーレスでコンパクト
  • 電池式でバッテリー寿命ナシ
  • マルチペアリング対応
  • Logi Bolt対応
POP KEYSのデメリット
  • キー軸は茶軸のみ
  • 快適に操作できるようになるまでは慣れが必要
  • 日本ではJIS配列のみの販売
  • 有線接続できない
MEMO

本記事はメーカーに製品提供いただき、作成しています。

この記事の著者

ガジェットブロガー・タカヒロのアイコン

タカヒロ

ガジェットブロガー

買ってよかったモノについて発信する月間45万PVの個人ブログです。「正直なレビュー」をモットーに2015年のブログ開設から300以上の商品を紹介しています!

メディア掲載・受賞歴

ロジクール POP KEYSの外観

今回提供いただいたPOP KEYS。

様々なPC周辺機器を手掛けるロジクールから発売されているメカニカルキーボードです。

POP KEYSの製品パッケージ

さっそくパッケージを開封すると同梱品がずらり。

POP KEYSの付属品一覧

  • キーボード本体
  • Logi Boltレシーバー
  • 単四乾電池 × 4
  • 追加キー × 4
  • 説明書類
  • 製品保証書

こちらが製品本体。タイプライター風のデザインがとても可愛い印象です。

4つのカラーバリエーションの中から2023年1月に新たに登場したグレージュを選びました。

POP KEYSを俯瞰撮影した様子

POP KEYSのカラーバリエーション
  • パープル
  • イエロー
  • ローズ
  • グレージュー

同梱物の中には絵文字がプリントされた追加キーも。

よく使う絵文字をキーに割り当てる独自カスタマイズをする際に使用します。

POP KEYSに同梱されているキー

キーボードのサイズは32.1 x 13.8 x 3.5cm。

テンキーレスなのでコンパクトな仕上がりになっていますが、MacBookのキーボードと比べるとちょっとサイズは少し大きいです。

若干キー配列が異なる点やキー数がPOP KEYSのほうが多い点が理由です。

ロジクール POP KEYSのメリット

ここからは実際にロジクール POP KEYSを使用して感じたメリットを4つ紹介していきます。

ポップなデザイン

なんといってもこの個性的なプロダクトデザインが本製品最大のメリット。

タイプライター風の丸みのあるキー形状はほかのシンプルなキーボードとは一線を画しています。

POP KEYSを操作する様子

2021年10月の発売で発表されたカラーバリエーションは名前の通りポップな印象が強い配色でした。

僕は正直この色味は自分のデスクには合わないなぁと思っていたのですが、新色のグレージュは程よく落ち着いた配色でかなり好みです。

きっと従来とは違うユーザー層にとても刺さるデザインだと思います。

同時期に発売されている姉妹アイテムのPOP MOUSEもセットで導入すればデスク上がより魅力的になること間違いなしです。

POP KEYSとPOP MOUSE

心地よい打鍵感

POP KEYSはメカニカル構造のキーボードで心地よい打鍵感を味わうことができます。

スコスコという軽快なクリック音が鳴るとタイピングがリズミカルにできて楽しいです。

POP KEYSのキー軸は茶軸のみ

メカニカルキーボードは三種類のキー軸(赤・茶・青)が一般的ですが、POP KEYSは茶軸を採用しています。

POP KEYSのキー軸は茶軸のみ

各軸の違いを簡単にまとめると以下の通り。茶軸はキーの軽さやクリックのバランスがよい万能型のキー軸といった特徴を持っています。

音の大きさ
キーの軽さ
クリック感
赤軸
★★(小さい)
★★★(軽い) ×
茶軸 ★★★(小さい) ★★★(軽い)
青軸 ★★★(大きい) ★★(重い)

もしも赤軸や青軸のキーボードが欲しい場合は好みのキー軸を選べるMX MECHANICAL MINIを検討するのがおすすめ。

【打鍵感が最高】MXシリーズ初のメカニカルキーボード!MX MECHANICAL MINI レビュー【打鍵感が最高】MXシリーズ初のメカニカルキーボード!MX MECHANICAL MINI レビュー

電池式でバッテリー寿命ナシ

POP KEYSは電池充電式

キーボードはUSB充電できる製品と電池で駆動するタイプの2つに別れますが、POP KEYSは後者を採用しています。

電池式はバッテリー内蔵式のUSB充電タイプに比べるとバッテリー寿命を気にせず長く使い続けられるメリットがあります。

一回電池を交換してしまえば最大36ヶ月は使用できるとのことですので、取り替えの頻度もかなり少な目に済みます。

また、POP KEYSは5,000万回のキーストロークテストをクリアした高い耐久性も誇っているので、その点からも長く愛用できそうです。

マルチペアリングが可能

POP KEYSでタイピングする様子

Apple純正のMagic keyboardは Bluetooth接続できるデバイスが一台のみとなっており、使いが勝手がいまいちです。

しかし、POP KEYSはマルチペアリングに対応しており、最大3台のデバイスにBluetooth接続が可能。

MacBookを始めiPad miniなどでもたまにタイピングしたい機会があるので、マルチペアリングはとても嬉しい仕様です。

Logi Bolt対応

POP KEYSはロジクール独自の「Logi Bolt」接続もサポートしています。

Logi Bolt

従来のUnifyingレシーバーの上位互換となるロジクール独自の無線通信規格。

より安全でクローズドな接続ができるようになっているのが特徴。

POP KEYSと同時期に発売されたPOP MOUSEもLogiBoltに対応しているので、この2つのデバイスを組み合わせれば、キーボートとマウスどちらもより快適に無線接続することが可能です。

ロジクール POP KEYSのデメリット

次にPOP KEYSを実際に使用してみて感じたデメリットを2つ紹介していきます。

操作感になれるには慣れが必要

ロジクール POP KEYSでタイピングする様子

デザインや打鍵感はかなりのクオリティなのですが、慣れるまでは打ち間違いが多く起こる印象を受けました。

分析してみると主な要因は以下の3つ。

  1. MacBookとは若干キー配列が違う
  2. キートップにくぼみがない
  3. キーボードの厚みがある

個人的に特に大きいのは①のキー配列が独特ということ。

MacBookや普段使っているMX Keys miniには一番端の絵文字キーがありません。

なので、ブラインドタッチすると若干指の感覚が合わずタイピングミスが発生してしました。

POP Keys (JIS配列)

POP Keys (JIS配列)

MX Keys mini (JIS配列)

MX Keys mini (JIS配列)

慣れれば問題ないのですが、この点は念の為注意しておくと良いかと思います。

日本で購入できるのはJIS配列キーボードのみ

POP KEYSは海外向けにはUS配列のモデルが発売されているのですが、残念ながら日本国内で購入できるのはJIS配列の製品のみとなっています。

僕はUS配列のキーボードを愛用しているので、なんとかUS配列キーボードも扱ってほしいです。

いい製品だけに実に惜しい…。

US配列のキーボードがほしいという方はMX Keys mini for Macの購入を検討するのがおすすめ。

ロジクール POP KEYS レビューまとめ

ロジクール POP KEYS(グレージュ)を使用してみた感想を紹介してきました。

名前の通り可愛らしいデザインが評判のキーボードでしたが、2023年1月発売のグレージュはレトロな雰囲気を味わえる配色でこれまでとは違うユーザー層を獲得できると思いました。

僕もこれまでのポップな配色だとちょっと自分のデスクの雰囲気には合わないかなと思ってましたが、このプロダクトデザインなら大歓迎。

またデザインだけでなく機能面も充実しており、上位モデルのMX Mechanicalと比べてもあまり見劣りする部分はないのではないかと思います。

キー軸に強いこだわりがない方やデザインにこだわりたい方にとてもおすすめできるキーボードです!

POP KEYSのメリット
  • 個性的なプロダクトデザイン
  • メカニカルキーボードならではの心地よい打鍵感
  • テンキーレスでコンパクト
  • 電池式でバッテリー寿命ナシ
  • マルチペアリング対応
  • Logi Bolt対応
POP KEYSのデメリット
  • キー軸は茶軸のみ
  • 快適に操作できるようになるまでは慣れが必要
  • 日本ではJIS配列のみの販売
  • 有線接続できない
【2023年】iMac・MacBookにおすすめのキーボードをランキング形式で紹介【2024年】iMac・MacBookにおすすめのキーボードをランキング形式で紹介 PCデスク周りの便利グッズ36選!悔しいけど欲しくなるおすすめガジェット【2023年】PCデスク周りの便利グッズ36選!悔しいけど欲しくなるおすすめガジェット【2024年】

コメントを残す