【レビュー】Peak Designの「slide SL-2」を購入!使い勝手に優れたおすすめカメラストラップ

【レビュー】Peak Designの「スライド SL-2」を購入!使い勝手に優れたおすすめカメラストラップ

カメラをたすき掛けできるストラップを探していた所、Peak Design社の「slide SL-2」というアイテムに出会いました。

実際に購入して使っていみると思った以上に機能的でおしゃれなカメラストラップだったので、ぜひ紹介したいと思います。

Peak Designとは

Peak Design(ピークデザイン)のロゴ

引用:『https://www.ginichi.com/

Peak Designは、アメリカに本社を構えるカメラアクセサリー群の製造・販売を手がけるメーカー。

2010年にキックスターターで最初の製品であるカメラホルダー「Capture Camera Pro」で出資を募り、見事に資金を獲得。

その後も高いデザイン性と機能性を兼ね備えたストラップ、バックパックなどを製品化し続けています。

Peak Designの「slide SL-2」とは

Peak Designの「slide SL-2」は、下記のような特徴を持つカメラストラップです。

  • カメラ本体と、ストラップを簡単に着脱することができる
  • アルカスイス互換のプレートがついてくる
  • ベルトの長さを簡単に調整することができ、たすき掛け、首掛け、肩掛けと様々なスタイルで使う事ができる

使い方はPeak Design公式サイトの商品紹介動画が参考になります。▼

Peak Designの「slide SL-2」レビュー

それでは今回購入したPeak Designのカメラストラップ「slide SL-2」のレビューです。シンプルな外箱。マジックテープで開閉することができます。

Peak Designの「スライド SL-2」のパッケージ

さっそく箱を開けてみるとおしゃれなデザインのストラップが登場です。

Peak Designの「スライド SL-2」のパッケージ

同封されているアイテムは、下記の通り。

Peak Designの「スライド SL-2」の内容物一覧

  • ストラップ本体
  • スペア用のアンカー
  • クイックリリースプレート
  • レンチ
  • マイクロファイバーポーチ
  • 説明書

ストラップ部分

ストラップは幅4.5cmと少し太め。肌触りはすべすべしていて、シートベルトに近いような感覚です。

そして、調節クリップは、見た目も質感も高級感があっていい感じ。ネジ部分はコーポレートカラーのレッドが使われており、細部までこだわりを感じます。

Peak Designの「スライド SL-2」のベルト

首と肩にあたる部分には滑り止めがついています。スルスルッと長さを調整したいときは滑り止めを外側に、しっかり固定したいときはは滑り止めを内側にまわして使います。

また、この部分にはパッドも入っていて、他の部分より厚みとクッション性があるので、長時間ストラップをつけていても痛くありません。

Peak Designの「スライド SL-2」の滑り止め

アルカスイス規格のプレート

付属のプレートは、アルカスイスという規格サイズになっているので、アルカスイス対応の三脚であれば、そのまま三脚にカメラをセットする事が出来ます。

Peak Designの「スライド SL-2」のアルカスイス規格のプレート

アルカスイス規格のプレートって何?という方は下記記事をチェックしてみてください▼

アルカスイス規格の雲台、クイックリリースプレートのすゝめ

ストラップの着脱を可能にするアンカー

そしてこちらが、「slide sl2」の一番の特徴である着脱式ストラップを可能にするアンカーです。

Peak Designの「スライド SL-2」のアンカー

溝にはめてスライドさせながら押し込むと、ストラップとカメラを連結することができます。この機能は色々なシーンで活躍してくれそうです。

例えば、三脚を使う時にストラップが邪魔になればすぐに外すことができますし、メイン機・サブ機など複数台カメラを持っている場合は、それぞれにアンカーをつけておけば、簡単にストラップの付け替えが可能ですね。

Peak Designの「スライド SL-2」のアンカー

アンカーを取り付けてみる

このアンカーをカメラにつけていきます。まずは横側。

Peak Designの「スライド SL-2」のアンカーをカメラに固定する様子

続いて、カメラの底にも。

Peak Designの「スライド SL-2」のアンカーをカメラに固定する様子

あとはストラップと連結させればセット完了!

Peak Designの「スライド SL-2」のアンカーをカメラに固定する様子

ちなみに、このアンカーは消耗品という扱いになっています。

消耗してくると、下記イラストのように違う色の線が見え始めるので、単体で発売されている交換用のアンカーと取り替える必要があります。

Peak Designの「スライド SL-2」のアンカーの使用方法を紹介したイラスト

ストラップを掛けてみる

ストラップをセットしたら、早速たすきがけしてでストラップを掛けてみます。

カメラの横側と底側に一箇所ずつアンカーを着けたことで、たすき掛けするとレンズが下を向きます。

Peak Designの「スライド SL-2」をたすき掛けしている様子

レンズが下を向いていると、歩いていてもカメラがぶらぶらせず、位置が安定します。さらにレンズをぶつけてしまう可能性も軽減することができるので一石二鳥です。

これなら旅行や登山の際にも、ストレスを感じずに移動することができそうです。

Peak Designの「スライド SL-2」をたすき掛けしている様子

Peak Designの「スライド SL-2」を購入した感想

Peak Designの「スライド SL-2」はデザインもかっこよくて、カメラを使っている人のことをしっかりと考えたストラップでした。
他のストラップに浮気せず、長く満足して使えそうで、いい買い物をしたと思います。

幅広いシーンで柔軟に利用できるのでカメラストラップ選びに悩んでいる方は、ぜひ候補に入れてもらえるといいと思います。

色違いのバージョンはこちら▼

交換用のアンカーはこちら▼

Peak Designのキャプチャカメラクリップの記事もあります▼

【レビュー】Peak Designのキャプチャープロカメラクリップを購入!旅行におすすめのカメラホルスター

2017.03.20