簡単に着脱できる便利なカメラストラップ!PeakDesign リーシュ レビュー!

ピークデザイン リーシュ レビュー!簡単に着脱できるおすすめカメラストラップ

僕はメイン機にソニーのα7Ⅲを使用していて、手持ち撮影以外にも三脚やジンバルなど様々な機材と組み合わせて写真や動画を撮影しています。

機材のバリエーションを変えて動画・写真を撮っていると、ネックストラップなしでカメラを使いたいシーンがでてくるのですが、ネックストラップの着脱ってとにかく面倒臭い…。

タカヒロ

必要な時にパッとつけられるネックストラップが欲しいなー。

こんな小さな不満を抱えてカメラを扱っていました。

そんな悩みを解決すべく今回購入したのがピークデザイン リーシュ カメラストラップというアイテム。

このカメラストラップ、簡単に着脱することができるのが特徴の製品なのですがで、これを導入したおかげで撮影環境をぐっとアップデートすることができました。

とても便利なカメラアクセサリーですので、紹介したいと思います!

ピークデザイン リーシュ カメラストラップの外観

今回購入したカメラストラップ「リシュー」。

高いデザイン性と機能性を兼ね備えたカメラアクセサリーを豊富に扱っているPeakDesignから発売されているアイテムです。

ピークデザイン リーシュ カメラストラップのパッケージ

ピークデザインはパッケージがいつも凝っていて、パカっと内容物がチェックできるようになっています。

ピークデザイン リーシュ カメラストラップのパッケージ

早速パッケージを開封して内容物を並べてみるとこんな感じ。

ピークデザイン リーシュ カメラストラップの付属品一覧

ピークデザイン リーシュの付属品一覧
  • カメラストラップ
  • スペア用のアンカーリング
  • アンカーマウント
  • レンチ
  • 収納ケース

カメラストラップ本体。カラーバリエーションはブラックとアッシュの二つで今回は前者を購入しました。

ストラップの調整部分のデザインがかっこいいです。ここのベルトを引っ張るとスルッと長さを調整することができて使いやすい

ピークデザインリーシュの長さ調整ベルト部分

ストラップの幅は19mm。

α7Ⅲを購入した際に付属してくる純正ストラップと比較すると割と細身であることがわかります。

ピークデザイン リーシュのストラップ幅をα7Ⅲ純正ストラップと比較する写真

同梱されいているアンカーリンクス。紐の部分は3層になっており、磨耗して一番内側の赤い紐が見え始めたら交換の合図です。

スペア用のアンカーリングを撮影した写真

アンカーリンクスは単品購入ができるので、すぐに買い替え可能▼

ピークデザイン リーシュの取り付け方法

ピークデザイン リーシュの外観をチェックしたらさっそく愛用しているカメラに取り付けていきます。

特に悩むことはないと思うのですが、念の為取り付け方法をご紹介。

STEP.1
アンカーリングの取り付け

まずは着脱用のアンカーをカメラのストラップ穴に通します。

ミラーレス一眼カメラにアンカーリングを取り付ける様子

STEP.2
ストラップを装着

次にストラップに着脱用アンカーを固定。

アンんカーリングにストラップを固定

STEP.3
ストラップの長さを調整

あとは好みの長さに変えればセット完了です。

カメラストラップの長さを調整している様子

PeakDesign リーシュのメリット

ここからは実際にPeakDesignのリーシュを使用してみて感じた本製品のメリットを3点紹介していきます。

複数のカメラに使い回せる

カメラ2台とカメラストラップリーシュ

僕は複数のカメラを持っていて2台持ちで出かけたり、その日の気分で持っていくカメラを絞ったりします。

所有しているカメラにアンカーリンクスをつけておけば、リーシュを柔軟に使い回すことができるので、様々な撮影スタイルにも合わせやすいです。

この手軽にストラップを使い回せる点がとても気に入りました。

三脚やジンバルが使いやすくなる

縦構図で

通常のカメラストラップは自由に着脱できないので、三脚をカメラを載せたときにベルト部分が垂れるのが邪魔でした。

また、ジンバルに場合はバランスを取るためにストラップを外す手間が発生するので、すごく撮影に消極的になるシーンもありました。

しかし、リーシュはすぐにカメラから取り外すことができるので、このようなシーンでも快適に撮影することが可能。

ベルトが細身なので使わないときにはさっとポケットにしまっておけるコンパクトさも良いなと思います。

いろいろな服装に合わせやすい

カメラストラップリーシュを首からかける様子

メーカー名が入った太いベルトってすごくガチ感が出て、普段遣いするのには気が引ける感じがありました。

しかし、リーシュは少し細身のベルトで主張が激しすぎません。

普段着ているファッションにも合わせやすく、男女問わず使いやすい印象を受けました。

これなら街撮りのときに気軽にカメラを持っていそうです。

PeakDesign リーシュのデメリット

リーシュと望遠レンズ

リーシュは通常のカメラストラップに比べると細身な作りかつ、肩や首に当たる部分にパッドがついていません。

なので、フルサイズカメラ+望遠レンズなど重い機材と組み合わせて長時間使用すると肩や首が痛くなるのがデメリットです。

軽量なカメラに使用するには非常に良いカメラストラップですが、それ以外の方には後述する「Peak Design スライド」などの製品がおすすめです。

ピークデザインのカメラストラップ比較

リーシュをつけたフルサイズミラーレスカメラ

ピークデザインには今回購入したリシュー以外にも複数のカメラストラップの製品ラインナップがあります。

一番の違いはストラップの太さ。扱う機材の重さと首や肩にかける時間と相談して選べると良さそうです。

リーシュ スライド スライドライト
イメージ
19mm 45mm 32mm
長さ 83〜145cm 99〜145cm 99〜145cm
カラーバリエーション ブラック / アッシュ ブラック / アッシュ ブラック / アッシュ
こんな方におすすめ

コンデジやミラーレス機を使っている方

ストラップを頻繁に取り付け・取り外しする方

フルサイズの一眼レフカメラを使っている方

ストラップを頻繁に取り付け・取り外しする方

重量の重たい機材を使っている方

首にストラップをかける機会が多い方

ピークデザイン リーシュ レビューまとめ

α7Cにピークデザインリーシュを取り付けた様子

ピークデザイン リーシュは着脱がしやすく、とても使いやすいストラップでした。

着脱できるだけでこんなに撮影が快適になるんだなぁ…と感心しています。

20mmの細身ストラップで普段着ているファッションに馴染みやすいのもいいと思います。

様々な機材の組み合わせで撮影を行う方必携とも呼べるアイテムだと思うので、気になった方は是非購入してみてください!

初心者向け!カメラと一緒に揃えたいアクセサリー&機材まとめ初心者向け!一眼カメラと一緒に揃えたいアクセサリー&撮影機材まとめ 【2019年】トラベル三脚のおすすめアイテムまとめ&スペック比較【2022年】トラベル三脚のおすすめアイテムまとめ&スペック比較 カメラバッグおすすめ14選まとめ!失敗しない選び方も紹介カメラバッグおすすめ14選まとめ!失敗しない選び方も紹介 Sony α7IIIと一緒に使っている周辺機器 ・レンズ・アクセサリーまとめSony α7IIIと一緒に使っている周辺機器 ・アクセサリーまとめ

コメントを残す