M1Pro搭載MacBook 14インチレビュー!使ってわかったメリット・デメリットまとめ【2020年intelモデルと比較】

M1Pro搭載MacBook 14インチレビュー!使ってわかったメリット・デメリットまとめ【2020年intelモデルと比較】

webディレクターとしての業務や趣味のブログ運営で毎日MacBookを触っています。

平日は10時間以上触っていることもざらにあり、MacBookは僕の生活に欠かせない大事な仕事道具です。

そんなMacBook、約2年おきぐらいに新しいモデルを買い換えるようにしているのですが、今回はいつもよりちょっと早めに乗り換えることにしました。

タカヒロ

フルモデルチェンジしたMacBook 14インチ&16インチが発売されたためです!

発表日に即購入し、手元に届いてから3日ほど使っているのですが、これは本当に買ってよかった・・。

パフォーマンス性能が驚くほど向上していたり、デザインやインターフェースの大幅な仕様変更があったことで、MacBookを購入して久しぶりに新鮮な感動を味わうことができました。

ということで、本記事ではMacBook Pro13インチ(2020年モデル)を使用していた僕がM1Pro搭載MacBook 14インチを使ってみてわかったメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

MacBookの購入を検討している方はぜひチェックしてみて下さい!

M1Pro搭載MacBookの外観

今回購入したMacBook 14インチ。2021年10月に発表されたM1Pro搭載のMacBook Proです

M1Pro搭載MacBook 14インチの商品パッケージ

パッケージを開封すると付属品がずらり。

MacBookPro14インチの付属品

MacBookPro14インチの付属品
  • MacBook本体
  • Magsafeケーブル
  • Magsafe充電器
  • ステッカー
  • 説明書

流線型のフォルムから角張った形へと進化したMacBookPro本体。想像以上にこれまでのMacBook Proとデザインの印象が違います。

デザインが大幅に変更されたMacBook Pro14インチ

ロゴは底面に「彫り込み処理」という新しい手法がとられているのも新鮮。

MacBookProの底面に刻印されたAppleのロゴ

デバイスの左右にあるインターフェイスも大きく変化。本体右側は手前から、HDMI端子・USB Type-C端子・SDカードスロット。

M1Pro搭載MacBook 14インチのインターフェイス

本体左側は手前から、MagSafe端子・USB Type-Cが2つ、ヘッドホン端子が並ぶ構成です。

M1Pro搭載MacBook 14インチのインターフェイス

付属品として注目すべきなのは急速充電用のMagsafe充電器がついてくるという点。

Magsafe端子は2015モデルのMacBookを最後に長らく廃止されていたインターフェイスなのですが、6年ぶりに復活を果たしました。

ちなみに従来通りUSB Type-C端子からの充電も可能なので、充電にMagSafe充電器が必須なわけではありません。

M1Pro搭載MacBook 14インチに付属するMagsafe充電器

M1Pro搭載MacBook 14インチのメリット・良い点

M1Pro搭載MacBook 14インチの外観をチェックしたあとは2020年MacBookから乗り換えて感じた本製品をメリットを6点紹介していきます。

圧倒的なパフォーマンス

M1Pro搭載MacBook 14インチを正面から撮影した写真

まずはなんと言ってもInterl製からM1Proへとプロセッサーが変わったことで、劇的に処理速度が上がったのが大きなメリット。

さまざまなソフトを触ってみましたが体感でわかるレベルで明らかに処理が早くなったと感じました。

いくつかパフォーマンス性能を比較してみたので紹介します。

パフォーマンスを比較するMacBookProのスペック
MacBook Pro 13inch
プロセッサー:Intel Core i7 2.3GHz、コア数:4、メモリ:16GB
MacBook Pro 14inch
プロセッサー:Apple M1 Pro 3.22GHz、コア数:8、メモリ:16GB

CPU性能の比較

まずはCPUのスコアをGeekbench5で比較。結果はマルチコアのCPUの場合、3倍も高いスコアが出るという結果に。

MacBook 14インチ(2021)

MacBook 14インチ(2021)で通信速度をチェック

MacBook 13インチ(2020)

MacBook 13インチ(2020)で通信速度をチェック

GPU性能の比較

さらにGPUを同じくGeekbench5で比較。こちらも3.6倍という大幅な進化を見せています!動画の書き出しが爆速になるのも納得のスコアです。

MacBook 14インチ(2021)

MacBook 14インチ(2021)で通信速度をチェック

MacBook 13インチ(2020)

MacBook 13インチ(2020)で通信速度をチェック

SSD性能の比較

最後にBlackmagic Disk Speed TestでSSDの読み込み・書き込みの速度を比較。読み書きそれぞれ2.7倍ほど高速化されているという結果に。

一度に大量のデータを読み書きするのがぐっと速くなったのでこちらも納得の数字。bench5で比較。こちらも3.6倍という大幅な進化を見せています!

MacBook 14インチ(2021)

MacBook 14インチ(2021)で通信速度をチェック

MacBook 13インチ(2020)

MacBook 13インチ(2020)で通信速度をチェック

タカヒロ

概ね3倍近い処理が速く済むという結果に落ち着きました!

この2台どちらも26万程度で買ったことを考えると、MacBookPro14インチがいかにコスパに優れたアイテムかがわかります。

驚異の電池持ち

MacBook 14インチ(2021)でLightroomを触る様子

IntelモデルのMacBookは一日出先で作業をすると、帰宅する頃にはバッテリー残量がギリギリ、、と言った状態が当たり前でした。

しかし、M1Pro搭載のMacBook Pro14インチは充電器を持たず丸一日外出して作業していて安心というぐらい、バッテリー持ちが良いです。

試しに下記の内容で新旧MacBook Proのバッテリーの減りを比較してみました。

  • 画面の輝度をMAXに設定
  • 4K動画を3時間連続再生
経過時間 M1pro搭載MBP14インチ Intel搭載MBP13.3インチ
0 100% 100%
60 88% 80%
120 74% 50%
180 61% 26%

3時間経った後の結果は一目瞭然、M1Pro搭載のMBPは圧倒的にバッテリーの持ちがいいことが再確認できました。

充電器を持たずに外に出られれば荷物が少なく済むし、これだけでも相当価値のある買い物だと思います。

Touch Bar非搭載、物理ボタン復活

2016年~2020年モデルのMacBookはTouch Barが搭載されており、アプリや状況に合わせて表示内容が可変する仕様になっていました。

この仕様は結構好みが分かれるもので、個人的にはTouch Barよりも物理キーのほうがわかりやすいから、いつか復活してほしいと感じていました。

数年付き合ってきましたが、Touch Barもあまりうまく活用しきれなかった感があります。

TouchBar付きMacBookを撮影した写真

そんな中、2021年のM1Pro搭載MacBook 14インチはTouch Bar非搭載し、待望の物理ボタンが復活!

久々に使う物理キーのファンクションキーはやはり使いやすいです。すぐに操作感に慣れましたし、「やっぱりこっちのほうがしっくりくる!」と改めて感じました。

物理ボタンのファンクションキーをアップで撮影した写真

HDMIとSDカードスロットが復活

普段、自宅で作業する際はMacBookをクラムシェルモードを使用するのが基本スタイル。

2020年モデル使用時はベルキンの Thunderbolt3 Express Dock Pro HDというドッキングステーションを使用し、SDカードの読み込みや外部モニターの表示をおこなっていました。

ベルキン Thunderbolt3 Express Dock Pro HDの写真

しかし、M1Pro搭載MacBook 14インチはHDMIとSDカードスロットを搭載しているので、このようなデバイスを間に挟まないでもクラムシェルモードが使えるようになります。

また、外出の際にUSB−Cハブを携帯しなくてSDカードの読み込みができるのも嬉しいポイント。やはり物理的なSDカードスロットやHDMIポートが有るのは便利です。

MacBookにSDカードを直接挿している様子

ベゼルレスなディスプレイ

M1Pro搭載MacBook14インチはこれまでのモデルのMacBookに比べて、ベゼルの幅がぐっと狭くなっており、ディスプレイが大きくなっています。

Apple Watch7をレビューした記事でも書いたのですが、やはりベゼルが薄いデザインは見た目がスタイリッシュでかっこいいですね。

MacBookのベゼルの幅を比較する写真

ProMotion対応で滑らかな操作性を実現

最近のスマホは高価格帯のものだとリフレッシュレートが120Hzの場合が一般的になりつつあります。

実際触ってみると高リフレッシュレートのディスプレイは画面が滑らかに動いて操作していてすごく気持ちよいんです。

今まで使っていたMacBookはフレッシュレート60Hzとなっており、この感覚を味わうことができませんでした。

リフレッシュレート

1秒間に画面が何回書き換わったかを計る値

しかし、M1Pro搭載MacBook 14インチはついにリフレッシュレート120Hzに対応。今までに比べて格段に滑なかな操作感を味わうことができるようになりました。

この画面のヌルヌル感は一度味わうとやめられませんね。

高リフレッシュレートのディスプレイはゲームにも最適なので、ゲーミングデバイスとしても使いやすいじゃないかなと思います。

Wi-Fi6対応で通信速度もアップ

M1Pro搭載MacBook 14インチをはじめ、M1チップが搭載されたMacBookはWi-Fi6対応しています。

Wi-Fi6

ルーターとデバイスの間の混雑を避けることで高速通信を実現する次世代規格

我が家のルーターはWiFi-6対応モデルのものを使用しているものの、今まで所有していた2020年モデルのMacBookはWi-Fi6に未対応でした。

ついにルーター、パソコンと共にWi-FI6対応になったことで、今までよりも快適にネット接続ができるようになりました!

ネットが遅いのでWi-Fiルーターを変えたら通信速度が6倍に改善した話【Archer AX73 レビュー】

M1Pro搭載MacBook 14インチのデメリット・イマイチな点

MacBook 14インチ(2021)を使用する様子

次にM1Pro搭載MacBook 14インチを使って感じたイマイチな点を2つ紹介していきます。

ボディの重量感がアップしている

MacBook14インチは重量1.6kgとなっており、今まで使っていた13.3インチMacBook Proよりも200gほど重量が増しています。

サイズも若干大きいですししょうがない点ではありますが、積極的に持ち歩くことを考えると重量のアップはイマイチな点かなと思います。

ただし下記のようなことを考えれば、普段持ち歩くものの重量の合計は今までと変わらない程度に収まりそうなので、あまりネガティブな要素ではなさそうです。

  • バッテリー持ちが格段に上がり、出先での作業で充電器を持ち歩かなくてもよくなった
  • SDカードスロット搭載でUSB−Cハブ持ち歩かなくて良くなった

ハードウェアの進化にソフトウェアが追いつけていない

メリットとして、リフレッシュレートに対応したことや、ベゼルレス化が進んだことを挙げました。

これ自体は素晴らしいことなのですが、純正アプリを始め多くのソフトウェアでこの進化に対応していないのはいまいちなポイントです。

例えば、デスクトップ画面ではベゼルレス化したことがはっきりわかるのですが、Safariを開くとディスプレイ領域に黒帯が敷かれて結局従来のような見た目になってしまったり。

デスクトップ画面▼

MacBook 14インチ(2021)のデスクトップ画面

Chromeブラウザ立ち上げ時▼

MacBook 13インチ(2020)でブラウザを立ち上げた様子

Promotion対応のアプリがほとんどなくて、多くのアプリが60Hzで画面が書き換わる状態なのであまり進化を感じられるシーンが少なかったり。

この辺はどんどんアップデートされていくと思いますが、すぐに体験できるわけではないという点は注意したほうが良さそうです。

MacBookの選び方

Appleが現行で発売しているMacBookのラインナップは下記の4種類です。

  • MacBook Pro 16インチ(M1MAX搭載)
  • MacBook Por 14インチ(M1Pro搭載)
  • MacBook Pro 13インチ(M1搭載)
  • MacBook Air 13インチ(M1搭載)

こちらの記事では4種類のMacBookの違いなどを詳しく解説しています。

購入を検討している方はぜひこちらの記事もあせてチェックしてみてください!

【購入ガイド】MacBook Air・Proの選び方を初心者向けに解説!【初心者向け】MacBook Air・Proの選び方を解説!カスタマイズの目安も紹介

MacBook購入したらインストールしたおすすめアプリ&初期設定

MacBookは初期設定をいじったり、便利なアプリをインストールすることでどんどん生産性をアップすることができます。

下記の記事ではMacBookを10年愛用している僕が行っている設定や使い続けている神アプリを紹介しています。

気になった方是非チェックしてみてく下さい▼

Mac歴10年の僕が作業効率アップにおすすめのアプリ&Tipsを厳選して伝授するMac歴10年の僕が作業効率アップにおすすめのアプリ&Tipsを伝授する

MacBookと一緒に購入したいおすすめの周辺機器

M1Pro搭載MacBook 14インチと周辺機器

MacBook Proを買ったら周辺機器の見直しも必須です。

下記の記事ではMacBookと一緒に購入したいおすすめの周辺機器・アクセサリーを紹介しています。

こちらも是非チェックしてみてください▼

【2020年】MacBook Pro・Airおすすめアクセサリー・周辺機器まとめMacBook Pro / Airと一緒に買うべきアクセサリー・周辺機器おすすめ5選

M1Pro搭載MacBook 14インチ レビューまとめ

大きなデザインの刷新、過去にあったインターフェイスの復活など色んなトピックがあり、久々にMacBookを触って新鮮な気持ちになれました。

合理的な進化を遂げてくれていて、確実に今までよりも使いやすくなったと感じます。

今年の春に発売されたM1チップ搭載のMacBook Proは同じくM1チップ搭載MacBook Airとあまり大きな差がなく、購入に踏み切れませんでしたが、今回発売の2機種はまさにプロモデルと呼べる仕上がりです。

このMacBook Proでバリバリ仕事をこなしていきたいと思います!

コメントを残す