レンズキャップ装着の手間が省ける!KUVRD(カバード)ユニバーサルレンズキャップをレビュー!【PR】

レンズキャップ装着の手間が省ける!KUVRD(カバード)ユニバーサルレンズキャップをレビュー!【PR】

一眼レフカメラのレンズを交換するときにキャップを付けかえるのって面倒くさいですよね。

カメラバックの中からレンズとペアのキャップを探すのを手間に感じる瞬間は、多くの人が経験したことがあるのではないかと思います。

そんな手間を解消することができる便利なアイテムがクラウドファンドで登場しています。それが「KUVRD(カバード)ユニバーサルレンズキャップ」というシリコン製のレンズキャップです。

今回、株式会社ハンズエイド様から「KUVRD(カバード)ユニバーサルレンズキャップ」を提供いただいたので、紹介してみたいと思います!

KUVRD(カバード)ユニバーサルレンズキャップレビュー

今回提供いただいたKUVRD(カバード)社のユニバーサルレンズキャップ。2017年にアメリカで話題となり、日本での発売に向けてクラウドファンディングにて資金調達をおこなっているアイテムです。

ユニバーサルレンズキャップの外観

今までにない便利なレンズキャップ

カメラマンの細かいニーズに答えているのが特徴のユニバーサルレンズキャップ。その使い方はとても簡単です。シリコン素材のキャップを伸ばしながらレンズにかぶせるだけ。

試しに口径が大きめの超広角レンズに装着してみました。

ユニバーサルレンズキャップと超広角レンズの写真

レンズにキャップを被せるとこんな見た目になります。ちなみに対応するレンズの大きさは60mm〜150mmまでです。

実際に触ってみた所感としては大きめのレンズにつける場合はちょっと力がいりました。ただ、つけ方に慣れてくるとぱっとつけることができるようになったので問題ないかな。

ユニバーサルレンズキャップをレンズに被せている写真

レンズだけでなく、マウント部分にも装着することができるので、このアイテムだけでレンズを安全に持ち運ぶことができます。

ユニバーサルレンズキャップをレンズに被せている写真

ユニバーサルレンズキャップのメリット

レンズ交換の際にキャップを付け替える手間を減らしてくれるユニバーサルレンズ。ただこのアイテムを利用するか価値はそれ以外にも大きく分けて2つあります。

まずは放射線状に広がる特徴的なデザインのバンパー。このバンパーがレンズを落としてしまった際に衝撃を吸収し、レンズを保護する役割を果たしています。

過去に何度かレンズ交換をしようとカメラバッグからレンズを取り出そうとした時に誤って落としてしまったことがあったのですが、そんな時にもダメージを最小限に食い止めてくれると思うと心強い。

また、レンズを密閉状態で保護できるため、防水・防塵といった効果もあります。これなら山や川といった自然環境にレンズを持ち運ぶ際にも安心してレンズを持ち運ぶことができます。

実際に濡らしてみる勇気はなかったので、防水効果を検証している動画を代わりに載せておきます▼

KUVRD(カバード)ユニバーサルレンズキャップを使ってみた感想

カメラを撮り歩く男性の写真

KUVRD(カバード)ユニバーサルレンズキャップのレビュー記事をお届けしてきました。実際に使ってみると写真を撮り歩くのストレスが一つ少なくなる便利な撮影機材だと思います。

レンズキャップを装着する手間を解消したい方や、大事なレンズをより安全な状態で持ち運びたい方には、ぜひ購入してみてください!

>クラウドファンディングのページは下記からどうぞ▼

KUVRD(カバード)ユニバーサルレンズキャップをチェックする

ユニバーサルレンズキャップのPV動画はこちら▼