おすすめガジェット

kindle無印(第10世代)レビュー!小説やビジネス書を読むのにおすすめのエントリーモデル端末

kindle無印(第10世代)レビュー!小説やビジネス書を読むのにおすすめのエントリーモデル端末

Kindle端末で読書をはじめてから一年近くが経ちます。

最初はkindle PaperWhiteを利用していたのですが、使い勝手の良さが気に入り、今では最上位版のkindle Oasisを愛用中。

もっとKindleを多くの人に利用してもらいたいなということで、購入ガイド的な記事も書きました。

kindle端末の選び方まとめ!3機種の比較、広告ありなしの違いなど徹底解説kindle端末4機種の比較&選び方まとめ!おすすめのキンドルがわかる【2021年】

記事の中で様々な角度からKindle端末全シリーズを比較しているのですが、その中でエントリーモデルにあたるKindle(無印)を触ったことがなかったので、実際に購入して使用感をチェックしてみました。

ということで、本記事ではエントリーモデルのKindleを購入しようか検討している方に向けてに下記を紹介します。

  • kindle無印(第10世代)の基本的な使用感
  • Kindle PaperWhiteやOasisとの比較

Kindle(無印・10世代)の外観

今回購入したエントリーモデルのKindle(無印)。2018年12月に発売された10世代のモデルになります。

Kindle(無印・10世代)のパッケージ

パッケージを開封すると付属品がずらり。

Kindle(無印・10世代)の付属品一覧

Kidle Oasisの付属品一覧
  • Kindle(無印・10世代)本体
  • 充電ケーブル(micro-usb)
  • 説明書

そしてこちらがKindle(無印・10世代)の本体。

Kindle(無印・10世代)を正面から撮影

サイズは160 mm x 113 mm x 8.7 mm(174g)となっており、とてもコンパクト。重さは通常のスマホよりもやや軽いぐらいです。

Kindle(無印・10世代)の大きさを一般的なスマホと比較する様子

左右や上部には特に操作周りに使うものはなく、底面に充電用のmicro-USBポートと電源ボタンが搭載されているのみ。

Kindle(無印・10世代)の充電用ポート

USB-C充電器を使って充電したいという方は、Amazonから発売されているUSB-C to micro-USBケーブルを使用すると運用が楽になります。

Amazonベーシック USB-C to micro-USBケーブル

Kindle(無印・10世代)の設定方法について

外観をチェックしたらさっそく起動して自分のAmazonアカウントに入れるように設定を行います。

手順は至ってシンプルなのですが、一個だけ注意するべき点があるので設定手順も紹介します。

STEP.1
言語選択

端末を起動させるとまずは言語選択画面が表示されるので「日本語を選択」

Kindle(無印・10世代)kindleの設定画面

STEP.2
wifi接続

次は使用するWifi環境を選びパスワードを入力

Kindle(無印・10世代)kindleの設定画面

STEP.3
Amazonアカウントログイン

ネット接続できる状態なったらAmazonアカウント用のメールアドレスとパスワードを入力

Kindle(無印・10世代)kindleの設定画面

STEP.4
2段階認証の番号を入力

Amazonアカウントの2段階認証を有効紙にてしている方は手持ちのスマホに6桁の数字が送られるので、それを入力して設定完了!

Kindle(無印・10世代)の設定画面

注意

2段階認証の番号を入れても、再びSTEP3の画面が表示されてしまい、先に進めなくなる不具合たまに起きるようです。

この状態に陥ってしまったら、「二段階認証の無効化」をしてから、再度STEP3を実行しましょう。

Kindleの設定が済んだら再び2段階認証は有効にすることができるので、セキュリティ面の心配は不要です。


参考 kindle(第10世代)取扱説明書 / ユーザーガイドAmazon公式サイト

Kindle(無印・10世代)を上位機種と比較

Kindle(無印・10世代)の解像度について

Kindle(無印・10世代)でまず一番気になるポイントとして上がりやすいのは解像度(dpi)です。

dpi

1インチの幅の中にどれだけデジタルデータのドットを表現できるかを表した数値。dpiが高いほど、写真の細部が詳細にデジタル化されます。

現行発売されている下記3端末の中でKindle(無印・10世代)の解像度は一段スペックが低いものになっているためです。

  • Kindle(無印版)・・・解像度167dpi
  • Kindle PaperWhite・・・解像度300dpi
  • Kindle Oasis・・・解像度300dpi

解像度167dpiのKindle(無印版)で漫画を読むと少しぼやけて見えるので読みづらい▼

解像度167dpiのKindle(無印版)で漫画を読んだ時の写り方

解像度300dpiのKindle PaperWhiteで漫画を読むと細かい描写までくっきり見えるから読みやすい▼

解像度300dpiのKindle PaperWhiteで漫画を読んだ時の写り方

Kindle(無印)と容量について

kindle(無印)で読書を楽しむ様子

Kindle端末の上位版は容量を8GB or 32GBのどちらかを選択することができますが、残念ながらKindle(無印)は8GBしか選ぶことができません。

8GBと32GBだとダウンロードして持ち運べる冊数が単純に4倍違ってきますし、漫画をたくさん持ち運びたい方は注意が必要。

下記に一般的な容量の小説と漫画をそれぞれどれぐらい持ち運べるかをまとめたので、参考にしてみてください。

小説(4000KB) 漫画(50000KB)
8GB 2,000冊 160冊
32GB 4,000冊 640冊

タカヒロ

解像度が低い点や容量が少ない点から、Kindle(無印)は漫画を読みたい方にはあまりおすすめできない端末であることがわかります。

Kindle(無印・10世代)は防水非対応

Kindle端末3種の防水対応状況は下記の通り。お風呂でゆっくり読書を楽しみたいという方は上位機種を選択した方が安心です。

  • Kindle(無印版)・・・×
  • Kindle PaperWhite・・・◯(IPX8等級)
  • Kindle Oasis・・・◯(IPX8等級)

レスポンスの速さ(処理速度)について

kindle端末のレスポンスの速さはシリーズによって異なり、下記のようになっています。

Kindle(無印) < kidle PaperWhite < Kidle Oasis

エントリーモデルのKidleと最上位版のkidle Oasisを比べると体感でわかるレベルでレスポンス速度に違いがあることがわかります。

Kindle(無印・10世代)レビューまとめ

Kindle(無印・10世代)の基本的な概要や上位機種との比較を中心に情報をまとめてきました。

非常に安価な価格で手が出しやすいのが魅力ですが、下記の方以外はもう一つ上のPaperWhiteを購入した方が後悔がすることがないと思います。

  • 小説やビジネス書などテキストベースの本しか読まない方
  • お風呂での読書はしない方

タカヒロ

ネガティブな面を多く触れてしまいましたが、用途が絞れている方にはとてもいいデバイスだと思うので、じっくり検討してみてください!

Kindle端末の広告あり・なしどっちがおすすめ?両者の違いを徹底比較Kindle端末の広告あり・なしどっちがおすすめ?両者の違いを徹底比較

コメントを残す