おすすめガジェット

狭い机にも最適!モニター掛け式デスクライトBenQ ScreenBar Plusレビュー

狭い机に置くのに最適!モニター掛け式デスクライトBenQ ScreenBar Plus レビュー

デスク周りを明るく照らし、作業環境を整えるのに重宝するデスクライト。

自宅の部屋に書斎スペースをお持ちの方なら多くの方が何かしらの製品を利用していると思うのですが、中にはデスクスペースが狭くて導入に踏み切れないとお悩みの方もいるのではないでしょうか?

そんな方には今回ご紹介するBenQ ScreenBar Plusというアイテムがおすすめ!

下記のような特徴があり、場所を選ばずに手軽に導入できるデスクライトですので、ぜひチェックしていってください。

BenQ ScreenBar Plusの特徴
  • モニター掛け式のデスクライトなので省スペース
  • 明るさを14段階、色温度を2700K~6500Kの間で調整可能
  • 自動調光機能搭載
  • コントローラーの使い勝手抜群
MEMO

本記事はメーカーに製品提供いただいたき、作成しています。

BenQ ScreenBar Plusの外観

今回提供いただいたSceenBar Plus(スクリーンバープラス)。

モニターや照明機器などPC周辺機器を数多く手掛けるBenQから発売されているデスクライトです。

BenQ ScreenBar Plusの商品パッケージ

さっそくパッケージを開封すると、付属品が丁寧に梱包されています。

BenQ ScreenBar Plusの付属品一覧

BenQ ScreenBar Plusの付属品一覧
  • ScreenBar本体
  • ランプクリップ
  • 専用コントローラー
  • 製品説明書
  • 保証書

ScreenBar Plus本体の長さは45cm。21インチ以上のPCモニターであれば長さが余ることなく設置することができます‎。‎

ミニマルで洗練されたデザインが非常に好み。こういうプロダクトは見るとテンション上がりますね!

BenQ ScreenBar(スクリーンバー)の長さは45cm

BenQ ScreenBar Plusの取り付け方法

BenQ ScreenBar Plusの外観と付属品をチェックしたら、さっそくPCモニターに取り付けていきます。

簡単3ステップであっという間に設置が完了します。

STEP.1
ランプクリップとScreenBarをはめ込む

まずはスクリーンバー本体に付属のランプクリップをはめこみます。

BenQ ScreenBar Plusの取り付け方法

STEP.2
モニターにランプクリップを掛ける

次にランプクリップでPCモニター上部を挟んで固定します。公式サイトによると固定できるPCモニターの厚さは1cm〜3cmとのこと。

BenQ ScreenBar Plusの取り付け方法

STEP.3
USB−Cケーブルを接続

最後にコントローラーから二股に分かれている端子を下記のように差し込めば設置完了です

  • USB−TypeC端子 → ScreenBar Plus本体の背面に挿す
  • USB Type-A端子 → 充電器等に挿す

BenQ ScreenBar Plusの取り付け方法

参考 BenQ ScreenBar Plus取扱説明書BenQ公式サイト

BenQ ScreenBar Plusの良いところ・メリット

BenQ ScreenBar(スクリーンバー)の外観・使い方をチェックした後は本製品を実際に使ってみた良いところを3点紹介したいと思います。

モニター掛け式だから省スペース

PCデスクの上はキーボード、マウス、ワイヤレス充電器など様々なガジェットを設置する場合が多く、スペースが狭くなりがちです。

机が狭い場合はさらにデスクライトを設置しようと思うと、スペースが狭くかなり厳しいという状況にもなりかねません。

しかし、モニター掛け式のBenQ ScreenBar Plusなら、デスクライト用の設置スペースが不要なので、問題なく取り付けることが可能です。

PCデスクに通常のデスクライトを設置している様子

また、通常のデスクライトは背の高いものも多く、良く言えば空間のアクセント、悪く言えば空間の圧迫感にも繋がります。

BenQ ScreenBar Plusは遠目にはほとんどライトの存在を感じさせないミニマルさを持っているので、デスク周りの空間をスッキリ見せたい方には最適だと思います。

PCデスクにBenQ ScreenBar Plus(スクリーンバープラス)を設置している様子

タカヒロ

モニターに掛けてデスク周りを照らすというアイデアは非常は秀逸ですね!

明るさ・色温度を自在に調整可能

デスクライトは作業環境によって柔軟に明るさや色温度を変更できるのが大事なポイント。

BenQ ScreenBar Plusその点もとても充実したスペックを誇っています。

明るさ(輝度)

BenQ ScreenBar Plusはライトの明るさを14段階の細かさで調整することが可能。

明るさを最大値にすると、真っ暗な部屋でも割としっかりデスク周りを照らしてくれるので、作業中に手元が暗くて困ることはまずないと思います。

BenQ ScreenBar Plus(スクリーンバープラス)の明るさを最大にする様子
BenQ ScreenBar Plus(スクリーンバープラス)の明るさを最小にする様子

さらにBenQ ScreenBar Plusは自動調光機能も備わっていて、これをONにしておけば部屋の明るさに応じて自動で輝度を変更してくれます。

BenQ ScreenBar PlusをPCモニターに掛けている様子

色温度

BenQ ScreenBar Plusは色温度を2700K~6500Kの間で調整することが可能。

作業内容に応じて色温度を調整すると、快適な作業環境を作ることができるので、積極的に活用したいところ。

読書やデスクで学習する場合は、青みがかった色温度(5000kb程度)に調整すると、白い紙に印刷されてた文字が読みやすいです▼

BenQ ScreenBar Plus(スクリーンバープラス)の色温度を調整している様子

PCモニターを見ながら作業する際は、温かみのある色温度(3000kb程度)に調整すると、目の刺激が抑えられて疲れにくくなります▼

BenQ ScreenBar Plus(スクリーンバープラス)の色温度を調整している様子

コントローラーの使い勝手が抜群

ScreenBar Plusは利用シーンに応じて細かく色温度や明るさを調整できるデスクライトなのですが、操作周りの設計も非常に秀逸。

ホイールをくるくる回しながら、色温度や明るさを調整する操作感はとても気持ちよく、癖になる感覚があります。

BenQ ScreenBar Plusのコントローラー

また、切り替えボタンを押すとの下記がいずれかが点灯し、起動中の調整モードを視覚的に確認できるのも素晴らしいです。

  • 明るさ調整インジケーター
  • 色温度調整インジケーター

BenQ ScreenBar Plusのコントローラー

タカヒロ

何を調整しているかがわかりやすいインターフェイスはストレスなく使う上でとても大事なポイントです。

BenQ ScreenBar Plusのイマイチな点

BenQ ScreenBar Plusは本当に素晴らしい商品なのですが、気になった点も2点あるので紹介したいと思います。

遠近感になれるまでに時間がかかる

BenQ ScreenBar Plusをした当初、目とモニターの間の遠近感が狂う感覚がありました。

モニターの上に凹凸のあるモノがあると、今まで見ていた感覚でモニターを見れないんですよね。

慣れれば全く気にならないものなのですが、使い始めたタイミングで割と気になったポイントでした。

BenQ ScreenBar Plusを使用する様子

モニターに引っ掛けるWebカメラが使用できなくなる

テレワークをしている方の中にはモニターに引っ掛けるタイプのwebカメラを利用している方もいると思います。

ScreenBar Plusをモニターにつけると、webカメラを引っ掛けるスペースがなくなって設置できなくなる可能性があるのは注意ポイント

併用が必要な場合は、webカメラをミニ三脚で支えるなどの対策方法を考えてから、購入しましょう。

webカメラをミニ三脚で支える様子

Ben ScreenBar Plusは曲面ウルトラワイドモニターでも使用可能

Ben ScreenBar Plusはモニターに掛けて使用するデスクライトなので、最近流行の曲面ウルトラワイドモニターでも使用できるか気になる方も多いと思います。

実際に34インチの曲面ウルトラワイドモニターに掛けてみましたが、問題なく設置することができました。

Ben ScreenBar Plusを34インチ曲面ウルトラワイドモニターで使用する様子

真横から見るとこんな感じ。モニターにカーブが掛かっている形状でもあっても取り付けた際の違和感はあまりなさそうです。

Ben ScreenBar Plusを34インチ曲面ウルトラワイドモニターで使用する様子

Ben ScreenBar PlusとScreenBarの違い・スペック比較

今回紹介したBenQ ScreenBar Plasuに廉価版にあたるScreenBarというアイテムもあります。

両者には4,000円ほどの料金差があり、購入する際に悩む方も多いと思うので、簡単に違いを紹介します。

ScreenBar Plus ScreenBar
イメージ
明るさ(輝度) 14段階で調整可能
色温度 2700K~6500Kで調整可能
自動調光
コントローラー ×

デスクライトの基本性のはどちらも同じ。

より快適な操作性を求めてコントローラー付きのScreenBar Plusを選ぶか、価格重視でScreenBarを選ぶかが判断基準になります。

悩ましい選択ですが、コントローラーの操作感は非常に秀逸なので、個人的にはScreenBar Plusをおすすめします。

BenQ ScreenBar Plusの口コミ・評判

最後にBenQ ScreenBar Plusを購入した方の口コミをTwitterで拾ってみたので紹介します。

省スペース性やコントローラーの操作性に対して満足する声が多いのが印象的でした!

Twitter

>

Twitter
Twitter

Twitter

BenQ ScreenBar Plus レビューまとめ

BenQ ScreenBar Plus(スクリーンバープラス)をPCモニターに設置している様子

BenQ ScreenBar Plusは狭いPCデスクでも取り付けやすい省スペース設計の素晴らしいデスクライトでした。

また、明るさや色温度を柔軟に調整できるのも素晴らしいですし、付属するコントローラーの操作感も見事。

値段もそれほど高くなく、コストパフォーマンスに優れた一品だと思いますので、ミニマルなデスクライトが欲しい方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか!

PCデスク周りの便利グッズおすすめ24選!愛用のアイテムを厳選して紹介【2021年】PCデスク周りの便利グッズおすすめ24選!愛用のアイテムを厳選して紹介 【2020年】MacBook Pro・Airおすすめアクセサリー・周辺機器まとめMacBook Pro / Airと一緒に買うべきアクセサリー・周辺機器おすすめ5選 【デスクツアー】MacBookPro愛用ガジェットブロガーのPCデスク周り紹介【デスクツアー】MacBookPro愛用ガジェットブロガーのデスク周り紹介 MacBookでクラムシェルモードを使うメリット・デメリットと必要な周辺機器まとめMacBookでクラムシェルモードを使うメリット・デメリットと必要な周辺機器まとめ

コメントを残す