おすすめガジェット

Anker Eufy HomeVac H11レビュー!コスパ抜群のおすすめハンディクリーナー

【Anker Eufy HomeVac H11レビュー】コスパ抜群のおすすめハンディクリーナー

普段、自宅の掃除はロボット掃除機のeufy robovac 11sにお任せしています。

掃除の手間がなくなるし、ベッドの裏のような手が届きづらい場所も綺麗にしてくれるので、買ってよかったなーと心から思えている家電です。

ただロボット掃除機だけだと下記のようなシーン・場所では不便だなーと思っていました。

  • お菓子の食べかすが床に落ちたときピンポイントで掃除したい
  • ガラスを割ってしまったあとの細かな破片を安全に掃除したい
  • ソファやデスクの上をさっと掃除したい

そこで購入したのが、ハンディクリーナーのAnker Eufy HomeVac H11というアイテム。

他のハンディクリーナーと比べて際立って性能が高いわけではないんですが、圧倒的なコスパの高さを感じさせてくれる素晴らしいいアイテムだったので使用感を紹介したいと思います。

Anker Eufy HomeVac H11はこんな方におすすめ
  • 吸引力や連続使用時間はそこそこでいいから、コンパクトで置き場所に困らないアイテムが欲しい方
  • そこそこの性能のアイテムを安く購入したい方
  • シンプルなデザインの家電が好みの方
一人暮らしのQOLが上がる!買ってよかった家電・サービス20選一人暮らしのQOL爆上がり!買ってよかった家電・サービス20選

Anker Eufy HomeVac H11の外観

今回購入したAnker Eufy HomeVac H11。家電業界のユニクロことAnkerから初めて発売されたハンディクリーナーです。

Anker Eufy HomeVac H11

さっそくパッケージを開封して付属品を並べてみるとこんな感じ。

Anker Eufy HomeVac H11

Anker Eufy HomeVac H11の付属品
  • 掃除機本体
  • コンビネーションノズル
  • USB Type-A to Micro USBケーブル(長さ50cm)
  • 取扱説明書

こちらがハンディクリーナー本体。白を基調としたシンプルでかっこいいデザインです。部屋に置いていてもダサい感じがしないのがグッドです。

Anker Eufy HomeVac H11

正面には電源ボタンや充電時のインジケーター。

Anker Eufy HomeVac H11の電源ボタン

背面には排気口と充電用のUSB端子。

Anker Eufy HomeVac H11の排気口

キャップを外すと黒いダストボックス(吸引口)が現れる構造となっています。

Anker Eufy HomeVac H11の吸引口

Anker Eufy HomeVac H11の特徴

ハンディクリーナーを購入する際は下記のような点が比較ポイントに上がります。

  • サイズ感
  • 吸引力(静音性)
  • 充電時間 / 連続使用時間
  • 丸洗可能かどうか

これらの比較ポイントに照らし合わせながらAnker Eufy HomeVac H11を使ってみた感想をまとめていきます。

軽量コンパクトなボディ

基本的に家電やガジェット類は置き場所に困らないコンパクトなモノが好きです。

そんな中、Anker Eufy HomeVac H11はボディのサイズは337mm(全長)×73mm(直径)となっており、ハンディクリーナーの中でもだいぶコンパクトです。

2リットルのペットボトルとほぼ同じくらいの高さで横幅はスリムにさせたようなサイズ感。

Anker Eufy HomeVac H11とペットボトルを並べて大きさを比較した写真

手でも持ったときのグリップ感もほどよく、軽くて扱いやすいです。(キャップ込みの重さ612g)。

Anker Eufy HomeVac H11を手に持っている様子

他のハンディクリーナーは専用の充電スタンドで充電しなければならないアイテムもありますが、充電ポートにケーブルを挿すだけで充電できるというのも場所を取らないので素晴らしいです。

5500Paの吸引力

Anker Eufy HomeVac H11の吸引力を示す数字は5500Paです。

ハンディクリーナーの中では平均的な吸引力ですが、コンパクトなボディでこの吸引力を実現しているのはなかなかといったところ。

Anker Eufy HomeVac H11

ロボット掃除機では1000~2000Paほどが一般的な数字なので、それと比べると強力な吸引力であることがわかります。

現在愛用している姉妹製品のEufy RoboVac 11S(ロボット掃除機) と比較すると4.2倍の吸引力を実現しています。

Eufy HomeVac H11 Eufy RoboVac 11S
イメージ
吸引力 5500Pa 1300Pa

タカヒロ

スティック型のダイソンの掃除機などはさらに高い吸引力を誇りますが、さっと取り出して使う分には十分なパワーだと思います!

フル充電からの連続稼働時間は13分

Anker Eufy HomeVac H11はリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、2~3時間のフル充電で13分間稼働させることができます。

他のハンディクリーナーは20分ぐらい稼働するものが多く、連続稼働少し短めではありますが、ソファやデスクの上をピンポイントで掃除するには必要十分。

Anker Eufy HomeVac H11を充電する様子

バッテリーば周りで気になるのは充電用のUSBポートがmicro-USBという点。充電ケーブルをUSB-Cに統一したい方にはいまいちなポイントです。。

なるべく運用しやすくしたい場合はAmazonベーシックのUSB-C to micro USBケーブルがあるとおすすめ。

AmazonベーシックのUSB-C to micro USBケーブル

水洗い可能で清潔に保ちやすい

ハンディクリーナーの中にはダストボックスやフィルターを丸洗できないものもありますが、Anker Eufy HomeVac H11どちらも丸洗可能。

Anker Eufy HomeVac H11のダストボックスとフィルター

簡単にダストボックスとフィルターを分割できて、サラッと水洗いができるので、メンテナンス性は問題ないと感じました。

Anker Eufy HomeVac H11のダストボックスとフィルターを水洗いするう様子

注意

ダストボックスとフィルターを水洗いした後は自然乾燥させてから使用するようにしましょう

Anker Eufy HomeVac H11 レビューまとめ

Anker Eufy HomeVac H11はプロジェクターやモバイルバッテリー、ロボット掃除機で有名な『Anker』が発売した初のハンディークリーナーです。

冒頭でも書いた通り、他のメーカーのハンディクリーナーと比べて際立って優秀なスペックの商品ではありませんが、コンパクトなボディで使い勝手も申し分なく買ってよかったです。

気になったは充電ポートがUSB-Cではなくmicro-USBだったことぐらいですかね。

下記のような方はとても満足できるアイテムなんじゃないかなと思います。

Anker Eufy HomeVac H11はこんな方におすすめ
  • 吸引力や連続使用時間はそこそこでいいから、コンパクトで置き場所に困らないアイテムが欲しい方
  • そこそこの性能のアイテムを安く購入したい方

ロボット掃除機との併用でより部屋の捗ること間違いなしだと思いますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

コメントを残す