横浜港・大さん橋からみなとみらい21の夜景と豪華客船を撮影してきた!

横浜港・大さん橋からみなとみらい21の夕景と夜景を撮影してきた!

大さん橋(横浜港大さん橋国際客船ターミナル)とは

大さん橋の屋上広場「くじらのせなか」の写真

大さん橋は、2002年に建てられた客船の発着埠頭です。正式名称は「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」といいます。

年間約100隻の船舶が来航しており、「飛鳥II」、「ぱしふぃっくびいなす」、「ダイヤモンドプリンセス」といった豪華客船を見ることができます。

そして、24時間開放されている大さん橋の屋上広場、通称「くじらのせなか」は、横浜の街を360度見渡すことができるビュースポットで、そこから見える夜景は夜景100選にも選ばれています。

大さん橋への行き方・アクセス方法

大さん橋の最寄駅は、横浜高速鉄道みなとみらい線「日本大通り駅」です。3番出口を出て、徒歩7分ほどでアクセスすることが可能

また、24時間利用可能の駐車場も備わっているので、車でのアクセスも良好。詳しくは下記リンクをチェック▼

大さん橋駐車場の料金・利用時間について

大さん橋からみなとみらいの夕景と夜景を撮影してきた

空気が澄んでいて夜景撮影にうってつけの2月、夕日が沈む少し前に大桟橋へいってきました。

大桟橋の看板の写真

フォトジェニックな屋上デッキ「くじらのせなか」

広々とした大さん橋の屋上広場。とてもおしゃれなウッドデッキで、広場全体が波をイメージしたデザインになっています。海猿などのドラマのロケ地にも登場する場所です。

大桟橋の屋上広場・くじらのせなかの写真

この日はちょうど豪華客船「飛鳥Ⅱ」が寄港していました。初めて見る豪華客船の大きさに驚き。すごい迫力があります。

大さん橋に停泊する豪華客船「飛鳥II」の写真

ウッドデッキの床には横浜三塔(キングの塔、クイーンの塔、ジャックの塔)の方向を指し示すイラスト。ちなみにこちら最近はまっている「GoPro」で撮ってみました。手軽に魚眼レンズを楽しめていいカメラだと思います。

横浜三塔の方向を指し示すイラストを撮影した写真

大さん橋からの景色

フォトジェニックなウッドデッキの撮影を楽しんだら、大桟橋から見える景色をチェック。

まずは都市景観100選に選ばれている「みなとみらい21」が見える西側の景色。まるで絵にかいたような美しい景色で夜景撮影が楽しみになります。

大さん橋から望むみなとみらいの景色

東側には長さ860mの斜張橋「横浜ベイブリッジ」が見えます。

“大桟橋から望む横浜ベイブリッジの写真”

そして、東南側には横浜のシンボルである「横浜マリンタワー」と国の重要文化財に指定されている「氷川丸」を望むことができます。

大桟橋から望む横浜マリンタワーの写真

横浜港大さん橋国際客船ターミナルの中の様子

大桟橋屋上広場を散策したあとは、横浜港大さん橋国際客船ターミナルの中へ。

横浜港大さん橋国際客船ターミナルの館内の写真

とても広い館内にはショップや飲食店がいくつか並んでいます。この日は、カフェ&レストランの「ブルーターミナル」で休憩し、夕焼けの時間を待つことに。

“大桟橋にあるカフェ&レストランの「ブルーターミナル」の写真”

大さん橋から夕景を撮影する

そして、夕焼けの時間。夕日が差し込むターミナル館内。

夕日に染まる横浜港大さん橋国際客船ターミナルの館内の写真

室内デッキから眺める夕焼けもとてもきれいです。

夕日に染まる横浜港大さん橋国際客船ターミナルの館内の写真

再び屋上広場に上がってみると、朱く染まったウッドデッキはとてもいい雰囲気。

夕日に染まる横浜港大さん橋国際客船ターミナルの屋上デッキの写真

大さん橋からみなとみらいの夜景を撮影する

夕日が沈みかけたら、大桟橋一番の撮影ポイントに移動して、三脚をセット。屋上デッキの上は潮風が強く、足が細く軽い三脚だと、ぶれることが多いので注意が必要です。

以前に紹介した「マンフロット190シリーズの三脚」は強い風にもしっかり耐えてくれてとても助かりました。

日が沈むと、徐々にみなとみらいの街に灯りが始めます。

大桟橋から撮影したみなとみらいの夕景

そして日没から約20分後、目の前には>非常に美しいみなとみらいの夜景が広がります。太陽がちょうどみなとみらいの街の後ろに沈んでいくので、空のグラデーションがとてもきれいです。

大桟橋から撮影したみなとみらいの夜景

ユニークな形が特徴的なパシフィコ横浜と高層ビル群

大桟橋から撮影したパシフィコ横浜の写真

みなとみらい地区で一番背が高い、横浜ランドマークタワー

桟橋から撮影した横浜ランドマークタワーの写真

ひときわ目立つ世界最大の時計機能付き大観覧車「コスモクロック21」と「赤レンガ倉庫」たち。

桟橋から撮影した赤レンガ倉庫と大観覧車「コスモクロック21」の写真

そして、完全に日が沈み空は真っ暗に。素晴らしい景色を眺めることができたトワイライトタイムで、撮影していてとても楽しかったです。

大桟橋から撮影したみなとみらいの夜景の写真

撮影ポイントのすぐ側には、ライトアップされた豪華客船「飛鳥Ⅱ」。昼に撮影した時も迫力がありましたが、ライトアップされた姿はさらにすごい

大桟橋に停泊する豪華客船「飛鳥Ⅱ」の写真

日が沈み切った後もまだまだ撮影タイム。大さん橋の東側へ移動し、まずはベイブリッジを撮影。毎時間、20分〜30分、50分〜0分の2回行われる青色のライトアップの時を狙うのがおすすめです。

大桟橋から撮影したライトアップされたベイブリッジの写真

最後はライトアップされた横浜マリンタワーと氷川丸をパシャり。とにかく潮風が強くてとても寒かったのでここで機材を片づけて大桟橋をあとにしました。

大桟橋から撮影したライトアップされたマリンタワーと氷川丸の写真

夕景から夜景にかけて撮影したタイムラプスもぜひチェックしてみてください▼

大さん橋からみなとみらいの夜景を撮影した感想

大桟橋に停泊する豪華客船「飛鳥Ⅱ」の写真

初めて訪れた横浜港大さん橋国際客船ターミナ。非常に美しい景色を撮ることができる素晴らしいスポットでした。気なった方はぜひ夜景を撮りに行ってみてください!

※豪華客船が停泊していると、みなとみらい方面の視界が遮られてしまうので、単純に夜景撮影を楽しみたい方は停泊している時期は避けたほうがいいかもしれません。

横浜港周辺の夜景撮影スポットまとめは下記記事をチェック▼

横浜みなとみらいの夜景撮影スポットまとめ!定番から穴場まで13ヵ所紹介

2018.06.12

一眼レフカメラで綺麗な夜景を撮るコツは下記記事をチェック▼

【保存版】夜景を綺麗に撮影するためのカメラの設定・コツまとめ

2018.06.05