1万円で買える良コスパのメカニカルキーボード!ロジクール Signature K855 レビュー

1万円で買える無線メカニカルキーボード!ロジクール Signature k855 レビュー

平日リモートワークで仕事をする時や休日にブログ記事を執筆する際はMacBookをクラムシェルモードで使用するのが基本スタイルです。

なので、より快適な作業環境を求めてマウスや外付けキーボードはそこそここだわってアイテムを選ぶようにしています。

タカヒロ

過去にレビューしてきた10台以上あり、Macの外付けキーボードまとめという記事も執筆しています。

そんな中、新たに気になるキーボードを見つけました。

ロジクールから発売されているテンキーレスメカニカルキーボード「SIGNATURE K855GR」という製品です。

必要最低限の機能に絞り、1万円で購入可能という高いコスパを実現した素晴らしいキーボードでしたので、本記事にて紹介していきたいと思います!

Signature K855のメリット
  • テンキーレスでコンパクト
  • メカニカル特有の心地よい打鍵感
  • 電池式で長く愛用可能
  • 5,000万回のキーストロークテストをクリアした高い耐久性
  • キーボードが自立する
  • 最大3台のマルチペアリング対応
  • Logi Bolt対応
Signature K855のデメリット
  • キーキャップの見た目が少しチープ
  • バックライト非搭載
  • 有線接続非対応
ロジクール SIGNATURE K855の製品仕様
カラー グラファイト
オフホワイト
発売日 2022年8月4日(木)
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)
約355.2 × 38.8 × 138.8mm
本体重量
(電池含む)
692.4g
カラー グラファイト、オフホワイト
キーレイアウト 日本語配列(テンキーレス)
キー構造/デザイン メカニカル
キーピッチ 約19mm
キーストローク 約4±0.4 mm
押下圧 約45±15g
電池寿命 最長36ヶ月
操作距離 約10m
無線方式 Logi Bolt USBレシーバー、Bluetooth® Low Energy
MEMO

本記事はメーカーに製品提供いただき、作成しています。

Signature K855の外観

今回提供いただいたSignature K855。

様々なPC周辺機器を手掛けるロジクールから発売されたテンキーレスのメカニカルキーボードです。

Signature k855の製品パッケージ

さっそくパッケージを開封すると同梱品がずらり。

Signature k855の付属品一覧

Signature K855の付属品一覧
  • キーボード本体
  • 説明書類
  • 製品保証書
  • Logi Bolt USBレシーバー
  • 単4電池×2

こちらがキーボード本体。グラファイトとオフホワイトの2種類の中から後者を選択しました。

アルミニウムでできたトップケースとホワイトのキーキャップの組み合わせはシンプルでかっこいい印象を受けました。

Signature k855製品本体

底面には電池ケースとチルトレッグを搭載。

Signature k855製品本体

チルトレックを立てると12°の傾斜がつき、タイピングがしやすくなります。

Signature k855製品本体を横から撮影した写真

Signature K855のメリット

次にSignature K855を実際に使用してみて感じた本製品のメリット・良い点を5つ紹介していきます。

メカニカルキーボードらしい心地よい打鍵感

Signature K855はキー構造にメカニカルキーボードを採用しており、タイピングした際のクリック音がとても心地よいです。

スコスコという軽快なクリック音が鳴るとタイピングがリズミカルにできて楽しいですね。

職場では使用するには周りに気を使ってしまいそうですが、リモートワークやフリーランスで自由にキーボードを選べる環境なら、メカニカルキーボードはとても良い選択肢だと思います。

Twitter

ちなみにメカニカルキーボードのキー軸は3種類(赤・茶・青)から選択することができる場合が多いですが、Signature K855のキー軸は赤軸のみとなっています。

赤軸は3種類の中では一番くクリック音が小さくキーが軽いので控えめにメカニカルキーボードを楽しみたい方におすすめ。

キー軸ごとの違いは以下の通り▼

音の大きさ
キーの軽さ
クリック感
赤軸
★★(小さい)
★★★(軽い) ×
茶軸 ★★★(小さい) ★★★(軽い)
青軸 ★★★(大きい) ★★(重い)

長く使える電池式

Signature K855は長く使える電池式

キーボードはUSB充電できる製品と電池で駆動するタイプの2つに別れますが、Signature K855は後者を採用しています。

  • USB充電式
  • 電池式

ここは好みが分かれる部分かと思いますが、電池式はバッテリー内蔵式のUSB充電タイプに比べるとバッテリー寿命を気にせず長く使い続けられるメリットがあります。

Signature K855は5,000万回のキーストロークテストをクリアした高い耐久性も誇っているので、その点からも長く愛用できそうです。

Signature K855でタイピングする様子

ちなみに公式サイトによると一回電池を交換してしまえば36ヶ月は使用できるとのことですので、取り替えの頻度もかなり少なめ。

電池を買い換えるのが面倒という方は充電して使い回せるエネループを導入してしまうのもおすすめです。

チルトレックを使うと自立する

MX keys mini for macでタイピングする様子

Signature K855は傾斜を作るためのチルトレック上手く活用すると写真のように自立させることができるようになります。

僕は普段クラムシェルモードでMacBookを使っているのですが、場合によってはMacBook本体のキーボードでタイピングするため、省スペースで置けるのは便利だなと思いました。

マルチペアリングが可能

MX keys mini for macでタイピングする様子

Apple純正のMagic keyboardは Bluetooth接続できるデバイスが一台のみとなっており、使いが勝手がいまいちです。

しかし、Signature K855マルチペアリングに対応しており、最大3台のデバイスにBluetooth接続が可能。

Mac/win両方のキー配列に対応しているので、複数デバイスをお持ちの方に嬉しい仕様となっています。

Logi Bolt対応

MX keys mini for mac

Signature K855はロジクール独自の「Logi Bolt」接続もサポートしています。

Logi Bolt

従来のUnifyingレシーバーの上位互換となるロジクール独自の無線通信規格。

より安全でクローズドな接続ができるようになっているのが特徴。

先日発売されたMX Master 3SはMXシリーズのマウスの中で初めてLogiBoltに対応。

この2つのデバイスを組み合わせれば、Logi Bolt対応のキーボートとマウスを使用することが可能です。

Signature K855のデメリット

次にSignature K855を使用してみて感じたデメリットを4点紹介します。

キーの印字がチープな印象

Signature K855はキーの印字がシールタイプ

写真だと伝わりづらいかもしれませんが、Signature K855はキーの印字がシールで貼り付けているような見た目をしています。

ここが個人的には本製品を使ってみて一番気になったポイント。

2色成型のキーキャップと比べると、どうしてもチープな印象を受けてしまうので、ここは惜しいなぁ…。

バックライトがない

Signature K855はバックライトでキーを光らせることが出来ません。

バックライトを使うと電池の消耗も激しくなりますし、個人的にはあまり使う機会は少ないので気になりませんが、暗い場所での視認性を求める方には不向きな製品です。

日本で購入できるのはJIS配列キーボードのみ

Signature k855はJIS配列のみ

Signature K855は海外向けにはUS配列のモデルが発売されているのですが、残念ながら日本国内で購入できるのはJIS配列の製品のみとなっています。

僕はUS配列のキーボードを愛用しているので、なんとかUS配列キーボードも扱ってほしいところ。

US配列のキーボードがほしいという方はMX Keys mini for Macの購入を検討するのがおすすめです。

有線接続に非対応

Signature K855の接続方式はBluetooth or Logi Boltのみとなっており、有線接続には非対応です。

個人的にはキーボードを有線接続して使いたい場面はないので全く気になりませんでしたが、キーボードの入力遅延にシビアな方には向かないかもしれません。

Signature K855とMX Mechaicalのスペック比較

Signature K855を使用する様子

ロジクールはSignature K855とほぼ同時期にMX Mechanicalという別のメカニカルキーボードを発売しています。

MX Mechaicalシリーズのほうがスペック的には充実している点が多いので、Signature K855のデメリットとして紹介した項目が気になる場合は、MX Mechaicalシリーズを検討するのが良さそうです。

Signature K855 MX Mechaical
イメージ
カラー オフホワイト
グラファイト
グラファイト
レイアウト テンキーレス フルサイズ
テンキーレス
キー軸 赤軸 赤軸 / 茶軸 / 青軸
キーキャップ シール型 2色成型
バックライト ×
有線接続 ×
バッテリー 電池式 USB充電式

Signature K855 レビューまとめ

Signature K855を使用する様子

ロジクールから発売されたメカニカルキーボードのSignature K855を紹介しました。

有線接続やバックライトなどの機能はありませんし、印字もシールタイプでちょっとチープ。

しかし、その分価格や安く抑えられておりメカニカルキーボードを安価に導入できるのが本製品の魅力だと感じました。

Signature K855のメリット
  • テンキーレスでコンパクト
  • メカニカル特有の心地よい打鍵感
  • 電池式で長く愛用可能
  • 5,000万回のキーストロークテストをクリアした高い耐久性
  • キーボードが自立する
  • 最大3台のマルチペアリング対応
  • Logi Bolt対応
Signature K855のデメリット
  • キーキャップの見た目が少しチープ
  • バックライト非搭載
  • 有線接続非対応

デメリットとして上げた部分も多くの人にとってあまりネガティブな要素にはならない気がしますし、良コスパな製品に仕上がっていると思います。

なるべく手頃な価格でメカニカルキーボードを導入してみたいという方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか?

ロジクール SIGNATURE K855の製品仕様
発売日 2022年8月4日(木)
カラー グラファイト
オフホワイト
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)
約355.2 × 38.8 × 138.8mm
本体重量
(電池含む)
692.4g
カラー グラファイト、オフホワイト
キーレイアウト 日本語配列(テンキーレス)
キー構造/デザイン メカニカル
キーピッチ 約19mm
キーストローク 約4±0.4 mm
押下圧 約45±15g
電池寿命 最長36ヶ月
操作距離 約10m
無線方式 Logi Bolt USBレシーバー、Bluetooth® Low Energy
PCデスク周りの便利グッズおすすめ24選!愛用のアイテムを厳選して紹介【2022年】PCデスク周りの便利グッズおすすめ30選!愛用のアイテムを厳選して紹介

2 COMMENTS

コメントを残す