【書斎ツアー】憧れのアイランド型ワークスペースを作ったので工夫した点、買ったものを紹介

【書斎ツアー】憧れのアイランド型ワークスペースを作ったので工夫した点、買ったものを紹介

10月の終わりに引越しをしまして、新居で生活する環境を整えています。

まずはじめに整備を始めたのはデスク周りの作業環境。在宅勤務をしていることもあり、ここを整備しないと仕事に影響をきたしてしまうためです。

今回は下記3点をコンセプトにワークスペースをセットアップ。

  • デスクを壁から離したレイアウト(アイランド型)に挑戦
  • MacBookProをクラムシェルモードで使用するのに最適化
  • 必要なものがすぐに手に届く導線設計

色々構想していたものが揃い、満足の行く環境になったので工夫した点や買ったものを紹介したいと思います!

アイランド型レイアウトの書斎スペース全体像

まずは書斎スペースの全体像から紹介していきます。

我が家では1LDKのリビングスペースの1/3ほどを書斎スペースに充てており、アイランド型のレイアウトでPCデスクを設置しています。

アイランド型レイアウトのデスクスペースの全体像

デスクの後ろには2段5列の収納スペースがあり、仕事中に必要なモノは何でもすぐに取り出せます。

デスク後ろに設置された無印良品のスタッキングシェルフ

日々の仕事はMacBook Proをクラムシェルモードで利用するのが基本スタイル。

机の上は縦置きされたMacBookProと外付けのキーボード、マウスが置かれています。

作業に集中できるよう最低限のものしか置かないようにしていることや、アイテムをすべてダークグレーに統一しているのがこだわりポイントです。

デスク上に置かれているガジェットを撮影した写真

配線周りは「とにかくシンプルに、目立たないように」がコンセプト。

まず外付けモニターはThunderbolt3対応のものを採用し、MacBookの給電とディスプレイ出力をケーブル一本でできる状態を実現。

デスク上に配置したガジェット類

アイランド型のレイアウトでデスクを設置した場合、デスク正面にケーブルトレーを置くとすごく悪目立ちしてしまうのがデメリット。

そこで、デスクへ電力を共有する電源タップはテーブルの横に設置したケーブルトレーに収納。

アイランド型デスクに設置したケーブルトレー

その他の部分も極力ケーブルが目立たないようにいろいろな工夫をして、見た目はスッキリ、生産性は抜群のデスク環境を構築しました。

アイランド型デスクの天板裏

アイランド型の書斎を作るために買ったインテリア・ガジェット

ここからは今回のワークスペースを構築するために導入したインテリア・ガジェットたちをじっくりと紹介していきます!

LOWYA パイン無垢材 ダイニングテーブル

LOWYA パイン無垢材 ダイニングテーブル

デスクはLOWYAのパイン無垢材 ダイニングテーブルを使用しています。

このデスクを購入した理由は以下の通り。

  • 無垢の天板を使っていて質感が良く、脚のデザインもおしゃれ
  • 天板が140 × 70cmとそこそこ広い(横幅は120、140、160cmの3タイプがある)
  • 天板の厚みが3cmあり、モニターアームの取り付けにも十分耐えられる

これだけの条件が揃っていて値段は2万円台前半なのでコスパも非常に優れているデスクだと思います。

オカムラコンテッサセコンダ

高級デスクチェアオカムラコンテッサセコンダ

デスクチェアはオカムラコンテッサセコンダを愛用中。

座面位置や肘掛けの高さなど7つのパーツを様々なパーツを好みの位置に調整することができ、正しい姿勢での作業を協力にサポートしてくれる頼れる相棒です。

メッシュ素材で長時間座っても蒸れない点や、かっこいいデザインもお気に入り。この先も当分この椅子にお世話になっていくつもり。

最近肘掛けの部分の損耗がひどいので交換パーツを買わなければと思っています。

【レビュー】テレワークの救世主!オカムラコンテッサセコンダを2ヶ月使ってみた感想まとめ【レビュー】テレワークの救世主!オカムラコンテッサセコンダを2ヶ月使ってみた感想まとめ

MacBook Pro 14インチ

MacBook Pro 14インチ

メインPCとして愛用しているのはMacBook Pro 14インチ。

出先で作業をすることも多く、扱うデバイスは最小限に留めたいという理由から、もう10年近くMacBook Proがメイン機です。

2020年Intel製MBPからM1Proチップ搭載MBP買い替えたことで下記のような恩恵があり、すごく気に入っています。

  • M1Proチップ搭載で処理が爆速
  • SDカードスロットやHDMI端子搭載の充実したインターフェイス
  • ベゼルレスの大画面なディスプレイ
  • ProMotion対応(リフレッシュレート)
  • 全然熱を発しないからクラムシェルモードを安心して使える
M1Pro搭載MacBook 14インチレビュー!使ってわかったメリット・デメリットまとめ【2020年intelモデルと比較】M1Pro搭載MacBook 14インチレビュー!使ってわかったメリット・デメリットまとめ【2020年intelモデルと比較】 【購入ガイド】MacBook Air・Proの選び方を初心者向けに解説!【初心者向け】MacBook Air・Proの選び方を解説!カスタマイズの目安も紹介

BenQ EW3280U(4K32インチモニター)

BenQ EW3280U(4K32インチモニター)

MacBookProの外付けモニターにはBenQの4K32インチモニター、EW3280Uを使用。

下記のような特徴がある万能PCモニターです。

  • USB−C給電&外部モニター出力がケーブル一本で可能
  • 内蔵スピーカーの音質が良い(ホームシアターシステム2.1ch構成)
  • 電子ペーパーモードが便利
  • 付属リモコンが便利

以前に構築していたPCデスクでは、MacBookとモニターの間にBelkin Thunderbolt3 Express Dock Pro HDというドッキングステーションを経由し、ケーブル一本であらゆることができる状態を作っていました。

Belkinのドッキングステーション

しかし、USB−C給電&外部モニター出力がケーブル一本で可能になったことやMBPにSDカードスロットが搭載されたことで、ドッキングステーションなしのミニマル構成でクラムシェルモードが使えるように。

また、PCモニターは正直スピーカーの品質がイマイチなものも多いですが、EW3280Uはモニター正面に出力2Wのステレオスピーカー、そして背面に出力5Wのサブウーファーを搭載していて、音質もなかなか良い。

BenQ EW3280Uの背面スピーカー

値段は8万ほどするのでなかなか高価な部類のモニターですが、付加価値がとても高いので、とてもおすすめです。

BenQ EW3280U レビュー!仕事にもゲームにも使えるおすすめ万能4KモニターBenQ EW3280U レビュー!仕事にもコンテンツ視聴にも最適なおすすめ4Kモニター

Apple Magic TrackPad 2

Apple Magic TrackPad 2

MacBookProをクラムシェルモードで使用する際のマウス操作はApple純正TrackPadで。

MBPのトラックパッドによる直感的な操作感が大好きなので、マウスよりもTrackPad派です。

下記のように使い勝手がいまいちな点もあるのですが、これ以外に選択肢がないのでしばらくはこのアイテムにお世話になっていきます。

  • マルチペアリングできない
  • 充電端子がLihgtning
Magic Trackpad 2(スペースグレー)レビュー!MacBookをクラムシェルモードで使うのに最適なデバイスMagic Trackpad 2(スペースグレー)レビュー!MacBookをクラムシェルモードで使うのに最適なデバイス

Satechi Slim X1 Bluetooth Backlit Keyboard

Satechi Slim X1 Bluetooth Backlit Keyboard

外付けキーボードにはSatechi Slim X1 Bluetooth Backlit Keyboardを採用。下記のような点がお気に入りです。

  • テンキーレスでMacBookProと同じ感覚でタイピングできる
  • US配列を採用している
  • カラーがダークグレー
  • USB-C端子で充電可能

以前にレビューしたMX keys miniも非常に素晴らしい商品なのですが、日本国内ではJIS配列のものしか発売されていないのがネック。

米AmazonでUS配列の製品を購入することも検討していますが、今のところはSatechi Slim X1 Bluetooth Backlit Keyboardが一軍キーボード。

Mx keys mini レビュー!省スペースで使いやすいおすすめテンキーレスキーボードMx keys mini レビュー!省スペースで使いやすいおすすめテンキーレスキーボード

Satechi バーティカルラップトップスタンド

Satechi バーティカルラップトップスタンド

MacBook Proを縦置きするためのスタンドはSatechi バーティカルラップトップスタンドを採用。下記の3点がお気に入りのポイント。

  • アルミ削り出しのボディ
  • スペースグレーのカラー
  • スタンドの幅を調整できる
satechiのラップトップスタンドレビュー!MacBookと相性抜群の縦置きノートパソコンスタンドSatechiのラップトップスタンドレビュー!MacBookと相性抜群の縦置きノートパソコンスタンド

Anker powerport strip pd 6(電源タップ)

Anker powerport strip pd 6

デスクスペースへ電力供給するための電源タップはAnker powerport strip pd 6を使っています。

下記のような魅力がある、とても使い勝手に優れたアイテムです。デスク周りに使用する電源タップはこれ一択なんじゃないかと思うほど素晴らしい。

Anker powerport strip pd 6の魅力
  • PD対応のUSB-Cポート(最大30W)を1つ搭載
  • USB-Aポート(最大12W)を2つ搭載
  • プラグが干渉
  • ほこり防止シャッターを搭載
  • 3Pプラグ対応
  • コンセント同士が干渉しないように、差込口は間隔が広めの設計

使用するガジェットを考えると差し込み口の数は3つある姉妹製品のAnker PowerPort Strip PD 3で十分。

しかし、こちらの製品はケーブルの長さが若干短くアイランド型デスクには不向きだったので、PowerPort Strip PD 6を採用しました。

PowerPort Strip PD 3 PowerPort Strip PD 6
イメージ
差込口 3 6
延長コード 1.8m 2.0m
Anker PowerPort Strip PD 3レビュー!ごちゃつく配線がスッキリする便利な電源タップごちゃつく配線がスッキリする最強の電源タップ【Anker PowerPort Strip PD 3レビュー】

プラスGarage ワイヤーケーブルトレー Sサイズ

プラスGarage ワイヤーケーブルトレー Sサイズ

デスク周りの配線を綺麗に整理するためのトレーにはプラスGarage ワイヤーケーブルトレー Sサイズを採用。

下記の条件を満たしている完璧なケーブルトレーだったため、Amazonで見つけた瞬間すぐに購入したアイテムです。

  • テーブル横に設置できる40cm以下のコンパクトなアイテム
  • テーブルの脚の色に合わせてカラーはブラック

このケーブルトレーのおかげでデスク正面から見た時にもあまり配線周りが目立たずに済んでいるので、とてもありがたい存在。

MAVEEK(マビーカ) ケーブルクリップ

MAVEEK(マビーカ) ケーブルクリップ

天板裏にはMAVEEK(マビーカ) ケーブルクリップを設置。

これによってワイヤーケーブルトレーから外付けモニターへつながる配線が全く目だたず、美しい外観を保てます。

両面テープで簡単に止めることができるので気軽さがいいです。

【配線整理】PCデスク周りのケーブルをすっきり見せるための手順と買ったもの紹介【配線整理】PCデスク周りのケーブルをすっきり見せるための手順と買ったもの紹介

無印良品 スタッキングシェル

無印良品 スタッキングシェル

デスクの後ろには書斎スペースで一番見どころだと思っている無印良品のスタッキングシェル2列5段。

デスクワークの際に必要なアイテムはここにまとめて収納しており、振り返れば必要なものがすぐに手に取れるようにしています。

スタッキングシェルに下記のようなカスタムパーツを組み合わせて自分好みにアレンジしています。

  • FLAP(スタッキングシェルフ専用 棚カバー)
  • 無印良品 スタッキングチェスト

扉カバーの中にはあまり見栄えが良くないアイテムを隠して収納しています。

無印良品 スタッキングシェル

見せる収納におすすめ!無印良品のスタッキングシェルフの使用例、一緒に買ったもの紹介見せる収納におすすめ!無印良品のスタッキングシェルフの使用例、一緒に買ったもの紹介

スタッキングシェルフの上も有効活用

スタッキングシェルフの上にあるガジェット類

スタッキングシェルフの上にはお気に入りの生活雑貨や使用頻度の高いガジェットを配置しています。せっかくなので3点ほど特にお気に入りのアイテムを紹介。

MagSafe対応3in1ワイヤレス充電器

MagSafe対応3in1ワイヤレス充電器

iPhone、Apple Watch、AirPodsの3つをまとめて充電できるMagSafe対応3in1ワイヤレス充電器。

見た目もおしゃれなので、充電器でありながらオブジェのような存在感を放つお気に入りアイテム。

MagSafe対応3in1ワイヤレス充電器の決定版!Belkin BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafeレビューMagSafe対応3in1ワイヤレス充電器の決定版!Belkin BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafeレビュー

長尾製作所 マウススタンド

長尾製作所 マウススタンド

普段はマウス操作をトラックパッドで行うのですが、Photoshopを使うときはスポットでMX Master 3を利用しています。

そんなワンポイントで愛用しているマウスを美しく飾りたいなと思って購入した長尾製作所 マウススタンド。

見た目もかっこいいし、マウスのサイズに合わせてピンの位置を自由に調整できるから汎用性が高いのが素晴らしいです。

OBJT REVERSE(お香立て)

OBJT REVERSE(お香立て)

デスクワークの休憩中やリラックスして仕事をしたいときはお香を焚くようにしています。

その際愛用しているのがお洒落お香立てのReverse。

名前の通り、お香を逆さに吊るすようにして使用するアイテムなのですが、灰が散らからずに機能的な点がとてもお気に入りです。

逆さまに吊すお香立て。OBJT Reverseのおしゃれと機能美を語る【レビュー】逆さまに吊すお香立て。OBJT Reverseのおしゃれと機能美を語る【レビュー】

HOKUTO 防湿庫

HOKUTO 防湿庫の写真

スタッキングシェルの隣にはカメラの防湿庫を置いています。

ブログを書いていると記事用に写真を撮る機会が非常に多いのですが、デスクの後ろに防湿庫があるとすぐに機材が取り出せて何かと便利。

生活動線的にこの場所に置いて大正解です。

ドローアライン(おしゃれ突っ張り棒)

おしゃれ突っ張り棒のDRAW A LINEの写真

HOKUTO 防湿庫の横にはおしゃれ突っ張り棒のDRAW A LINEを設置。

ここには普段外出する際に使用しているリュックを引っ掛けたり、フェイクグリーンを吊り下げています。

デスクスペースにリュックが引っ掛けられていると帰った時にすぐに定位置に戻せるし、身支度しがしやすくて便利。

また、空間を引き締めておしゃれな空間を作ってくれる役割も果たしてくれているので、お気に入りのアイテムです。

ドローアライン(DRAW A LINE)レビュー!生活空間を彩るお しゃれな突っ張り棒ドローアライン(DRAW A LINE)レビュー!生活空間を彩るおしゃれな突っ張り棒

アイランド型のワークスペースを構築するメリット・デメリット

人生で初めてアイランド型のワークスペースの構築に挑戦してみて感じたメリット、デメリットは以下の通り。

アイランド型書斎のメリット
  • デスク作業に必要な物にすぐアクセスできる
  • モニター裏の配線整理がしやすい
  • 開放感があって作業に集中しやすい

アイランド型書斎のデメリット
  • 配線を隠して綺麗に見せるのが難しい
  • 電源タップは通常よりも長めのものを選ぶ必要がある
  • 部屋のスペースを壁付けレイアウトよりも多く取る
  • モニター背面がお洒落なデザインのものを選ばないと見栄えが悪くなる

【追記】SwitchBotのスマート電球&LEDテープを導入

書斎スペースに設置したSwitchBot社のスマート電球&LEDテープ

夜もいい雰囲気で作業ができるように、SwitchBotのスマート電球&LEDテープを書斎スペースに導入しました。

SwitchBot社のスマート照明はコスパが高く、使いやすいのでとてもおすすめです。

【レビュー】SwitchBot スマート電球&テープでデスク周りの照明をスマート化した話。デスク周りの照明をスマート化した話。SwitchBot スマート電球&LEDテープ レビュー

PCデスク周りの便利アイテム

MacBookと周辺機器

下記の記事ではこれまで使ってきたPCデスク周りの便利グッズをまとめて紹介しています。

デスク環境の変化で使わなくなってしまったものありますが、生産性があがる珠玉の名品ばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

PCデスク周りの便利グッズおすすめ24選!愛用のアイテムを厳選して紹介【2021年】PCデスク周りの便利グッズおすすめ24選!愛用のアイテムを厳選して紹介

デスク環境の紹介記事バックナンバー

過去に構築したデスク

こちらの記事では旧居で構築したデスク環境について紹介しています。

今回紹介したデスク環境とは全く違うコンセプトのデスクスペースとなっているので、チェックしていただけると嬉しいです!

【デスクツアー】MacBookPro愛用ガジェットブロガーのPCデスク周り紹介【デスクツアー】MacBookPro愛用ガジェットブロガーのデスク周り紹介

デスクをすっきりさせるマガジンに追加いただきました!

今回紹介したアイランド型デスク、noteでもワークスペース紹介記事を執筆しているのですが、なんとGo Andoさんの「デスクをすっきりさせるマガジン」に追加いただきました!

Go Andoさんは僕がかっこいいデスクを追求したいと思うきっかけとなった方なので、感無量です。

Twitterでもシェアいただいたので、ブログでも掲載させていただきます!

Twitter

本記事と一緒に投稿したTweetも多くのいいねをいただきました!ありがとうございます。

Twitter

アイランド型の書斎スペースを作った感想

かねてから憧れていたアイランド型の書斎スペースを作るために考えたこと、買ったものをまとめました。

アイランド型のレイアウトでデスクを配置すると配線周りには気を使うし、場所もとるので不便な点も多々あります。

しかし、部屋全体を見渡しながら仕事をできる感覚や必要なものをすぐに手に取ることができるようになるなどのメリットがあり、導入してよかったです。

まだ新居のレイアウトは色々悩んでいるので、もしかしたらデスクの位置をガラッと変える可能性もあるのですが、しばらくはこのスタイルで仕事をしていきたいと思います!

コメントを残す