Amazonブラックフライデーのおすすめ商品

iPhone 14Proレビュー!使ってみてわかったメリット・デメリットまとめ

2022年9月に発売されたiPhone14 proを購入しました。

毎年、新しいiPhoneに買い換えるタイミングはいつもワクワクします。

iPhone12から13シリーズへ移行した時は変更点が少なく、少し寂しい印象がありましたが、今回は進化点も多く、スマホライフがアップデートされた感覚があります。

そこで本記事ではiPhone14Proを一ヶ月使用して感じたメリット・デメリットを紹介していきます。

記事後半では「iPhone14シリーズを安く買う方法」や「iPhone14Proの良い口コミ・イマイチな口コミ」も紹介しているので、購入を検討している方はぜひチェックしていってください!

iPhone 14Proのメリット
  • Dynamic IslandのUIが心地よい
  • 常時点灯が便利!
  • 48MPでの撮影が可能に
  • シネマティックモードがパワーアップ
  • アクションモード搭載で手ブレ補正が強力に進化
  • 衝突事故検出を搭載
iPhone 14Proのデメリット
  • カメラのサイズが大きい
  • Dynamic Islandはゲームに不向き
  • バッテリー持ちそこまで良くないかも
最新iPhoneは楽天モバイルが最安値

iPhone 14Proを選んだ理由

iPhoneを見比べる様子

iPhone 14シリーズはminiが廃止され下記4つのモデル展開となっています。

  • iPhone 14
  • iPhone 14 Max
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Pro Max

4モデルを比較してみると、スタンダードモデルのiPhoneの進化点はかなり少ない印象…。

「買い換えるなら、少しでも目に見える変化を楽しみたい!」ということでiPhone14 Proを購入するに至りました。

全モデル共通の進化した点
  • カメラに「アクションモード」を搭載
  • シネマティックモードが進化
  • 衝突事故検出を搭載
  • フロントカメラにオートフォーカス機能が搭載
Proモデルのみの進化した点
  • A16 Bionicを搭載
  • ダイナミックアイランド搭載
  • ロック画面の常時点灯に対応
  • 広角カメラの画素数が48MPにアップ

iPhone 14Proの外観

今回購入したiPhone14 Pro。2022年9月に発売された最新モデルのiPhoneです。

iPhone14 Proの製品パッケージ

パッケージを開封すると付属品がずらり。

iPhone14 Proの付属品一覧

  • iPhone 14Pro本体
  • Lightningケーブル
  • 説明書

こちらがiPhone本体。4色のカラーバリエーションの中からシルバーを選択しました。

iPhone14 Proの本体

iPhone14 Proのカラーバリエーション
  • シルバー
  • スペースブラック
  • ゴールド
  • ディープパープル

操作周りはiPhone13シリーズから大きな変化は特になく、端末右サイドには大きめのホームボタン。

https://smartparty.jp/wp-content/uploads/2022/11/iphone-14-pro-package.jpg

左サイドは音量調整ボタンとマナーモード切り替えボタン。

iPhone14 Proを左から見た写真

底面にはLightning端子とスピーカーという構成になっています。

iPhone 14Proの底面にあるLightning端子

iPhone 14Proのメリット

それではここからは実際にiPhone 14Proを実際に1ヶ月触ってみて感じた点を紹介していきます。

ダイナミックアイランドのUIが心地よい

iPhone14 Proシリーズに新しく搭載されたダイナミックアイランドではバックグラウンドで動いているアプリや情報を常時表示してくれるようになりました。

タップすればすぐにバックグラウンドアプリに戻れるし、これはなかなか便利だなと思いました。

縦横ににゅるっとカタチを変えて浮かび上がるアニメーションが気持ち良いのも好印象です。

iPhone14Proを使用する様子

個人的に一番便利だなと感じたのはマップで経路案内を使っているとき。

Dynamic Islandが最低限の情報を表示し続けてくれるから、行き先を確認しつつ他のアプリを操作することができるからです。

iPhone14 Proでマップアプリを使ったときのスクショ
iPhone14 Proでマップアプリを使ったときのスクショ

また、僕はiPhoneのホーム画面をカスタマイズしているのですが、iPhone13シリーズまではアプリを立ち上げた時にショートカットの通知が大きく表示されるのがストレスでした。

iPhone14Proではこのショートカット通知もダイナミックアイランド内で表示されるようになり、全く目立たなくなったのが嬉しいです。

iPhone14 Proでアプリを立ち上げたときのショートカット通知
iPhone13 miniでアプリを立ち上げたときのショートカット通知

常時点灯が便利!

iPhone14Proはロック画面の常時点灯を備えており、時計やウィジェット、ライブアクティビディなどをいつでも確認することができます。

最初はiPhoneが置き時計になるぐらいしか思ってなかったのですが、これが思った以上に便利。

iPhone14 Proの常時点灯ディスプレイ

例えば従来は「タイマー」を利用する場合一定時間立つと画面が黒くなってしまい、残り時間の確認ができませんでした。

しかし、iPhone14Proならロック画面に切り替わっても、タイマーの残り時間が表示され続けるので、不便さを感じることがありません。

こんな感じでアプリ稼働中にロック画面に切り替わっても情報を取得できるのはなかなか便利です。

iPhone14 Proの常時点灯ディスプレイ

ちなみに常時点灯すると画面焼けが気になる方もいるかもしれませんが、iPhoneの画面は有機ELディスプレイを使用しているので、画面焼けが起こる心配はありません。

48MPでの撮影が可能に

iPhone14 Proは広角レンズの画素数を12MPと48MPで選択できるようになりました。

画素数が増えることは良いことばかりではないのですが、ここぞというときの一枚にこだわりたい時に重宝する機能です。

48MPで撮るメリット
  • 写真の細かなところまで綺麗に描写してくれる
  • トリミング耐性が高くなる
48MPで撮るメリット
  • データが大きい
  • 高感度性能が低い(暗い場所でノイズが出やすい)

こちら48MPと12MPで撮影した写真。ぱっと見の印象はどちらも同じよう見えるかもしれません。

48MPで撮影した写真
12MPで撮影した

しかし、拡大してみると明らかに48MMPで撮影したときの方が細かな部分までしっかり描写していることがわかります。

48MPで撮影した写真
12MPで撮影した

48MPでの写真撮影を行う際には下記のようにいくつかの制約があるので注意しましょう▼

  • カメラで「RAWモード」をオンにする
  • 1倍の状態で撮影する
  • 十分に明るい場所で撮影する(ナイトモードを使わない)
  • DNG (Digital Negative) ファイルフォーマットの編集環境が必要

シネマティックモードがパワーアップ

iPhone13シリーズから搭載されたシネマティックモード。

ポートレートモードのように背景をぼかした動画が撮れる機能なのですが、こちらは13シリーズから下記のような点がパワーアップしました。

iPhone14シリーズ iPhone13シリーズ
動画サイズ フルHD or 4K フルHDのみ
フレームレート 24 or 30FPS 24FPSのみ
ボケの精度

実際にiPhone14Proのシネマティックモードで撮影した動画。

ぼかし部分と被写体部分の境界がiPhone13シリーズよりも自然でクオリティが高くなっています!

アクションモード搭載で手ブレ補正が強力に進化

iPhoneといえば強力な手ぶれ補正があることが売りのスマホですが、iPhone14 Proはさらにアクションモードという機能を搭載しています。

このモードを使うと走っている映像も滑らかな動画になるよう補正をかけることが可能。

下記はiPhone13 miniとiPhone14 Proの手ぶれ補正の効き目を検証した動画。

違いは一目瞭然、ジンバルいらずこんな映像が撮れるなんて凄すぎ…。

衝突事故検出

iPhone14シリーズは衝突事故検出機能という新機能が搭載されています。

車が激しく衝突したことを検知すると、緊急通報サービスにつなげてくれる機能です。

デバイスに内蔵されている高重力加速度センサー、気圧センサーやマイクなどを駆使し、正面衝突、側面衝突、追突、横転の4種類を測定してくれるそう。

転倒検出機能に加え、衝突事故検出も備わったことで、不測の事態でのユーザーをサポートがさらに強固なものになりました。

Apple Watchの衝突事故検出

iPhone 14Proのデメリット

続いてiPhone 14Proを一ヶ月使用して感じたデメリットを3つ紹介していきます。

バッテリー持ちは思ったほど良くない

iPhone14proは下記のようなバッテリー容量を誇ります。

元々iPhone13 miniを使っていたので、大幅に電池持ちがアップすることを期待していました。

  • iPhone 14 Pro Max → 4,323mAh
  • iPhone 14 Pro → 3,200mAh
  • iPhone 14 → 3,279mAh
  • iPhone 14 Plus → 4,325mAh
  • iPhone 13 mini → 2,406mAh
  • iPhone 13 → 3,227mAh
  • iPhone 13 Pro → 3,095mAh
  • iPhone 13 Pro Max → 4,352mAh

ただ実際に使用してみると思ったよりバッテリー持ちは良くないなぁという印象を受けました。

下記のような設定変更をするとバッテリー持ちが改善するので、気になる方は設定を見直すといいかもしれません。

  • リフレッシュレート120Hzから60Hzに変更
  • 常時点灯表示をオフにする

でも、iPhone14proならではの機能を我慢しないといけないのは寂しいなぁ…。

カメラのサイズが大きい

iPhone14 Proのカメラは前モデルと比べるとかなり出っぱっている印象があります。

机に平置きしてiPhoneを操作すると出っ張りのせいで少し傾くのがわかります。

ケースをつけてしまえば目立たないですが、これはあまり美しい形状ではないな…と率直に感じてしまいました。

iPhone14Proのカメラ

ダイナミックアイランドはゲームには不向き

バックグラウンドで動くアプリの状態を確認するのに便利だと紹介したダイナミックアイランド。

島のように独立しているが故に、ゲームをするときには従来のiPhone以上に存在感が気になりました。

慣れたら問題ないかもしれませんが、ゲームを頻繁にする方には不向きなデバイスかもしれません。

iPhone14 Proでゲームをする様子

iPhone14シリーズは楽天モバイルがお得

iPhoneを操作する様子

新型のiPhoneを購入する場合、購入方法は下記のいずれかになります。

  • AppleストアでSIMフリーのiPhoneを買う
  • 4大キャリアでiPhoneを買う

少しでもお得にiPhone14シリーズを買いたいなら、楽天モバイルへの乗り換えがお得です。

下記は4大キャリアのiPhone14 Proの購入価格をまとめた表なのですが、楽天モバイルは各キャリアの中でダントツに価格が安いことがわかります。

容量 楽天モバイル ソフトバンク au NTTドコモ
128GB 164,800円 175,680円 175,860円 174,130円
256GB 181,800円 201,600円 201,925円 198,880円
512GB 214,800円 238,320円 238,555円 238,480円
1TB 247,800円 275,040円 275,415円 275,220円

※各キャリアの価格は2022年10月25日の内容になります

iPhone14 Pro以外のシリーズももちろん楽天モバイルがすべて最安値です▼

4キャリアのiPhoneの価格比較表を見る

楽天モバイルは回線が繋がりづらいエリアがあるのがデメリットといわれてきていますが、記事執筆時点でのエリアカバー率は97%となっています。

大体の場所で問題なく使用できるキャリアになってきているので、ぜひ乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

楽天モバイルでiPhoneをチェック

iPhone14 Proを購入した方の口コミ・評判

次に独自アンケートで集めたiPhone14Proを購入した方の良い口コミ・悪い口コミをいくつか紹介します。

良い口コミはカメラ性能の向上に驚く声が多くががっているのが印象的でした。

悪い口コミとしてはバッテリー持ちや重さが気になるといった意見が多かったです。

良い口コミ

iphone 11proからの変更だったので、かなり大幅なアップデートと進化を感じました。

ネットのスピード、読み込み速度、カメラの精巧さなどどの部分でも非常にスペックが上がっており、買ってよかったと思っています。

良い口コミ

ゲームをやっているので以前の機種と比べると動作が非常になめらかになり超快適です。

そして音も奥行きのあるダイナミックな高音質が楽しめるようなりました。

MagSafe充電やワイヤレス充電にも対応している所が便利です。

良い口コミ

カラーはディープパープルを購入しましたが、箱を開封した時から今までにないスタイリッシュな色味がとっても綺麗で惚れ惚れしました。

また、カメラの画質がさらに向上しており、色味が濃くはっきり映るような印象です。

新しく搭載されたDynamic Islandもタイマーをセットしている時やミュージックを使用している時に表示されているのでわざわざアプリを開かなくても済むところが便利でした。

良い口コミ

何よりもカメラの性能の向上が大きいです。

3眼になったことでぼかしが綺麗でポートレートを上手く撮れるようになりました。

また、iPhone8plusからの移行でしたが画面サイズも思っていたより大きく、ホームボタン無しでの操作も分かりやすくスムーズでした。

ダイナミックアイランドでのページ遷移もサクサクで便利です。

悪い口コミ

以前使っていたiPhone11より体感少し重くなったなぁと感じています。

カメラの性能が良くなったからには避けられぬことではありますが、重量感はかなりあります。

あと丸いフォルムから昔のような角ばったフォルムになり、iPhoneの厚みも若干増えたのかなぁと思います。

慣れだとは思いますが、運動もするのでもう少し軽いほうが嬉しかったなぁと思っています。

悪い口コミ

負荷がかかるゲームをやっているのですが、思っていた以上にバッテリーの持ちが悪いです。

本体重量が重いので長時間ゲームをやっていると手に負荷がかかります。

そして本体が熱くなると画面が自動的に暗くなるのがイマイチです。

悪い口コミ

やはり重いです。

大きさ自体はそこまでiPhoneXSと変わらないくらいでしたが、カバーリングをつけないと片手で操作をする時に落としそうになります。

リングをつけていても重さが一点集中してしまうので少し辛いです。

また、画質の向上に伴ってか背面のカメラの出っ張りが更に巨大化しており、その分ケースを分厚い物を使用したりする必要があります。

もう少し薄く・軽量化して欲しいと感じました。

悪い口コミ

機種の問題なのかiOSの問題なのかは分からないのですが、充電の持ちが思っていたほど良くはありませんでした。

変えたばかりでも普通に使っていて夜には充電がなくなります。

また、カメラの出っ張りはかなり気になります。車のワイヤレス充電を使う時、カメラの部分が干渉してピッタリはまらず充電が上手くできていないこともあります。

iPhoneの選び方

iPhoneの選び方

iPhoneは型落ちモデルを含め10以上のモデルが併売されています。

下記の記事ではiPhoneを選ぶ際にチェックすべき項目を紹介した上で、タイプ別おすすめモデルを紹介しています。

どのiPhoneを選ぶかお悩みの方はぜひチェックしてみてください!

【2022年】iPhoneの選び方&おすすめ機種まとめ!SE3・13・12・11買うならどれ?【2022年】iPhoneのおすすめ機種&選び方まとめ!SE3・14・13・12買うならどれ?

iPhone 14Pro レビューまとめ

iPhone14 Proを一ヶ月間使用してみた感想を紹介してきました。

改めてメリット・デメリットをまとめると以下のようになります▼

iPhone 14Proのメリット
  • ダイナミックアイランドのUIが心地よい
  • 常時点灯が便利!
  • 48MPでの撮影が可能に
  • アクションモード搭載で手ブレ補正が強力に進化
  • 衝突事故検出を搭載
iPhone 14Proのデメリット
  • カメラのサイズが大きい
  • ダイナミックアイランドはゲームには不向き
  • バッテリー持ちそこまで良くないかも

購入価格が円安の影響もありかなり高いのがネックではありますが、下記のような方におすすめできるスマホだと思います。

  • 古いiPhoneを買い替えて新鮮な体験がしたい方
  • 写真や動画を撮る頻度が高く、質にこだわりたい方

iPhone13シリーズを購入した方は購入するメリットを感じられるシーンは少ないかもしれませんが、それ以前のモデルを使用している方はぜひ購入を検討してみてください!

最新iPhoneは楽天モバイルが最安値

コメントを残す