おすすめガジェット

仕事から趣味までiPad miniを使い倒す僕の活用方法・使い道を6つ紹介

仕事から趣味までiPad miniを使い倒す僕の活用方法・使い道を6つ紹介

iPad miniシリーズを使い始めて3年目になります。

2019年に発売したiPad mini第5世代でこのシリーズに出会い、2021年に発売されたiPad mini 第6世代も迷わずに購入しました。

iPhoneとMacBookのちょうど中間に位置する絶妙なサイズ感が大好きで、仕事から趣味(プライベート)まで非常に多くのシーンで愛用しています。

タカヒロ

一番好きなデバイスはMacBookでもiPhoneでもなく、iPad mini!それぐらいこのデバイスがお気に入りです。

本記事ではそんなiPad miniをこよなく愛す僕の、iPad miniの使い道を6つに分けて紹介していきたいと思います。

この記事を読めばiPad miniの活用イメージが湧くようになると思うので、ぜひチェックしてみてください!

iPad mini 6レビュー!使ってみてわかったメリット・デメリットまとめ【iPad mini 5と比較】iPad mini 6レビュー!使ってみてわかったメリット・デメリットまとめ【iPad mini 5と比較】

MacBookのサブディスプレイとして使う(Sidecar)

休日は外出してカフェなどでブログ記事を書くことが多いです。そこで重宝するのがiPadに搭載されているSidecarという機能。

Sidecar

iPadをMacのサブディスプレイとして使うモード。

MacにmacOS Catalina以降、iPadにiPadOS13以降を搭載する必要がある

参考 Sidecar で iPad を Mac の 2 台目のディスプレイとして使うApple公式サイト

iPad miniに参考資料を映しながら原稿を書けば作業効率が捗りますし、iPad miniはカフェなどの狭いテーブルも置きやすいのがいいなと思っています。

iPad miniをsidecarモードで使用する様子

出先の作業環境をどこでもデュアルディスプレイ環境に変えてしまうiPad miniは本当に心強い存在です。

ちなみに以前にレビューしたMajextand MはiPad miniを横向きに浮かせて立たせることができるので、Sidecarモードを使用するのと相性が良くておすすめ。

iPad miniでSidecarを使うのにおすすめのスタンド・majextand m

Majextand M レビュー!iPad miniを浮かせて立たせる最強スタンドMajextand M レビュー!iPad miniを浮かせて立たせる最強スタンド

スケッチ&メモ

MacやiPhoneにないiPad独自の強みといえば、Apple Pencilが使えることですよね。

直感的に思考を整理したり、情報をアウトプットできるのは仕事で特に重宝します。

特にiPad miniは小型のメモ帳のような感覚でさっと取り出してメモを書いたり、図解のラフを描くことができたりするのですごく使いやすいなと感じます。

iPad miniでスケッチする様子

特に重宝しているのはMacBookやiPhoneなどにも標準搭載されている純正メモアプリ。

数あるメモアプリの中でこれを愛用しているのはインスタントメモという機能がとても便利だからです。

インスタントメモ

Apple Pencilを手にとって画面を2回タップすれば、すぐにメモアプリが立ち上げることができる機能

iPad mini 6とapple pencil2

他のメモアプリは「画面ロック解除 → アプリ起動 → 新規ノート作成」のようなステップを踏まないといけませんが、このステップを省くことができるのは大きい。

紙のメモ帳を広げてペンでさっと書き出す感覚に限りなく近づけるのでとても気に入っています。

MacBookとの連携マークアップ

MacBookとの連携マークアップ

Apple Pencilはメモアプリやその他のスケッチ系アプリだけでなく、MacBookの連携マークアップも非常に便利です。

連携マークアップ

「リアルタイムでMac上のデータにiPadから加工を加えることができる機能

MacにmacOS Catalina以降、iPadにiPadOS13以降を搭載する必要がある

MacBookで現像した写真データに手書きの補足を書いて味のあるサムネ画像を作ったり、デザインの修正内容を直感的に伝えたり、幅広いシーンで活用が可能です。

参考 MacでファイルにマークアップするApple公式サイト

電子書籍を読む

iPad mini6とKindle Oasis

最近は本を読む時は紙の本ではなく、電子書籍を読むことが多くなってきました。

Kindleストアで購入したビジネス書などはKindle端末で読むことがほとんどですが、「楽天マガジン」や「Kindle unlimited」で読める写真多めの書籍はiPad miniで読んでいます。

iPad miniは片手持ちしてもギリギリ疲れない絶妙なサイズ感かつ、iPhoneよりも大画面で本を読めるのでとても使い勝手がいいなと思っています。

数百冊の本をまとめて持ち歩けるiPad miniがあれば旅の移動中の暇つぶしにも最適。

KindleとiPad mini電子書籍を読むならどっちがおすすめ?シーン別に徹底比較してみた【使い方比較】Kindle端末とiPad mini、電子書籍を読むならどっちがおすすめか解説

動画コンテンツを楽しむ

iPad miniで動画コンテンツを視聴する様子

電子書籍と同様にYoutubeやAmazonプライムビデオなどの動画視聴サービスも頻繁に利用しています。

じっくりコンテンツ視聴を楽しみたい時は大画面のテレビで見るのですが、家事の合間や、ちょっとした休憩時間にBGM的な感じで動画を流す時はiPad miniを使っています。

家の中のどこにでも持ち歩きやすい、立て掛けやすいサイズ感だからこそ、こういった柔軟な使い方が可能だと思っています。

これはiPad AirやProの大きさではなかなか真似できなiPad miniの強みです。

ブラウザでの調べ物・SNSのチェック

脱スマホ依存にiPhoneとiPad miniを使い分けが最適だった話」という記事の中でも紹介しているのですが、僕はiPhoneとiPad miniを使い分けるようにしています。

iPhoneとiPad miniの使い分けルール
  • iPhoneには外出する際に使う必要最低限のアプリしかインストールしない
  • SNSや動画アプリはiPad miniに集約
  • 自宅ではiPad miniしか触らない
  • ipad miniは外に持ち歩かない

iPad mini 6で調べ物をする様子

なので、日々生活している中でふと疑問が湧いたことがあったり、SNSをチェックしたいときがあればiPad miniを開きます。

調べ物をしたあとは内容をメモに残したり、何かしらメモを残したりすることもことも多いので、インプット&アウトプットがスマホより大きな画面できると、作業もはかどって便利です。

SNSの更新も同様に大きな画面のほうが作業しやすいなと思います。

脱スマホ依存にiPhoneとiPad miniを使い分けが最適だった話【デジタルデトックス入門】脱スマホ依存にiPhoneとiPad miniを使い分けが最適だった話

iPad miniのおすすめアクセサリー・周辺機器

iPad miniのおすすめアクセサリー・周辺機器

iPad miniは周辺機器・アクセサリーを買い足すことでより快適に利用することができたり、潜在能力を最大限に発揮できたりするようになるデバイスです。

下記の記事では僕が愛用しているiPad miniアクセサリーを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

【2021年】iPad mini 6と一緒に買いたいおすすめアクセサリー&便利グッズまとめ【2021年】iPad mini 6と一緒に買いたいおすすめアクセサリー&便利グッズまとめ 見なきゃ損!Apple製品を安く買う方法まとめ【常時3.5%~15%OFF】Apple製品を安く買う方法まとめ!常時3.5%~15%OFF

iPad miniの活用方法・使い道まとめ

iPad mini 6を手に持つ写真

iPad miniを仕事からプライベートまで使い倒している僕の活用方法・使い道を7個厳選して紹介してきました。

iPad miniは携帯性に優れた絶妙なサイズ感がウリのデバイスで、MacBookやiPhoneと併用して使うのに最高のデバイスだと思います。

本記事でiPad miniの新たな活用方法を発見したり、このデバイスの魅力を知って一人でもiPad miniユーザーが増えたらとても嬉しいです!

2 COMMENTS

匿名

いつも楽しく読んでます(^^)
要望なのですが、タカヒロさんがiPhoneとiPad miniに入れてるアプリの紹介記事を読んでみたいです。

ご検討よろしくお願いします。

返信する
タカヒロ

温かいコメントくださり、ありがとうございます!!
ちょうどアプリに焦点を当てた記事を書きたいなと思っていたので、ぜひ執筆させていただければと思います(^^)

返信する

コメントを残す