おすすめガジェット

Fire TV Stickおすすめはどれ?無印 / 4K / Cubeの選び方&スペック比較まとめ【2021年】

Fire TV Stickおすすめはどれ?無印 / 4K / Cubeの選び方&スペック比較まとめ【2021年】

Amazonで発売されている人気の動画ストリーミングデバイス、Fiire TV シリーズ。

Amazonのサブスクサービスだけでなく様々なVOD・音楽アプリのハブとして使用できる魅力的なデバイスです。

そんなFire TVシリーズ、現行では3種類の製品ラインナップがあるのですが、違いがわかりづらく、どれを買えばいいか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか?

本記事ではそんな方に向けてFire TVシリーズ(無印/4K/Cube)のできることを整理した上で、各デバイスの違いをわかりやすく説明していきます。

きっと本記事読めば自分にあったFire TVシリーズがわかると思うので、是非チェックしてみてくだい!

この記事の結論
  • お手持ちのテレビがフルHD対応ならFire TV Stick
  • お手持ちのテレビが4K対応ならFire TV Stick 4K
  • スマートスピーカーと動画ストリーミングを一台で実現したいならFire TV Cube
  • 本記事のイチオシデバイスはFire TV Stick 4K

Fire TVシリーズ(無印/4K/Cube)でできること

Fire TVシリーズ3機種の違いを解説する前に、まずはこのデバイスでやれることを簡単に紹介していきます。

VODのハブとして活躍

Fire TV Stcickシリーズの魅力はなんといいっても多種多様なサービスをテレビでから使用できるようになるのが一番の魅力。

これがあればスマホやPCではなく、大画面のテレビで気軽に映画やドラマを楽しむことができるようになります。

Fire TV Stick 4KでFire TVコンテンツを視聴する様子

また、プライムビデオやHuleといったVODサービスだけでなく音楽アプリやSNSアプリなど様々なサービスのハブとして使うことが可能です。

VODサービス
  • プライムビデオ
  • Hule
  • Tver
  • FOD
  • Paravi(パラビ)
  • DAZON
  • NetFlix
  • Hule
その他サービス
  • Amazon Music
  • AWA
  • youtube
  • ABEMA
  • Apple TV
参考 Fire TV Stick 4K対応のサービス・アプリ一覧Amazon公式サイト

タカヒロ

Fire TVがあれば自宅でのコンテンツ視聴がさらに楽しくなります!

アレクサで音声操作

Fire TVシリーズはAmazonのAIアシスタント、Alexaを搭載しています。

付属リモコンの音声認識ボタンを押しながらAlexaに話しかけることで、様々なタスクを音声操作することができます。

Fire TV Stick 4Kでアレクサ音声操作する様子

ほんの一例ですが、私が実際に使用する音声コマンドは以下の通り▼

できること セリフ
Fire TVコンテンツの操作 プライムビデオを見せて
ウォーキング・デッドを再生して
30分早送りして
次のエピソードにして
タイマー起動を起動 タイマー1分
天気をチェックする 今日の天気は?
ニュースを聞く 今日のニュースを教えて
Amazonで買い物 〇〇をカートに追加
注文の配送状況を確認して
Amazon musicを再生 aikoの曲を流して
参考 Alexaでできること一覧Amazon公式サイト

タカヒロ

Fire TV Stickがあればテレビが巨大なスマートディスプレイに早変わり!

Amazon Echo Show 5 レビュー!コンパクトで便利なスマートディスプレイAmazon Echo Show 5 レビュー!コンパクトで便利なスマートディスプレイ 【SwitchBot Hub Miniレビュー】コスパに優れたおすすめスマートリモコン!NatureRemoとの比較も【SwitchBot Hub Miniレビュー】コスパに優れたおすすめスマートリモコン!NatureRemoとの比較も

Fire TVシリーズ(無印/4K/Cube)のスペック比較・違い解説

Amazonが出がける動画ストリーミングデバイス、Fire TV シリーズには下記の3つがあります。

  • Fire TV Stick
  • Fire TV Stick 4K
  • Fire TV Cube

それぞれのデバイスのスペックを比較すると下記のようになります。

Fire TV Stick
(第3世代)
Fire TV Stick 4K
(第2世代)
Fire TV CUbe
(第2世代)
イメージ
解像度 1080p、720p、最大60fps 4K Ultra HD、HDR、HDR10
Dolby Vision、HLG、HDR10+
4K Ultra HD、HDR、HDR10
Dolby Vision、HLG、HDR10+
プロセッサ(CPU) クアッドコア 1.7GHz クアッドコア 1.7GHz ヘキサコア
クックドコア 2.2GHZ + ディアルコア 1.9GHz
オーディオ Dolby Atmos Dolby Atmos Dolby Atmos
ハンズフリー操作
内蔵スピーカー
4K対応
口コミ Fire TV Stickの口コミを見る Fire TV Stick 4Kの口コミを見る Fire TV CUbeの口コミを見る

タカヒロ

ここからはもう少し細かく各デバイスの違いを解説していきます。

Fire TV Stick(第3世代)

Fire TV Stick(第3世代)

エントリーモデルとして販売されているFire TV Stick(第3世代)。

3モデルの中で唯一第3世代の製品が発売されており、上位機種のFire TV Stick 4Kにスペックが大幅に近づいています。

また、リモコンにアプリボタンと番組表ボタンが追加され、より直感的に操作ができるようになっているのが特徴。

4Kには非対応なので、お手持ちのテレビがフルHDの方はこちらを購入するのがおすすめです。

ただし、将来的に4Kテレビを購入する予定があるなら、上位機種のFire TV Stick 4Kを購入したほうが後々後悔しないかもしれません。

Fire TV Stick 4K(第2世代)

Fire TV Stick 4K(第2世代)

Fire TVシリーズでダントツにレビュー数が多く、圧倒的な人気を誇っているFiire TV Stick 4K(第2世代)。

Fire TV Stick(第3世代)とFire TV Stick 4K(第2世代)の違いは動画コンテンツをより高画質で見ることができるかどうかの一点です。

  • Fire TV Stick:フルHD
  • Fire TV Stick 4K:4K

タカヒロ

所有しているテレビが4Kに対応している方かつ、スマートスピーカーの使用頻度が少なめの方におすすめのデバイスです!

【レビュー】Fire TV Stick 4Kのできること、初期設定、Fire TV Cubeとの違いまとめ【レビュー】Fire TV Stick 4Kのできること、初期設定、Fire TV Cubeとの違いまとめ

Fire TV Cube(第2世代)

Fire TV Cube(第2世代)

ここまで紹介してきたFire TV Stickシリーズとは異なる商品コンセプトを持っているFire TV Cube(第2世代)。下記2点がFire TV Stickとの大きな違いです。

Fire TV CubeとFire TV Stickの違い
  • 一台で動画ストリーミング + スマートスピーカーの2役をこなせる
  • 処理能力の高い

少し分かりづらい部分になるので、詳しく解説していきます!

一台で動画ストリーミング + スマートスピーカーの2役をこなせる

冒頭でも紹介したとおり、Fire TV シリーズ3機種はどれもAlexaを搭載しており、音声操作で様々なタスクを実行することが可能。

しかし、Fire TTV Stick(無印/4K)は本体にスピーカーが内蔵されていないため下記のようなデメリットがあります。

  • リモコンをマイク代わりにしてアレクサ話しかけないといけない
  • TVをつけている時しか使えない

Fire TV Cubeは3シリーズで唯一筐体内にスピーカーが内蔵されており、ハンズフリー操作が可能。

fire tv cubeはスピーカー内蔵

そのため下記のような状況でも音声操作できるため、一台で動画ストリーミングデバイス + スマートスピーカーの役割を一台でこなすことができます。

Fire TV Stick Fire TV Cube
リモコンをマイク代わりに音声操作
テレビ使用中にAlexaを操作
リモコンを使わないで音声操作 ×
テレビを付けずにAlexaを操作 ×
テレビのON/OFF
地デジの切り替えを音声操作
×

処理能力の高い

Fire TV Cubeに搭載されているCPUは3シリーズの中で一番スペックが高いです。

クアッドコアがヘキサコアになっているのを人間に例えるの脳が4つから6つに増えたというイメージ。

Fire TV Stick(第3世代)
Fire TV Stick 4K(第2世代)
Fire TV Cube
(第2世代)
プロセッサ(CPU) クアッドコア 1.7GHz ヘキサコア
(クックドコア:2.2GHZ+ディアルコア:1.9GHz)

これによってボタン操作・音声の反応・ロード時間など、あらゆるスピードが段違いにさくさく動くようになっています。

わかり易い例をあげると3シリーズでは下記のように再起動にかかる時間に違いがあります。

  • Fire TV Stick → 50秒
  • Fire TV Stick 4K → 50秒
  • Fire TV Cube → 30秒

タカヒロ

スマートスピーカーと動画ストリーミングデバイスの機能を統合し、配線周りをスッキリさせたい方やさくさくコンテンツ視聴を楽しみたい方におすすめのデバイスです!

Fire TV Cube レビュー!ハンズフリー操作対応でスマートスピーカーとしても使える最強デバイスFire TV Cube レビュー!ハンズフリー操作対応、スマートスピーカーとして使える最強デバイス

イチオシはFire Tv Stick 4K

Fire Tv Stick 4Kでyoutubeを見る様子

ここまでFire TVシリーズ3種類の違いを解説してきましたが、この中からイチオシのデバイスを一つ上げるならFire Tv Stick 4K。

理由を簡単に解説していきます。

Fire Tv Stick vs Fire Tv Stick 4K

今フルHDのテレビを持っている方も今後の4K放送、4Kテレビへの移行の流れを考慮すると、いずれは4Kモデルのテレビを買い換えることになっていくと思います。

そうなった時に、フルHDの映像しか見れないFire Tv Stickはちょっと寂しいですよね。

価格差2,000円を多めに払っても今から4K映像まで対応しているFire Tv Stick 4Kを買ったほうが良いと思います。

Fire TV Stick
(第3世代)
Fire TV Stick 4K
(第2世代)
価格 ¥4,980 ¥6,980
画質 フルHD 4K

Fire TV Stick 4K vs Fire TV Cube

Fire TV Cubeの価格はFire TV Stick 4Kより2倍以上高いです。

動画ストリーミングデバイス + スマートスピーカーの2つの機能を一台でまかなえるのは魅力的ですが、コスパはいまいち。

Fire TV Stick 4K
(第2世代)
Fire TV CUbe
(第2世代)
価格 ¥6,980 ¥14,980
ハンズフリー対応 ×

ハンズフリーでFire TVコンテンツ内を操作したり、テレビをつけなくても音声操作をしたいならEcho Dot (エコードット)とFire Tv Stick 4Kを連携がおすすめ。

この組み合わせならFire TV Cubeと同じことを1万円弱の予算で実現可能できるからです。

僕は配線周りをとにかくシンプルにしたいのでFire TV Cubeを愛用していますが、多くの方が満足する選択肢は値段と品質のバランスが取れたFire TV Stick 4Kだと思います。

Fire TVシリーズを安く買うセール期間がおすすめ

今回紹介したFire TVシリーズ3機種はAmazonのセールで大幅に値引きされることが多いです。

過去の実績でいうと20%OFF~40%OFF程度と割引価格も魅力的です。

通常時の価格もそこまで高いというわけではありませんが、とにかく安い時期に購入したいという方はセールを狙うのがオススメです。

Amazonで開催されるセールの時期

Fire TVシリーズ3種類(無印/4K/Cube)の選び方&比較まとめ

Fire TVシリーズ3種類(無印/4K/Cube)のできることや各デバイスの違いを解説してきました。

Fire TVシリーズはコンテンツ視聴を大画面のテレビで気軽に頼むことができるようになるとても便利なデバイスです。

ぜひ本記事を参考に自分にあったデバイスを購入し、休日やアフター5にリラックスした時間をお楽しみ下さい。

お手持ちのテレビがフルHDの方はこちら▼

お手持ちのテレビが4K対応ならこちら▼

一台で動画ストリーミング + スマートスピーカーの機能をまかないたい方はこちら▼

スマートホーム化のために買ったおすすめのIOTデバイスを厳選紹介スマートホーム化のために買ったおすすめのIoTデバイスを厳選紹介 一人暮らしのQOLが上がる!買ってよかった家電・サービス20選一人暮らしのQOL爆上がり!買ってよかった家電・サービス20選 【Amazonのおすすめ商品】100万費やしてきた僕が生活を便利にしてくれたものをまとめて紹介【殿堂入り】Amazonに100万費やした僕の買ってよかったもの紹介

コメントを残す