Amazonチャージで1,000円キャンペーン

4機種のkindle端末を比較!おすすめのキンドルと選び方を解説

kindle端末の選び方まとめ!3機種の比較、広告ありなしの違いなど徹底解説

Kindleストアで買った電子書籍を読むのに最適化された電子ペーパー書籍、Kindke端末。

現行では4つの製品ラインナップがあり、細かく様々なオプションを選択することができるようになっているのですが、 いざ購入しようと思いAmazonストアにいくとこんな疑問を感じる方も多いはず。

Kindle端末を購入する際に浮かぶ疑問
  • Kindleの製品ラインナップごとの違いがいまいちわからない
  • 広告のありなしが選べるけど実際どんな感じで表示されるの?
  • 容量別にどのくらいの冊数の本がダウンロードできるの?
  • 無料4G回線付きは何ができるの?選択すべき?

タカヒロ

僕自身も購入する時に感じたんですが、Amazonに載っている情報だけだといまいち自分に合う端末やオプションがわかりづらいです・・。

そこで本記事ではKindle端末選びの参考になればと思い、上記の疑問を解決できる情報をまとめてみました!

この記事を読み終われば、自分にぴったり合うKindle端末を選ぶことができるようになると思いますので、ぜひチェックして行ってください!

この記事の結論
  • 端末は機能と値段のバランスが優れたKindle Paperwhiteがおすすめ!
  • 広告なし端末を選んだ方が無難(広告ありは画面ロック解除に一手間増えるのが煩わしい)
  • 容量は小説・ビジネス書メインなら8GB / 漫画メインなら32GBを選ぶべし
  • 無料4G回線オプションは不要(スマホテザリングで代用)

電子書籍リーダーKindleのメリット・魅力

電子書籍リーダーKindle

Kindle端末は電子ペーパーディスプレイ(E-inkディスプレイ)を搭載した電子書籍リーダーです。

電子ペーパーディスプレイ

紙の読みやすさと、自由に書き換えができる電子ディスプレイの長所をあわせ持ったハイブリッドディスプレイ

こちらはKindle PaperWhiteとiPad miniの日光下でのディスプレイのうつり方を比較した写真。

スマホやタブレットに使用されているディスプレイとは全く別物の技術が使われているので、画面の見え方が全然違うことがわかります!

Kindle PaperWhiteとipad miniの日光下での画面の写りを比較した写真

電子ペーパーディスプレイを搭載したKindle端末で読書をすると、下記のようなメリットを得ることができます。

Kindle端末で読書するメリット
  • スマホのようにバックライトを発しないから、目に優しく疲れづらい
  • ブルーライトゼロだから、寝る前に見ても目が冴えない
  • ページをめくるときしか電力を消費しないから、バッテリーが長持ちする
KindleとiPad mini電子書籍を読むならどっちがおすすめ?シーン別に徹底比較してみた【使い方比較】Kindle端末とiPad mini、電子書籍を読むならどっちがおすすめか解説

Kinde端末の評価・口コミ

Kindle端末を購入した方の口コミをTwitterで見てみると満足度の高い口コミが多数上がっていました。

Twitter

Twitter
Twitter
Twitter

タカヒロ

Kindle端末はタブレットのような見た目ですが採用されている技術は全く別物。

本に近いような感覚を得ることができながら、電子書籍として数千冊の書籍を持ち歩ける良いとこ取りなデバイスです!

4種類のKindle(キンドル)端末を比較

そんなKindle端末には4つの製品ラインナップが存在し、それぞれ下記のようなスペックの違いがあります。

Kindle(無印)Kindle PaperwhiteKindle OasisKindle(キッズモデル)
イメージ
値段¥8,980 ~¥13,980 ~¥29,980 ~¥10,980 ~
容量8GB8/32GB8/32GB8GB
広告あり/なしあり/なしあり/なしなし
無料4G回線オプション
画面サイズ6インチ6インチ7インチ6インチ
端末サイズ160 mm x 113 mm x 8.7 mm167 mm x 116 mm x 8.2 mm159 mm x 141 mm x 8.4 mm162 mm x 119 mm x 14 mm(キッズカバー含む)
重さ174g182g188g288g(キッズカバー含む)
解像度167ppi300ppi300ppi167ppi
防水◯(IPX8等級)◯(IPX8等級)
ページ送りボタン
色調調整ライト

タカヒロ

ここからはそれぞれの端末の特徴とどんな方におすすめかを詳しく解説していきます!

(キッズモデルはこのブログの読者の層からは外れるので割愛しますが、基本性能はkindle無印版と同じです)

Kindle(無印)

1万円前後と最も安価な値段で購入することができるモデルのKindle(無印)。

他の2つの端末より解像度が低く、容量も8GBしか選べないので、漫画のように一冊あたりの容量が大きく、絵を楽しむメディアを読むには不向きです。

また防水対応もしていないので、お風呂などでの読書にも向いていません。

タカヒロ

利用シーンが限られてくる端末なので、はっきりとした使い道がイメージできていない場合は、次に紹介するkindle PaperWhiteを検討した方がいいかも

Kindle(無印)はこんな方におすすめ
  • とりあえず電子ペーパーの画面を体験してみたい方
  • お風呂では読書しない方
  • 読書の用途が小説やビジネス本メインの方
  • とにかく端末の軽さにこだわりたい方

Kindle PapWhite

コスパが高くKindle端末の中でも特に人気の高いKindle PaperWhite。

解像度や選択できる容量は上位機種であるKindle Oasisと同様も設定されており、漫画を読むのにも最適だし、多くの書籍を持ち運ぶことができます。

また、防水対応(IPX8等級)もしているので、活躍できるシーンも豊富です。

タカヒロ

僕が愛用しているのもこちらの端末。できることと値段のバランスが絶妙で一番おすすめできる端末です。

kindle PaperWhiteレビュー!防水対応・コンパクトでどこでも読書が楽しめるおすすめ電子書籍リーダー
Kindle(無印)はこんな方におすすめ
  • お風呂での読書を楽しみたい方
  • 漫画も楽しみたい方
  • ある程度端末の軽さにこだわりたい方

Kindle Oasis

Kindleの中で最上位機種にあたるKindle Oasis。

基本的なスペックはKindle PaperWhiteと同等で、より快適な読書環境を追求するために下記のような機能が搭載されているのが特徴です。

  • ページ送りボタンがある
  • 色調調節ライト搭載
  • レスポンスの向上

ページ送りボタン

Kindle Oasisは端末の右側にページ送り用の物理ボタンがついていて、片手で本を読み進めやすい設計になっています。

お風呂なで読書する場合、濡れた指だと画面のスクロールがしづらくなるので物理的なボタンがあると便利。

kindle oasisのメージ送りボタン

色調調節ライト

Kindle Oasisは画面の明るさだけでなく、画面の色の暖かさを調節することができます。これによってより目に優しい状態で読書をすることが可能になります。

KindleOasisの色調調節ライト変更(ホワイト)
KindleOasisの色調調節ライト変更(アンバー)

レスポンスの向上

無印のKindleやPaperWhiteに比べるとOasisはページをめくったり操作した際の際のレスポンスが速いです。

漫画などを読み進める際にもっさり感を感じないのでストレスなく読書が可能になります。

kindleOasisを操作している様子

タカヒロ

機能としては魅力的ですが、PaperWhiteとの値段差が2倍以上開いており、ちょっと購入しづらい金額なのがネックです。

Kindle Oasisレビュー!Kindle PaperWhiteと比較してわかったメリット4つ紹介Kindle Oasisレビュー!Kindle PaperWhiteと比較してわかったメリット4つ紹介
Kindle(無印)はこんな方におすすめ
  • お風呂での読書を楽しみたい方
  • 漫画も楽しみたい方
  • より快適な読書環境を求めたい方

kindle端末の広告付き・なしの違いは?

kindle端末の広告付き・なしを比較した写真

Kindle端末は広告の付き/なしを購入時に選択することができ、後者の方が2,000円値段が高く設定されています。

広告あり・なしの違いが出るのは下記2つです。

  • 待ち受け画面
  • ホーム画面

タカヒロ

僕は最初広告ありの端末を購入したのですが、使っているうちに表示が気になってしまい、広告なし端末を購入し直しました。笑

両方の端末があるので、それぞれの画面をお見せしながら違いを解説していきます!

違い①:待ち受け画面

キンドルの広告ありなしの違い1つ目は、未使用時の待ち受け画面です。

それぞれこんな感じに表示されます。

Kndle(キンドル)広告ありバージョンの待ち受け画面

広告ありではkindleの紹介画像を表示

Kndle(キンドル)広告なしバージョンの待ち受け画面

広告なしではお洒落な画像をランダム表示

また、待ち受けで表示される画像が違うだけでなく、ホーム画面に行くまでの流れも広告のあり・なしには違いがあります。

  • 広告あり:起動ボタンオン → スワイプしてロック解除 → ホーム画面表示
  • 広告なし:起動ボタンオン → ホーム画面表示

見た目に違いがあるだけでなく、操作する際にも一手間かかるというのは注意点

違い②:ホーム画面

キンドルの広告あり・なしの違い2つ目は、起動した後のホーム画面です。

それぞれこんな感じに表示されます。

Kndle(キンドル)広告ありバージョンのホーム画面

広告ありは画面下部にバナー広告を表示

Kndle(キンドル)広告なしバージョンのホーム画面

広告なしはバナーがなく一覧性が高い

Kindleは画面サイズが小さいので、バナーがあると割と圧迫感が出ます。

また、広告としてお得な情報を日々教えてくれるならメリットもあるのですが、表示されるバナーがほぼ変わらず、ただただ画面が狭くなるだけといった印象。

タカヒロ

広告あり端末を一ヶ月ほど使った後、広告なし端末を使ってみるとやっぱり後者の方が快適に読書を楽しめるなーと思いました。

一度購入したKindle端末と付き合っていく買うなら広告なしがおすすめです。

Kindle端末は容量別に何冊ぐらいの本がダウンロードできる?

Kindle端末で漫画「鬼滅の刃」を読む様子

KindlePaper WhiteとKindle Paper Oasisは容量を8GB / 32GBのどちらかを選ぶことができ、後者の方が2000円高い料金設定となっています。

また、Kindle(無印)は容量8GB一択です。

容量別に小説やマンガが何冊ぐらい入るのかの目安は以下の通り。

小説(4000KB)漫画(50000KB)
8GB2,000冊160冊
32GB4,000冊640冊

タカヒロ

小説やビジネス本がメインなら8GBで十分だし、漫画をメインで持ち運びたいなら32GBを検討するのがおすすめです。

無料4G付きオプションは選択すべき?

Kindle PaperWhiteとKindle Oasisは接続方法を2つから選ぶことができます。

  • Wi-Fi接続のみ
  • Wi-Fi接続 + 無料4G回線

無料4G回線付き端末では場所を選ばず、下記のようなことができるようになります。

無料4G付き端末を購入するとできるようになること
  • Kindleストアでの書籍購入
  • 購入済み商品のダウンロード
  • 読み進んだページの同期
  • ・Wikipediaへの接続

街中で気になった本をその場で購入できたり、端末の中の書籍を整理できたりするのはするのは魅力ですが、このオプションのありなしで5,000円以上値段があがってしまうのがネックです。

スマホのテザリングで必要な時にWi-fi接続できれば、上記であげていることは実現できるので、あえて4G回線付きを購入する必要はないと思います。

kindleを安く購入するならセール期間がおすすめ

Kindle端末はAmazonセールが開催されるとお得な値段で購入することができる可能性が高いです。

過去のセール価格をみると、2割引きほどで販売される傾向があります。

通常価格よりも安く購入したい方は下記のセールの時期を狙うのをおすすめします。

Amazonで開催されるセールの時期
  • 1月・・・初売りセール
  • 7月・・・プライムデー(Amazon最大のセール)
  • 12月・・・サイバーマンデーセール(年末のビッグセール)
  • Amazonタイムセール祭り(毎月開催)

電子書籍リーダーKindleの選び方まとめ

就寝前にKidleで読書する様子

Kindle端末の製品ラインナップごとの特徴や購入する際に気になるであろうポイント(広告ありなし、容量、4G回線オプション)について紹介してきました。

Kindle端末は紙とデジタルの良いところ取りをした快適に読書を楽しむのにうってつけのデバイスです。

スマホやタブレットで電子書籍を読んでいる方はぜひ、Kindleで目に優しい読書を始めてみてはいかがでしょうか。

利用シーンがはっきりしていて安さを重視したい方におすすめ

値段と機能のバランスを重視したい方におすすめ

快適な読書環境にとことんこだわりたい方におすすめ

【980円で読み放題】Kindle Unlimited対象のおすすめカメラ雑誌・教本まとめ 【2019年】お風呂で使える防水タブレット12個のスペック比較まとめ【2020年】お風呂で使える防水タブレット12個のスペック比較まとめ

コメントを残す