Amazonチャージで1,000円キャンペーン

Apple信者に捧ぐ、USB-Cで統一されたミニマムなガジェットケースの中身を紹介

USB-Cで統一されたミニマムなガジェットケースの中身を紹介

僕は普段外出する際に下記のデバイスを持ち歩いています。

  • iPhone
  • AirPods Pro
  • Apple Watch
  • Macbook

Appleの製品はそれぞれのデバイスがいい感じに連携できるので、使い勝手の良さにとても満足しているのですが、一方で不満に思っている点もあります。

それは各デバイスの給電ポートの規格が統一されていないということ。

そのせいで、持ち歩くガジェットケースの中はいろんな端子の周辺機器が並び、とても煩わしさを感じていました。

タカヒロ

いい加減Lightning端子なくなって欲しいよー。

この端子が統一されていない問題を乗り越えて、ガジェットケースの中身をミニマムにするにはどうしたらいいのか、、、。

そんなことを考えながら、いろいろな記事を参考にアクセサリー類を買い足していったところ、ようやく満足のいく構成が出来上がりました。

ということで、本記事ではUSB-Cで統一されたミニマムなアクセサリー類たちを紹介していきたいと思います!

Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル

iPhoneやAirPods Proの充電ケーブルとして利用しているAnkerの「PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル」。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル

これがあれば、USB-Cの充電器からiphoneやAirPodsを充電することが可能になります。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル

高耐久ナイロンが使われておりとても丈夫ですし、MFi認証を取得しているので、安心して使用できるのもグッドなポイントです。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル

MFIi認証

MFi認証は、Appleが他社製アクセサリとiPod/iPad/iPhoneとの互換性を保証することを示すものです。「MFiロゴ」マークの付いた製品は、アップル社によって互換性が保障されているといえます。

タカヒロ

USB-C to Lightningのケーブルは充電の速度も向上するので、USB-Cに統一できるし、一石二鳥です!

Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

主にMacBookの給電に使うUSB-C to USB-Cのケーブル。上記と同じく、高耐久ナイロンが使われており、頑丈なので愛用しています

Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

MacBookはもともとUCB-C to USB-Cで給電できるので、ここは特筆すべき点はないですね。

Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

タカヒロ

これは上記で紹介したケーブルと統一感を出すために買ったって感じです。笑

Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック

Apple Watchについてくる純正の充電用ケーブルはUSB-A to 磁気充電というなかなかの曲者

そこで、USB-Cに統一するために僕が購入したのはSatechi USB-C Apple Watch 充電ドックという製品。

Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック

USB-Cポートに直挿しして使う珍しい形のアクセサリーです。

Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック

この製品があれば、MacBookから給電したり、後述するUSBーC対応のモバイルバッテリーから充電が可能になります。

Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック

タカヒロ

デザインもApple製品にふさわしくかっこいいですし、ケーブルがなくなるのも嬉しいところ!

Satechi USB-C Apple Watch 充電ドックレビュー!携帯性に優れたお洒落な充電器Satechi USB-C Apple Watch 充電ドックレビュー!携帯性に優れたお洒落な充電器

RAVPower RP-PC112

充電器にはRAVPower RP-PC112というUSB-Cポートを一つを搭載したアイテムを採用。

RAVPower RP-PC112

窒化ガリウムという技術を用いており、61W充電が可能なのにとてもコンパクトであるのが特徴です。下記は同出力のMackBook純正充電器を大きさを比較した写真。

RAVPower RP-PC112

今まではUSB-CとUSB-Aが混在していたので、両方のポートを一つずつ揃えた製品を使っていたのですが、今はもうこれだけで十分です。

RAVPower RP-PC112

タカヒロ

この小さな充電器があれば、持ち運ぶデバイスを何でも充電できるなんて最高ですよね!

ちなみにUSB-Cポート1つでは物足りないという方は姉妹アイテムである2ポート仕様の「RAVPower RP-PC128」がおすすめ。

RAVPower RP-PC128

RAVPower RP-PC128 レビュー!90W出力でもコンパクトなPD充電器RAVPower RP-PC128 レビュー!90W出力でもコンパクトなPD充電器

Anker PowerCore Slim 10000 PD

モバイルバッテリーには、大容量なのにスリムな「Anker PowerCore Slim 10000 PD」を採用。

Anker PowerCore Slim 10000 PD

USB-Cポートで各種デバイスの充電も、本体の給電も可能です。名前の通りPD対応なので充電速度も申し分なし。

Anker PowerCore Slim 10000 PD

PD(Power delivery

USB Power Delievry(PD)は、USBケーブルを利用して、最大100Wまでの受給電を可能にするUSB電力拡張規格

さらに、上記で紹介したRavPowerのようにPD対応の充電器を使えば、3.5時間ほどで本体のフル充電することできるのも素晴らしいところです。

タカヒロ

10000mAhクラスの大容量モバイルバッテリーはUSB-A to micro-USBの場合、6~7時間かかっていたので、充電時間が半分になるのはすごいです!

Anker PowerCore Slim 10000 PD レビュー!軽くて薄いおすすめモバイルバッテリーAnker PowerCore Slim 10000 PD レビュー!軽くて薄いおすすめモバイルバッテリー

ユウボク東京 デイズポーチ・リモード

今回紹介したアイテムを収納するガジェットケースにはデイズポーチ・リモードを利用。

ユウボク東京 デイズポーチ・リモード

バイカラーの美しいデザインと自立してくる機能性の良さが魅力のアイテムです。

ユウボク東京 デイズポーチ・リモード

ガジェットポーチとしてはとてもコンパクトなのですが、持ち歩くアイテムは上記で紹介した5つのみなので問題ありません。

タカヒロ

以前まではもっと大きいケースを使用していたのですが、無駄をそぎ落としていった結果、とてもコンパクトなケースに収まるようになりました!

ユウボク東京・デイズポーチ レビュー!自立して使いやすいガジェットポーチユウボク東京・デイズポーチ レビュー!縦置きできて使いやすいガジェットポーチ

ガジェットポーチの中身紹介 まとめ

給電用のポートが統一されていないApple製品群を持ち運びながらも、ガジェットケースの中身をなるべくミニマムにするべく購入してきたガジェットを紹介しました。

いつかすべてのApple製品がUSB-Cに統一される日を夢見ながら、このミニマムなデバイスたちで活動していきたいと思います。

割と計算された構成になっていると思いますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

PCリュックにいれて持ち運んでいる愛用アイテム一覧はこちらから▼

【2019年】ガジェットブロガーのカバンの中身・愛用のモノまとめ【2020年】ガジェットブロガーのカバンの中身・愛用のモノまとめ

今まで使用してきたガジェットポーチのまとめ記事はこちら▼

【2019年】ガジェットポーチおすすめ5選!買ってよかったアイテムを厳選して紹介【2020年】ガジェットケースおすすめ9選!買ってよかったアイテムを厳選して紹介

デスク周りの便利グッズ一覧はこちらから▼

【2019年】PCデスク周りの便利グッズおすすめ20選!愛用のアイテムを厳選して紹介【2020年】PCデスク周りの便利グッズおすすめ24選!愛用のアイテムを厳選して紹介

コメントを残す