近未来的なカプセルホテル『ファーストキャビン築地』のファーストクラスに連泊してきた!

近未来的なカプセルホテル『ファーストキャビン築地』のビジネスクラスに連泊してきた!

メディアに取り上げられているのを何度か見て、一度泊まってみたいと思っていた話題のカプセルホテル『ファーストキャビン』に連泊してきました!

コンセプトがとても面白いカプセルホテルだったので、宿泊した際の様子を紹介したいと思います。

ファーストキャビンとは

ファーストキャビンの写真の写真

ファーストキャビン(First cabin)は、「飛行機のファーストクラス」がコンセプトになっているカプセルホテルです。

飛行機のファーストクラスや空港のメンバーズラウンジのようなワンランク上の空間がウリの宿泊施設は、2015年のグッドデザイン賞を受賞しています。

現在、下記のように全国に店舗を展開しています。

  • 東京(秋葉原、羽田空港、築地、愛宕山、赤坂、馬喰、京橋、西麻布)
  • 大阪(御堂筋難波、関西国際空港、西梅田)
  • 愛知
  • 京都(河原町三条、烏丸)
  • 福岡
  • 長崎

ちなみに下記は東京都内にある8つの店舗の場所を記したMAPです。羽田空港店以外はすべて山手線円沿いにあり、アクセスも良好。

2017年の秋には夜行列車をモチーフにした新ブランドの宿泊施設「first cabin station」がオープンしました。

ビジネスクラスとファーストクラスの部屋の違い

ファーストキャビンの客室はビジネスクラスとファーストクラスの2種類です。2つの部屋の特徴と違いは下記の通り。

部屋の種類ファーストクラスビジネスクラス
部屋のイメージファーストキャビンビジネスクラスの部屋の写真
広さ4.4㎡2.5㎡
キャビン内設備・32インチ液晶テレビ
・120cm幅セミダブルベッド
・サイドテーブル
・Wi-Fi
・電源コンセント
・鍵付きセーフティボックス
・32(26)インチ液晶テレビ
・100cm幅ベッド
・Wi-Fi・電源コンセント
・鍵付きセーフティボックス
特徴ビジネスクラスの大体2倍の広さ。小さいビジネスホテルのような作り。部屋の構造は一般的なカプセルホテルと同じ。

引用:『ファーストキャビン公式ホームページ』より

ファーストキャビンの口コミ・評判

ファーストキャビンに宿泊した方の口コミ・評価をtwitterで調べてみると、普通のカプセルホテルより快適に過ごせた、コンセプトが面白くて宿泊が楽しめたという意見が多くありました。

『ファーストキャビン築地』宿泊記

ここからは実際にファーストキャビン築地に宿泊した様子を紹介。

混雑状況は店舗によって大きく異なるようなので、希望する店舗がある場合は、空室がなくなってしまう前に予約するのをおすすめします。

東京での観光を終え、夕食をとったあとに向かったのはファーストキャビン築地。カプセルホテルとは思えないおしゃれな雰囲気が漂った外観で建物内はどんな感じなのか期待が膨らみます。

ファーストキャビンの外観

そして、中に入るとまず目に入るのがおしゃれなカフェ&バー。こちらはホテルに宿泊しない人でも利用できる空間とのこと。

ファースキャビン築地にあるカフェバー

カフェ&バーを通過して、さっそくチェックインを済ませます。

ファーストキャビンの受付カウンター付近の写真

受付では施設の説明を受けた後、ベッドが並ぶキャビンルームへ入るために必要なセキュリティカードを受け取ります。
いざ、セキュリティカードを扉の前でかざして、キャビンルームへ。

セキュリティ−ゲートの写真

キャビンルームの様子

扉を開けると、廊下にはずらーっとキャビンが並んでいます!ドキドキしながら自分の泊まる部屋へ。

ファーストキャビンの廊下の写真

そしてコチラが今回宿泊したファーストクラスの部屋。いままで泊まってきたカプセルホテルと違い、広々としていて内装もおしゃれです。

ファーストキャビンのファーストクラスの部屋の写真

カプセルホテルと言いつつも、足を降ろせる場所があって、ほとんどビジネスホテルのような感覚。

ファーストキャビンのファーストクラスの部屋の写真

ちなみにビジネスクラスの部屋はこんな感じ。こちらはスタンダードなカプセルホテルと同じ構造ですが、部屋の中は広々とした印象を受けます。

ファーストキャビンビジネスクラスの部屋の写真

電源と無料wi-fiも完備

キャビン内には電源コンセント2個口と無料wi-fiも完備。スマホ、macbookなど複数の機器の充電を一気に行うことができます。電源完備は非常にありがたいです。

ファーストキャビン内にある電源コンセントと無料wi-fiの案内イラストを撮影した写真

盗難防止の貴重品管理庫

部屋の中はほとんどビジネスホテルのような感覚ですが、ここはあくまでカプセルホテルなので、部屋に鍵がありません。盗難防止のため貴重品は、キャビン内にある貴重品保管庫にいれます。

ファーストキャビンの貴重品保管庫の写真

アメニティグッズ一覧

用意してもらえるアメニティグッズは下記の通り。

  • バスタオル
  • ハンドタオル
  • キャビンウェア
  • 歯ブラシ
  • 使い捨てスリッパ

部屋着のキャビンウェアは上下黒のシャツと短パンで、過ごしやすかったです。

ファーストキャビンのパジャマ(キャビンウェア)の写真

また貸し出しを行っているグッズも充実。いびき対策で耳栓を用意してくれているのは良心的だなーと思います。

  • 充電器
  • 毛布
  • 耳栓
  • 加湿器
  • アイロン
  • バスタオル
部屋で少し休憩したら、6階にある浴場へ。それなりに広く、清潔感がある感じでした。サウナがあったら最高なんですが、残念ながらありませんでした。

ファーストキャビンの大浴場の写真浴場とは別にシャワールーム兼洗面所の部屋も。入浴をパッと済ませたい場合は、シャワールームの利用がオススメ。

ファーストキャビンの洗面台の写真

カプセルホテルに宿泊する際に気になるポイント

最後にカプセルホテルに泊まるときに少し気になるところもいくつか紹介。

連泊する際の対応について

通常のカプセルホテルだと2日続けて泊まる場合、一度チェックアウトして再度、チェックインする必要がある場合がほとんどです。
しかし、ファーストキャビンではそのような手間を煩わせる必要はなく、連泊の場合は荷物をそのまま部屋に置いて外出可能です。

ただし、部屋に鍵がかからないので置いていく荷物は先ほど紹介した貴重品保管庫に入れておきましょう。
スーツケースなどの大きい荷物はフロントで預かってもらうことも可能です。

チェックイン前に荷物を預けることも可能

スーツケースをコインロッカーに預け、日中の用事を済ませたら、荷物を取りに行き、ホテルでチェックインしている方も多いと思います。

ファーストキャビンではチェックインの時間より前にフロントで荷物を預かってくれるので、ホテルで預ければコインロッカー代を浮かすことも可能です。

その他の疑問は下記リンクから一度チェックしてみてください▼

よくあるご質問/ファーストキャビン

ファーストキャビン築地に泊まってみた感想

ファーストキャビンは、面白い宿泊体験ができるホテルなだけでなく、快適に過ごせる上、連泊や荷物の事前預かりにも柔軟に対応してもらえるなど、とても便利なカプセルホテルでした。

料金も普通のカプセルホテルとビジネスホテルの中間といった感じで、安さと利便性を両立させたい方にはオススメです!

【ファーストキャビン築地店】

住所〒104-0045 東京都中央区築地2-11-10
チェックイン17:00〜26:00
チェックアウト10:00
通常料金ファーストクラス 宿泊¥6,800 ショートステイ ¥1,000/1時間
ビジネスクラス 宿泊¥5,800 ショートステイ ¥900/1時間
キャビン数男性キャビン 119キャビン 女性キャビン 41キャビン
共有施設ラウンジ、大浴場、シャワーブース、パウダールーム、クローク、喫煙室、BAR
アクセス東京メトロ日比谷線「築地駅」2番、4番出口より徒歩約1分
東京メトロ有楽町線「新富町駅」4番出口より徒歩約5分
東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」5番出口より徒歩6分
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」徒歩約10分