【保存版】夜景を綺麗に撮影するためのカメラの設定・コツまとめ

一眼レフカメラで夜景を美しく撮影するコツまとめ

様々な撮影シーンの中でも個人的に一番好きな夜景撮影。これまでいろいろな失敗を重ねながら、綺麗に夜景を撮る方法を学んできました。

そこで今回は初心者の方向けに一眼レフカメラで美しい夜景を撮るための設定やコツ・注意事項を紹介していきたいと思います。

記事の後半では知っておくだけで写真のクオリティに差がつくTIPSも紹介しているので、是非チェックしてみて下さい!

三脚撮影と手持ち撮影のそれぞれのメリット・デメリット

新宿で撮影したビル夜景の写真

夜景の撮影には主に三脚を用いて撮影する場合と、手持ちで撮影する場合があります。まずが両者のメリット・デメリットをまとめた表を見てみましょう。

三脚利用で撮影手持ち撮影
機動性
画質
表現パターン

手持ち撮影は持ち運ぶ機材も少なく、すばやく構図を整えてシャッターを切ることができるので、機動力に優れています

しかし、手持ちでブレない写真を撮るためには、iso感度をあげ、さらにF値を開放気味にしてシャッターを切らなければならないのでどうしても画質が低くなります。

また、下記のような光跡を残した写真なども撮影できず、表現できる幅も狭まるので、使用が禁止されている場合以外は積極的に三脚を使っていくのがおすすめです。

ここからは具体的に三脚を使った場合と手持ち撮影の場合のカメラの設定や注意点を見ていきましょう。

三脚を使って撮影する場合の設定

三脚を利用して夜景を撮影している様子

三脚が使える場合の基本的な設定は下記の通り。

撮影モード絞り優先orマニュアル
F値8〜11程度
iso感度100〜800程度
シャッタースピード1~30秒

三脚が使える場合はシャッタースピードが遅くなることによる手ブレを気にする必要がほとんどないため、iso感度はなるべく低感度(100〜800)、広範囲にピントが合うようにF値は8〜11程度に設定して、高画質な写真の撮影を狙います。

風が強くて長時間露光の撮影が厳しい場合は、iso感度とF値を調整してシャッタースピードをあげていき、ブレが発生しない程度のシャッタースピードで夜景を撮っていきましょう。

三脚使用時の注意事項

リモートレリーズを使う

三脚にカメラを固定しても、直接カメラに触れてシャッターボタンを押すと、そのタイミングでカメラが少し動いてしまい被写体ブレにつながります。シャッターはリモートレリーズを使用してブレのリスクを回避しましょう

レリーズがない場合はシャッターボタンを押してから数秒後にシャッターが切れるセルフタイマーモードに変更して撮影を行いましょう。

手ぶれ補正をオフにする

三脚使用時に手ぶれ補正をオンにしていると、誤作動が生じて逆に写真がブレてしまうことがあります。なので、手ぶれ補正はオフにしておきましょう。

手持ち撮影の場合のカメラ設定

手持ちで夜景を撮影している様子を撮影した写真

手持ち撮影を行う場合の基本となる設定は下記の通り。

撮影モード絞り優先orマニュアル
F値2.8 〜 F8程度
Iso感度800〜3200
シャッタースピード1/焦点距離秒

手持ち撮影を行う場合は、一番優先しなければいけないのはシャッタースピードになります。シャッタースピードが遅くなると手ブレのリスクが高くなっていくので、1/焦点距離秒になるようにF値、iso値を設定していきます。

1/焦点距離秒は、ぶれないシャッタースピードの目安値で考え方は下記のようになります。

  • 20mmの焦点距離の場合は1/20秒以上
  • 50mmの焦点距離の場合は1/50秒以上

またカメラの機種にもよりますが、iso値は上げれば上げあるほどノイズが目立ってくるので3200ぐらいを限度にすると良いと思います。

手持ち撮影で高画質な夜景写真を撮るコツ

なるべくカメラがぶれない環境を作る

下記のような方法で三脚を使わなくてもブレない環境を作りましょう。

  • 手すりや柵などを探し、カメラを置いて撮影する
  • 脇を締めて壁に持たれ、撮影中に体が動かないようにする

高速シャッターで複数枚写真を撮る

なるべく高い画質で撮れるようiso感度を上げすぎず、F値も開放し過ぎないで、手ブレしないのギリギリのシャッタースピードに調整。そして、上記のようになるべく手ブレしない環境を作って、高速シャッターで複数枚の写真を撮ります。

高速でシャッターきると、徐々に態勢が落ち着き、手ブレが起きていない写真が撮れます。撮影後に写真を拡大再生して、手ブレがおきていない写真をピックアップしましょう。

綺麗な夜景を撮るためのコツ

ここからは夜景写真のクオリティに差をつけつTIPSを5つ紹介したいと思います。

ブルーアワーの時間を狙う

夜景写真が一番きれいに撮影できるタイミングは、日没後約20分〜40分の間に訪れるブルーアワーの時間です。まだ空が青く、暗くなりきっていないわずかな時間を狙って夜景を撮ってみましょう。

下の動画は日没直後から日没後60分ほどまでをタイムラプスにしたものです。空が真っ暗になる前が最も鮮やかだということがわかると思います。

日没から20分後夜景▼

日没から20分後の夜景の写真

日没から60分後の夜景▼

特に西の方角がおすすめ

太陽が沈む西側の空は日没後に鮮やかなグラデーションを見ることができ、ドラマチックな夜景を撮影することが可能です。

また撮影したい被写体が西側になくても夏至には北西側、東側には南西側に太陽が沈んでいくので、撮影時期を意識すると鮮やかなグラデーションの空を被写体と一緒に撮影することが出来ます。

空に雲がかかっていると鮮やかなグラデーションを撮影することができないので、事前に雲の量予想を確認しておくのがおすすめです。→雲量予報SCW

日没後20分後(トワイライトタイム)に撮影した西側の空

ビル夜景は平日が狙い目

ビジネス街のビル夜景を撮る場合、休日だとビルの明かりが少なく迫力が半減してしまいます。可能であればビル夜景の撮影hは平日に訪れるのがおすすめです。

東京駅とビル夜景を撮影した写真

展望台では映り込み防止機材を使う

展望台から夜景を撮影する場合は、室内の明りが窓ガラスに写り込んでしまう場合が多いです。忍者レフやレンズスカートなどの機材を用意しておくと映り込みを気にせず快適に撮影を楽しむことができます。

ただし、展望台では三脚や暗幕の使用が禁止されている場所も多いので、必ず使っても大丈夫か確認をとるようにしましょう。

展望台で映り込み防止機材を使用している様子を撮影した写真

絞りを調整して光芒を撮る

F値を絞ると広範囲にピントが合うだけでなく、綺麗な光芒を撮ることができます。F値を調整し、好みの大きさの光芒を撮影して写真の中のアクセントを作りましょう。

f2.8で撮影した夜景写真▼

f2.8で撮影した夜景写真

f16で撮影した夜景写真▼

f16で撮影した夜景写真

車の光跡はシャッタースピーを調整して複数撮る

夜景撮影では車のライトの光跡などを撮る場合も多いと思います。こういった写真を撮る場合コツは、被写体を観察して何枚かシャッタースピードを変えて撮ってみること。

ほどよいボリュームの光跡が捉えられるシャッタースピードを探って、綺麗な光跡が撮れている写真を撮りましょう。

車の光跡を撮影している写真

まとめ

夜景撮影時の基本的なカメラの設定やちょっとしたコツを紹介してきました。今回紹介したことを参考にきれいな夜景の撮影にぜひ挑戦してみてください!