おすすめガジェット

Apple watchの常時点灯は必要?使ってみてわかったメリット・デメリットまとめ

Apple watchの常時点灯は必要?使ってみてわかったメリット・デメリットまとめ

Appleストアで販売れているフラッグシップモデルのApple Watch 6と廉価版のApple Watch SE。

両者の大きな違いの一つが常時点灯の有無です。

初めてApple Watchを買う方や古い機種から乗り換えを検討する場合、常時点灯ありS6か常時点灯なしで安価なSEを選ぶかはとても悩ましいですよね。

そこで本記事では、Apple Watch歴3年の僕が常時点灯のメリット・デメリットを解説します。

これを読めば、Apple Watch6とSEどちらを買えばいいかの結論が出せると思うので、ぜひチェックしてみて下さい!

アップルウォッチ 常時点灯のメリット
  • 腕を持ち上げないでも画面を確認できる
  • ファッションの一部として機能する
  • 時計を見たときのエフェクトが心地よい

アップルウォッチ 常時点灯のデメリット
  • 電池持ちが若干下がる

Apple watch 常時点灯のメリット

まずはApple Watchを常時点灯できるメリットを3つに分けて紹介します。

腕をあげなくても画面の確認ができる

常時点灯しているApple Watch 6

常時点灯機能がないApple Watchの場合、しっかり腕を持ち上げ手首をひねる動作をしないと画面が点灯しません。

これが意外と不便に感じることが多くあります。例えば下記のようなシーン。

  • 電車でつり革に手をかけた状態で時計を見たい
  • 会議中に来た通知をこそっと確認したい
  • 会話を楽しんでいる最中さっと時刻を確認したい
  • 買い物袋をぶら下げていて手を動かせないけど時計が見たい

こんなシーンでも常時点灯搭載のApple Watchならさっと画面をチェックすることができます。

地味だけど手を持ち上げなくても画面が確認できるといろんなシーンで便利です!

タカヒロ

Apple Watch 6の常時点灯に慣れた後、かつて身につけていたApple Watch 4で外出してみると、手を持ち上げないと画面が明るくならないのがストレスに感じました。

ファッション性が高くなる

常時点灯しているApple Watch 6

時計は時刻を確認する以外にもファッションアイテムとしても利用されますよね。

一日のうち自分で時計を見る機会よりも人に見られている数のほうが多いんじゃないかなと思います。

ファッション性という軸で常時点灯ありなしを比較すると下記のようなり、常時点灯の場合は大きなメリットとして考えることができます。

  • 常時点灯あり → 常に画面が表示されるのでファッションの一部として機能
  • 常時点灯なし → 基本画面が真っ暗なのでファッションの一部としてはいまいち

こちらは常時点灯しているApple Watch。文字盤が表示されているので、時計としてより自然な印象があります。

常時点灯非対応のHAUWEI WATCH FIT

こちらは常時点灯非対応のスマートウォッチ。文字盤が点灯されていないので、常時点灯しているApple Watchに比べると寂しい印象がありますよね。

常時点灯非対応のHAUWEI WATCH FIT

タカヒロ

時計を機能的な価値だけでなく、ファッションとしても楽しみたいなら、常時点灯がおすすめ!

時計を見たときのエフェクトが心地よい

常時点灯のApple Watchは常に画面が見えているとはいえ、通常は画面の輝度が下がり、控えめに点灯されている状態になります。

なので、手を持ち上げたときには輝度が低い状態から高い状態に切り替わるのですが、このときのエフェクトがなんとも心地よいです。

  • 常時点灯あり → ふわっと明るく画面が切り替わる
  • 常時点灯なし → 真っ暗な画面から一気に画面が明るくなる

映像で見てみると下記のような違いがあります。

タカヒロ

このエフェクトの心地よさは実際に見に付けて体感してみてほしいです!

Apple watch 常時点灯のデメリット

Apple Watch 6を手に持った写真

次に常時点灯のデメリットを紹介します。アップルウォッチの常時点灯のデメリットは電池持ちが悪くなるのが唯一のデメリットです。

実際に丸一日常時点灯オンで過ごした場合と常時点灯オフで過ごしいた場合の差を比べると、後者のほうが1.6倍も電池が長持ちしました。

検証環境
  • 検証端末:Apple Watch 6(GPSモデル)
  • 壁紙:インフォグラフ
  • 朝6時に100%の状態からスタートし12:00まで2時間おきにバッテリー状態(%)を計測
常時点灯 オン 常時点灯 オフ
6:00 100% 100%
8:00 90% 95%
10:00 83% 90%
12:00 78% 85%
14:00 70% 79%
16:00 64% 72%
18:00 52% 66%
20:00 45% 60%
22:00 38% 53%
0:00 29% 48%

上記の表をグラフにするとこんな感じ▼

apple watchの常時点灯ON / OFFで一日過ごした場合の電池持ちを比較

タカヒロ

常時点灯の場合でも一日持つだけのスタミナはありますし、気になるなら常時点灯をオフに設定変更することもできるので、そこまで大きなマイナスにはならないかなと思います。

Apple Watchの常時点灯をオフにする設定方法

Apple Watchの常時点灯はバッテリー消費が速くなってしまうというデメリットがあると紹介しました。

充電を忘れて外出してしまった場合などバッテリー消費を抑えたいといった場合は下記2種類の方法で常時点灯をOFFにすることが可能なので紹介しておきます。

  • Apple Watch本体から設定を変える
  • iPhoneから設定を変える

Apple Watch本体から常時点灯の設定を変える

アップルウォッチ本体から設定する場合は、Apple Watchのアプリを開き、下記3ステップを行います。

Apple Watchの常時点灯をオフに設定する方法

iPhoneから常時点灯の設定を変える

iPhoneから設定する場合は、Apple Watchのアプリを開き、下記3ステップを行います。

画面の表示と明るさを選択

Apple Watchの常時点灯をオフに設定する方法

常にオンをタップして進む

Apple Watchの常時点灯をオフに設定する方法

常にオンをOFFに変更

Apple Watchの常時点灯をオフに設定する方法

Apple Watchの選び方について

Apple Watchを選ぶ際は今回紹介した常時点灯のありなし以外にも様々な比較検討項目があります。

Apple Watchを選ぶ際の比較項目
  • GPSとセルラーモデル何が違うの?
  • サイズは40mm or 44mmどちらがいい?

下記の記事では初心者の方に向けてApple Watchの選び方を網羅的に解説しているので、こちらも合わせてお読み下さい

【初心者向け】Apple Watchの選び方まとめ!GPSとセルラーモデルの比較・安く買う方法も解説【初心者向け】Apple Watchの選び方まとめ!GPSとセルラーモデルの比較・安く買う方法も解説

Apple Watchと一緒に買いたいアクセサリー・周辺機器

Belkinの3in1ワイヤレス充電器

Apple Watchは身につけるシーンやその日の気分でベルトやケースを交換することができるのも魅力の一つ。

また、日々快適に利用するためには充電しやすい環境を作るのも必須です。

下記の記事では、Apple Watchを購入したら合わせて揃えたい周辺機器・アクセサリーを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

アップルウォッチのおすすめアクセサリーまとめ【2021年】Apple Watchのおすすめアクセサリー&便利グッズまとめ

Apple Watch 常時点灯のメリット・デメリットまとめ

Apple Watch 6と4を所持している僕が常時点灯のメリット・デメリットを解説してきました。

今回紹介した内容を簡単にまとめると以下の通り。

アップルウォッチ 常時点灯のメリット
  • 腕を持ち上げないでも画面を確認できる
  • ファッションの一部として機能する
  • 時計を見たときのエフェクトが心地よい

アップルウォッチ 常時点灯のデメリット
  • 電池持ちが若干下がる

デメリットとしてあげたポイントは常時点灯ありのモデルを買っても電池を節約したい場合に設定をオフにすれば問題なし。

手首をいちいちひねって確認すること煩わしさを感じないか、時計をファッションとして楽しみたいか、といったポイントを軸にどちらを選ぶか決めれば後悔しないと思います。

個人的には常時点灯のS6を使ったあとは、常時点灯なしモデルに戻るのちょっとしんどいなーと思ってしまうほどなので、予算が許せばS6をおすすめします。

見なきゃ損!Apple製品を安く買う方法まとめ【常時3.5%~15%OFF】Apple製品を安く買う方法まとめ!常時3.5%~15%OFF Apple Watchと格安スマートウォッチのできることの違いは何?HUAWEI WATCH FITと比較してみた

コメントを残す