海に続く鳥居が神秘的な山口県の絶景スポット「元乃隅稲成神社」に行ってきた!

海に続く鳥居が神秘的な山口県の絶景スポット「元乃隅稲成神社」に行ってきた!

本日もsmartparty.jpをお読みいただきありがとうございます。
Pazoo(@SmartpartyJP)です。

中国地方一周の一人旅で山口県観光をした際に角島大橋とセットでおとずれた元乃隅稲成神社についてご紹介。
アクセス方法や周辺情報も詳しく紹介するので、観光で訪れてみたい方はぜひチェックしてみてください!

元乃隅稲成神社とは

元乃隅稲成神社(読み方:もとのすみいなりじんじゃ)は、山口県長門市の油谷湾沿いにある神社です。123基の朱い鳥居がずらりと並んでいるのが特徴で、CNNが選ぶ日本のもっとも美しい場所31選(Japan’s 31 most beautiful places)の一つになっています。

また、「日本でもっとも入れにくい賽銭箱」がある神社としてテレビ朝日の「ナニコレ珍百景」でも紹介されている面白い神社でもあります。

この神社が建立された由来や、どんなご利益があるかは下記の通り。

1955年(昭和30年)に、地元の網元の枕元に白狐が現れ「吾をこの地に鎮祭せよ。」というお告げがあったことを元に、太皷谷稲成神社(島根県津和野町)から分霊されて建立された[1]。全国の稲荷神を祀る神社が「稲荷神社」と記すのに対し、「稲成神社」の字を充てているのはこのためである。商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神[1]として、地域の人々の信仰を集めている。

引用:『元乃隅』成神社/wikipedia

元乃隅稲成神社へのアクセス方法

元乃隅稲成神社周辺には、電車やバスなどの公共交通機関がないため、アクセスするには自家用車、レンタカー、タクシーなどを利用するしかありません。

自家用車・レンタカーを利用する場合
中国自動車道「美祢IC」から約60分で到着します。神社の周辺には無料の駐車場も2箇所有。
※カーナビゲーションに行き先を入力する際は、元乃隅稲成神社では検索に引っかかりません。元乃隅稲成神社の近くにある食事処「汐風」の電話番号「0837-32-2003」を入力すると良いです。
タクシーを利用する場合
最寄駅のJR長門古市駅から約20分で到着します。
運賃は片道約2200円〜2500円程度。

イメージしやすいように地図も貼っておきます。
元乃隅稲成神社の地図引用:ななび/元乃隅稲成神社

実際に行ってみた

角島の絶景を堪能した後、元乃隅稲成神社へ向かいました。
角島からアクセスする場合は、1時間程度。

山道を走っている途中には車一台分しか通れないような細い道も多くあり、運転には結構神経を使います。
元乃隅稲成神社へ向かう道中の写真①

元乃隅稲成神社へ向かう道中の写真②

神社周辺には無料の駐車場が2つ。こちらは22台の車を止めることができる第2駐車場。こちらの駐車場は元乃隅稲成神社まで少し距離があるので駐車後は5分程度歩く必要が出てきます。
元乃隅稲成神社の第二駐車場

週末は渋滞が出来て、駐車するまでに1時間待ったりすることもあるそうですが、平日に訪れたこともあり、第1駐車場に駐車できました。
元乃隅稲成神社の第一駐車場

駐車場を出るとすぐそばに元乃隅稲成神社があります。青い海と朱い鳥居のコントラストがとても綺麗!
元乃隅稲成神社を撮影した写真

参拝のルートは、高さ5mの大きな鳥居をくぐり、祈祷受付場所の前を通り、海に向かって、鳥居のトンネルをくだるのが一般的。
それでは、順番に見所を紹介!

日本でもっとも入れにくい賽銭箱

第1駐車場から歩いて最初に潜る高さ5mの鳥居、振り返ると鳥居上部には「日本でもっとも入れにくい賽銭箱」があります。
お賽銭を入れるのはなかなか難しそうですが、入ったら願いが叶うとも言われています。
賽銭箱のついた鳥居を撮影した写真
テレビ朝日のナニコレ珍百景に選ばれたこともしっかり紹介されています。
ナニコレ珍百景に選ばれたことを紹介する看板の写真

twitterで元乃隅稲荷神社の口コミを見ていたら賽銭を入れるコツをツイートしている方もいました▼

5色の御朱印が人気

「日本でもっとも入れにくい賽銭箱」のある鳥居をくぐると祈祷受付所があります。ここでは、祈祷の他にも御朱印をもらうことができます。
元乃隅稲成神社祈祷受付所の写真
元乃隅稲成神社祈祷受付所の写真
ここでもらえる5色の御朱印はデザインが可愛いと評判。


引用:「インスタグラム/#元乃隅稲成神社

全長100mの鳥居のトンネル

元乃隅稲成神社祈祷受付所を通ったらいよいよ全長100m、123基の鳥居のトンネルをくぐります。
元乃隅稲成神社の鳥居の写真その1
この鳥居は、昭和62年から10年間かけて奉納されたもので、鳥居には奉納した方の名前が書かれています。
元乃隅稲成神社の鳥居の写真その2
元乃隅稲成神社の鳥居の写真その2
トンネルを抜け振り返ってみると上から眺めていた鳥居とはまた違う景色を楽しむことができます。
元乃隅稲成神社の鳥居を出口から見た写真

鳥居の先にある絶景スポット「龍宮の潮吹」

鳥居の先にある断崖は「龍宮の潮吹」として国の天然記念物および名勝に指定されている絶景スポット。

ここでは、岩壁に打ち寄せた大波が岩の穴に流入して,音を立てて空中に吹きあげる現象を見ることができます。北風が強い時には高さが30mにもなるそうです。

残念がながら、僕が訪れた日は波がとても穏やかで、この現象を見ることができなかったので、代わりにyoutubeの動画を貼っておきます▼

元乃隅稲成神社にいってみた感想

元乃隅稲成神社は訪れるのが少し苦労しますが、角島大橋にも引けを取らない絶景を楽しむことができる場所でした。
山口観光に行く機会がありましたら、ぜひ訪れてみてください!

【元乃隅稲成神社】

住所〒759-4712 山口県長門市油谷津黄498
開館時間日の出から日没まで ※夜間の立入禁止
駐車場第1駐車場 24台・第2駐車場 22台(第1駐車場は大型バス可/第1・第2駐車場ともに無料)