キャンセル待ちホテルの予約を狙うなら『宿の空き待ち』が便利

yadonoakimachi-toppage

本日もsmartparty.jpをお読みいただきありがとうございます。
Pazoo(@SmartpartyJP)です。

希望するホテルの予約を取ろうと思ったらすでに満室で、しょうがなく他のホテルを予約したと言う経験をしたことないですか?
せっかく旅行にいくのに希望するホテルに泊まれないなんてがっかりですよね。

そんな方には今回紹介する『宿の空き待ち』がおすすめ!希望するホテルに空室が出たかチェックしてくれて、空きができたらメールで知らせてくれるんです。

実際に『宿の空き待ち』を利用してみたので、使い方など紹介したいと思います。

宿の空き待ちとは

宿の空き待ちは、日本全国のホテルや旅館の予約の空き状況を監視してくれるウェブサービスです。最近このサービスを知りましたが、サービス開始時期は2013年からで結構前から運営されています。

宿の空き待ちは、既に予約されて埋まってしまった宿の「予約キャンセル」をあなたに代わって監視し続けて、空きを見つけたタイミングであなたに報告する無料サービスです。
当サービスは下記のような手順で進みます。

  • 宿泊条件を指定して泊まりたい宿を探す。
  • 泊まりたい宿に空きが見つかればやったね!、泊まりたい宿がすでに予約されていた場合は当サービスの出番です。
  • 予約が埋まってしまった泊まりたい宿を監視リストに登録して、あとはいつも通りの普段の生活に戻ります。
  • 監視リストに登録された宿の予約状況を、あなたに代わって年中無休(※1)で「自動」で監視し続けます。
  • 監視している宿に空きを見つけたら、あなたにメールですぐに報告します。
  • メールに記載されているURLから宿の予約ページへダイレクトアクセスしてスピーディーに予約します!

※1 予約監視は最大で宿泊日の30日前から登録でき、そして宿泊日前日まであきらめずに監視し続けます。

宿の空き待ちとは?』より

実際に使ってみた

こちらがサイトのトップ画面。まずは、サービス利用にあたり、ユーザー登録を行います。
ユーザー登録には、フォロワーが5人以上いるfacebookか、Tiwitterのアカウントが必要になります。

宿の空き待ちのトップ画面のキャプチャ

ユーザー登録後の会員ページはこちら。さっそく画面左にある『宿泊施設検索』からキャンセル待ちしたいホテルを探します。

宿の空き待ちの会員ページのキャプチャ

チェックイン、チェックアウトの日付、エリア、利用人数を入力するとズラッと登録されているホテルが並びます。ちなみに検索結果は『楽天トラベル』のものを参照しています

宿泊施設検索後のキャプチャ

空き状況を監視してほしい宿を見つけたら早速登録します。

監視してほしいホテルを選択した画面のキャプチャ

最後に監視内容を確認して登録完了です。

監視してほしいホテルを選択した画面のキャプチャ

あとは、ホテルの予約キャンセルが発生したらメールで連絡がくるので、メールを受け取ったらすぐに予約をする、という流れ。

仮の宿を確保しておこう

希望する宿の空き状況を監視できるようにしたら、第二希望の宿は予め確保しておきましょう。

ギリギリまで第一希望のホテルのキャンセルが出ないか待ちたい場合は、宿泊日の前日までキャンセル料が発生しないホテルを確保しておくとよいです。

まとめ

キャンセル待ちのホテルに空きが出たらメールでお知らせしてくれる便利なwebサービス『宿の空き待ち』の使い方を紹介しました。

行きたかった宿が満室だった場合は、諦めずにこのサービスを使って、予約できるチャンスを伺ってみるのをおすすめします。

宿の空き待ち』へのリンクはこちら