アブラサスの小さい財布のレビューと使い勝手をあげる4つのポイントを紹介

abrasus_00

本日もsmartparty.jpをお読みいただきありがとうございます。
Pazoo(@SmartpartyJP)です。

最近、長年愛用していた長財布を卒業し、アブラサスの小さい財布という、非常にコンパクトな三つ折り財布を購入しました。

手のひらに収まるサイズで、収納できるカードは5枚、お札は10枚、小銭も20枚程度。
普段使いできるか心配な面もあったのですが、少しの工夫を加えれば、そんな不安も吹き飛んでしまい、もう長財布には戻れない!と思うほど使い心地のよい財布でした。

今回はそんなアブラサスの小さい財布のレビュー、賢く普段使いするために工夫した4つのポイント、一ヶ月程度利用した感想などを紹介します。

コンパクトな財布が欲しいけど、買い換えるのには不安と思っている方の参考になれば幸いです。

アブラサスとは

abrAsus (アブラサス)はバリューイノベーション株式会社が手がけるブランドの名称で、「薄い財布」、「小さい財布」、「薄いメモ帳」、「薄い名刺入れ」などの製品が発売されています。
こちらのブランドについては、下記記事で詳しく紹介していますので、気になった方はチェックしてみてください。

アブラサスの薄い財布、小さい財布の比較とコラボ商品まとめ

2016.05.28

小さい財布の評判・口コミ

twitterで小さい財布の評判や口コミについて調べてみると、持ち運ぶものが整理されとても身軽になった、という満足の声が多数ありました。
中には結婚式などの用途を限定して使っている方もいました。

アブラサスの『小さな財布』レビュー

高島屋さんで実物を見て、購入した小さい財布がこちら。
カラーバリエーションも豊富でとても迷いましたが、シンプルなベージュカラーを購入しました。
abrasusの小さな財布を化粧箱から出した写真

箱を開けた瞬間その小ささに驚きました。長財布と比較してみるとその違いは歴然です。大きさはほぼカードサイズの約6×9cm

ちなみに厚みは収納するカードの枚数や現金の量によって異なりますが、長財布と同程度といったところでしょう。
abrasusの小さな財布の大きさを比較した写真

長財布に入っていたのは以下の通り。冒頭でも記入しましたが、カード類は利用頻度が低いものが大多数です。

  • お札×5
  • 小銭×12
  • キャッシュカード×2
  • クレジットカード×2
  • 保険証
  • 免許証
  • 病院の診察券×2
  • ポイントカード×5
  • 定期券
財布の中身を写した写真

小銭入れは専用の蓋がついていません。余分なパーツを減らすことで小さな財布を実現しています。
小さな財布にコインを収納してみた写真

お札は三つ折にして収納する形になっています。あまり枚数が多いと、厚みが出てホックが閉じなくなってしまいます。10枚ぐらいが限度。
小さい財布にお札を収納してみた写真

カードをいれるのはこちらの部分。厳選したカードをまとめて一つのホルダーに収納します。

suicaなどの交通系ICカードは一番奥に収納してしまうと改札を通る際に正常に読み取ってくれない可能性があるので、注意が必要。
小さい財布にカードを収納してみた写真

公式サイトでは5枚まで収納可能と書かれていましたが、使い始めはクレジットカードや定期券のような厚さのカードだと4枚が限度です。

【購入から3ヶ月後の追記】
3ヶ月ほど使用したところ、革が少し伸びカードが5枚収納できるようになりました。革が伸びてくると収納しているカードが落ちるのを防止するためにカードの枚数を調整する必要があります。

小さい財布を普段使いで賢く使う4つの方法

アブラサスの小さな財布は、収納できるスペースが最低限に限られているので、スマートに運用するにはある程度工夫が必要です。
僕が運用する中で導入したのは大きく4つ。

多機能カードを利用してカード枚数を削減
小さい財布に入るカードは5枚が限界。一枚で2役、3役こなしてくれる多機能なカードを作り、最低限の枚数のカードでも生活に困らない環境を作りました
現金の電子マネー化
収納できる現金の数も少なくなるので、EdyやSuicaなどの電子マネーを活用し、持ち運ぶ現金を減らしました。
便利なアプリをフル活用
現在あるポイントカードなどはアプリで管理できるものが多数あります。収納しきれなかったカードは、まずアプリ化できないかチェックし、デジタルで管理。
専用のカードケースへ
携帯するカードを上記の方法で削減した上で、それでも余るものは専用のカードケースを購入して必要な時にだけ持ち歩くスタイルに変更しました<。

僕が最低限の枚数で最大限のパフォーマンスを発揮するために選んだカードはこちら

クレジットカード機能付き楽天銀行カード

クレジットカード機能付き楽天銀行カード
1枚でクレジットカードとキャッシュカードの2役をこなす多機能カード。収納するカードの枚数を減らすために楽天カードを一度解約し、再度こちらのカードを作りました。

+K Edy-Rカード

+K Edy-Rカード

Rポイントカード加盟店で提示するだけで楽天スーパーポイントが貯まり、サークルKではさらにお得な特典が受けられます。さらに、楽天Edyとしても利用できる。1枚で3役をこなすこれまた優れたカード。

nanacoカード

nanacoカード
楽天カードユーザーの僕は、コンビニに行くときはサークルkを優先して使うようにしています。しかし、近くにない場合は、セブンイレブンを利用します。
理由は楽天カードからnanacoへチャージすると楽天スーパーポイントが貯まるからです。

間接的に楽天スーパーポイントがたまるnanacoカードは楽天ユーザーなら入れておきたい1枚。第2の電子マネーとして活躍。

交通系ICカード manaca

manaca
こちらは東海圏以外に住んでいらっしゃる方には馴染みのないカードかもしれませんが、suicaなどと同じ交通系ICカード。定期券として、そして第3の電子マネーとしても活躍。

免許証

最後は免許証。さすがに身分を提示できるものが何もないのはまずいですからね。

収納できなかったカードは下記のような方法で必要な時に使える状態に▼

会員カードのアプリ化
様々なお店の完飲カードは調べてみるとアプリ化しているものが多数あります。アプリをインストールして、必要な情報を入力すれば今まで貯めたポイントを引き継いでアプリで管理することが可能です。
下記の記事を読むと、自分の持っているカードの中でアプリ化されているものがないかざっと調べることができます。
スマホで買い物をスムーズに!店舗・会員証系ブランドアプリ100選
アプリ化できないカードは『Stocard』でまとめて管理
専用のアプリがない場合は、バーコードをスキャンしてまとめて持ち歩くことができる優良アプリのStocardを活用するのがおすすめ。
【ポイントカードはスマホで持ち歩く時代】超優良アプリ『Stocard』を使ってみた
アプリ化できないカードはカードケースで管理
どうしてもアプリ化できないカードや、リアルなカードとして持ち歩きたいカードは専用のカードケースで必要な時だけ持ち歩きます。
かっこいいカードケースが欲しいならOGONのDesignカードホルダーがおすすめ!

小さい財布を1ヶ月使ってみてた感想

財布のスリム化は予想以上に自分を身軽にしてくれました。小さい財布を使ってからはちょっとした外出は全て手ぶらです。
iphoneと鍵、そして小さな財布をポケットにいれておけば十分。小さい財布を購入して感じたメリットは下記3つ。

メリット

  • 長財布を使っていた時は、ポケットに入れることができないのでわざわざ小さめのバックに入れて持ち歩いていましたが、手ぶらで街を歩く機会が増えました。
  • 常に財布の中が整理された状態になった
  • 使用頻度の低いカードをアプリや、専用のカードケースで管理するようになったことで、必要なときにすぐ取り出せるようになった

デメリット

本当に必要なものを最低限持ち運ぶというコンセプトに惹かれて購入しているので、あまりデメリットは感じませんが、唯一あげるとすれば下記がデメリット。

  • お札が三つ折状態になってしまうので、飲み会の会費を渡す時などにちょっと申し訳ない気持ちになる

まとめ

アブラサスの小さい財布のレビューと上手に普段使いするためにおこなったことなどをお届けしました。
長財布から移行する場合は、収納できる量の少なさに戸惑うかもしれませんが、多機能なカードや便利なアプリを組み合わせれば、十分普段使い可能です。

そして、使い始めると手荷物が減り、とても身軽になった感じを味わえます。この感覚を知ってしまったら、長財布に戻るのはちょっと億劫になってしまうほど。
気になった方はぜひ、購入してみてください!